【じっくり読むと6分】

外壁やお庭、ベランダや浴室、さらには車や網戸のお掃除まで、水を使えるところならその圧倒的な洗浄力で幅広い活躍が期待できるのが高圧洗浄機。さまざまな種類やメーカー、機能や価格の高圧洗浄機からニーズに合った製品を選ぶために注目の機能やメリットデメリット、選び方のポイントやおすすめの高圧洗浄機を一つづつ詳しく解説します。




高圧洗浄機とは

高圧洗浄機とは、水道や吸水タンクから吸い上げた水を電気やガソリンの力を使って高い圧力で噴射する清掃機器のことです。ホースの先を握った時に水圧が上がるのと基本的な原理は同じですが、さらに高い洗浄力が期待できることと、掃除の際にブラシなどの清掃用具を使ってこする手間が省けるため、作業効率に優れている点がメリットです。

高圧洗浄機の注目したい機能・性能

高圧洗浄機の注目したい機能・性能は、以下の3つです。

  • 水圧調節機能
  • 自吸機能
  • 静音機能

水圧調節機能

外壁やお風呂場などでは高い水圧で、窓ガラスや網戸など傷みやすい箇所には低い水圧と使用場所に合わせて水圧調節ができる高圧洗浄機も生産されています。さらにアタッチメントノズルの種類が多いことも特徴で、洗剤を同時に噴出できるノズルや、水の粒子を細かく霧状に散布できるノズルもあり、多彩なシーンで活躍できるでしょう。

自吸機能

家庭用のホースで庭のお掃除などをする場合、どうしても水流が届きにくく汚れが残りやすい場所が出てきます。こんな時は高圧洗浄機の出番。蛇口に接続して給水しなくても、本体に水を内蔵しておけるタンク式、あるいは貯めた水を吸い込む自吸式の高圧洗浄機を使えば、動線を気にせず隅々まで洗浄が可能です。さらにコンパクトなタイプを選べば持ち運びが手軽なこともポイント。

静音機能

モーターを駆動させるという高圧洗浄機の動作の仕組み上、ある程度仕方ないのが騒音の問題です。とは言え住環境によっては使いどころや時間が限られてしまう場合もあるでしょう。

モーターの駆動方式などを工夫することで静音性能を高めたモデルもあり、優秀な製品になると通常の50パーセント騒音をカットした静音機能を持つ高圧洗浄機も生産されています。マンションなどで使用する方は特に注目の機能です。

高圧洗浄機のメリット

高圧洗浄機のメリットは、以下の3つです。

  • 頑固な汚れも落としやすい
  • 簡単、便利な使い心地
  • 低コスト

頑固な汚れも落としやすい

高圧洗浄機を使う最大のメリットは、やはり手では落としにくい頑固な汚れもきれいに落とせる洗浄力です。さらに水流を放射するメカニズムから、手やブラシが入りにくいタイルのすき間や車のホイールの内側などの汚れもきれいに落とせることもポイント。水圧を調節すればガラスやプラスチックなどの素材を傷めることもありません。

簡単、便利な使い心地

水を使った掃除の一番大変な点が、汚れを落とすための労力です。洗剤をつけてブラシをこするのは実は大変な力仕事で、衣服が汚れてしまうこともしばしば。高圧洗浄機を使えば余計な労力がかからず、さらに使用箇所が幅広いため清掃用具を使い分けることなく高圧洗浄機一台で手軽に掃除できることも大きなメリットです。

低コスト

手動の清掃用具と比べて本体価格はやや高いものの、使用コストが安い点も高圧洗浄機のメリットです。

例えばホースから水を一時間出しっぱなしにした場合の水量は約700リットルと言われており、水道料金に直すと210円程度です。対して一般的な高圧洗浄機の一時間あたりの使用推量は300リットルで90円程度と半額以下です。頻繁に掃除を行う方ほど高圧洗浄機がおすすめです。

高圧洗浄機のデメリット

高圧洗浄機のデメリットは、以下の2つです。

  • 音がうるさい
  • 汚れによっては落ちにくい

音がうるさい

手軽で洗浄力に優れる代わりに音がうるさいのが高圧洗浄機のデメリットの1つです。基本的に水圧が高い、パワーがあるモデルほど動作音も大きくなる傾向があります。さらに騒音の目安になる数値にデシベル(db)というものがありますが、使用箇所によって異なるため製品仕様に明記されていないことが多いです。マンションや人口密度が高い地域にお住まいの方は静音設計をうたうものから選ぶのがおすすめです。

