【じっくり読むと6分】

超音波加湿器をの中から、今年おすすめの人気機種を紹介していきます。除菌・消臭付きで便利な機種やアロマ・ディフューザー機能付きの機種、噴出口が回転できて部屋全体を加湿できる機種など目的別のモデルは元より、デザイン性に優れたインテリア向きの機種まで、幅広く紹介していきます。今年の冬は超音波加湿器を試してみてはいかがでしょう。

超音波加湿器とは

超音波加湿器とは、その名の通り超音波によって水を細かいミスト状にして噴出するタイプの加湿器のことを指します。

通常の加湿器が、水を沸騰させてその水蒸気を放出するのに対して、超音波加湿器は水蒸気ではなく『水を細かい分子状にして』放出させているのが特徴です。そのため水の中に含まれるカルキやミネラルなども一緒に放出されるという特色があります。

おしゃれな形状のモデルが多いので、インテリアにこだわる人に人気のタイプの加湿器です。

超音波加湿器とアロマディフューザーの違い

超音波加湿器は『湿度を上げる・保つ』ことを目的としているのに対し、ディフューザーは『アロマの香りを部屋に散布する』ことを目的としています。

一見に通っていますし、最近ではアロマ超音波加湿器や加湿機能付きディフューザーなど、混合された商品が多く販売されているので分かりにくいですが、元の意味としてはこのようになります。

『加湿』目的か『アロマ』目的か、どちらに主軸を置くかによって選ぶと分かりやすいでしょう。

超音波加湿器のメリット

超音波加湿器のメリットは、以下の3つです。

  • 吹き出し口が熱くならない
  • おしゃれなデザインが多い
  • 比較的リーズナブル

吹き出し口が熱くならない

超音波加湿器のメリットとして一番に挙げられるのは、吹き出し口が熱くならないことが挙げられます。

上でも書きましたが、一般的な加湿器は水を沸騰させて水蒸気を噴出することで部屋の湿度を保ちます。しかし超音波加湿器から発生するのは、あくまでも『ミスト』なので熱くはありません。

手を動かすことが多いデスク周辺で使いたい人や、家に小さい子供がいる人などには危険がなくおすすめです。

おしゃれなデザインが多い

これも超音波加湿器の大きな魅力のひとつでしょう。

一般的な加湿器とは違い、超音波加湿器はミストを発生させる装置が小型でも良いので、本体の形や大きさを比較的自由にできます。そのため非常にコンパクトな機種や、変わったデザインの機種など様々なデザインに対応できるのです。

部屋のインテリアとの調和を考えたい人などにはピッタリでしょう。

比較的リーズナブル

超音波加湿器は価格的にもリーズナブルな機種が多いのが特徴です。多くのモデルは1万円以下が多く、機種によっては5千円を切る商品も存在します。

超音波加湿器はミスト発生装置あれば比較的簡単に作れるので、コストが低いことが理由として考えられます。また本体価格だけではなく、熱を使わないため電気代もリーズナブルなのも魅力のひとつです。

部屋数が多く、複数の加湿器を使い人や電気代を気にする人には超音波加湿器がおすすめです。

超音波加湿器はこまめな掃除が必要?注意点は?

超音波加湿器とは上記したように『水をミスト状にして飛ばす』ので、水の中に含まれているカルキ・ミネラル・細菌なども合わせて部屋中に噴出してしまう可能性があります。

そのためタンク内やミスト発生器付近が汚れていると、部屋に汚れや菌をばらまいてしまう結果となりかねません。

そういったことにならないように、超音波加湿器はなるべくまめに掃除をするようにしましょう。できれば1日の終わりに加湿器を掃除しておく、くらいのマメさで行うと最高です。

超音波加湿器のおすすめメーカー

超音波加湿器のおすすめメーカーは、以下の3つです。

  • ダイソン
  • テクノス
  • アイリスオーヤマ

ダイソン

ダイソンは元々イギリスの大手電機メーカーで、日本では掃除機の『ダイソン』が広く知られています。最近ではドライヤーや空気清浄機なども多く見られるようになり、その中には超音波加湿器も含まれます。

ダイソンの超音波加湿器は、放出する水に1滴も残さずUV-Cライトを当てることで除菌できるのが特徴で、超音波加湿器のデメリットを克服した機種だと言えるでしょう。

テクノス

テクノスは東京都足立区にある、家電専門のメーカーです。

テクノスの超音波加湿器は、全体的におしゃれでデザインの凝った機種が多いのが特徴です。また家電量販店以外にも、ロフトを始めとする雑貨屋にも多く商品が出回っているため、入手しやすいのも魅力のひとつです。

