じっくり読むと4分

コンパクトボディゆえの持ち運びやすさとコスパの良さで人気急上昇中のモバイルプロジェクター。映画鑑賞やゲームプレイはもちろん、ビジネスシーンでのプレゼンや結婚式などの祝宴のビンゴゲームの画面表示、就寝時のお子様への絵本の読み聞かせなど、状況やアイデアに合わせてさまざまな使い方が広がります。今回はモバイルプロジェクターの魅力について解説します。




スマホ対応のモバイルプロジェクターとは

モバイルプロジェクターとは、さまざまなシーンで幅広く活用するのに重要な持ち運びやすさを重視した軽量、コンパクトなプロジェクターのことです。

その取り回しの良さを最大限に活かすために映像再生側の機器としてスマホやタブレットを使用する場合、サイズ感はもちろん再生機器との接続の手軽さも重要なポイントになります。

スマホ対応のモバイルプロジェクター 注目したい機能・性能

スマホ対応のモバイルプロジェクターの注目したい機能・性能は、以下の3つです。

  • 高い投影能力
  • コンパクトサイズ
  • DLP

高い投影能力

映像技術の進化によって小型、軽量ながらも高性能なモバイルプロジェクターが続々製造されています。一昔前のプロジェクターでは専用のスクリーンが無ければ視聴できないものが多くありましたが、一般的な住居の白い壁面であればスクリーンが無くても十分視聴できるレベルまで来ており、コスパ面からも優秀です。

また、角度を調節することで天井にも投影可能なモバイルプロジェクターもあり、楽しみ方が幅広いことも注目のポイント。

コンパクトサイズ

薄型大画面のテレビが一般的になった今では通常サイズのプロジェクターは市場で押され気味ですが、視聴場所の自由度が高いという本来の強みとコンパクトなサイズの相性が非常に良いモバイルプロジェクターは、急速に伸びています。

小さなものではスマホと変わらない手の平サイズの製品も作られており、「大画面を手軽に持ち運べる」という独自の機能性があります。

DLP

DLPとは、「デジタル・ライト・プロセッシング」の略称で現在主流の映像表示方式です。映写にマイクロミラーを使用するこの方式の利点は、コントラスト比が高く色の再現性が良いことと、単板で作成することができるため小型化が容易な上コストを抑えやすいことがあり、モバイルプロジェクターとの親和性が非常に高い機能です。

スマホ対応のモバイルプロジェクターのおすすめメーカー

スマホ対応のモバイルプロジェクターのおすすめメーカーは、以下の2つです。

  • SONY
  • ASUS

SONY

モバイルプロジェクターに限らず家電製品全体でトップを走り続けるSONY。ビジネスシーンだけでなく動画も楽しめるよう音声再生機能を持つモデルが製造されているのも音響のトップメーカーらしいところ。

使用シーンに合わせて標準モードのほかにダイナミックピクチャーモードを搭載し、少々の悪条件でも高い視認性を誇ります。

ASUS

ASUSは台湾に本拠地を置く世界的メーカーで、スマホやタブレットなどの携帯型端末やパソコン用高性能モニターの製造を得意とするいわばその道のプロです。

軽量コンパクトでかつ価格も抑え目なコストパフォーマンスに優れた製品がラインナップされ、手の平サイズからフルHD対応の本格派まで、選択肢の幅が広いことも特長です。

スマホ対応のモバイルプロジェクターの選び方

スマホ対応のモバイルプロジェクターの選び方を以下の4つのポイントから解説します。

  • 明るさで選ぶ
  • 画素数で選ぶ
  • 接続方式で選ぶ
  • 投影距離で選ぶ

明るさで選ぶ

モバイルプロジェクターを選ぶ際にまず注目しておきたいのが明るさです。投影された映像が明るいほど鮮明になり、部屋が明るくてもはっきり表示することが可能です。明るさを表わす単位としてルーメンがあり、数値が大きくなるほど明るくなります。

モバイルプロジェクターには100ルーメン以下のものから1000ルーメンを越えるものまでばらつきが大きいので注意が必要です。

画素数で選ぶ

明るさとは別に、どれだけ映像が緻密に表示できるかを表わす解像度も重要です。解像度は640×480というように画素数で表わされ数字が大きくなるほど滑らかで細かい描写になります。

