じっくり読むと6分

コーヒーミルは大きく、電動タイプと手動タイプに分かれます。電動タイプは電気で豆を挽くので速く挽くことができます。対して手動タイプは手で挽くので速さでは電動タイプに敵いませんが、電源が不要なので、登山やキャンプなどのアウトドアでも使いやすいというメリットがあります。

また手挽きタイプは歴史が古いこともあり、アンティークな置物としても通用する、デザイン性の高い製品も多いです。




コーヒーミルとは

コーヒーミルとは、コーヒーの豆を挽く機械です。コーヒーの豆は収穫後、不良品をとり除くハンドピックが行われ、熱を加えて焙煎し、豆を挽く(細かく粉にする)ことでようやくコーヒーを淹れることができるようになります。
豆を淹れるところからコーヒーを淹れるまで全自動で行ってくれるコーヒーメーカーもありますが、独立したコーヒーミルの方が、挽き具合など細かな調整が可能です。

コーヒーミルの手動と電動の違い

電動のミルは、その名の通り電気によって豆を挽きます。対して手動の方はその名の通り、手動で豆を挽く機械です。
ミルの分類としては他にも、刃などで豆を砕いて粉にするカット式、豆を歯の間に通すことで粉にするコニカル式など、豆を粉にする方法による分類もあります。電動ミルではカット式・コニカル式両方ありますが、手動ミルの場合はカット式が主流です。
電動も手動も豆を粉にすることには変わりありませんが、比較すると細かい調整などは電動式の方が有利と言えるでしょう。電動式には充電式のミルもありますが、多くは家庭用コンセントを使うため、コンセントのある場所でないと使えません。対して手動式は全般に使い方も簡単で、電動式より安価な製品が多いことが特徴と言えます。

コーヒーミルの注目したい機能・性能

コーヒーミルの注目したい機能・性能は、以下の3つです。

  • 挽き具合調整
  • 丸洗い
  • セラミック刃

挽き具合調整

コーヒー豆の挽き具合を調整する機能です。コーヒーは挽き具合で味が変わるので、好みの味にこだわるなら必須の機能と言えるでしょう。
手動式ではフィルターの調整などで、電動式ではダイヤル調整などで設定することができます。ただし電動式では、比較的高価格帯の製品でなければ挽き具合調整が付いていないことも多いので注意が必要です。

丸洗い

コーヒーミルはその性質上、どうしても細かい粉や削りかすなどが溜まってしまいます。そのため、分解して丸洗いできる製品の方が内部を清潔に保つことができます。
中には本体をパーツごとに完全に分解でき、全体を細かいところまで掃除できる製品もあります。清潔さにこだわる方は、こうした製品を選ぶべきでしょう。

セラミック刃

特に高価格帯のコーヒーミルで、よく採用されているのがセラミックの刃です。金属の刃の場合、どうしても金属の匂いが発生します。対してセラミックは金属臭がしないので、豆に匂いがうつってしまう心配がありません。
セラミックは錆びにも強いので、耐久性という点でも非常に優秀な素材です。

コーヒーミルのおすすめメーカー

コーヒーミルのおすすめメーカーは、以下の3つです。

  • カリタ
  • メリタ
  • ポーレックス

カリタ

ミルだけでなくドリップペーパーやポットなど、コーヒー用品で大きなシェアをほこる日本のメーカーです。ミルでは定番とも言うべきクラシカルな手挽きミルから高機能な電動ミルまで、さまざまな製品をラインナップしています。
定番メーカーだけあってアマゾンでの支持も高く、とりあえずミル選びで迷ったらここと言える存在と言っていいでしょう。

メリタ

現在日本で主流のコーヒーの淹れ方「ペーパードリップ方式」を開発したドイツのメーカーで、コーヒー器具の世界最大手です。ミルも多数販売しており、電動式では非常に安価な製品も販売しています。
安価な製品でもそこはさすがに老舗メーカー、独自開発の刃など安定して豆を挽ける工夫がなされています。

ポーレックス

セラミックの刃にこだわったメーカーで、シンプルな形状の手挽きミルが人気を博しています。コーヒーミルの他にも、セラミックのおろしやしょうゆ差しなども開発しています。
セラミックなので高耐久なのはもちろん、全体を分解でき、隅々までお手入れができる製品が多くなっています。

コーヒーミルの選び方

コーヒーミルの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 電動か手動かで選ぶ
  • 挽き具合が調整できるかで選ぶ
  • 容量で選ぶ