汚れによっては落ちにくい

高水圧とは言え水であることには変わりないので、水垢や油汚れはどうしても落ちにくくなります。そうした汚れがある場所を洗浄する時は本体やノズル側に洗剤を注入できる専用のタンクが付属しているものを選ぶ必要があるでしょう。反対にもろくなった柵やベンチ、塗装が剥がれかけた車体などを洗浄する時は水圧には気をつけてください。

高圧洗浄機のおすすめメーカー

高圧洗浄機のおすすめメーカーは、以下の3つです。

  • ケルヒャー
  • アイリスオーヤマ
  • ヒダカ

ケルヒャー

通販番組などで紹介され、高圧洗浄機の人気の火付け役になったドイツ発の世界的な清掃機器メーカーです。知名度=信頼性が高く、品質に優れたモデルを生産し、ハイパワーの業務用からコンパクトで使いやすい家庭用までラインナップが幅広いこともおすすめのポイント。セレクトに迷ったらケルヒャーの製品を購入すれば間違いはないでしょう。

アイリスオーヤマ

インテリアや生活家電なども幅広く取り扱う日本有数のメーカー、アイリスオーヤマ。価格が安いながらも十分な性能を備えたコストパフォーマンス重視の製品が非常に多く、ほかのメーカーと比べて予算が少なくて済むのが強みです。軽量で使いやすいコンパクトタイプの高圧洗浄機を探している方はぜひ候補に入れておきたいところ。

ヒダカ

ヒダカはケルヒャーやリョービといった一流メーカーの高圧洗浄機の販売会社で、同時に自社ブランドの製品も製造するメーカーです。取り扱ってきた製品の技術を吸収しながら顧客のニーズ調査のノウハウと組み合わせることで、使いやすくさらにコストパフォーマンスに優れたラインナップを実現しています。アフターサービスが充実しているのも嬉しいポイント。

高圧洗浄機の選び方

高圧洗浄機の選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 洗浄力で選ぶ
  • 吸水方式で選ぶ
  • 駆動方式で選ぶ

洗浄力で選ぶ

まず注目したいの洗浄力の目安になる水圧の高さ。水圧はMpa(メガパスカル)という単位で表わされ、8Mpaを越えると高水圧で洗浄力が高いということになります。もう一つのポイントが、最大吐出圧力と常用吐出圧力。最大吐出圧力はスペックの限界の数値であるため出力状況が限定されます。洗浄力を重視する場合、常用吐出圧力が高いものを選ぶと良いでしょう。

吸水方式で選ぶ

動線を考えずに配置でき、清掃場所の自由度が高い上残り湯などを効率的に利用できるので使用コストにも優れるタンク型や自吸型、水道に接続する必要がありますがパワーが出やすく、水補給の手間がいらないため安定的に使える水道接続型と、高圧洗浄機の吸水方式は主に2種類に分けられます。

吸水方式を切り替えられる製品もあり、用途によって選択するのがおすすめです。

駆動方式で選ぶ

高圧洗浄機のエンジンの駆動方式は電力供給式とガソリン式の2種類に分けられ、電力供給はさらにインダクションモーター式とユニバーサルモーター式に分けられます。

インダクションモーター式は電力の周波数によって使用地域が限定されており、50Hzが東日本用、60Hzが西日本用になるため、購入時に注意が必要です。その分、構造上静音性に優れかつ耐久力が高いメリットがあります。ユニバーサルモーター式は使用地域を限定しない強みがありますが、耐久性が低くなりがちなことが弱点です。

ガソリン駆動式はコンセントが必要ないためコードレスタイプが相性が良く、さらにハイパワーなメリットがありますが一方で継続力に欠け駆動音が最も大きいという難点があります。

家庭用におすすめの高圧洗浄機6選

KARCHER(ケルヒャー) K2CP

KARCHER(ケルヒャー) K2CPの仕様・製品情報

重量 3.9kg
給水方式 タンク式(別売のアタッチメントで水道と接続可能)

KARCHER(ケルヒャー) K2CPのおすすめポイント3つ

  • コスパ○
  • 軽量コンパクト
  • 洗浄剤タンク付き

KARCHER(ケルヒャー) K2CPのレビューと評価

コスパ重視の人気モデル

最大8Mpaの吐出圧力を持ち、3.9kgと家庭用に使いやすいコンパクトボディ、さらに1万円台のコスパが魅力のKARCHER(ケルヒャー) K2CP。圧力調整可能なバリオスプレーランスを標準装備、洗車にも嬉しい洗浄剤タンク付きと万能の高圧洗浄機です。

KARCHER(ケルヒャー) K2CPはこんな人におすすめ!

