【じっくり読むと6分】

コンロを使わずに電気の力で調理ができる電気圧力鍋。圧力鍋よりも簡単に、安全に調理ができると今人気を集めています。この記事ではそんな電気圧力鍋のおすすめ製品をご紹介!有名メーカーの高性能電気圧力鍋から、コストパフォーマンスの高い低価格製品までさまざまな製品を口コミも交えて詳しく紹介しています。他にも電気圧力鍋で一体どんなことができるのか、デメリットはあるのかなども説明しています。

電気圧力鍋とは

電気圧力鍋とは、電気を使って加熱。鍋内の圧力をあげて調理をする調理器具のことです。圧力鍋と聞くとガスコンロで使用するイメージが強いが、電気圧力鍋はガスを使わず電気の力を使用します。また、圧力鍋と違って電気圧力鍋は、加圧や減圧、火加減の調整をする必要があります。鍋に材料を入れたらスイッチ一つで調理を終えることができるのも電気圧力鍋の特徴です。
火を使わず簡単に調理ができるので、小さなお子さんがいるご家庭に電気圧力鍋はおすすめです。

電気圧力鍋のメリット

電気圧力鍋のメリットは、以下の3つです。

  • スイッチ一つで調理完了
  • 火を使わないから安全
  • 保温機能がある

スイッチ一つで調理完了

電気圧力鍋は普通の圧力鍋のように、加圧や火加減の調整、減圧といった手間が必要ありません。鍋の中に材料を入れてスイッチを押せば調理終了!あとは電気圧力鍋が自動で加熱・加圧・減圧を自動調節してくれます。火も使用していないので、調理中に買い物に行ったりなど外出することも可能です。

火を使わないから安全

電気圧力鍋は電気の力で加熱、鍋内に圧力をかけて調理するの火を使わずに調理ができます。そのため、コンロの様子を見る必要もなく安全です。また、圧力鍋と比べて電気圧力鍋は蒸気も少なく音も静かなのも電気圧力鍋の魅力!小さなお子さんがいるご家庭やご高齢者の方も安心して使用することができます。

保温機能がある

製品によって違うが、電気圧力鍋には保温機能が搭載されています。そのため、調理後すぐに食べなくても保温しておけば時間が経ってもおいしく料理が食べられます。また製品によっては追加熱できる電気圧力鍋もあり、冷めた料理をもう一度温め直すことも可能です。

電気圧力鍋のデメリット

電気圧力鍋のデメリットは、以下の2つです。

  • サイズが大きく、置き場所をとる
  • 価格が高額

サイズが大きく、置き場所をとる

直火式圧力鍋と比べて電気圧力鍋はサイズが大きく重いというデメリットがあります。収納場所・置き場所を確保しておかないと「買ったは良いけど、置き場所がない・・・。」ということになりかねません。また電気圧力鍋は、コンセントが通る場所でないと使用できないので使用場所にも注意しましょう。

価格が高額

電気圧力鍋は価格が高く、安くても1万円以上。製品によっては2万円以上します。実際に買って使わなかったときのリスクを考え、購入を悩む人も多いようです。しかし、1~2L程度のコンパクトサイズの電気圧力鍋なら1万円以下で買える製品もあります。コンパクトタイプは、容量が少ない分調理できる量は少なくなりますが、3人分程度なら充分に作ることができます。

電気圧力鍋のおすすめメーカー

電気圧力鍋のおすすめメーカーは、以下の3つです。

  • シロカ(siroca)
  • ワンダーシェフ
  • ティファール(T-faL)

シロカ(siroca)

sirocaの電気圧力鍋は種類が豊富。2Lのコンパクトタイプから4Lの大容量タイプまで販売しているので、家族の人数に合った容量の製品を選べることができます。プリセットメニュー搭載、炊飯のみではあるが最大で24時間のタイマー機能が搭載されている製品もあります。スロー調理機能が搭載された製品もあり、お肉などを煮た際に煮崩れなくほろほろな食感を楽しむことができます。

ワンダーシェフ

ワンダーシェフの電気圧力鍋は機能が豊富で価格もお手軽!予約機能や追加熱機能、オートメニューキー、じっくり煮込めるスロークッカーキーなど便利な機能を豊富に搭載しています。容量も3Lと4Lの2つから選ぶことができます。さらに付属されているレシピブックには離乳食から生活習慣病予防まで50種類のレシピが掲載。料理のレパートリーを増やしてくれることでしょう。

