じっくり読むと6分

かつてのマッサージチェアは背中に突起物が付いた製品が主流でしたが、最近では玉(もみ玉)を背中に内蔵し、この玉を中で移動させることで首〜背中〜骨盤〜お尻とマッサージしてくれる製品が多くなっています。

チェアタイプのほか、イスにかけて使うシートタイプの製品もありますが、こちらも玉方式が主流です。ただし脚もマッサージしてくれるチェアの場合、脚の部分は専用のマッサージ機になっている製品が多いです。

マッサージチェアの注目したい機能・性能

マッサージチェアの注目したい機能・性能は、以下の3つです。

  • あたため機能
  • 部位別調整機能
  • 自動調節機能

あたため機能

もみ玉にヒーター等を内蔵し、あたためてからマッサージする機能です。メーカーによっては「温玉」などと呼ばれており、同様の機能を採用している製品が多くなっています。

あたためてからもむことで、まるで人に手でもまれているような感覚でマッサージを受けられます。肩こりなどにも、より効果が発揮されることが期待できます。

部位別調整機能

首や背中、腰、おしりなど、体の部位ごとにもみ方を調整する機能です。特定の部位だけをもむよう設定できる製品もあれば、一度に全体をもむ際、部位ごとに強さを変えられる製品もあります。

お仕事上の都合など、こる場所が決まっているような方には嬉しい機能と言えるでしょう。

自動調節機能

高級なマッサージチェアに限られますが、体の位置を自動で測定し、それに合わせてマッサージも調整してくれる機能です。

部位別など個別に調整できるチェアは多いですが、自動調整タイプであれば、自分で細かく調整せずとも体に合わせてくれるので非常にラクですし、かつ効率的です。

マッサージチェアのメリット

マッサージチェアのメリットは、以下の3つです。

  • いつでもマッサージしてもらえる
  • 電気代だけで済む
  • いつものイスでも使うことができる

いつでもマッサージしてもらえる

何と言っても、マッサージチェアの最大のメリットはココでしょう。マッサージ店に行かずとも、24時間365日、いつでも、いくらでもマッサージしてもらえます。

もちろんマッサージ店でも手もみならではの良さはありますが、マッサージチェアのもみ機能もグングン向上しています。

電気代だけで済む

上のメリットと重なる部分もありますが、マッサージ店に行ってその都度料金を払わなくとも、一旦マッサージチェアさえ買ってしまえば、後はかかるのは電気代だけです。

チェア本体もコンパクト化が進み、最近ではかなりリーズナブルな製品も増えています。シートタイプなら、数千円の製品も珍しくありません。

いつものイスでも使うことができる

チェアタイプですと置く場所はほぼ自宅に限られますが、シートタイプなら、職場で使うことも可能です。自宅で使う場合にも、普段使っているイスにかけるだけで使うことができ、場所を取らないメリットもあります。

最近ではシートタイプのもみ性能も上がっており、価格が安いのも魅力的です。

マッサージチェアの注意点

マッサージチェアの注意点は、以下の2つです。

  • もみ過ぎない
  • 小さな子どもが勝手に使わないよう気を付ける

もみ過ぎない

何でもそうですが、やり過ぎはよくありません。たしかにいくらでも、好きなだけもんで貰えるのはマッサージチェアの大きな魅力ではありますが、あまりに長時間もみ続けるのは避けた方がいいでしょう。

特に部位調節機能の付いているチェアで、特定の部位のみを長時間もみ続けるのは避けるべきです。

小さな子どもが勝手に使わないよう気を付ける

最近のマッサージチェアはもみ機能が向上しており、また、あたためる機能が付いているものもあります。

昔のような突起ではなく玉になっている分、安全性も向上しているとは言えますが、小さなお小さんがいる場合は、勝手に動かしたりしないよう注意しておくべきでしょう。

マッサージチェアのおすすめメーカー

マッサージチェアのおすすめメーカーは、以下の2つです。

  • スライブ
  • フジ医療器

スライブ

町工場のまち・東大阪市にある大東電機工業(株)が展開するブランドです。マッサージチェアのほか、電機バリカンやフィットネス機器などを開発しています。

マッサージチェアではアマゾンで大変人気になっているブランドで、「横回転もみ玉」や揺らぎながらもむなどの独自機能で、コンパクトながらももみ機能が充実したチェアを送り出しています。