電動か手動かで選ぶ

電動の方が挽きも速く高機能な製品が多くなっていますが、昔ながらの手動ミルも根強い人気があり、今でもたくさんの製品が販売されています。
手動ミルは手間はかかりますが、自分で豆を挽いているという実感を味わうことができ、また挽くにつれ香りが広がる独特の感覚も楽しめます。もちろん、慣れてくれば挽き具合やハンドルの回し具合で、調整も可能です。
ただ手軽さという点では、電動ミルの方が圧倒的に有利です。

挽き具合が調整できるかで選ぶ

コーヒーを作る課程で味に大きく作用するのが、豆の焙煎具合と、豆の挽き具合です。一概には言えせんが挽きが細かければより濃く、粗ければより薄くなります。使う豆の種類、また焙煎具合によっても適した挽き具合は変わってきます。
それだけに、専用のミルを用意するのであればできるだけ挽き具合が調整できる機種を購入した方がいいでしょう。そこにこだわらないのであれば、非常に安価なミルでも十分と言ってもいいでしょう。

容量で選ぶ

多くのコーヒーミルは1〜2杯分の容量ですが、中には大容量のミルもあります。家族が多かったり、友人知人などがよく集まったりしてコーヒーでもてなすといった用途なら、容量の大きなミルの方が便利でしょう。
通常はミルで挽いた粉を保存する場合はミルから出して保存用の容器に移しますが、中には粉受けを取り外し、そのまま保存容器として使えるミルもあります。しょっちゅう大人数にふるまうのなら、こうした製品が便利です。

コーヒーミルの電動タイプ おすすめ6選

Kalita CM-50 (ブラック)

Kalita CM-50 (ブラック) の仕様・製品情報

サイズ9.9×8.2×17.8cm
重量約0.75kg
容量50g
電源家庭用コンセント

Kalita CM-50 (ブラック) のおすすめポイント3つ

  • アマゾンで2,000円弱
  • 50gを15秒で
  • 取り外し可能なフタ

Kalita CM-50 (ブラック) のレビューと評価

カリタのシンプル&安価なミル

アマゾンで人気の、カリタによるシンプルな電動ミルです。アマゾンでわずか2000円弱という低価格ながら、50gのコーヒー豆をわずか15秒で挽いてくれます。
持ちやすいコンパクトなボディに加えフタも取り外せるようになっており、余裕を持って豆入れ/粉の取り出しができるようになっています。

Kalita CM-50 (ブラック) はこんな人におすすめ!

安い人気ブランドのミルを求める方に

カリタ ナイスカットG

カリタ ナイスカットGの仕様・製品情報

サイズ120×21.8×33.7cm
重量2.3kg
容量50g
電源家庭用コンセント

カリタ ナイスカットGのおすすめポイント3つ

  • 本格派なのに2万円を切る価格
  • ダイヤルで挽き具合を調整
  • ステンレスの粉受け

カリタ ナイスカットGのレビューと評価

業務用としても使われる本格ミル

コーヒー店などでも見かけるような、業務用としても使われるカリタのコーヒーミルです。お値段もそれなりにしますが、アマゾンでは2万円を切る価格になっています。
業務用としては小型の部類の製品になり、容量は50g。小さくとも挽き具合はダイヤルで細かく調整でき、粉受けもステンレスになっているので、挽いてからそのままペーパーに落とすことができます。

カリタ ナイスカットGはこんな人におすすめ!

業務用の本格的なミルを求める人に

メリタ ECG62-1B

メリタ ECG62-1Bの仕様・製品情報

サイズ18.3×9.8×9.8cm
重量0.75kg
容量70g
電源家庭用コンセント

メリタ ECG62-1Bのおすすめポイント3つ

  • メリタによる普及帯モデル
  • 安価でも容量70g
  • 独自設計の刃

メリタ ECG62-1Bのレビューと評価

ステンレス刃で均一に弾けるミル

世界最大手のコーヒー器具メーカー、メリタによる普及帯価格のコーヒーミルです。3,000円を切るお値段ながら、容量は70g。挽きはフタを開けてからボタンを押して行い、フタが透明なので中の様子を見ながら挽くことができます。
豆を挽く刃はステンレス製で、メリタが独自に設計したもの。豆をできるだけ均一に、ムラなく挽くことができるようになっています。

メリタ ECG62-1Bはこんな人におすすめ!