価格的にもリーズナブルな機種が多く、学生や新社会人などの若い層に人気があるメーカーです。

アイリスオーヤマ

言わずと知れた家電の大手メーカーで、古くから続く老舗企業でもあります。

アイリスオーヤマの加湿器は全体的に見てバランス型で、デザインの良さ、機能、価格、どれを取ってもイマイチな評価な少ないのが特徴です。

他にもアロマ機能搭載機種や抗菌タンク、省エネ機能付きなど、多くの便利な機能を持った機種が多いのもアイリスオーヤマの特色です。

超音波加湿器の選び方

超音波加湿器の選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 掃除しやすい機種を選ぶ
  • 抗菌機能付きの機種を選ぶ
  • 縦長な機種を選ぶ

掃除しやすい機種を選ぶ

まず最初に気にしてほしいのが、掃除のしやすさについてです。

上記したように超音波加湿器は小まめな掃除が必須になりますので、なるべく複雑でないデザインの機種や分解可能なモデルなどを選ぶと掃除がしやすいです。

また掃除をするときは、基本的に水洗いを行ってください。洗剤などを使うと、すすぎ残した洗剤がミストと一緒に部屋に飛び散ってしまう可能性があるからです。

抗菌機能付きの機種を選ぶ

これも超音波加湿器を選ぶうえで見てほしいポイントのひとつです。

超音波加湿器は水の中の雑菌なども一緒に噴出してしまうことがあるため、タンク内や機種内で雑菌が繁殖しないように加工された機種も多くみられます。

勿論小まめな掃除を行い注意を払っていれば雑菌の繁殖をそこまで心配する必要はありませんが、衛生面を考えれば抗菌作用や機能が付いた機種を選んだほうが安心でしょう。

縦長な機種を選ぶ

超音波加湿器を選ぶ際はなるべく縦長か、もしくは噴出孔が長く小さい機種を選ぶと良いでしょう。

超音波加湿器が噴出するのは水蒸気ではなく『ミスト』です。故に水蒸気よりも重さがあり、空気中に溶け込むよりも早く床や家具に付着してしまう恐れがあります。

なるべく床との距離がある縦長の機種や、噴出力が強い構造になっている機種を選ぶと床がビショビショになる心配も少なくなるでしょう。

超音波加湿器のおすすめ8選

アイリスオーヤマ 超音波加湿器 PH-U28-MD

楽天・アマゾン画像なし

アイリスオーヤマ 超音波加湿器 PH-U28-MDの仕様・製品情報

本体サイズ20×20×29cm
本体重量1.5kg
タンク容量2.8l
対応畳数5畳(木造)
最大加湿運転時間約10時間

アイリスオーヤマ 超音波加湿器 PH-U28-MDのおすすめポイント3つ

  • インテリアにもマッチする木目調
  • ひとり暮らしにちょうどいい大きさ
  • 定番の涙型で床にミストが付きにくい

アイリスオーヤマ 超音波加湿器 PH-U28-MDのレビューと評価

定番中の定番、涙型+木目調加湿器

超音波加湿器の定番ともいえるモデルで、雑誌やインテリアショップで一度は見たことがあるタイプの型でしょう。

PH-U28-MDの魅力はこの定番モデルであるがゆえの『インテリア性』に加え、ひとり暮らしにはピッタリな『サイズ感』と、涙型なのでミストが『上に行きやすい』ところが挙げられます。

機能的に言えばバランス型で、特出した面はありませんが、逆に悪い部分もありません。インテリア性を重視する人や、ひとり暮らしの人におすすめの機種です。

アイリスオーヤマ 超音波加湿器 PH-U28-MDはこんな人におすすめ!

ひとり暮らしの人、インテリア性重視の機種が欲しい人、そこそこの機能性が欲しい人、など

モダンデコ 加湿器 PRESSE

モダンデコ 加湿器 PRESSEの仕様・製品情報

本体サイズ17.8×17×31.2cm
本体重量1.9kg
タンク容量3l
対応畳数5畳(木造)
連続加湿運転時間約14時間

モダンデコ 加湿器 PRESSEのおすすめポイント3つ

  • テーブル周りで使える卓上タイプ
  • スチーム多めで3段階の切り替え調整
  • 静音性が高くコストパフォーマンスが高い

モダンデコ 加湿器 PRESSEのレビューと評価

コスパの良い大量ミスト型の加湿器

RESSEの特徴はカラーバリエーションの多さ、ミスト量の多さ、静音性の高さ、コストパフォーマンスの高さの4点にあります。

卓上タイプにしては少々大きめで、デスクに置くことは難しいでしょう。しかしその分タンクの容量は3lと多めで、ミスト量もかなり多めだと口コミで評判でした。

また静音性に関してもレビューでの評価が高く、特にコストパフォーマンスに関して評価している人が多くみられました。

モダンデコ 加湿器 PRESSEはこんな人におすすめ!

