【じっくり読むと4分】

加工されていない「生の音」を確認できるモニタースピーカーは、音楽編集作業などには欠かせません。今回の記事では、モニタースピーカーが通常のスピーカーとどう違うのか、モニタースピーカーを選ぶ際のポイントなどを踏まえて、実際のおすすめ製品を紹介します。自宅の音響環境の向上のためにも、どんな製品があるかぜひチェックしてみてください。




モニタースピーカーとは

モニタースピーカーは、音楽を聴くためではなく音を確認するためのスピーカーです。通常の視聴用のスピーカーの多くは、音楽を聴きやすくするため元の音源に多少の加工を加えた音が鳴っています。そのため音楽の録音・編集を行う時には、強弱や音色など繊細な音のちがいを確認するためにモニタースピーカーが欠かせません。ライブハウスなどで演者が音を確認するために使われていますが、自宅でパソコンなどを使ってDTMを行なっている人にも必須のアイテムのため、自宅で使える小型のモニタースピーカーも増えています。

DTMとは

DTMとはデスクトップミュージック(Desk Top Music)の略で、スタジオなどを使わずパソコンを使って机の上で音楽の作成・編集を行うことを指します。楽器演奏を自宅で演奏して録音するだけでなく、楽器を使わずマウスだけで音を打ち込んで作ったりと楽器が演奏できない人でもパソコンを利用して作編曲ができるDTMは、多くの人が楽しんでいます。

モニタースピーカーの選び方

モニタースピーカーの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • アクティブかパッシブか
  • サイズ・設置方法

アクティブかパッシブか

スピーカーには、大きく分けてアクティブとパッシブに分かれます。簡単に言うと、アクティブはアンプが内蔵されているためスピーカー単体で音を鳴らすことができ、パッシブは別にアンプが必要ですがその分より自由に音作りが可能です。配線方法などもパッシブかアクティブかによって異なりますが、初心者には、アンプを選んだり組み合わせを考える必要のないアクティブスピーカーがおすすめです。

サイズ・設置方法

モニタースピーカーはサイズもさまざまです。DTMで使う場合には、設置する部屋のサイズや設置する場所を考えて選ばないと、いざ買ってもセッティングがうまくいかないということにもなりかねません。卓上にするか、床に置くか、それぞれのスペースとスピーカーのサイズが合っているかを確認しましょう。壁にかける形で設置できるかどうかは、製品によって異なります。

モニタースピーカーのおすすめ10選

FOSTEX アクティブスピーカー PM0.4c

FOSTEX アクティブスピーカー PM0.4cの仕様・製品情報

外形寸法 130(W)×220(H)×169(D)mm
重さ 2.4kg
定格出力 30W+30W

FOSTEX アクティブスピーカー PM0.4cのおすすめポイント3つ

  • 木製エンクロージャーと高性能デジタルアンプで、より自然な響き
  • 「片側搭載方式」のアンプで接続・操作が容易に
  • ON/OFF切り替え可能なオートスタンバイモード搭載

FOSTEX アクティブスピーカー PM0.4cのレビューと評価

FOSTEX人気機種のバージョンアップモデル

スピーカーの人気メーカーFOSTEXのアクティブスピーカーPM0.4cは、FOSTEXの代表機種PM0.4dの操作性・接続性を改善しより身近(”c”lose)になったモデルです。接続、操作が簡単になって、ホームシアターからDTMまで誰でも自由に原音の良さを実感できます。

FOSTEX アクティブスピーカー PM0.4cはこんな人におすすめ!

低価格でも定評のある間違いないモニタースピーカーが欲しい人におすすめ

YAMAHA MSP3 ペア

YAMAHA MSP3 ペアの仕様・製品情報

外形寸法 144Wx236Hx167Dmm
重さ 4.4kg
定格最大出力 20W

YAMAHA MSP3 ペアのおすすめポイント3つ

  • 低音域がしっかり鳴る2WAYバスレフ方式採用
  • スピーカーに最適化されたパワーアンプ内蔵
  • パワフルながら重さわずか4.4kg!

YAMAHA MSP3 ペアのレビューと評価

YAMAHA MSPシリーズのコンパクトモデル

YAMAHAのMSP3 ペアは、YAMAHAのリファレンススピーカー(モニタースピーカー)MSPシリーズの中でも、コンパクトで小型スタジオだけでなく自宅のDTM用機材としても人気なモデルです。MSPシリーズ直系の定評のある鳴りでモニタースピーカー入門用としてもおすすめです。

YAMAHA MSP3 ペアはこんな人におすすめ!