フジ医療器

創業60年以上、特にマッサージチェアではパイオニアと言うべきメーカーです。フットマッサージャーや、健康布団などの製品でも知られています。

どちらかと言うと高級なマッサージチェアが多くなっていますが、その分、「グリップ式メカ」「部位別強弱調整機能」「温浴背ヒーター」など、独自機能は非常に充実しています。予算は多めにとるので高機能なチェアを、という方にはおすすめのメーカーです。

マッサージチェアの選び方

マッサージチェアの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 形状タイプで選ぶ
  • 価格で選ぶ
  • こっている部位で選ぶ

形状タイプで選ぶ

マッサージチェアは、大きく分けてチェアタイプとシートタイプに分かれます。チェアタイプはイスそのものなので設置スペースが必要になりますが、シートタイプなら今使っているイスをそのまま使えます。

独自機能など、もみ機能ではチェアタイプの方が充実している場合が多いですが、最近ではシートタイプのもみ力も強力になってきています。またチェアタイプは、マッサージをしない時はそのままリクライニングチェアとして使える製品もあります。

価格で選ぶ

高額製品からお手頃価格の製品まであるマッサージチェアですが、中心価格帯としてはおおむね5万円前後の製品が多くなっています。高級な製品では、家庭用として販売されていても数十万円の製品もあります。

シートタイプはお値段がぐっと下がり、数千円からあります。

こっている部位で選ぶ

デスクワークなら腰、立ち仕事なら脚など、お仕事の都合などで、こる部分がいつも決まっているという方は少なくないと思います。

脚をほぐしたい人なら、少し高級な脚マッサージの付いたチェアを購入すべきでしょうし、腰が特にこるのであれば、部位別にマッサージしてくれる機能つきのチェアがおすすめです。

マッサージチェアのおすすめ10選

スライヴ CHD-3400(K)

スライヴ CHD-3400(K)の仕様・製品情報

サイズ62×88×91cm
重量23kg
消費電力71W

スライヴ CHD-3400(K)のおすすめポイント3つ

  • 設置面積わずか1/3畳
  • もみ玉が横に回転
  • ゆらぎながらコリをほぐす

スライヴ CHD-3400(K)のレビューと評価

軽量コンパクト、背中を「こねる」マッサージチェア

非常に軽量・コンパクトかつ高性能で、アマゾンで人気の高いマッサージチェアです。わずか1/3畳ほどのスペースで設置できます。

もみ玉が通常とは違って横方向に回転するという新発想で、背中を「押す」のではなく「こねる」感覚を実現。肩から肩甲骨〜背筋まで、気持ちよくマッサージしてくれます。さらに背中を移動する際は「ゆらぎ」ながら移動し、より効果的にコリをほぐします。

スライヴ CHD-3400(K)はこんな人におすすめ!

コンパクトで人気のマッサージチェアが欲しい方に

スライヴ CHD-3700 BK

スライヴ CHD-3700 BKの仕様・製品情報

サイズ65.5×97.5×98cm
重量30kg
消費電力71W

スライヴ CHD-3700 BKのおすすめポイント3つ

  • 高級感あふれる外観
  • 部位ごとに自由に組み合わせてマッサージ
  • 3種類の自動モード

スライヴ CHD-3700 BKのレビューと評価

もみたたき搭載のコンパクトチェア

スライヴによる、もみたたき機能を搭載したマッサージチェアです。価格はやや高くなりますが、全体に高級感のある仕上りになっています。

もみたたきに加え、脚・背筋・もみの4つを組み合わせてマッサージが可能。3種類から選べる自動コースも付いています。コンパクトながら、非常に多機能なマッサージチェアです。

スライヴ CHD-3700 BKはこんな人におすすめ!

