【じっくり読むと5分】

家庭用のアイスクリームメーカーは、小型のおもちゃっぽい製品から業務用並の大型の製品まで、さまざまなタイプが販売されています。多くは電動で中身を攪拌しますが、電気不要で、手動でアイスを作れる製品もあります。価格帯的にも、非常に幅広く選ぶことができる製品ジャンルです。

アイスクリームメーカーとは

アイスクリームメーカーとは、その名の通りアイスクリームを作る機械です。家庭で作るので、材料を自分で選び、好きな味のアイスを作ることができます。

オーガニックにこだわる方なら、材料を選んで無添加のアイスも作成可能。とにかくアイスクリームが好き・よく購入するという方にはおすすめです。

アイスクリームメーカーの使い方は?簡単に作れる?

多くのアイスクリームメーカーは、本体を冷やしておいてから材料を入れ、後はスイッチを押すだけでアイスを作ることができます。

高級機では冷却装置を内蔵しており、材料の冷却〜アイスクリームの精製までを自動で行ってくれるメーカーが多いです。

安価な製品では事前に冷却しておく必要があり、攪拌も手動で行うアイスクリームメーカーもあります。

アイスクリームメーカーの種類

アイスクリームメーカーの主な2つの種類を解説します。

  • 冷却装置内蔵
  • 冷却装置を内蔵していない

冷却装置内蔵

上述の通り、本体の内部に冷却装置を内蔵しているアイスクリームメーカーです。事前に冷却しておく必要がなく、冷却〜アイスクリーム精製までを全て全自動で行ってくれる製品がほとんどです。

その分お値段は高くなりますが、事前冷却が必要なメーカーに比べ、圧倒的に速くアイスクリームを作ることができます。たくさん自家製アイスを作りたい方は、このタイプのメーカーにしておくべきでしょう。

冷却装置を内蔵していない

冷却装置を内蔵していないアイスクリームメーカーでは、事前に冷凍庫などで冷却しておく必要があります。十分に冷やしておいた上で、その冷気を使ってアイスクリームを精製することになります。

価格は非常に安価な製品が多くなっていますが、事前の冷却に時間がかかるので、たくさん作るには不向きです。それほど作る頻度が高くない、あるいはさほど費用をかけたくない場合は、こちらを選ぶようにしましょう。

アイスクリームメーカーのおすすめメーカー

アイスクリームメーカーのおすすめメーカーは、以下の3つです。

  • 貝印
  • クイジナート
  • アイリスオーヤマ

貝印

包丁や鍋など、主にキッチン用品で知られる日本のメーカーです。アイスクリームメーカーも開発しています。

安価で、かつデザイン的にも洗練されたアイスクリームメーカーが多く、アマゾンでも人気のある定番メーカーとなっています。

クイジナート(Cuisinart)

フードプロセッサーやミキサーで有名なアメリカのブランドです。日本でもたくさんの製品を販売しており、アイスクリームメーカーも多数販売しています。

業務用に匹敵するような高級アイスクリームメーカーが多く、冷却機能を内蔵する高級機では定番のメーカーです。

アイリスオーヤマ

リーズナブルな家電製品でおなじみのメーカーです。アイスクリームメーカーでは、なんと1,500円という低価格な製品を販売しています。

安価でも製品はしっかりしている、というアイリスオーヤマらしいアイスクリームメーカーに仕上がっており、アマゾンでも人気の製品になっています。

アイスクリームメーカーの選び方

アイスクリームメーカーの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 冷却機能を内蔵しているかどうか
  • 電動式か手動式か
  • 一度にどれくらいの量を作りたいか

冷却機能を内蔵しているかどうか

冷却機能を内蔵しているメーカーなら、事前の冷却が必要なく、作りはじめから完成まで、長くてもおおよそ2時間程度でアイスクリームを作ることができます。

それに対し冷却機能を内蔵していないメーカーの場合、事前の冷却に10時間ほどは必要です。実質作ることができるのは1日1回ですし、前日から用意しておくことになるでしょう。

電動式か手動式か

電動式は電気でアイスの中を攪拌するのでラクチンです。冷却機能を内蔵しているような高級機の場合、まず間違いなく電動式です。

対して手動式は、その名の通り手で回して攪拌する必要がありますが、電気が不要なので気軽に作ることができます。小さなお子さんなど、回す作業自体が楽しいという魅力もあるでしょう。

一度にどれくらいの量を作りたいか

安価な製品では500mlほどの容量の製品もありますが、高級機では1.5リットル前後もの大容量の製品もあります。

特に冷却機能を内蔵していないメーカーの場合、作る機会はほぼ1日1回に限られるため、どれくらいの容量を一度に作れるかは重要なポイントになります。

アイスクリームメーカーおすすめ10選

貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929

貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929の仕様・製品情報

サイズ16×16.5cm
重量1.1kg
消費電力7W
最大容量300ml

貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929のおすすめポイント3つ

  • 2,500円を切る価格
  • 簡単操作で滑らかアイス
  • コンパクトで取り回しがラク

貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929のレビューと評価

お手頃価格の人気アイスクリームメーカー

貝印によるお手頃価格のアイスクリームメーカーで、アマゾンでも大変人気のある製品です。2,500円を切るという価格ながら、滑らかなアイスクリームを作ることができます。

使い方は材料を入れ、スイッチを押して20分待つだけの簡単設計。ポットもコンパクトなので、取り回しもラクチンです。

貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929はこんな人におすすめ!