モバイルプロジェクターでは1280×800を越えるフルHD対応の高画質のモデルも存在しますが、表示可能画素数が上がるほどサイズは大きく、消費電力も上がる傾向があります。

接続方式で選ぶ

再生機器としてスマホやタブレットを選ぶ際は接続方式も重要なポイントです。汎用性に優れたUSB端子で手軽に接続できるもの、無線や内臓の専用アプリと連動してそもそも接続の必要のないモバイルプロジェクターがおすすめです。

一方、HDMI端子が標準装備されているモデルも多く、スマホと接続しようとすると変換の手間や専用のケーブルを用意する必要があるものの、高画質を期待できます。

投影距離で選ぶ

プロジェクターの画面サイズは、投影対象(壁面やプロジェクター)から離れれば離れるほど大きく映すことが可能です。さらに、製品によって個別に最適な投影距離が設定されています。大画面で映像を映そうとした場合、モバイルプロジェクターと投影対象に距離を確保できるだけの部屋の広さが必要になります。

スマホ対応のモバイルプロジェクターおすすめ8選

SONY MP-CD1

SONY MP-CD1の仕様・製品情報

重量280g
サイズ幅15cm×奥行き8.3cm×高さ1.6cm

SONY MP-CD1のおすすめポイント3つ

  • 軽量
  • 長寿命
  • スピーカー内臓

SONY MP-CD1のレビューと評価

高速起動できる軽量モデル

モバイルプロジェクターの中でもさらに軽量な280gのコンパクトボディとわずか5秒の起動時間がウリのSONY MP-CD1。スピーカーも内臓されており50000時間の長寿命とバランスのよい性能を誇ります。Android端末であれば接続は比較的簡単なMHLへの変換ケーブルでOK(別売)

SONY MP-CD1はこんな人におすすめ!

軽くて丈夫なモバイルプロジェクターを探す方へ

Anker Nebula Capsule

Anker Nebula Capsuleの仕様・製品情報

重量470g
サイズ幅6.8cm×奥行き6.8cm×高さ12cm

Anker Nebula Capsuleのおすすめポイント3つ

  • 360度スピーカー内臓
  • Android搭載
  • 連続4時間再生可能

Anker Nebula Capsuleのレビューと評価

スマホを使ってラクラク操作

350ml缶とほぼ同じサイズの個性的な円筒型のデザインに剛性の高いアルミボディが目を引くAnker Nebula Capsule。注目すべきはスマホと同じくAndroidがOSとして採用されており単独でもYouTubeなどの動画を楽しめる点です。お手持ちのスマホを無線で連携でき、操作も可能なためすぐに使えることがポイント。

Anker Nebula Capsuleはこんな人におすすめ!

お手軽操作の製品を求める方に

LG PH550G

LG PH550Gの仕様・製品情報

重量650g
サイズ幅17.4cm×奥行き11.6cm×高さ4.8cm

LG PH550Gのおすすめポイント3つ

  • 簡単接続
  • 3D対応
  • 高画質

LG PH550Gのレビューと評価

画質重視の高性能モデル

モバイルプロジェクターとしてはやや重い650gのボディと引き換えに、HD画質とコスパを手に入れたLG PH550G。高画質をより楽しむために3D映像に対応しており、別売りのサングラスを用意すればより楽しみ方の幅が広がるでしょう。

LG PH550Gはこんな人におすすめ!

画質とコスパにこだわりたい方向け

ASUS モバイルプロジェクターS1

ASUS モバイルプロジェクターS1の仕様・製品情報

重量342g
サイズ幅11cm×奥行き10.2cm×高さ3cm

ASUS モバイルプロジェクターS1のおすすめポイント3つ

  • コスパ○
  • コンパクト
  • デザイン○

ASUS モバイルプロジェクターS1のレビューと評価

小型でおしゃれな人気モデル

11cm×10cmのコンパクトボディに、スピン加工が施されたアルミボディが高級感を感じさせるASUS モバイルプロジェクターS1。3万円台のコスパ、2年のメーカー長期保証と相まって非常に信頼性の高い製品です。

ASUS モバイルプロジェクターS1はこんな人におすすめ!

