PS4・PS4ProにおすすめのSSD最強7選

コスパ良好でおすすめなPS4/PS4Pro向けSSDをメーカー別、容量別HDDとSSDの違い、PS4/PS4ProのHDDをSSDに換装するメリットとデメリットについて解説します。価格帯は1万円台から4万円台まで、その他に保証期間、書き込み速度などまで幅広く紹介します。

「HDD」と「SSD」の違い

PS4/PS4Proの容量をアップするときに、「HDD」や「SSD」という言葉を聞きますね。両者はどちらもデータを保存するためのものです。

両者の違いはデータ保存の仕組み・読込速度・価格です。
HDDのデータ保存の仕組みは、内蔵されている円盤を高速回転させて、磁気ヘッドを移動させることによりデータ保存や読込・書出を行います。

物理的に円盤を動かすので読込・書出にやや時間がかかります。また、異変が起きた際にはカチカチと音がするので交換の目安となっています。HDDが発売されてたら時間が経っているので、価格は安価です。

SSDはフラッシュメモリが内蔵されている大型USBのようなものです。HDDのように物理的に動かす動作がないので、読込・書出のスピードが速くなっています。
PS4Proに組み込むとその速さを実感できるでしょう。物理的な音がしないのでいつ壊れるかわからないことと、SSDに比べて高価であることが特徴です。

PS4/PS4ProのHDDをSSDに換装することは簡単?

PS4/PS4ProのHDDをSSDに換装することはとても簡単です。特別な工具は必要なく、PS4/PS4Pro本体、プラスドライバー、交換用のSSDを用意するだけというお手軽仕様になっています。

しかし、全く初めての人がPS4/PS4Proを分解すると、HDDが入っている場所以外を開けてしまうことがあるのでYouTubeやインターネットで情報収集が得意な方や電化製品の分解や組立の経験がある方は簡単に交換できるでしょう。

PS4/PS4ProのHDDをSSDに換装 「外付けSSD」と「内蔵SSD」の違い

外付けSSDと内蔵SSDの違いは「PS4を分解する必要があるかどうか」です。外付けタイプのSSDを導入するさいにはPS4の分解は必要ありません。

外付けSSDのメリットとデメリット

  • 最大で8TBのSSDが使える
  • 厚さを気にせずに使用することができる
  • 容量が足りなくなったら別のSSDと連動できる
  • 1台のSSDを複数のPS4で共有できない
  • USBハブが使えずPS4に直接つながなければならない
  • 移動のときに荷物が増える

外付けタイプのSSDのメリットは「容量や大きさを気にせずに導入できる」ことです。デメリットは、複数のPS4と連動できないという点です。複数のPS4を管理する環境にある場合は、費用がかさんでも個別にSSDを用意しましょう。

内蔵SSDのメリットとデメリット

  • ロード時間を短縮することができる
  • PS4を移動させるときに面倒がない
  • PS4Proの性能を引き出すことができる
  • 取り出したHDDを活用できる
  • データの移行をしなければならない
  • 使用できるSSDの厚さに制限がある

外付けSSDは「とにかくSSDに大量のデータを保存しておきたい」というときに使えるでしょう。内蔵SSDは「PS4/PS4Proの性能を強化したい」というときにうってつけです。外付けSSDを単純な保存媒体として使うよりも、安価なHDDを利用するという手もあります。

PS4/PS4ProのHDDをSSDに換装 メリット

PS4/PS4ProのHDDをSSDに換装することのメリットは、以下の3つです。ロード時間が早くなればゲームに使える時間が全体的に増えます。また、セーブデータの保存容量が増えるのでセーブデータを大量に作成する方におすすめです。

  • ロード時間が早くなることがある
  • ゲームの保存領域を増やすことができる
  • PS4Proの性能を引き出すことができる

ロード時間が早くなることがある

PS4/PS4ProのHDDをSSDへと交換すると、書き込み速度が速くなり、ロード時間が速くなることがあります。秒数にしてたった数秒ですが、一度速度が上がったことを体感すると、もとに戻せなくなるでしょう。

たった数秒でも何十時間もゲームをプレイするなら、総合なロード時間は数百秒になり時間の節約にもなります。

ゲームの保存領域を増やすことができる

PS4/PS4ProのHDDをSSDに交換するとき、HDDよりも容量の大きなSSDと交換すれば、PS4本体の保存領域を増やすことができます。また、取り出したHDDは他のゲーム機に活用したり、外部の保存領域として活用できるので、より多くの保存領域を獲得することができるでしょう。

ゲームの速度と容量を増やしたい方におすすめです。

PS4Proの性能を引き出すことができる

PS4Proに挿入されている光学ドライブはHDDです。そのままではPS4Proの性能を引き出すことができず、PS4と大差ない動作しかしてくれません。PS4ProのHDDをSSDと交換することで、PS4Proがもっていた機能を十分に引き出すことができるのです。