人気のアイスクリームメーカーが欲しい方に

貝印 アイスクリームメーカー DL0272

貝印 アイスクリームメーカー DL0272の仕様・製品情報

サイズ20.7×23cm
重量約2.3kg
消費電力10W
容量600ml

貝印 アイスクリームメーカー DL0272のおすすめポイント3つ

  • 大きな注ぎ口
  • 600mlの大容量
  • 一度にたくさん作れる

貝印 アイスクリームメーカー DL0272のレビューと評価

定番メーカーによる大容量器

こちらは少し高価格帯となる貝印のアイスクリームメーカーです。注ぎ口が大きくなり、材料を入れやすくなっています。

本体(ポット)のサイズも大きくなり、実に600mlという大容量。一度にたくさんのアイスクリームを作ることができ、いろんな素材を混ぜた材料も扱いやすくなっています。

貝印 アイスクリームメーカー DL0272はこんな人におすすめ!

アイス以外にもいろいろ作りたい方に

Cuisinart ICE-60W

Cuisinart ICE-60Wの仕様・製品情報

サイズ約21×23×33.5cm
重量約5.1kg
消費電力60W
容量1.9l

Cuisinart ICE-60Wのおすすめポイント3つ

  • 1.9リットルの超大容量
  • 攪拌アームで処理速度アップ
  • ジェラートやシャーベットも作れる

Cuisinart ICE-60Wのレビューと評価

いろいろ作れる高級アイスクリームメーカー

アマゾンで2万円超という高級アイスクリームメーカーです。容量は実に1.9リットル。攪拌アームにより、従来モデルに比べ処理速度がアップしています。

アイスクリームのほか、ジェラートやヨーグルト・シャーベットにも対応。一台でいろんな氷菓子をたくさん作ることができます。

Cuisinart ICE-60Wはこんな人におすすめ!

たくさん、かついろんな氷菓子を作りたい人に

Cuisinart ice-100

Cuisinart ice-100の仕様・製品情報

パッケージ寸法42.5×30.5×23.7cm
重量14.5kg
消費電力400〜600W
容量約1.4l

Cuisinart ice-100のおすすめポイント3つ

  • 本体にコンプレッサー内蔵
  • カウントダウンタイマー付き
  • アイス/ジェラートで別々のパドル

Cuisinart ice-100のレビューと評価

業務用並の超高性能アイスクリームメーカー

こちらはアマゾンで4万円超という、さらに超高級なクイジナートのアイスクリームメーカーです。本体にコンプレッサーを内蔵しており、冷凍庫で冷やすことなく、完全に本体だけで冷却〜アイスクリーム精製までを行えます。

カウントダウンタイマー付きで、アイスクリームとジェラートで別々のパドルが付属。業務用にもひけをとらない、家庭用としては最高級クラスのアイスクリームメーカーです。

Cuisinart ice-100はこんな人におすすめ!

お店の味を家で作りたい人に

アイリスオーヤマ ICM01-VM

アイリスオーヤマ ICM01-VMの仕様・製品情報

サイズ14.6×14.6×16.2cm
重量1kg
消費電力7W
容量500ml

アイリスオーヤマ ICM01-VMのおすすめポイント3つ

  • アマゾンで1,501円
  • オーソドックスな使い心地
  • 安くてもかくはん棒付属

アイリスオーヤマ ICM01-VMのレビューと評価

アイリスオーヤマの激安アイスクリームメーカー

わずか1,501円という、アイリスオーヤマによる激安アイスクリームメーカーです。そのリーズナブルさで、アマゾンでも人気の製品になっています。

使い方はまずポットを冷やしてから材料を入れスイッチを押す、というオーソドックスなもの。小さくても攪拌棒も付属しており、しっかりしたアイスクリームを作ることができます。

アイリスオーヤマ ICM01-VMはこんな人におすすめ!