モニタースピーカー入門機として、コンパクトなサイズを探している人におすすめ

YAMAHA MSP5 Studio ペア

YAMAHA MSP5 Studio ペアの仕様・製品情報

外形寸法 179 x 279 x 208 mm
重さ 7.9kg / 1台
定格最大出力 40W

YAMAHA MSP5 Studio ペアのおすすめポイント3つ

  • 『ウェーブガイドホーン』設計で、ナチュラルでフラットなサウンド
  • 設置環境に応じて補正するTRIMコントロール 搭載
  • ブラケット用ネジ穴(60mm)があるので壁・天井への設置も可能

YAMAHA MSP5 Studio ペアのレビューと評価

YAMAHA MSP3のプロ仕様モデル

YAMAHAのMSP5 Studioは、YAMAHA MSP3の上位モデルです。サイズは大きくなりますが、MSP3より更にナチュラルでフラットなサウンドを追求しています。サイズは大きくなりますが、別売りのブラケットを利用すれば壁・天井への設置も可能です。

YAMAHA MSP5 Studio ペアはこんな人におすすめ!

より原音を追求したプロ仕様のモニタースピーカーにランクアップを考えている人におすすめ

YAMAHA HS5

YAMAHA HS5の仕様・製品情報

外形寸法 170W × 285H × 222D mm
重さ 5.3 kg/1台
出力 LF45W/HF25W

YAMAHA HS5のおすすめポイント3つ

  • あらゆる制作環境に対応するコンパクトな5インチモデル
  • コンパクトでもワイドな帯域をカバーして原音を忠実に再現
  • ブラックモデル(HS5)、ホワイトモデル(HS5W)の2モデル

YAMAHA HS5のレビューと評価

人気のHSシリーズの中でもコンパクトなサイズ

YAMAHAのモニタースピーカーHS5は、YAMAHAの技術を結集して開発された原音の忠実再生を追求したHSシリーズの中でも、ホームユーズや可搬性を考えたコンパクトなモデルです。コンパクトでもしっかりと原音を忠実に再現するパワフルなモニタースピーカーです。

YAMAHA HS5はこんな人におすすめ!

個室内での使用に向いたニタースピーカーを探している人におすすめ

Fluid Audio F5

Fluid Audio F5の仕様・製品情報

外形寸法 260x176x195
重さ 重量5.0kg
定格出力 LF:40W/HF:30W

Fluid Audio F5のおすすめポイント3つ

  • 合計70Wのバイアンプ方式採用のパワフルで鮮明な音
  • フロントパネルにボリュームコントローラー設置で即ボリュームにアクセス可能
  • XLRバランス入力にも対応した豊富な入力端子搭載

Fluid Audio F5のレビューと評価

パワフルなフェーダーシリーズのコンパクトモデル

F5は、Fluid Audio社のスタンダード・モデルであるフェーダー・シリーズの中でもコンパクトなモデルです。70Wのバイアンプでパワフルで鮮明なに原音を再現します。フロントパネルに配置されたボリュームコントローラーも、フェーダーシリーズならではの特徴です。

Fluid Audio F5はこんな人におすすめ!

よりパワフルな音のモニタースピーカーを求めている人におすすめ

EVE AUDIO SC203

EVE AUDIO SC203の仕様・製品情報

外形寸法 116 x 190 x 134
重さ Master : 1.9 Kg、 Slave : 1.7 Kg、FlexiPad : 0.19 Kg
定格出力 30W×30W

EVE AUDIO SC203のおすすめポイント3つ

  • パッシブラジエーター搭載で、雑音のない低音補強を実現
  • アナログとデジタルどちらにも接続できる豊富な入出力
  • 卓上に置きやすいコンパクトでスタイリッシュなデザイン

EVE AUDIO SC203のレビューと評価

USB接続によるダイレクト再生が可能なコンパクトモデル

EVE AUDIOのSC203はより良い音響環境を追求するEVE AUDIO社のモニタースピーカーの中でも最小の3インチウーファーモデルです。「USB入力」を搭載していて、パソコンにに直接接続してオーディオインターフェースなしでダイレクトに再生が可能です。

EVE AUDIO SC203はこんな人におすすめ!

