【じっくり読むと6分】

2019年最新版の電源ユニットをメーカー別、用途や目的に合わせて紹介します。メーカーはANTEC、玄人志向、Corsairなど、価格帯は1万円未満の安いモデルから2万円以上のハイエンドモデルまで、その他は静音仕様、回転数コントロール、長期間保証付き、プラグイン式、コンパクト設計など幅広く紹介します。

電源ユニットとは

電源ユニットとは、家庭用の電気の電圧をパソコン用の電圧に変換してパソコンに流すPCの部品のことです。デスクトップパソコンやノートパソコンの内部に設置されています。電源ユニットのパフォーマンスが下がると、パソコンの動きが不安定になってしまいます。自分好みのPCを自作される方や、大量の電気を使うゲーミングPCをお使いの方にとって無視できないパーツになっています。

電源ユニットの交換は初心者でも大丈夫?注意点は?

電源ユニットの交換は、電源コネクタやピンの名前と役割を理解していれば、パズルのように合わせることができます。その際の注意点はいくつかあります。
まず既存の電源ユニットの電圧はクリアしましょう。いくら安価な電源ユニットを購入できたとしても、電圧が足りなければもう一度購入する必要があります。
次に電源コネクタやピンを把握しておきましょう。電源コネクタとは、電源ユニットと各パーツをつなぐ部品です。電圧をクリアできても、電源コネクタをつなぐことができなければ作動できない場合があります。
最後に、コネクタやパーツが接続されていた箇所はメモしておきましょう。適当に電源ユニットがつながっているパーツを外してしまうと、いちいち確認する手間がかかります。

電源ユニットのおすすめメーカー

電源ユニットのおすすめメーカーは、以下の3つです。

  • ANTEC
  • 玄人志向
  • Corsair

ANTEC

ANTECは、アメリカ電源製造メーカーの老舗です。静音ファンであることが特徴。取り付けも比較的簡単だといわれています。価格が比較的安価なので、価格を抑えて高品質な電源ユニットを購入したい方におすすめです。

玄人志向

玄人志向は、パソコンの仕組みを理解して自作PCを作れるようになった方におすすめしているブランドです。電話やメールのサポートが一切ない代わりに、高品質なパーツを販売しています。電源ユニット設置に苦戦したときには、BBSに書き込んでアドバイスを受けることができます。

Corsair

Corsairは、アメリカのPC電源メーカーのブランドです。保証期間が7年間と長期間なのが特徴。不具合があっても相談できるのは嬉しいですね。長持ちする電源ユニットとして有名なので、長持ちする電源ユニットを探している方はCorsairがおすすめです。

電源ユニットの選び方

電源ユニットの選び方を以下の5つのポイントから解説します。

  • 価格
  • 電源容量
  • 80PLUS認証か
  • プラグイン対応
  • 規格

価格

電源ユニットを選ぶ際には、価格と必要なスペックが両立しているかを考えましょう。電源ユニットは、パソコンの心臓部分に例えられます。いくら高性能なパーツを組み込んでも、電力を送り込めなければ使用できません。スペックに見合ってコスパのよい電源ユニットを選ぶといいでしょう。

電源容量

今使用しているパソコンに電源ユニットを組み込むなら、最低でも既存の電源ユニットと同等以上の電源容量をもつ電源ユニットにしましょう。電圧が足りなくて、パソコンが動かない可能性があります。今後、パーツを交換して高性能なパソコンへバージョンアップするなら、大型の電源容量をもつ電源ユニットでもよいでしょう。

80PLUS認証のバージョン

80PLUS認証とは、電源ユニットが効率的に電力を変換できるかをランクにしたものです。変換率の低いものから順にSTANDARD、BRONZE、SILVER、GOLD、PLATINUM、TITANIUMとなります。ランクが高いほど発熱が低く、パソコンの動作が安定しやすくなります。初心者なら、GOLD以上のランクの電源ユニットがおすすめです。