せっかく新しいゲーム機を購入するのだから、最適な環境でプレイしたいですよね。SSDの交換はゲーム環境を整える意味でおすすめです。

PS4/PS4ProのHDDをSSDに換装 デメリット

PS4/PS4ProのHDDをSSDに換装することのデメリットは、以下の2つです。SSDはHDDに比べて高価なので、導入に踏み出しにくいでしょう。また、PS4内のHDDをSSDに交換することによって不具合が出ても、自己責任となります。

  • 容量によってはSSDが高額になる場合がある
  • 交換の結果は自己責任になる

PS4よりもSSDのほうが高額になる場合がある

1TBや2TBのSSDの値段はときに4万円以上になります。下手するとPS4ソフトが何本も購入できるので、速度と容量を両立させたいと考えてる場合には心理的にブレーキがかかるかもしれません。

PS4Proの場合はSSDに交換しただけでロードが速くなることがあるので、比較的安価なSSDと交換して、データを外部のHDDに保存するという方法が使えます。

交換の結果は自己責任になる

PS4のHDDをSSDに交換する行為に対して、SONYはサポート対象外です。SSDに交換した結果PS4やPS4Proに以上が出ても、自己責任となります。PS4自体にサポート期間があるので、HDDをSSDに交換したいと考えているなら、PS4本体の保証期間が切れてから交換することをおすすめします。

PS4/PS4ProにおすすめのSSDの選び方

PS4/PS4ProにおすすめのSSDの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 厚さで選ぶ
  • 保証期間で選ぶ
  • 速度か容量で選ぶ

厚さで選ぶ

PS4に内蔵できるSSDの厚さは9.2mmと決まっています。安価なSSDを見つけて使おうとしても、交換できなければ意味がありません。必ず9.2mm以下のSSDを使用しましょう。誤って厚いSSDを購入してしまった場合には、外部から接続して保存領域にするという方法が使えます。

保証期間

SSDを交換するなら、保証期間が長いSSDを選ぶといいでしょう。SSDを自分で交換する行為は、SONYではサポート対象外です。SSDが故障してデータが消えてしまっても、SONY側ではサポートしてくれません。SSDは高価なので、早めに壊れてしまっても交換可能な会社をえらぶといいでしょう。

速度か容量で選ぶ

SSDは高額な光学ドライブです。いくら安価になったとはいえど、1TBや2TBだと高額になります。あくまでもPS4Proの力を引き出すためのみに注力するなら500GB台の比較的安価なSSDを選ぶといいでょう。容量の大きさにかかわらず、内蔵ドライブをHDDからSSDに変更するだけでもロード時間が短縮されます。

データ保存も欲しいという方は予算と相談して1TBのSSDを選ぶといいでしょう。

PS4/PS4ProのSSDおすすめ7選

PS4/PS4ProのSSDおすすめ7選を紹介します。

Crucial MX500 (CT1000MX500SSD1)

Crucial MX500(CT1000MX500SSD1)の仕様・製品情報

容量 1TB
厚さ 7mm
読込 560MB/s
書込 510MB/s

Crucial MX500 (CT1000MX500SSD1)のおすすめポイント3つ

  • 5年保証の高信頼モデル
  • 衝撃からデータを守る耐久性
  • データ保護機能でファイル破損から保護

Crucial MX500 (CT1000MX500SSD1)のレビューと評価

耐久性と万が一の5年保証が安心のSSD

Crucial MX500 CT1000MX500SSD1は、取り付けやすさと保証の手厚さが売りのSSDです。停電時にもデータを守る機能があるので、いつでも安心してゲームをプレイできます。耐久性に優れており、衝突や落下の衝撃からデータを守ります。5年間保証期間があるので、使っている最中にSSDの不具合が出ても相談できるので安心です。

Transcend SSD370S(TS512GSSD370S)

created by Rinker
トランセンドジャパン
¥23,800 (2021/04/21 07:49:36時点 Amazon調べ-詳細)

Transcend SSD370S(TS512GSSD370S)の仕様・製品情報

容量 512GB
厚さ 7mm
読込 570MB/s
書込 470MB/s

Transcend SSD370S(TS512GSSD370S)のおすすめポイント3つ

  • 58gの軽量・薄型
  • 静穏で使いやすい
  • 放熱性の高いアルミ筐体

Transcend SSD370S(TS512GSSD370S)のレビューと評価

静音で使いやすいSSD

Transcend SSD370Sは、容量は少ないながらもPS4Proの能力を引き出す事ができるSSDです。容量はともかく起動を速くしたいというときに大活躍でしょう。放熱性のあるアルミ筐体を使用し、パフォーマンスを向上させます。また静音仕様なので、ゲーム中の駆動音に悩まされている方にもおすすめです。

