【読了時間:じっくり読むと4分30秒】

Bluetoothイヤホンはケーブルなしで音楽や通話が可能です。通話に特化した片耳イヤホンから、ハイレゾに近い音質まで対応しているモデルもあります。通勤・通学やエクササイズ時には特におすすめです。今回は、Bluetoothイヤホンの選び方とおすすめのイヤホンを紹介します。

Bluetoothとは

Bluetoothとは、近距離の無線通信の規格の一つです。最近のほとんどのスマートフォンやパソコンに対応しており、発信機側と受信機側でペアリングすることでコードレスで使用できるようになります。国際標準規格なので、Bluetoothに対応している機器であれば、どの国のどのメーカー同士でも送受信可能です。

Bluetoothイヤホンのメリット2つ

邪魔なコードがない

バッグの中でコードが絡んでしまうことは有線イヤホンでの最大の悩みとも言えます。Bluetoothイヤホンはワイヤレスで音のやりとりを行うので、コードの煩わしさに悩むことはありません。

タッチノイズがない

有線のイヤホンを使っているとコードと服や体が接触した際にタッチノイズが生じてしまいます。しかし、Bluetoothイヤホンはコードレスだったり、コードが短く最小限の長さになっているので、タッチノイズにストレスを感じることはほぼありません。

Bluetoothイヤホンのデメリット2つ

充電が必要

ワイヤレスで音をやりとりしているので、当然のことながらイヤホンにも電力がなくてはいけません。そのため、使うたびにほとんど毎日充電をする必要があります。充電がなくなると全く使い物になりません。また、使用すればするほど電池の持ちも悪くなってくるので、バッテリーの寿命がイヤホンの寿命よりも早く訪れる可能性があります。

イヤホンの音質が有線と比べて悪くなる

同じ価格帯の有線のイヤホンとBluetoothのイヤホンを比べるとどうしても音質は有線のイヤホンに負けてしまいます。値段の高いモデルであればあるほどそれは改善されている傾向にあります。Bluetoothのイヤホンでもハイレゾに近い音質の再現を可能にしているモデルもあります。

Bluetoothイヤホンのおすすめの使い方2つ

通勤・通学で使う

有線のイヤホンだと、満員電車などで周りの人にコードが引っかかったり、絡まったりする場合があります。Bluetoothイヤホンであればコードが他人と引っかかる心配もなく、快適に音楽などを楽しめます。

ランニング・スポーツで使う

ランニングやウォーキングの際には Bluetoothイヤホンはもってこいです。運動中にコードに引っかかることもなく、また、防滴・防汗仕様となっているモデルも多いので、雨の日や、汗をたくさんかいても安心して使用することができます。

Bluetoothイヤホンの選び方のポイント3つ

完全独立型・片耳など、形状で選ぶ

Bluetoothイヤホンには大きく分けて、完全独立型、左右一体型、片耳タイプ、ネックバンドタイプ、ボックスタイプの5種類の形状に分けられます。それぞれのメリット・デメリットを理解した上での選択が必要です。

バッテリー持続(連続再生)時間で選ぶ

Bluetoothイヤホンは充電が切れてしまうと全く使い物になりません。なので、バッテリー持続時間は非常に重要です。電池の持続時間はモデルによって様々ですが、5時間以上は欲しいところです。充電が切れた際などに、コードをつないで有線で使用することができるモデルもあります。

通勤・通学など、シーンで選ぶ

屋外や通勤・通学での使用を考えている方はノイズキャンセリング機能付きのモデルがオススメです。自宅や屋内でゆったりと長時間のリスニングを楽しみたい方には軽量で快適な装着感のモデルを選ぶと良いでしょう。スポーツ時には、耳から抜けにくいタイプのものや、防滴・防汗仕様、フィットネスアプリとの連携が可能なモデルが最適でしょう。

Bluetoothイヤホンのおすすめ10選

BOSE(ボーズ) SoundSport Free


出典:item.rakuten.co.jp

SoundSport Freeの人気の理由3つ

  1. 充電機能付きのキャリングケース付属
  2. 防滴仕様なので雨や汗にも強い
  3. イヤホンをなくしてもアプリで探せる

SoundSport Freeの音質と評価・レビュー

完全コードレスの左右独立型

BOSE特有の豊かで厚みのある低域と透明感がありクリアーなボーカルとなっています。StayHear+ Sportチップを採用しているので、外れにくく快適な装着感で長時間使用でも疲れにくくなっています。1回の充電で5時間の使用が可能で、2回分の充電機能付きのキャリングケースが付属しているので最大約15時間の使用が可能です。

SoundSport Freeはこんな人におすすめ!