プラグイン対応

電源ユニットのケーブルには、プラグイン式と直出し式の2通りがあります。プラグイン式は電源ユニットと各パーツを接続するときに、必要なケーブルのみを接続することができます。ケーブルが整理しやすいので、初心者にはおすすめです。また、エアフローという空気の通りを考えてケーブルを調整したい方にも支持を受けています。

規格

いくら性能がよくてコスパの良い電源ユニットでも、PCケースに入らなければ組み込むことができません。コンパクトなPCケースを使っている場合は、電源ユニットの規格も考える必要があるでしょう。今使用している電源ユニットの大きさを測っておいて、購入する電源ユニットの参考にするとよいでしょう。

電源ユニットのおすすめ10選

Antec NeoECO Gold NE750G

Antec NeoECO Gold NE750Gの仕様・製品情報

対応規格ATX12V 2.4
電源容量750 W
80PLUS認証Gold
プラグイン対応
サイズ150x140x86 mm
重量2.24 kg

Antec NeoECO Gold NE750Gのおすすめポイント3つ

  • 日本メーカー製コンデンサ採用
  • フラットタイプのセミモジュラーケーブル
  • 静音性に優れた電源ユニット

Antec NeoECO Gold NE750Gのレビューと評価

高品質・高耐久性の電源ユニット

Antec NeoECO Gold NE750Gは、80PLUS認証Goldの認定を受けている電源ユニットです。コンデンサは日本製を採用しているので品質にこだわる方でも安心して購入できます。静音性にすぐれているので、パソコンで負荷のかかる作業を行っても騒音になりにくくなっています。

Antec NeoECO Gold NE750Gはこんな人におすすめ!

静かな電源ユニットを検討している方

ANTEC NeoECO Gold NE550G

ANTEC NeoECO Gold NE550Gの仕様・製品情報

対応規格ATX12V 2.4
電源容量550 W
80PLUS認証Gold
プラグイン対応
サイズ150x140x86 mm
重量1.94 kg

ANTEC NeoECO Gold NE550Gのおすすめポイント3つ

  • 比較的安価
  • 力率改善回路アクティブPFC
  • ユニバーサルAC入力

ANTEC NeoECO Gold NE550Gのレビューと評価

比較的安価な電源ユニット

ANTEC NeoECO Gold NE550Gは、比較的お手頃価格な電源ユニットです。ケーブルはやや硬いという声がありますが取り付けるのに十分な長さがあるそうです。調子が悪くなってしまったPCの代替品としては優秀だと言われています。

ANTEC NeoECO Gold NE550Gはこんな人におすすめ!

古い電源ユニットの代替品を探している方

剛短 剛短3 プラグイン SPGT3-600P

剛短 剛短3 プラグイン SPGT3-600Pの仕様・製品情報

対応規格ATX12Vバージョン2.4/EPS12V 2.91
電源容量600 W
80PLUS認証Bronze
プラグイン対応
サイズ150x123x86 mm
重量1.5 kg

剛短 剛短3 プラグイン SPGT3-600Pのおすすめポイント3つ

  • 奥行き123mmとコンパクトサイズ
  • S-ATAケーブルを同梱
  • 低電圧90V起動

剛短 剛短3 プラグイン SPGT3-600Pのレビューと評価

とにかく静かな電源ユニット

剛短 剛短3 プラグイン SPGT3-600Pは、音がとにかく静かだと評判の電源ユニットです。奥行きが123mmとコンパクトなので、小さなPCケースでも取付可能です。低電圧90V起動対応なので、延長ケーブルからしか電源を取れないときでも起動が安定するでしょう。

剛短 剛短3 プラグイン SPGT3-600Pはこんな人におすすめ!