ティファール(T-faL)

大家族にも対応できる大容量電気圧力鍋が欲しい人におすすめなのがティファールの電気圧力鍋です。ティファールが販売するクックフォーミー・クックフォーミー エクスプレスは6.0Lの大容量で、2~6人分の調理が可能です。しかも圧力調理だけでなく、蒸し料理や煮込み、炒めるといった調理法も可能!保温機能や再加熱機能も搭載されており、機能性にも優れています。

電気圧力鍋の選び方

電気圧力鍋の選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 容量・サイズ
  • お手入れのしやすさ
  • 搭載機能

容量・サイズ

電気圧力鍋を選ぶときに大切なのは容量です。大量に作り置きをしたいという人には4Lの大容量製品がおすすめです。2人暮らしで一度に少量しか作らないという人には1.5L~2L程度のコンパクトタイプの製品が良いでしょう。ただし容量が大きくなるほど、価格が高くなる傾向があるのでご注意下さい。

お手入れにしやすさ

電気圧力鍋を毎日使用したいと思っている人もいるでしょう。頻繁に使用する物だから、お手入れのしやすさも重要なポイントです。お手入れが面倒くさくないか、内釜に焦げ付き防止効果が採用されているか公式サイトなどでチェックしましょう。丸洗いできる製品だと、お手入れも簡単で衛生的に使用できおすすめです。

搭載機能

電気圧力鍋には追加熱機能や予約機能、自動調理機能といった機能が搭載されている場合があります。搭載機能は製品によって違うので、自分が欲しい機能が搭載されているかをチェックしましょう。朝のうちに夜ご飯の準備をしておきたい人には予約機能が、スイッチ一つで簡単に調理できる製品が欲しい人には自動調理機能が充実した電気圧力鍋がおすすめです。

電気圧力鍋のおすすめ10選

ワンダーシェフ(wonder chef) e-wonder OEDA30

ワンダーシェフ(wonder chef) e-wonder OEDA30の仕様・製品情報

容量3L
作動圧力70kpa
消費電力約750w
コードの長さ約1.3m
サイズ約 W304×D270×H278mm
質量約3.7kg

ワンダーシェフ(wonder chef) e-wonder OEDA30のおすすめポイント3つ

  • オートメニューキー搭載で人気メニューをラクラク調理
  • 調理が終わったら自動で保温
  • 温め直しに便利な追加熱キー搭載

ワンダーシェフ(wonder chef) e-wonder OEDA30のレビューと評価

使い勝手が良い、料理が短時間でできると大人気

口コミでも「煮物が簡単にできる」「料理時間を短縮できた」と高い評価を受けているワンダーシェフのe-wonder OEDA30。カレーや肉じゃが、ポトフなどの人気メニュー用のオートキーや追加熱機能など便利な機能を豊富に搭載しています。価格も容量3Lで1万5000円以下とお買い得!コストパフォーマンスの高い製品と言えるでしょう。

ワンダーシェフ(wonder chef) e-wonder OEDA30はこんな人におすすめ!

カレーや炊飯などのオートメニューキーが搭載された製品が欲しい人に

象印 圧力IHなべ EL-MB30

象印 圧力IHなべ EL-MB30の仕様・製品情報

容量1.5L
消費電力1200W
サイズ29×37.5×25cm
質量約7.0kg

象印 圧力IHなべ EL-MB30のおすすめポイント3つ

  • クリーニング機能搭載
  • 予約機能搭載
  • 一定加圧・可変加圧・温度調理を好みで選べる

象印 圧力IHなべ EL-MB30のレビューと評価

予約機能付き!圧力の種類や温度の調節など設定の自由度も高い

象印の圧力IHなべ EL-MB30には自動調理機能が搭載されているので、材料と調味料を入れてメニュー番号を入力すればあとは電気圧力鍋が自動で調理してくれます。さらに手動調理も可能!一定加圧・可変加圧・温度調理などを好みで設定することもできます。予約機能も搭載されているので、朝に材料と調味料をセットして予約をしておけば、夜に出来上がりを食べることもできますよ!

象印 圧力IHなべ EL-MB30はこんな人におすすめ!