持ち運びやすさとデザインにこだわる方向け

VIVITEK(ヴィヴィテック) QUMI Q6

VIVITEK(ヴィヴィテック) QUMI Q6の仕様・製品情報

重量475g
サイズ幅16.5cm×奥行き10.2cm×高さ3.4cm

VIVITEK(ヴィヴィテック) QUMI Q6のおすすめポイント3つ

  • 高画質
  • 簡単接続
  • 高輝度

VIVITEK(ヴィヴィテック) QUMI Q6のレビューと評価

高いレベルでバランスがとれた高級モデル

モバイルプロジェクターとして高輝度の800ルーメン、1280×800piの高画質をコンパクトなボディに収めたVIVITEK(ヴィヴィテック) QUMI Q6。Wi-Fi、インターネット、USBと接続方法が多彩で再生機器を選ばない柔軟性もポイントです。

VIVITEK(ヴィヴィテック) QUMI Q6はこんな人におすすめ!

高画質で使いやすいモバイルプロジェクターを探している方へ

エプソン EB-W05

エプソン EB-W05の仕様・製品情報

重量2.4kg
サイズ幅30.2cm×奥行き23.7cm×高さ8.2cm

エプソン EB-W05のおすすめポイント3つ

  • 高輝度
  • 高コントラスト比
  • 簡単セッティング

エプソン EB-W05レビューと評価

大型な分高機能な3LCD方式採用モデル

重量2.4kgと他の製品と比べて大型な分、機能と画質に優れたエプソン EB-W05。表示方式をモバイルプロジェクターで一般的なDLPではなく3LCD方式にこだわることで3200ルーメンの明るさと15000:1のコントラスト比を実現し、画面の歪みを検知し自動補正してくれる「ぴたっと補正」機能付きととにかく見やすさと画質にこだわったモデルです。

エプソン EB-W05はこんな人におすすめ!

多少重くても画質にこだわりたい方

BenQ GS1

BenQ GS1の仕様・製品情報

重量570g
サイズ幅14.6cm×奥行き13.9cm×高さ4.65cm

BenQ GS1のおすすめポイント3つ

  • ワイヤレス使用可能
  • 6種類のピクチャーモード
  • 無線接続可能

BenQ GS1のレビューと評価

使いどころの多い万能モデル

使用シーンに合わせた多彩なピクチャーモードと、専用バッテリーを装着すればワイヤレスで3時間利用可能なため、キャンプなどに最適なBenQ GS1。とは言え、鮮明な描写を可能にする高コントラスト比と1280×720の高画質で屋内でも快適に使用できるでしょう。

BenQ GS1はこんな人におすすめ!

ワイヤレスで高画質の製品をお探しの方に

SK Telecom Smart Beam Laser

SK Telecom Smart Beam Laserの仕様・製品情報

重量195g
サイズ幅5.5cm×奥行き5.5cm×高さ5.5cm

SK Telecom Smart Beam Laserのおすすめポイント3つ

  • 超軽量
  • お手軽接続
  • フォーカスフリー機能

SK Telecom Smart Beam Laserのレビューと評価

機能もばっちりの小型モデル

一辺わずか5.5cmのかわいらしいキューブ形のデザインに多彩な機能を詰め込んだSK Telecom Smart Beam Laser。1280×720のハイビジョン画質、Wi-FiとMHI/HDMI端子を搭載した接続自由度の高さ、ピント合わせの必要のないフォーカスフリー機能で操作も簡単と高レベルでまとまったモバイルプロジェクターです。

SK Telecom Smart Beam Laserはこんな人におすすめ!

軽さも使いやすさも求める方向け

まとめ

今回はモバイルプロジェクターの機能や選び方のポイントを説明し、おすすめのメーカーや製品をコスパや機能性の観点から幅広くご紹介しました。オーディオビジュアル業界の高画質化と小型化に最も相性が良いとも言えるモバイルプロジェクターの魅力を、ぜひ味わってみてください。