良コスパで使いやすい製品をお探しの方に

ヒダカ HK-1890

ヒダカ HK-1890の仕様・製品情報

重量 12kg
給水方式 水道接続型

ヒダカ HK-1890のおすすめポイント3つ

  • ハイパワー
  • 拡張性○
  • 静音設計

ヒダカ HK-1890のレビューと評価

業務用にも使えるハイパワータイプ

家庭用としては最高クラスをうたう最大9Mpaの水圧を誇るヒダカ HK-1890。駆動方式にインダクションモーターを採用することで静音性も良く、マンションでの使用にも向いています。よりハイパワーのターボノズル、洗剤タンク付きのノズルに手軽に換装可能なことも見逃せないポイント。

ヒダカ HK-1890はこんな人におすすめ!

静かでハイパワーなモデルをお探しの方に

HiKOKI(旧日立工機) FAW105

HiKOKI(旧日立工機) FAW105の仕様・製品情報

重量 6.5kg
給水方式 水道接続式

HiKOKI(旧日立工機) FAW105のおすすめポイント3つ

  • コスパ○
  • 耐久性○
  • ノズル換装可能

HiKOKI(旧日立工機) FAW105のレビューと評価

安心の国内ブランド

国内有数の日立ブランドらしく、パーツの剛性が高く耐久性に優れたHiKOKI FAW105。万が一故障をしても保障が迅速かつ丁寧で、Amazonなどの口コミ評価も高い人気モデルです。ワンタッチでノズルを換装可能な点もおすすめポイント。

HiKOKI(旧日立工機) FAW105はこんな人におすすめ!

長く使いたい方に

KARCHER(ケルヒャー) ケルヒャー K3SLB

KARCHER(ケルヒャー) ケルヒャー K3SLBの仕様・製品情報

重量 10.3kg
給水方式 自吸式

KARCHER(ケルヒャー) ケルヒャー K3SLBのおすすめポイント3つ

  • 静音性○
  • 節水性○
  • 耐久性○

KARCHER(ケルヒャー) ケルヒャー K3SLBのレビューと評価

静音性に優れた高性能モデル

同クラスの家庭用高圧洗浄機と比べて動作音が約50パーセントカットされたKARCHER(ケルヒャー) ケルヒャー K3SLB。自吸式のため節水もでき、同社のエントリーモデルに比べて3倍をうたう高耐久性もおすすめのポイントです。

KARCHER(ケルヒャー) ケルヒャー K3SLBはこんな人におすすめ!

近隣の環境に配慮したい方に

リョービ(RYOBI) AJP-1210

リョービ(RYOBI) AJP-1210の仕様・製品情報

重量 5.2kg
給水方式 水道接続式

リョービ(RYOBI) AJP-1210のおすすめポイント3つ

  • 安い
  • 水圧調整可能
  • コンパクト

リョービ(RYOBI) AJP-1210のレビューと評価

低価格にこだわったエントリーモデル

6.5Mpaの常用吐出圧力を持ちながら1万円を切る低価格が魅力のリョービ(RYOBI) AJP-1210。ダイカスト製品では国内トップメーカーのリョービらしく、低価格ながらしっかりした作りも魅力です。無段階で水圧調節可能なバリアブルノズルを標準装備。

リョービ(RYOBI) AJP-1210はこんな人におすすめ!

価格にこだわりたい方向け

アイリスオーヤマ SBT-512N

アイリスオーヤマ SBT-512Nの仕様・製品情報

重量 10.2kg
給水方式 タンク式(水道接続と切り替え可能)

アイリスオーヤマ SBT-512Nのおすすめポイント3つ

  • コスパ○
  • 節水性○
  • 洗剤使用可能

アイリスオーヤマ SBT-512Nのレビューと評価

コスパにこだわった人気モデル

1万円台の価格に加えて、通常の水道で使用した場合に比べて83パーセントの節水を実現しイニシャル、ランニングコスト共に優れたアイリスオーヤマ SBT-512N。2段階の水圧切り替えが可能な標準ノズルに加えてしつこい汚れを落とすターボノズル付き。

アイリスオーヤマ SBT-512Nはこんな人におすすめ!

とにかくコストにこだわりたい方向け

業務用におすすめの高圧洗浄機6選

ケルヒャー(KARCHER) K5

ケルヒャー(KARCHER) K5の仕様・製品情報

重量 16.6kg
給水方式 水道接続式(別売のアタッチメントで自吸式に切り替え可能)

ケルヒャー(KARCHER) K5のおすすめポイント3つ

  • 静音性○
  • ハイパワー
  • 洗剤使用可能

ケルヒャー(KARCHER) K5のレビューと評価

静音性とハイパワーの両立

ケルヒャーの家庭用静音モデルとして最高のパワーを持つK5。業務用としても十分な12Mpaの最大吐出圧力と動作音を50パーセントカットした静音性の両立がウリです。インダクションモーター駆動式のため、使用地域にだけご注意を。

ケルヒャー(KARCHER) K5はこんな人におすすめ!