完全コードレスでエクササイズを楽しみたい方におすすめ

SONY(ソニー) WI-1000X


出典:item.rakuten.co.jp

SONY WI-1000Xの人気の理由3つ

  1. 最高レベルのノイズキャンセリング機能搭載
  2. 専用アプリでカスタマイズが可能
  3. HDハイブリッドドライバーシステムで豊かな広域再生を実現

SONY WI-1000Xの音質と評価・レビュー

ワイヤレスなのにハイレゾ相当の高音質

業界最高クラスのノイズキャンセリング機能搭載で、Bluetoothイヤホンながらもハイレゾ相当の高音質を楽しめる高級感あふれるモデルです。音楽を聴きながら、周囲の音も聞ける「アンビエントサウンドモード」搭載で電車のアナウンスを聞き逃すことを防げます。また、専用アプリ「Headphones Connect」に対応しており、ノイズキャンセリングのレベルや外音取り込みのレベルを自分好みにカスタマイズ可能です。

SONY WI-1000Xはこんな人におすすめ!

Bluetoothイヤホンでも音質にこだわりたい人におすすめ

ELECOM(エレコム) LBT-HPC40MP


出典:item.rakuten.co.jp

LBT-HPC40MPの人気の理由3つ

  1. コーデックAACに対応
  2. 手元で操作が可能なマイク付きリモコン搭載
  3. パワフルな重低音を再現

LBT-HPC40MPの音質と評価・レビュー

ワイヤレスで迫力のある重低音

価格も高くなく、高音質コーデックAACに対応しているのでiPhoneやコーデックAACに対応しているスマートフォンなどと接続することによってより高音質で音楽を楽しむことができます。手元で快適に操作ができるマイク付きリモコンが搭載されており、音楽再生/停止や着信応答、ボリューム調整がスマートフォンを取り出すことなく行えます。

LBT-HPC40MPはこんな人におすすめ!

力強いサウンドが好きな方におすすめ

M-SOUNDS MS-TW1


出典:item.rakuten.co.jp

MS-TW1の人気の理由3つ

  1. コードレスの完全独立型
  2. バッテリー内蔵充電ケースが付属
  3. 片側約4gの軽量・コンパクト設計

MS-TW1のデメリット・短所

連続音楽再生時間は約2〜2.5時間と少し短め

MS-TW1の音質と評価・レビュー

1万円以下の低価格完全独立型

1万円以下とコスパ良好な完全独立型イヤホンです。ハンズフリー通話にも対応しており、通話ノイズキャンセラー搭載で高音質での通話が可能となっています。連続再生時間が約2.5時間と少し短めですが、充電ケースに収納することで約3回の充電が可能なので最大10時間の使用が可能となります。

MS-TW1はこんな人におすすめ!

完全独立型デビューの人におすすめ

Apple(アップル) AirPods


出典:item.rakuten.co.jp

Apple AirPodsの人気の理由3つ

  1. Apple純正なのでiPhoneとの相性は抜群
  2. 充電ケースを使用した場合24時間以上のバッテリー駆動時間
  3. タップでSiriを利用できる

Apple AirPodsの音質と評価・レビュー

Apple純正ワイヤレスイヤホン

Apple純正のワイヤレスイヤホンです。iPhone専用に設計されているので相性は抜群です。1回の充電で5時間の連続再生が可能で、充電ケースを使用すると24時間以上の利用が可能となっています。たった15分の充電で3時間のバッテリー駆動時間があります。

Apple AirPodsはこんな人におすすめ!

iPhoneを使用している人におすすめ

EARIN M-1


出典:item.rakuten.co.jp

EARIN M-1の人気の理由3つ

  1. まるで耳栓のようなイヤホン
  2. 充電機能付きのキャリングケース付属
  3. つけていても目立たない小型設計

EARIN M-1のデメリット・短所

連続再生時間が約3時間と少し短め

EARIN M-1の音質と評価・レビュー

世界最小クラスの完全独立型イヤホン

世界最小レベルの完全独立型のイヤホンです。まるで耳栓のような大きさで重量も非常に軽く、長時間つけていても疲れにくいです。コンプライ社製のイヤーピースを使用しているので高い解像度のまま耳まで届けられます。イヤーフックも付属しているので、外れてしまいそうだと心配な方も安心して使用できます。

EARIN M-1はこんな人におすすめ!