メリタのミルを安価に欲しい方に

メリタ CG-5B

メリタ CG-5Bの仕様・製品情報

サイズ113×15.3×21.9cm
重量1.31kg
容量100g
電源家庭用コンセント

メリタ CG-5Bのおすすめポイント3つ

  • 細かい粉が発生しにくい
  • 挽き具合をダイヤルで調整できる
  • 杯数もダイヤルでセットできる

メリタ CG-5Bのレビューと評価

メリタによるコニカル式のミル

こちらもメリタのミルですが、コニカル式の電動ミルです。先にご紹介したようなグラインダー式のミルに比べて細かい粉が発生しにくく、エスプレッソなどにも向いています。
挽き具合をダイヤルで調整できるのも、コニカル式の大きなメリット。杯数もダイラルで調整でき、簡単に、かつ高品質な挽きが可能です。

メリタ CG-5Bはこんな人におすすめ!

コニカル式のブランドメーカー製ミルが欲しい方に

CHULUX SS304

CHULUX SS304の仕様・製品情報

サイズ9.5×9.5×21cm
重量1.02kg
容量70g
電源家庭用コンセント

CHULUX SS304のおすすめポイント3つ

  • 用途別の2種類のカップが付属
  • 水気があっても挽ける
  • ステンレス製ブレード

CHULUX SS304のレビューと評価

コーヒーとそれ以外を使い分けられるミル

コーヒーカップを2つ重ねたような、独特のおしゃれな形状が印象的なコーヒーミルです。上の方のカップに豆を入れ、上から押すことで挽きを開始します。
カップは「グラインダーカップ」と「チョッパーカップ」の2種類が付属しており、グラインダーカップはコーヒー用、チョッパーカップは野菜や果物など、水気のある内容物を挽くことができます。
ブレードや容器はステンレスを使用しており、高い耐久性を実現。3,000円弱と安価なミルながら、コストパフォーマンスの高い一品です。

CHULUX SS304はこんな人におすすめ!

コーヒー豆以外も挽きたい人に

デロンギ KG79J

デロンギ KG79Jの仕様・製品情報

梱包サイズ13.0×16.0×26.0cm
重量1.5kg
容量100g
電源家庭用コンセント

デロンギ KG79Jのおすすめポイント3つ

  • 粗〜細まで細かく調整できる
  • ダイヤルセットで必要なだけ挽ける
  • 着脱式のコンテナ

デロンギ KG79Jのレビューと評価

細かな挽き具合&杯数調整ができるミル

臼式のグラインダーを搭載し、豆をできるだけ均一に挽くことに長けたコーヒーミルです。ツマミを回すことで、粗挽き〜細挽きまで、挽き具合を細かく調整することができます。
豆をたくさん入れていても、ダイヤルで杯数をセットすることで挽きたい分だけを素早く挽くことが可能。コンテナは着脱式になっており、100gと大容量になっています。

デロンギ KG79Jはこんな人におすすめ!

豆を均一に、たくさん挽きたい人に

コーヒーミルの手動タイプ おすすめ6選

カリタ KH-3

カリタ KH-3の仕様・製品情報

サイズ17.0×8.5×21.0cm
重量610g
容量ホッパー35g 粉受け55g

カリタ KH-3のおすすめポイント3つ

  • メッシュ調整で選べる挽き具合
  • 硬質鋳鉄カッター
  • ねじ込み式でとり外しできる

カリタ KH-3のレビューと評価

カリタによる、定番中の定番ミル

「ザ・コーヒーミル」とでも呼ぶべき、カリタの定番中の定番ミルです。アマゾンでも当然のように人気の手挽きミルになっています。
コーヒーミルと聞いて誰もが思い浮かべるであろう形状。内部のメッシュを手動で調整することで、挽き具合も選べます。ブレード部分は硬質鋳鉄カッターが使われており、高い耐久性を実現。上部はねじ込み式で外れるようになっており、下部にたまった粉を取り出すようになっています。

カリタ KH-3はこんな人におすすめ!

手挽きの定番ミルが欲しい方に

HARIO MSS-1TB

HARIO MSS-1TBの仕様・製品情報

サイズ15×7.24×22cm
重量約250g
容量24g(2杯用)

HARIO MSS-1TBのおすすめポイント3つ

  • 畳めるハンドル
  • つまみ1つで挽き調整が可能
  • 臼の部分は丸洗いOK

HARIO MSS-1TBのレビューと評価

安価ながらセラミック臼のミル

アマゾンで2,000円弱と、非常に安価なハリオのコーヒーミルです。一般的なミルと違ってハンドルを畳んでおくことができ、コンパクトに収納できるようになっています。
調節つまみで、挽き具合の調整が可能。臼に当たる部分はセラミックが使われており、熱を抑えることでコーヒー豆へのダメージを軽減する設計です。臼の部分は分解して丸洗いでき、清潔に保つことができます。

HARIO MSS-1TBはこんな人におすすめ!