予約機能&クリーニング機能が搭載された電気圧力鍋が欲しい人に

コイズミ マイコン電気圧力鍋 KSC-3501/R

コイズミ マイコン電気圧力鍋 KSC-3501/Rの仕様・製品情報

容量2.5L
使用最高圧力約70kpa
消費電力600W
コードの長さ約1.0m
サイズ約 W260×D280×H250mm
質量約3.8kg

コイズミ マイコン電気圧力鍋 KSC-3501/Rのおすすめポイント3つ

  • 5段階圧力・加熱時間の設定が可能
  • 1万円程度と安い
  • 予約機能搭載(最大19.5時間)

コイズミ マイコン電気圧力鍋 KSC-3501/Rのレビューと評価

ワンタッチ調理ボタン搭載。レシピブックもダウンロード可能

51種類のレシピが記されたレシピブックがダウンロード可能!調理が簡単になるだけでなく料理のレパートリーも増やすことができます。最大19.5時間の予約機能や、フタ閉め忘れ防止機能など忙しい人にも便利な機能が充実しています。

コイズミ マイコン電気圧力鍋 KSC-3501/Rはこんな人におすすめ!

長時間の予約が可能な製品が欲しい人に

パナソニック(Panasonic) SR-P37

パナソニック(Panasonic) SR-P37の仕様・製品情報

容量3.7L
使用最高圧力約98kpa
消費電力800W
サイズ31.5×27.0×29.6cm
質量4.1kg

パナソニック(Panasonic) SR-P37のおすすめポイント3つ

  • 材料に合わせて気圧を選択できる
  • 3段階の温度設定が可能。調理のバリエーションが広がる
  • ダイヤモンドフッ素加工を採用。軽い炒め物にも対応

パナソニック(Panasonic) SR-P37のレビューと評価

最高圧力98kpa!電気圧力鍋最高クラスの高圧力

高い圧力と三段階の温度設定が可能なところが魅力のパナソニックのSR-P37。下ごしらえコースや低温調理コースを搭載しており、下ごしらえから煮込みまで1台でまかなうことが可能です。口コミでも、お米がおいしく炊ける、短時間で料理ができると高い評価を受けています。

パナソニック(Panasonic) SR-P37はこんな人におすすめ!

圧力の高い製品が欲しい人に

シロカ(siroca) SP-A111

シロカ(siroca) SP-A111の仕様・製品情報

容量調理容量:1.3L/呼び容量:2L
使用最高圧力70kpa
消費電力700W
コードの長さ1.2m
サイズ幅22×奥行26.9×高さ24.9cm
質量約2.7kg

シロカ(siroca) SP-A111のおすすめポイント3つ

  • 軽量・コンパクトタイプだから置き場所に困らない
  • シンプルな操作性で使いやすい
  • オリジナルレシピブック付き

シロカ(siroca) SP-A111のレビューと評価

操作がシンプルで分かりやすい!コンパクトタイプだから置き場所にも困りにくい

sirocaのSP-A111は搭載機能がシンプルだから、操作が簡単!電化製品の操作が苦手だという人におすすめの製品です。また価格も通販サイトによっては1万円以下で販売されていることもあり、お手軽!コンパクトタイプだから置き場所を取らないところもこの製品も魅力です。

シロカ(siroca) SP-A111はこんな人におすすめ!

操作がシンプルな製品が欲しい人に

ショップジャパン PKP-NXAM 3.7L

ショップジャパン PKP-NXAM 3.7Lの仕様・製品情報

容量3.7L
サイズ約 285×273×295mm
質量約3.6kg

ショップジャパン PKP-NXAM 3.7Lのおすすめポイント3つ

  • 予約機能搭載
  • 再加熱・保温機能付き
  • 内釜に焦げ付き防止加工採用!片付けも楽ちん

ショップジャパン PKP-NXAM 3.7Lのレビューと評価

1台で6役!煮込み料理だけでなく蒸し料理や無水調理も可能

圧力調理だけでなく、蒸し料理・炊飯・煮込み・無水調理・温め直しもできるショップジャパンのPKP-NXAM。予約機能や再加熱機能、保温機能もついており使い勝手は抜群!内釜には焦げ付き防止加工が施されているので後片付けも簡単です。

ショップジャパン PKP-NXAM 3.7Lはこんな人におすすめ!

1台6役!多機能電気圧力鍋が欲しい人に

ティファール(T-faL) クックフォーミー エクスプレス

ティファール(T-faL) クックフォーミー エクスプレスの仕様・製品情報

容量6.0L
使用最高圧力70kpa
消費電力1200W
コードの長さ約1.5m
サイズ幅38.0×長さ35.0×高さ32.5cm
質量約 6.5kg

ティファール(T-faL) クックフォーミー エクスプレスのおすすめポイント3つ

  • 6Lの大容量!
  • 全150レシピ内蔵
  • SGマーク取得済みの安全設計

ティファール(T-faL) クックフォーミー エクスプレスのレビューと評価

レシピが内蔵されているからレシピ本要らず!