ミスト多めの加湿器が欲しい人、コスパのいい機種が欲しい人、など

ottostyle.jp 超音波加湿器 uruoi+

ottostyle.jp 超音波加湿器 uruoi+の仕様・製品情報

本体サイズ22×15×36cm
本体重量1kg
タンク容量4l
対応畳数10畳
連続加湿運転時間約13時間

ottostyle.jp 超音波加湿器 uruoi+のおすすめポイント3つ

  • 360度回転のノズルが2つ付いていて広範囲加湿
  • 4lの大容量タンク
  • 水質浄化カートリッジ付きで清潔

ottostyle.jp 超音波加湿器 uruoi+のレビューと評価

低価格で大容量のリビング向け加湿器

uruoi+の特徴は、デザイン性の高さに加えて、ミストが細かく加湿力が高いところにあります。ミストの噴出孔が2つ付いており、360度回転するのでかなり広範囲にミストを噴出することが可能です。

またミストそのものが1~5ミクロンと小さく、床につきにくいのも見てほしいポイントです。口コミやレビューでは、10畳以上の部屋や湿気を吸いやすい木造の部屋でも快適に過ごせたという声が多く、場所を選ばず使える高機能加湿器といえます。

ottostyle.jp 超音波加湿器 uruoi+はこんな人におすすめ!

リビングなどの広い部屋用の加湿器が欲しい、床や家具にミストが付くのが気になる人、など

Tenswall アロマディフューザー 超音波式加湿器

Tenswall アロマディフューザー 超音波式加湿器の仕様・製品情報

本体サイズ16.5×12.3cm
運転モード2種類
タンク容量400ml
運転時間設定1・3・6時間
連続加湿運転時間約10時間

Tenswall アロマディフューザー 超音波式加湿器のおすすめポイント3つ

  • 木目調で楕円形の特徴的なデザイン
  • 7色のライト付き
  • デスク周りにピッタリのサイズ感

Tenswall アロマディフューザー 超音波式加湿器のレビューと評価

アロマも使えるデスク用加湿器

Tenswallの加湿器は、容量400mlと部屋全体に使えるタイプではありませんが、その代わりデスクに置いて使うのはピッタリな機種です。

加湿能力そのものは高いとはいいがたいですが、その代わり連続使用時間が10時間と長持ちで、またアロマも使えるので汎用性が高いのが魅力です。

デザインも良く、ライト機能もついているので卓上インテリアとしても使えます。デスク周りにワンポイント欲しい人にもおすすめです。

Tenswall アロマディフューザー 超音波式加湿器はこんな人におすすめ!

デスクにワンポイント欲しい人、デスクワーク中心の人、入院や療養中の人への贈り物、など

ダイソン 超音波式加湿器

ダイソン 超音波式加湿器の仕様・製品情報

本体サイズ57.9×24×22.2 cm
本体重量3.53kg
タンク容量2.84l
対応畳数8畳
連続加湿運転時間約10~18時間

ダイソン 超音波式加湿器のおすすめポイント3つ

  • 水中のバクテリアを99.9%除菌
  • 音響工学に基づく静音性
  • 水の除菌時間がわずか3分

ダイソン 超音波式加湿器のレビューと評価

超音波加湿器の欠点を取り除いた高級モデル

ダイソンの超音波加湿器の良さは、何と言っても超音波加湿器の欠点である『水の除菌』を行っていることと、機能性が豊かな高級モデルであることが挙げられます。

上記したように、超音波加湿器は水中の雑菌やバクテリアを一緒に飛ばしてしまう危険性があります。しかしダイソンの超音波加湿器は、たった3分で99.9%のバクテリアを除菌してくれる機能付きなので、安心して使用できます。

また非常に静音性に優れ、室内の湿度が均一になるように加湿するので、場所によって湿度が変わるということを防げます。

他にも正確な湿度設定機能で、常に設定どおりの湿度を保つこともできます。

ダイソン 超音波式加湿器はこんな人におすすめ!