安く、高機能な手挽きミルが欲しい方に

HARIO MCW-2-OV

HARIO MCW-2-OVの仕様・製品情報

サイズ16.7×8.5×21.5cm
重量476g
容量30g

HARIO MCW-2-OVのおすすめポイント3つ

  • 高級感あふれるデザイン
  • オリーブウッドの粉受け
  • 持ちやすい本体

HARIO MCW-2-OVのレビューと評価

ウッドをあしらった高級ミル

こちらもハリオのミルですが、手挽きミルとしては高級価格帯の製品です。ウッドをあしらった高級感あふれるデザインになっています。
ハリオのミルの特徴でもあるセラミック製の臼はもちろん、粉受けはオリーブウッドになっており、ナチュラルテイストを前面に押し出しています。中心に向かって凹面になっているので、本体も持ちやすくなっています。

HARIO MCW-2-OVはこんな人におすすめ!

高級感のある手挽きミルが欲しい方に

HARIO MSCS-2B

HARIO MSCS-2Bの仕様・製品情報

サイズ17.2×9.3×23.1cm
重量0.48kg
容量粉受け100g

HARIO MSCS-2Bのおすすめポイント3つ

  • 取り外せる粉受け
  • 粉受けを保存容器にすることも可能
  • 滑り止めカバー付き

HARIO MSCS-2Bのレビューと評価

大容量でたくさん豆を挽けるミル

粉受けの容量が大きく、たくさんの豆を挽くことができる手挽きミルです。粉受けの部分は取り外すことができ、フタが付いているのでそのまま保存用の容器としても使うことができます。
HARIO製なので、もちろん臼はセラミック製&丸洗いが可能。本体に滑り止めのカバーが付いており、安定して手挽きすることができます。

HARIO MSCS-2Bはこんな人におすすめ!

たくさん豆を挽きたい方に

ポーレックス ミニ

ポーレックス ミニの仕様・製品情報

サイズ5.0×13.5cm
重量250g
容量20g

ポーレックス ミニのおすすめポイント3つ

  • 金属臭がせず、風味を損ねない
  • 挽き具合も調整できる
  • ハンドルホルダー付き

ポーレックス ミニのレビューと評価

小型ながらセラミック刃のミル

刃がセラミックでできており金属臭がしないので、コーヒー豆本来の風味を損ねずに挽くことができます。挽き具合の調整機能も付いており、手軽に設定することができます。
本体は細かく分解でき、きめ細かいお掃除が可能。ハンドルホルダー付きで、使わない時はハンドルを入れておきコンパクトに収納できます。

ポーレックス ミニはこんな人におすすめ!

コンパクトなセラミックのミルが欲しい方に

ポーレックス コーヒーミル

ポーレックス コーヒーミルの仕様・製品情報

サイズ17.2×9.3×23.1cm
重量0.48kg
容量粉受け100g

ポーレックス コーヒーミルのおすすめポイント3つ

  • セラミックで錆びや摩耗に強い
  • 簡単に分解できる
  • 細かいところまで清掃可能

ポーレックス コーヒーミルのレビューと評価

セラミックと分解清掃で、耐久性能の高いミル

こちらもポーレックスのミルですが、もう少し大きなサイズです。同社の特徴であるセラミックの刃を備えており、錆びや摩耗に強くなっています。
本体は簡単な手順で分解・清掃でき、細かいところまで洗えるので、細かなコーヒー豆の粉やカスが残ることもありません。全体に耐久性能が高く、本体を清潔に保つことができる作りになっています。

ポーレックス コーヒーミルはこんな人におすすめ!

きちんとお手入れして長く使いたい人に

まとめ

コーヒーミルは電動も手動も一長一短あり、どちらのタイプもさまざまな製品が販売されています。
ゆったりとコーヒータイムを楽しみたいなら手動、時間の余裕がなかったり、とにかくたくさん淹れるという方なら電動など、ライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。両方揃えておいて、気分によって使い分けるのもいいかもしれません。
ただどちらにしても独立したミルを購入するなら、できれば豆の挽き具合が調整できる製品にしておきたいところです。