ティファールのクックフォーミー エクスプレスには全150レシピが内臓。レシピ本でレシピを探す必要もありません!しかも圧力調理だけでなく、蒸しかごを使用すれば蒸し料理も可能!炒める機能も搭載されているので、食材に焦げ目をつけることもできます。そしてなんと言ってもティファールのクックフォーミー エクスプレスの魅力は6Lという容量!大容量だから2~6人分の調理が可能!作り置きにも大活躍間違いなしでしょう。

ティファール(T-faL) クックフォーミー エクスプレスはこんな人におすすめ!

6Lの大容量製品が欲しい人に

TOHO RELICIA コンパクト電気圧力鍋 2L RLC-PC02RF

TOHO RELICIA コンパクト電気圧力鍋 2L RLC-PC02RFの仕様・製品情報

容量2L
使用最高圧力55kpa
消費電力600W
コードの長さ約1.2m
サイズ幅22×奥行22×高さ26cm
質量約 2.5kg

TOHO RELICIA コンパクト電気圧力鍋 2L RLC-PC02RFのおすすめポイント3つ

  • 1万円以下と低価格
  • コンパクトタイプで置き場所に困らない
  • 予約機能・保温モード搭載

TOHO RELICIA コンパクト電気圧力鍋 2L RLC-PC02RFのレビューと評価

1万円以下と低価格!コンパクトで1~2人暮らしにピッタリ

1万円以下と低価格にも関わらず、予約機能や保温モード、調理メニューボタンなど機能が充実しているTOHO RELICIA RLC-PC02RF。22品目の簡単レシピブックも付いてくるので、レシピの幅も広がります。コンパクトタイプで、一人暮らしの人に人気の製品です。

TOHO RELICIA コンパクト電気圧力鍋 2L RLC-PC02RFはこんな人におすすめ!

コンパクトでコストパフォーマンスの高い製品が欲しい人に

D&S 家庭用電気圧力鍋 2.5L STL-EC25

D&S 家庭用電気圧力鍋 2.5L STL-EC25の仕様・製品情報

容量2.5L
消費電力800W
サイズ27.2×24.6×29cm
質量約3.25kg

D&S 家庭用電気圧力鍋 2.5L STL-EC25のおすすめポイント3つ

  • コンパクトタイプで置き場所に困らない
  • 保温・予約機能付き
  • レシピブック付きで料理のレパートリーが増える

D&S 家庭用電気圧力鍋 2.5L STL-EC25のレビューと評価

予約タイマー付きで便利!もっと早く買えば良かったという声多数

予約タイマー付き・自動調理機能付きと機能が充実しているD&SのSTL-EC25。コンパクトタイプで置き場所にも困りません。1~2人暮らしの人におすすめの製品です。口コミでも「音が静か」「予約タイマーが便利」と高い評価を受けています。

D&S 家庭用電気圧力鍋 2.5L STL-EC25はこんな人におすすめ!

コンパクトタイプの製品が欲しい人に

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 SP-4D151

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 SP-4D151の仕様・製品情報

容量4L
使用最高圧力90kpa
消費電力800W
コードの長さ1.2m
サイズ約 幅26.5×奥行28.2×高さ28.3cm
質量4.4kg

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 SP-4D151のおすすめポイント3つ

  • スロー調理や蒸し調理も可能
  • 10種類の自動調理メニュー搭載
  • 再加熱機能搭載

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 SP-4D151のレビューと評価

1台6役!お手頃な価格で高品質

スロー調理機能や再加熱機能、10種類の自動調理機能など、機能が充実しているシロカのSP-4D151。しかも容量が4Lと大容量にも関わらず価格は約2万円とお手軽!お手入れも、本体以外すべて丸洗いが可能なので、いつでも清潔に使用し続けることができます。

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 SP-4D151はこんな人におすすめ!

4Lの大容量電気圧力鍋が欲しい人に

まとめ

ここまでおすすめの電気圧力鍋を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。気になる製品は見つかりましたか?電気圧力鍋を使えば、調理の時間をグッと短縮することができ、しかも火を使わないから安全に調理が可能!調理している間に買い物だって行くこともできます。とても便利な製品なので出産祝いや新築祝いにもおすすめです。