超音波加湿器のデメリットが気になる人、高級機種が欲しい人、常に一定の湿度に保ちたい人、など

siroca 加湿器 SD-C111

siroca 加湿器 SD-C111の仕様・製品情報

本体サイズ23×23×30cm
本体重量1.3kg
タンク容量5l
対応畳数10畳
連続加湿運転時間約1日

siroca 加湿器 SD-C111のおすすめポイント3つ

  • スタイリッシュで高級感あふれるデザイン
  • 大容量5lで1日1回の給水でOK
  • ミストの無段階調整が可能

siroca 加湿器 SD-C111のレビューと評価

ハイインテリアにピッタリなスタイリッシュ家電

sirocaのSD-C111の良さは、なんといってもデザイナーズマンションにでもありそうなほどスタイリッシュで高級感のあるデザインと、1日1回の給水で済む手軽さにあります。

元々超音波加湿器はデザイン性が高い機種が多いですが、C111はその中でも特に高級感に優れたモデルなので、ハイクラスなインテリアを取り入れている住宅にピッタリです。

また1時間に175mlのミスト噴射で計算すれば、ほぼ1日1回の給水で済む手軽さも魅力的でしょう。給水は意外に面倒で、とくに女性にとっては重労働なので、1回で済ませられるのは非常に便利です。

siroca 加湿器 SD-C111はこんな人におすすめ!

高級感のあるモデルが欲しい人、大容量モデルが欲しい人、給水回数を減らしたい人、など

victsing 超音波卓上加湿器

victsing 超音波卓上加湿器の仕様・製品情報

本体サイズ20×20×25.3cm
本体重量約1.2kg
タンク容量3l
対応畳数12~18畳
連続加湿運転時間約14時間

victsing 超音波卓上加湿器のおすすめポイント3つ

  • 給水タンクが透明なので残量がよく見える
  • 大容量3lで大きな部屋にも使える
  • 麦飯石フィルター使用で水質浄化

victsing 超音波卓上加湿器のレビューと評価

シンプルさが美しい大容量加湿器

victsingの加湿器の良さは、透明なタンクとシンプルな形状による自然体な美しさと、豊かな機能性にあると言えます。

本体の上部半分以上が透明なタンクなので水の残量がよく見え、また透き通った水の美しさが多様なインテリアにマッチします。

他にも本体が転倒したり水の残量がなくなると自動で停止する安全装置や、取り外しが容易で掃除がしやすいところ、麦飯石フィルター搭載であることろなど、便利な機能が見られます。

victsing 超音波卓上加湿器はこんな人におすすめ!

どんなインテリアにもマッチする加湿器が欲しい人、安全面重視な人、大容量加湿器が欲しい人、など

カドー 除菌消臭器 PG-E620

カドー 除菌消臭器 PG-E620の仕様・製品情報

本体サイズ27×85.5cm
本体重量約4.3kg
タンク容量2.3l
対応畳数17畳
連続加湿運転時間約15時間

カドー 除菌消臭器 PG-E620のおすすめポイント3つ

  • 縦長でスタイリッシュなデザイン
  • 最大220cmまで届くミストで床が濡れにくい
  • 消臭・除菌機能付きで安心稼働

カドー 除菌消臭器 PG-E620のレビューと評価

ダイソンと並ぶ超音波加湿器の高級モデル

PG-E620はデザイン・機能性・加湿力の強さなど、おおよそ欠点らしい欠点がない綜合評価の高いモデルでしょう。唯一欠点を挙げるとすれば、価格面での高価さがあります。

しかし消臭・除菌機能付きであることや、最大で220cmまでミストを届けられることなど、超音波加湿器の欠点を大きくカバーできる機能性の高さを考えると、妥当と言わざるを得ません。

加湿力も非常に強く、口コミやレビューでも加湿力についての評判がなかなかなでした。広い部屋や天井の高い部屋にピッタリなモデルでしょう。

カドー 除菌消臭器 PG-E620はこんな人におすすめ!

背の高い加湿器が欲しい人、安全面重視な人、部屋が広い・天井が高い部屋に住む人、など

まとめ

超音波加湿器を選ぶうえで大切なのは、超音波加湿器のデメリットとメリットをしっかり踏まえたうえで、よりメリットを大きく、デメリットを小さくできる使い方や機種を選ぶことです。

ここでは超音波加湿器のデメリットをカバーする機種もいくつか紹介しましたが、例えカバーできていない機種でも、使い方を工夫すればデメリットはカバーすることが可能です。

おしゃれなデザインの多い超音波加湿器で、今年の冬は部屋を彩ってみてはいかがでしょうか。