BUFFALO SSD-PGM960U3

BUFFALO SSD-PGM960U3の仕様・製品情報

容量 960GB
サイズ 50×10.9×95mm
読込 530MB/s

BUFFALO SSD-PGM960U3のおすすめポイント3つ

  • FF14やモンハンの高速化に効果的な外付けSSD
  • 持ち運びやすい名刺サイズ
  • 耐振動・耐衝撃設計

BUFFALO SSD-PGM960U3のレビューと評価

PS4のメーカー動作測定済み外付けSSD

BUFFALO SSD-PGM960U3はPS4のデータ読み込みを高速化するのにおすすめな外付けSSDです。名刺サイズなので場所も取らず、手軽に容量を増やせます。米国MIL規格による耐衝撃・耐振動設計でデータをしっかり守ります。「PS4かんたん接続マニュアル」がダウンロードできるので機械が苦手な人でも安心です。

Samsung Portable SSD T5(MU-PA500)

Samsung Portable SSD T5 MU-PA500の仕様・製品情報

容量 500GB
サイズ 74 x 57×10.5 mm
転送速度 最大540MB/s

Samsung Portable SSD T5 MU-PA500のおすすめポイント3つ

  • 最大540MB/sの高速データ転送
  • 手のひらサイズの外付けSSD
  • メタルデザインとスタイリッシュなカラーバリエーション

Samsung Portable SSD T5 MU-PA500のレビューと評価

スタイリッシュな外付けSSD

丸みを帯びたメタリックなカラーデザインで、おしゃれな外付けSSDが欲しいという人におすすめです。換装することなくコード1本で簡単に接続できるので気軽に増設できます。PS4用にしてはオーバースペックですが、SP4動作確認済みかつ安心のSamsungなことから人気の製品です。

Seagate BarraCuda ZA1000CM10003

Seagate ZA1000CM10003(ZA1000CM1A003) BarraCuda 120 2.5インチSSD 1TB

Seagate BarraCuda ZA1000CM10003の仕様・製品情報

容量 1TB
厚さ 7.1mm
読込 560MB/s
書込 540MB/s

Seagate BarraCuda ZA1000CM10003のおすすめポイント3つ

  • 安心の5年保証
  • 3D TLC NANDで最高SATA 6GB/秒のスピード
  • 1TBでもお手頃価格

Seagate BarraCuda ZA1000CM10003のレビューと評価

お手頃価格で高速SSDへ交換できる

Seagate BarraCuda ZA1000CM10003は560MB/sの読込速度なのでPS4へ換装すると体感速度が一気にアップします。大きめの容量、高速SSDだと値段が張ってしまいますが、Seagate BarraCudaは1TBでもお手頃価格なのでおすすめです。180万時間のMTBFで長期間データ保護ができるうえ、メーカー保証は5年間付いているので安心です。

SanDisk SSD Ultra 3D(SDSSDH3-2T00-G25)

SanDisk SSD Ultra 3D(SDSSDH3-2T00-G25)の仕様・製品情報

容量 2TB
厚さ 7mm
読込 560MB/s
書込 530MB/s

SanDisk SSD Ultra 3D(SDSSDH3-2T00-G25)のおすすめポイント3つ

  • 低温・静音の低消費電力
  • 最先端の3D NAND技術で耐久性を強化
  • nCache2.0技術でバースト速度アップ

SanDisk SSD Ultra 3D(SDSSDH3-2T00-G25)のレビューと評価

大容量の2TBでPS4の性能を大幅アップ

快適なプレイ環境にしたいなら2TBのSSDへの交換がおすすめです。モンハンやFF14のようなロード時間が長いゲームをする人は思い切って2TBの換装が良いでしょう。SanDisk SSD Ultra 3Dなら他メーカーに比べてコスパが良いので2TBの導入ができます。nCache2.0技術で性能を最適化し、バースト速度を向上させています。

Samsung 860 EVO(MZ-76E500B/EC)

Samsung 860 EVO(MZ-76E500B/EC)の仕様・製品情報

容量 500GB
厚さ 7mm
読込 550MB/s
書込 520MB/s

Samsung 860 EVO(MZ-76E500B/EC)のおすすめポイント3つ

  • 信頼のATA SSDシリーズ860 EVO
  • 最大240TBWもしくは5年の耐久性を保証
  • PS4動作確認済み

Samsung 860 EVO(MZ-76E500B/EC)のレビューと評価

信頼のSamsungで手軽に動作性をアップ

Samsung 860 EVO500GBは1万前後で購入できるため、PS4の容量が足りないと感じてきたときに気軽に導入することができます。低価格といっても17年連続世界シェア1位の信頼のあるメーカーのため品質面でも安心です。Intelligent TurbboWriteテクノロジーを使うことでパフォーマンスを上げ、最大550MB/sでの連続読込ができます。

まとめ

今回はコスパ良好でおすすめなPS4向けのSSDをメーカー別、容量別、用途や目的別にご紹介しました。PS4内のHDDをSSDに交換すると、容量だけでなく読み込み時間も早くすることができます。PS4ゲームも少しの待ち時間なくシームレスに楽しみたいときにはSSDの換装にチャレンジしてみてください。

合わせて見たい関連リンク