近未来的なイヤホンを求めている方におすすめ

JBL E25BT


出典:item.rakuten.co.jp

JBL E25BTの人気の理由3つ

  1. 首元のマイク付き3ボタンリモコンで簡単に操作可能
  2. ファブリックケーブル採用で絡みづらい
  3. 最大約8時間使用可能な大容量バッテリー

JBL E25BTの音質と評価・レビュー

低価格ながらも高品質なサウンド

エントリーモデルながらもJBLが最も得意とする迫力のある低音を実現しています。2時間の充電で約8時間の連続使用が可能なので、長時間の通勤・通学でも電池切れを機にすることなく安心して使用できます。マイク付き3ボタンリモコン搭載で音量調節や通話、曲の操作が可能です。

JBL E25BTはこんな人におすすめ!

低価格で高い品質を求める人におすすめ

BOSE QuietControl 30


出典:item.rakuten.co.jp

QuietControl 30の人気の理由3つ

  1. 1回の充電で最大10時間の連続再生が可能
  2. ネックバンドで長時間使用でも快適
  3. ノイズキャンセリング機能搭載で周囲の騒音を軽減

QuietControl 30の音質と評価・レビュー

街中で音楽を楽しみたい人におすすめ

主に街中での使用を想定して設計されているので、ノイズキャンセリング機能で電車のアナウンスを聞き逃してしまうようなことはありません。ノイズキャンセリングのレベルを調節することが可能となっていて、ノイズキャンセリング機能をオフにして使用することもできます。1回の充電で最大10時間の連続再生が可能な大容量バッテリー搭載です。

QuietControl 30はこんな人におすすめ!

通勤や通学時に音楽を楽しみたい方におすすめ

Parasom(パラソム) A1


出典:item.rakuten.co.jp
3,000円以下カマボコBluetooth長時間再生リモコン

Parasom A1の人気の理由3つ

  1. ほとんどのスマートフォンに対応
  2. 金属パーツの使用でスタイリッシュなデザイン
  3. 低価格なのにエコーキャンセル機能搭載

Parasom A1の音質と評価・レビュー

エコーキャンセル機能搭載で通話が快適

低価格にも関わらずCVC6.0ノイズキャンセル(エコーキャンセル機能)搭載で自分の声の反響によって相手の声が聞き取りにくくなりづらいので、快適に通話が可能です。iPhoneやAndroid製品の殆どに対応しているリモコン付きです。ハウジング部分同士がマグネットでくっつくようになっているのでカバンの中で絡まったりしにくくなっています。

Parasom A1はこんな人におすすめ!

Bluetoothイヤホンを主に通話を目的に使用したい人におすすめ

ELECOM(エレコム) LBT-HPS03(Bluetooth)


出典:Amazon.co.jp

ELECOM LBT-HPS03の人気の理由3つ

  1. 着脱式イヤホン付属で片耳・両耳で使用可能
  2. 珍しい着脱式モデル
  3. 連続通話7時間、連続音楽再生6時間の大容量バッテリー搭載

ELECOM LBT-HPS03の音質と評価・レビュー

片耳でも両耳でも使用可能

他にはない片耳・両耳対応モデルです。着脱式のイヤホンを取り付けることで片耳イヤホンから両耳イヤホンに変わります。右耳と左耳の装着感が異なってしまうというのが難点ですが、珍しいものが好きな方にはおすすめです。

ELECOM LBT-HPS03はこんな人におすすめ!

他の人とは違ったイヤホンをつけたい人におすすめ

Bluetoothイヤホンのまとめ

Bluetoothイヤホンはコードの煩わしさを感じずにリスニングを楽しむことができる素晴らしいイヤホンです。ただ、もちろんデメリットも存在するので自分には有線タイプとBluetoothタイプのどちらが適しているのかを見極める必要があります。ぜひ、自分にあったイヤホンを見つけてください。

合わせて読みたいBluetoothイヤホンのおすすめ