激安アイスクリームメーカーが欲しい方に

ハイアール JL-ICM720A

ハイアール JL-ICM720Aの仕様・製品情報

サイズ18.5×26.5×23.8cm
重量2.5kg
消費電力90W
容量約700ml

ハイアール JL-ICM720Aのおすすめポイント3つ

  • ハイアールらしい高コスパ機
  • 本体に冷却装置内蔵
  • 全自動で簡単になめらかアイス

ハイアール JL-ICM720Aのレビューと評価

冷却装置が付いて16,000円のオトクメーカー

中国の家電メーカー、ハイアールによるアイスクリームメーカーです。中国メーカーらしく、冷却装置内蔵でなんと約16,000円という超オトク価格になっています。

冷却装置付きなので、本体のみでアイスを作成可能。事前冷却がなくとも40〜120分の全自動運転で、誰でもなめらかなアイスが作れます。

ハイアール JL-ICM720Aはこんな人におすすめ!

冷却装置付きで安価なメーカーが欲しい方に

ZOKU アイスクリームメーカー [レッド]

ZOKU アイスクリームメーカー [レッド]の仕様・製品情報

サイズ14×10cm
重量約530g

ZOKU アイスクリームメーカー [レッド]のおすすめポイント3つ

  • わずか2,000円弱
  • 生クリームを入れればアイス
  • ジュースを入れればシャーベット

ZOKU アイスクリームメーカー [レッド]のレビューと評価

小さなかわいいアイスクリームメーカー

ZOKUブランドによる、小さなかわいいアイスクリームメーカーです。お値段もわずか2,000円弱と、手を出しやすい価格になっています。

事前に容器を12時間冷やしておき、生クリームを入れればアイス、ジュースを入れればシャーベットを簡単に作ることができます。電気を使わず作れるのもポイントです。

ZOKU アイスクリームメーカー [レッド]はこんな人におすすめ!

小さなかわいいメーカーが欲しい方に

和平フレイズ メリート MM-9270

和平フレイズ メリート MM-9270の仕様・製品情報

サイズ17×17×18cm
重量1.3kg
消費電力10W

和平フレイズ メリート MM-9270のおすすめポイント3つ

  • 3,000円弱でレシピ付き
  • 簡単操作でおいしく作れる
  • さまざまなアイスを手軽に作れる

和平フレイズ メリート MM-9270のレビューと評価

レシピも付いてくるお手頃価格のメーカー

わずか3,000円弱と低価格帯のアイスクリームメーカーながら、レシピも付いてくる製品です。サイズはそれほど大きくはないものの、簡単操作でおいしいアイスクリームを作ることができます。

外観も赤を基調としたかわいいもので、さまざまなアイスを手軽に作ることができます。

和平フレイズ メリート MM-9270はこんな人におすすめ!

かわいくてレシピ付きのメーカーが欲しい方に

DeLonghi(デロンギ) アイスクリームメーカー IC5000S

DeLonghi(デロンギ) アイスクリームメーカー IC5000Sの仕様・製品情報

サイズ19×25cm
重量2.7kg
消費電力14W
容量1.5l

DeLonghi(デロンギ) アイスクリームメーカー IC5000Sのおすすめポイント3つ

  • レシピブックが付属
  • シャーベットにも対応
  • 攪拌は電動式

DeLonghi(デロンギ) アイスクリームメーカー IC5000Sのレビューと評価

レシピブックで、10種類ものアイスが作れるメーカー

レシピブックが付属し、10種類ものアイスクリームの作り方が載っています。事前にポットを10時間ほど凍らせておいたら、後はクリームや卵を入れてスイッチを押すだけ。新鮮なアイスクリームを楽しめます。

牛乳などを使うことで、シャーベットも作成可能。攪拌は電動式になっています。

DeLonghi(デロンギ) アイスクリームメーカー IC5000Sはこんな人におすすめ!

いろんなアイスを手軽に作ってみたい方に

パール金属 くるりん D-1366

パール金属 くるりん D-1366 の仕様・製品情報

サイズ18×21×18cm
重量490g

パール金属 くるりん D-1366 のおすすめポイント3つ

  • ハンドルを回してアイスを作成
  • シャーベットにも対応
  • 作る過程そのものを楽しめる

パール金属 くるりん D-1366 のレビューと評価

くるくる回してアイスを作るメーカー

昔お店に置いてあったような、懐かしい形状のアイスクリームメーカーです。「くるりん」の名前の通り、ハンドルをくるくる回してアイスクリームを作ります。

2,000円弱の商品なのに、アイスだけでなくシャーベットにも対応。電気も不要で、作る作業そのものを楽しめるメーカーです。

パール金属 くるりん D-1366 はこんな人におすすめ!

楽しんでアイスを作りたい方に

まとめ

アイスクリームメーカーは高級品から2,000円以下まで、非常に価格帯の幅の広い製品です。業務用の本格機から電気不要のお手軽機まで、いろんな目的に応じて選ぶことができます。

使い勝手の上で大きな違いとなるのは、冷却装置を内蔵しているかどうかと言えるでしょう。もちろん内蔵している製品は高価になりますが、短時間で自家製アイスを楽しめます。それ以外の製品は事前に冷凍庫などで冷やしておく必要があり、その時間が10時間ほど必要です。