もみたたきマッサージしてほしい方に

スライヴ CHD-761 BK

スライヴ CHD-761 BKの仕様・製品情報

サイズ65×101×89cm
重量30kg
消費電力80W

スライヴ CHD-761 BKのおすすめポイント3つ

  • 全身を包み込むような座り心地
  • チェア全体がリクライニング
  • マッサージも多機能

スライヴ CHD-761 BKのレビューと評価

全身を包み込む、くつろぎ指定席

スライヴ製ですが上記2製品とは違い、全体を包み込むようなデザインのマッサージチェアです。「くつろぎ指定席」と銘打たれています。

チェア全体がリクライニングする作りになっており、角度も手元で調整が可能。マッサージは背筋のもみ・たたき、お尻〜背中にかけてのもみ・ローリングができるようになっています。

スライヴ CHD-761 BKはこんな人におすすめ!

くつろぎながらマッサージしてほしい方に

フジ医療器 RELAX MASTER AS-680BB

フジ医療器 RELAX MASTER AS-680BBの仕様・製品情報

サイズ111×71×108cm
重量58.5kg
消費電力100W

フジ医療器 RELAX MASTER AS-680BBのおすすめポイント3つ

  • 4つ玉の「グリップ式メカ」
  • 最大10cmまで飛び出す玉
  • 部位ごとに強弱をつけられる

フジ医療器 RELAX MASTER AS-680BBのレビューと評価

4つの玉でしっかりマッサージするチャア

「グリップ式メカ」と名付けられた、4つの玉を使ったマッサージでコリをほぐします。玉は最大10cmまで飛び出し、もみの強さを選んで調整できます。

さらに「部位別強弱調整機能」として、もみの強さは体の部位ごとに設定可能。首筋からお尻まで広い範囲をカバーし、その部位ごとに調節できます。

フジ医療器 RELAX MASTER AS-680BBはこんな人におすすめ!

部位ごとにもみの強さを変えたい人に

フジ医療器 CYBER-RELAX AS-1000BK

フジ医療器 CYBER-RELAX AS-1000BKの仕様・製品情報

サイズ88×200×70cm
重量74kg
消費電力130W

フジ医療器 CYBER-RELAX AS-1000BKのおすすめポイント3つ

  • 深層 極メカPRO搭載
  • 41タイプ85種類のもみ技
  • 体のラインを自動検知

フジ医療器 CYBER-RELAX AS-1000BKのレビューと評価

自動検知に優れた、インテリジェントなマッサージチェア

「深層 極メカPRO」と名付けられた強力なマッサージ機能で、しつこいコリもしっかりほぐします。もみ技は、実に41タイプ85種類。

一人一人の背筋のラインや肩の位置を自動で検知し、マッサージの強さ・深さを調整。価格はかなり高額になりますが、非常にインテリジェントな機能にあふれたマッサージチェアです。

フジ医療器 CYBER-RELAX AS-1000BKはこんな人におすすめ!

全自動で最適化してくれるチェアが欲しい方に

パナソニック EP-MP046-VT

パナソニック EP-MP046-VTの仕様・製品情報

サイズ68×120×102cm
重量約59kg
消費電力139W

パナソニック EP-MP046-VTのおすすめポイント3つ

  • 足裏揉ねつ温感+足首ホールドマッサージ
  • 首や腰も独自機能でマッサージ
  • 高い身長の人にも対応

パナソニック EP-MP046-VTのレビューと評価

部位ごとに独自機能でマッサージするチェア

独自機能「足裏揉ねつ温感+足首ホールドマッサージ」で、足の裏〜足首を気持ちよく、あたためながらマッサージ。

首まわりは「頸椎まわりマッサージ」、腰まわりは「腰椎まわりマッサージ」と、部位ごとにマッサージが可能。脚部はスライドリクライニングになっており、身長の高い人にも対応しています。

パナソニック EP-MP046-VTはこんな人におすすめ!

部位ごとに細かくマッサージしてほしい方に

パナソニック EP-MA70-K

パナソニック EP-MA70-Kの仕様・製品情報

サイズ115×83×122cm
重量85kg
消費電力120W

パナソニック EP-MA70-Kのおすすめポイント3つ

  • 3Dで筋肉をほぐす
  • 温感もみ玉によるマッサージ
  • リクライニングチェアとしても使用可

パナソニック EP-MA70-Kのレビューと評価

温度を上げてもむ、手もみ感覚のマッサージチェア

「3Dモミメカ&エアーバッグ」を搭載し、全身の筋肉をほぐすと共に、さらに新開発の「温感」もみ玉を使った温感マッサージで、手もみのようなあたたかいほぐしを実現しています。

マッサージチェアとしてだけではなく、「2WAYフォルム」として、リクライニングチェアとしても利用できます。

パナソニック EP-MA70-Kはこんな人におすすめ!