延長ケーブルから電源を引き込んでいる方

剛短 剛短3 プラグイン SPGT3-400P

剛短 剛短3 プラグイン SPGT3-400Pの仕様・製品情報

対応規格ATX12Vバージョン2.4/EPS12V 2.91
電源容量400 W
80PLUS認証Bronze
プラグイン対応
サイズ150x123x86 mm
重量1.4 kg

剛短 剛短3 プラグイン SPGT3-400Pのおすすめポイント3つ

  • 100mm径FAN搭載
  • プラグイン方式採用
  • エアフロー対策にピッタリ

剛短 剛短3 プラグイン SPGT3-400Pのレビューと評価

エアフローのレイアウトを作るときに

剛短 剛短3 プラグイン SPGT3-400Pは、コンパクトな電源ユニットです。プラグイン対応なので、取り付けも簡単。パソコンを自作する方にとってエアフローは重要なので、コンパクトな電源ユニットは重宝するでしょう。低電圧90V起動対応なので、低電源の環境でも問題ないですよ。

剛短 剛短3 プラグイン SPGT3-400Pはこんな人におすすめ!

自作パソコンでエアフローに悩んでいる方

玄人志向 KRPW-BK650W/85+

玄人志向 KRPW-BK650W/85+の仕様・製品情報

対応規格ATX12V Ver2.4/EPS12V Ver2.92
電源容量650 W
80PLUS認証Bronze
プラグイン対応
サイズ150x140x86 mm
重量2.26 Kg

玄人志向 KRPW-BK650W/85+のおすすめポイント3つ

  • 大型のヒートシンク搭載
  • ケーブルの種類をプリント
  • アルミ電解コンデンサーが日本製

玄人志向 KRPW-BK650W/85+のレビューと評価

大型CPU向けの電源ユニット

玄人志向 KRPW-BK650W/85+は、電源容量600Wの大型電源ユニットです。大型のヒートシンクを搭載しているので、高性能のCPUを動かしたい方におすすめです。ケーブルの種類がプリントされているので、電源ユニットをセッティングしているときに便利です。

玄人志向 KRPW-BK650W/85+はこんな人におすすめ!

大型CPUを積んだPCを動かしたい方

玄人志向 KRPW-BK550W/85+

玄人志向 KRPW-BK550W/85+の仕様・製品情報

対応規格ATX12V Ver2.4/EPS12V Ver2.92
電源容量550 W
80PLUS認証Bronze
プラグイン対応
サイズ150x140x86 mm
重量2.18 Kg

玄人志向 KRPW-BK550W/85+のおすすめポイント3つ

  • 比較的安価
  • ブラックカラーのケーブル
  • セミプラグインの電源ユニット

玄人志向 KRPW-BK550W/85+のレビューと評価

セミプラグインでPCないスッキリ

玄人志向 KRPW-BK550W/85+は、上級者向けの電源ユニットといわれています。セミプラグインになっているので、エアフローを良くすることもできます。ブラックカラーのケーブルなので、PC内をきれいに整えたいという方におすすめです。

玄人志向 KRPW-BK550W/85+はこんな人におすすめ!

PC内をスッキリと整えたい方

Thermaltake TR2 500W V2 BRONZE PS-TR2-0500NPCBJP-B-V2

Thermaltake TR2 500W V2 BRONZE PS-TR2-0500NPCBJP-B-V2の仕様・製品情報

対応規格ATX12V v2.3
電源容量500 W
80PLUS認証Bronze
プラグイン対応
サイズ150x140x86 mm
重量2.1 kg

Thermaltake TR2 500W V2 BRONZE PS-TR2-0500NPCBJP-B-V2のおすすめポイント3つ

  • 日本正規代理店品 保証3年
  • ケーブル直付けタイプ
  • ファン回転数を制御

Thermaltake TR2 500W V2 BRONZE PS-TR2-0500NPCBJP-B-V2のレビューと評価

3年保証の電源ユニット

Thermaltake TR2 500W V2 BRONZE PS-TR2-0500NPCBJP-B-V2は、3年の保証期間がついた電源ユニットです。3年以内に不調があっても相談できるのは嬉しいですね。PCの負荷によってファンが回転数を制御してくれるので、オンラインゲーム以外のときには静かに使うことができます。

Thermaltake TR2 500W V2 BRONZE PS-TR2-0500NPCBJP-B-V2はこんな人におすすめ!