DTMをのためにより便利に使える高音質なモニタースピーカーが欲しい人におすすめ

IK Multi media iLoud Micro Monitor

IK Multi media iLoud Micro Monitorの仕様・製品情報

外形寸法 180mm × 135mm × 90mm
重さ ステレオ・ペアで1.7kg
定格出力 50W

IK Multi media iLoud Micro Monitorのおすすめポイント3つ

  • ステレオ・ペアでも1.7kgの超コンパクト、持ち運びに最適
  • DSPテクノロジーで透明で明瞭なサウンド
  • Bluetooth接続にも対応で日常のリスニングにも便利

IK Multi media iLoud Micro Monitorのレビューと評価

世界最小のアクティブ・モニタースピーカー

IK Multi mediaの「iLoud Micro Monitor」は、世界最小のサイズでありながら明瞭なサウンドに驚かされる人気のモニタースピーカーです。ノートパソコンと一緒に持ち歩けるくらいの重さ・サイズ感がなによりの魅力。マイクスタンドにも設置可能なので、スタジオ用のモニタースピーカーとしても利用可能です。

IK Multi media iLoud Micro Monitorはこんな人におすすめ!

ノートパソコンとセットで持ち歩けるくらいの重さ・サイズのモニタースピーカーが欲しい人におすすめ

Genelec 8010A

Genelec 8010Aの仕様・製品情報

外形寸法 121W×181H×114D
重さ 1.5 kg
定格出力 25 W + 25 W

Genelec 8010Aのおすすめポイント3つ

  • GENELEC独自の音響理論による正確で忠実なサウンド
  • コンパクトなボディからは信じられないほどの豊かな低音再生を実現
  • 丸味をおびたフォルムとダークグレイのカラーが美しいデザイン

Genelec 8010Aのレビューと評価

プロ仕様8000シリーズの最小モデル

スタジオや放送局などプロの現場でもよく使用されているGenelec社のモニタースピーカー『8000』シリーズの中でも8010Aは最小サイズのモデルです。プロフェッショナル向けの性格で忠実なサウンドと、狭いスペースでも設置可能で鞄にも入るコンパクトサイズを両立したモニタースピーカーです。

Genelec 8010Aはこんな人におすすめ!

スピーカーを置くスペースが狭く大きな音は出せないけど、プロクオリティのモニタースピーカーが欲しい人におすすめ

JBL 4312M II WX

JBL 4312M II WXの仕様・製品情報

外形寸法 181×300×180mm
重さ 4.0kg
周波数特性 55Hz~50kHz(-6dB)

JBL 4312M II WXのおすすめポイント3つ

  • JBL伝統のホワイトコーン・ウーファーでタイトな低音域再生
  • 再生環境に合わせたレベル調整が可能な3ポイント・アッテネーター・スイッチ搭載
  • 壁・天井への取り付け可能なコンパクトなキャビネット

JBL 4312M II WXのレビューと評価

大ヒットモデルのブラッシュアップ版モデル

JBLの4312M II WXは同シリーズの大ヒットモデル4312Mと同じコンパクトサイズながら、JBLの最新技術を取り込んでさらにワイドレンジなサウンドに生まれ変わったモデルです。ブルーバッフルとウォールナット天然木仕上げで、インテリアとしても高級感のあるデザイン。ブラックアッシュ調仕上げも選べます。

JBL 13.3cm 3ウェイコンパクトモニター ペア 4312Mはこんな人におすすめ!

JBLのモニタースピーカーでもコンパクトなサイズが欲しい人におすすめ

MACKIE モニタースピーカー ペア CR3

MACKIE モニタースピーカー ペア CR3の仕様・製品情報

外形寸法 208 mm×140 mm×158 mm
重さ 4.1 kg [ペア]
再生周波数帯域 80Hz~20kHz

MACKIE モニタースピーカー ペア CR3のおすすめポイント3つ

  • 1万円台の低価格でスタジオモニター並みのデザイン・音質・パフォーマンスを実現
  • ヘッドホンアウトやボリュームノブなどで操作しやすいフロントデザイン
  • すぐに使える!必要なケーブルは全て同梱

MACKIE モニタースピーカー ペア CR3のレビューと評価

 

モニタースピーカーペアCR3は、多くのプロフェッショナルが愛用するMACKIEの、コンパクトで低価格なホームユーズモデルです。高価なモニタースピーカーと同じ高品位な部品を採用し、サウンドの忠実な再現を可能にしています。

MACKIE モニタースピーカー ペア CR3はこんな人におすすめ!

手頃な価格でもしっかり使えるモニタースピーカーを探している人におすすめ

まとめ

今回は、DTMをやっている人におすすめのモニタースピーカーを紹介しました。さまざまな価格帯で良い製品があるので、予算に合わせて選んでみてください。