パワーにも静かさにもこだわりたい方向け

工進 JCE-1408UDX

工進 JCE-1408UDXの仕様・製品情報

重量 31kg
給水方式 自吸式

工進 JCE-1408UDXのおすすめポイント3つ

  • 電源要らず
  • 節水性○
  • ハイパワー

工進 JCE-1408UDXのレビューと評価

パワー+節水性

農業機械などの洗浄を想定された最大14Mpaの吐出圧力を持つ工進 JCE-1408UDX。低地の溜め池からでも水を吸い上げる強力な自吸機能を持ち、ガゾリン式のため稼動範囲を選ばないおすすめの高圧洗浄機です。

工進 JCE-1408UDXはこんな人におすすめ!

場所を選ばず使いたい方に

リョービ(RYOBI) AJP-2100

リョービ(RYOBI) AJP-2100の仕様・製品情報

重量 22.9kg
給水方式 自吸式

リョービ(RYOBI) AJP-2100のおすすめポイント3つ

  • コンパクト
  • 高耐久性
  • コスパ○

リョービ(RYOBI) AJP-2100のレビューと評価

コスパにも優れたハイパワーモデル

家庭用と業務用の高圧洗浄機の最大の違いは耐久性にあります。そういった意味で家庭用でありながら従来機の3倍の耐久性を持つリョービ(RYOBI) AJP-2100も業務用として十分な性能を備え、さらに静音性までも兼ねた万能モデルです。

リョービ(RYOBI) AJP-2100はこんな人におすすめ!

コスパに優れた業務用高圧洗浄機をお探しの方へ

ミナト PWE-1408K

ミナト PWE-1408Kの仕様・製品情報

重量 35kg
給水方式 自吸式(別売のアタッチメントで水道接続に切り替え可能)

ミナト PWE-1408Kのおすすめポイント3つ

  • 汎用性○
  • ハイパワー
  • 高耐久

ミナト PWE-1408Kのレビューと評価

手軽に換装可能な汎用モデル

アメリカのコーラー社の強力エンジンを搭載し、最大140キロの高水圧を実現したミナト PWE-1408K。電源供給が不要なガソリン駆動式、水道がなくても給水可能な自吸式のため使用場所を選ばない点も魅力でしょう。

ミナト PWE-1408Kはこんな人におすすめ!

汎用性の高い業務用モデルをお探しの方

アイリスオーヤマ SBT-513

アイリスオーヤマ SBT-513の仕様・製品情報

重量 8.5kg
給水方式 タンク式

アイリスオーヤマ SBT-513のおすすめポイント3つ

  • 軽量コンパクト
  • 低価格
  • 節水性○

アイリスオーヤマ SBT-513のレビューと評価

コンパクト+低価格

常用吐出圧力は6.5Mpaと業務用として使うには抑え目ながら、わずか8.5Kgの軽量ボディ、節水性に優れたタンク式であることがウリのアイリスオーヤマ SBT-513。価格も3万円台と安くコスパにこだわりたい方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ SBT-513はこんな人におすすめ!

普段使いもできる高コスパの製品をお探しの方向け

マキタ(Makita) MHW720

マキタ(Makita) MHW720の仕様・製品情報

重量 16kg
給水方式 自吸式

マキタ(Makita) MHW720のおすすめポイント3つ

  • 高耐久
  • 節水性○
  • コンパクト

マキタ(Makita) MHW720のレビューと評価

配慮の行き届いた高性能モデル

常用吐出圧力は7Mpaとカタログスペックでは控えめながら、吸水量が7ℓと高いため洗車時などで効率化が実感しやすいマキタ(Makita) MHW720。自吸式を採用することで使用コストもカバーしたおすすめの高圧洗浄機です。

マキタ(Makita) MHW720はこんな人におすすめ!

効率もコストも求める方へ

まとめ

今回の記事では、高圧洗浄機の機能性やメリット、デメリットと選び方のポイントを解説し、家庭用を中心に業務用として使えるハイパワータイプも含めて幅広くおすすめの高圧洗浄機をご紹介しました。車や庭掃除でしつこい汚れに悩む方はぜひ高圧洗浄機を使って効果を実感してみてください。