保証がついている電源ユニットが使いたい方

Toughpower DPS G Digital 1250W iRGB PLUS FAN TITANIUM PS-TPI-1250DPCTJP-T

Toughpower DPS G Digital 1250W iRGB PLUS FAN TITANIUM PS-TPI-1250DPCTJP-Tの仕様・製品情報

対応規格項ATX12V v2.31/SSI EPS 12V 2.92
電源容量1250 W
80PLUS認証Titanium
プラグイン対応
サイズ150x200x86 mm
重量3.03 Kg

Toughpower DPS G Digital 1250W iRGB PLUS FAN TITANIUM PS-TPI-1250DPCTJP-Tのおすすめポイント3つ

  • 1250Wの電源容量
  • 1680万色発光LED
  • スマホで電源コントロール

Toughpower DPS G Digital 1250W iRGB PLUS FAN TITANIUM PS-TPI-1250DPCTJP-Tのレビューと評価

オシャレ重視の電源ユニット

Toughpower DPS G Digital 1250W iRGB PLUS FAN TITANIUM PS-TPI-1250DPCTJP-Tは、PCをオシャレに使いたい方向けの電源ユニットです。電源容量は1250Wと大容量なため、ハードな使い方をする方でも満足できるでしょう。スマホで電源をつけたり切ったりできるのでどこでもPCをコントロールできますよ。

Toughpower DPS G Digital 1250W iRGB PLUS FAN TITANIUM PS-TPI-1250DPCTJP-Tはこんな人におすすめ!

オシャレなPCを自作されたい方に

Corsair RM850x CP-9020180-JP

Corsair RM850x CP-9020180-JPの仕様・製品情報

対応規格ATX/EPS
電源容量850 W
80PLUS認証Gold
プラグイン対応
サイズ150x160x86 mm
重量1.7 kg

Corsair RM850x CP-9020180-JPのおすすめポイント3つ

  • 80 PLUS Gold認証を取得
  • コンデンサーに日本製の105℃品を採用
  • ゼロRPMファンモードで超静音動作

Corsair RM850x CP-9020180-JPのレビューと評価

静音で高効率な電源ユニット

Corsair RM850x CP-9020180-JPは、電圧を効率的に変換できる電源ユニットです。効率的に変電することで、発熱しにくくなっています。必要に応じてファンが動くので、負荷のかかる作業以外は静かにパソコンを使うことができますよ。

Corsair RM850x CP-9020180-JPはこんな人におすすめ!

静かで使い勝手のいいパソコンを探している方に

Corsair RM650x CP-9020178-JP

Corsair RM650x CP-9020178-JPの仕様・製品情報

対応規格ATX/EPS
電源容量650 W
80PLUS認証Gold
プラグイン対応
サイズ150x160x86 mm
重量1.5 kg

Corsair RM650x CP-9020178-JPのおすすめポイント3つ

  • フルモジュラー式ケーブル
  • 奥行き160mmのコンパクト設計
  • 日本正規代理店品 保証10年

Corsair RM650x CP-9020178-JPのレビューと評価

フルセパレートでPC内スッキリ

Corsair RM650x CP-9020178-JPは、ケーブルがフルセパレートになっていることが特徴です。エアフローにこだわる方にとって必要なケーブルのみをできるので、便利でしょう。本体もコンパクトなので、PCケースが小さくても問題なく取り付けられますよ。

Corsair RM650x CP-9020178-JPはこんな人におすすめ!

PC内のエアフローにこだわる方

まとめ

今回は、2019年最新版の電源ユニットをメーカー別、エントリーモデルからハイエンドモデルまでご紹介しました。静音仕様、回転数コントロール、長期間保証付き、プラグイン式、コンパクト設計など幅広く取り上げたので、ご自身のパソコンスペックと相談して電源ユニットを選んでみてください。