手もみの感覚を求める方へ

ドウシシャ シートマッサージャー DMS-1501BR

ドウシシャ シートマッサージャー DMS-1501BRの仕様・製品情報

サイズ背部 43×67×13.5cm 座部 42×36×3.5cm
重量5kg
消費電力30W

ドウシシャ シートマッサージャー DMS-1501BRのおすすめポイント3つ

  • 普通のイスにかけて使うタイプ
  • 8つのもみ玉内蔵
  • 4つの機能でマッサージ効果アップ

ドウシシャ シートマッサージャー DMS-1501BRのレビューと評価

普通のイスをマッサージチェアにしてしまうシート

単体のイスではなく、他のイスにかけて使うタイプのマッサージシートです。普通のイスをマッサージチェアとして使うことができるようになります。

もみ玉は実に8つ。もみ・指圧・振動・温感の4つを組み合わせ、効果的なマッサージ実現。お手軽な後付けタイプのシートながら、本格的なマッサージ機能を備えたシートです。

ドウシシャ シートマッサージャー DMS-1501BRはこんな人におすすめ!

お手軽にマッサージチェアを試してみたい方に

ALINCO シートマッサージャー MCR2216(T)

ALINCO シートマッサージャー MCR2216(T)の仕様・製品情報

サイズ39.5×39×61cm
重量約3.3kg
消費電力12W

ALINCO シートマッサージャー MCR2216(T)のおすすめポイント3つ

  • 座椅子や、軽いイスでも使える
  • 3コースのマッサージ
  • ヒーター内蔵の大きなもみ玉

ALINCO シートマッサージャー MCR2216(T)のレビューと評価

どこでも使える、薄くて軽量のシートタイプ

エアバイクなどでおなじみのALINCO(アルインコ)のシートタイプのマッサージャーです。非常に軽く・薄くできており、リラックスチェアのような大型チェアだけでなく、より軽量のチェアや座椅子などにもかけて使うことができます。

マッサージは背中集中・腰集中・全身リフレッシュの3コースを用意。左右に大きなもみ玉が入っており、それぞれのもみ玉にヒーターを内蔵。しっかりあたためながらマッサージしてくれます。

ALINCO シートマッサージャー MCR2216(T)はこんな人におすすめ!

どんなイスでもマッサージしたい方に

ドリームファクトリー ドクターエア MC-001BR

ドリームファクトリー ドクターエア MC-001BRの仕様・製品情報

サイズ58×89×87cm
重量30kg
最大消費電力60W

ドリームファクトリー ドクターエア MC-001BRのおすすめポイント3つ

  • 独特の流線型フォルム
  • 5色から選べるカラーリング
  • 7種類の部位別マッサージ

ドリームファクトリー ドクターエア MC-001BRのレビューと評価

デザイン性高く、カラバリも豊富なマッサージチェア

独特の流線型フォルムが特徴的な、未来的なデザインのマッサージチェアです。カラーも5色から選ぶことができます。

実に7種類もの部位別マッサージコースを用意し、背中からお尻〜ももの裏まで、気持ちよくマッサージ。手元のリモコンで、コースを切り替えながらマッサージできます。下部にはキャスターが付いており、お部屋での移動もラクラクです。

ドリームファクトリー ドクターエア MC-001BRはこんな人におすすめ!

オシャレなマッサージチェアが欲しい方に

まとめ

マッサージチェアは価格帯の幅が広い製品ですが、安価に済ますならシートタイプがおすすめです。普段使っているチェアでそのまま使える上、最近の製品はチェアタイプに勝るとも劣らぬほど、マッサージ機能も向上しています。

主流であるチェアタイプも、最近はコンパクトな製品が人気となっています。ひと昔前は「大きい」と言うイメージが強かったマッサージチェアですが、シートタイプの人気を見ても、コンパクト化・軽量化が最近のトレンドと言えそうです。