じっくり読むと6分

おすすめのSSDを紹介していきます。お手頃な500GBから大容量1TBといった容量別、Mac用、Windows用などPC別、デスクトップ向け、ノート向け、外付けなどの接続方式別、PS4でも換装して使えるモデルや高速転送のM.2対応などの機能別、手頃な安いモデルからハイスペック高級モデルなど価格帯別に紹介します。




SSDとは

SSDとは「ソリッドステートドライブ」の略でハードディスクドライブと同様にデータやプログラムなどを記憶する装置です。
SSDは衝撃に強く、発熱が少ないので物理的に破損しにくく、データの読み書きの速度が早いのでパソコンの高速化も実現します。
また、サイズが小さいのでノートパソコンの薄型、軽量化に大きく貢献しているのが特徴です。
最近普及しだしたこともあり、まだまだ価格は高めですがメリットも非常に多いので今後の主流になること間違いなしでしょう。

SSDとHDDの違い

SSDとHDD、どちらもデータを記録する媒体ですが数多くの違いがあります。
まずHDDはCDのような回転する円盤にデータの読み書きを行っています。そのためサイズが大きく、また動作音もそれなりに発生します。
対してSSDはUSBメモリのように駆動部が存在しないため非常にコンパクトかつ静かです。
駆動部がないので熱を持ちにくく、消費電力も少ないのでいいことづくめですが、HDDに比べるとやや高価である点が気になります。
容量優先ならHDD、速度優先ならSSDと使い分けるとよいでしょう。

SSDのおすすめの容量は?

SSDにおすすめの容量ですが、大きければ大きいほどメリットも大きくなります。
大容量であれば容量を気にせず使えますし、容量に余裕がある方が動作も快適になりますので最低でも250GBクラスは欲しいところです。
その場合、大きめなデータは別途HDDで保存するといった使い分けも重要です。
しかし、容量の大きなSSDはかなりの高額になってしまうのでコストパフォーマンスを考えると500GBから1TBクラスがおすすめになります。

SSDの寿命は短い?長持ちのコツは?

SSDはデータを記録する「セル」の書き換え可能回数に制限があります。そのため、いつ壊れてしまうか心配になってしまいますね。
しかし、SSDの書き換え可能回数は非常に多く、あるサイトの検証によると700TB~1000TB分も書き換えが可能との結果でした。
これは1日10GBの書き換えを毎日した場合でも7万日、約190年もかかる計算です。ですのであまり寿命を気にする必要はないでしょう。
もし寿命を延ばしたいのであれば使用時間の削減や書き込み回数を減らすといった工夫が必要です。

SSDのメリット

SSDのメリットは、以下の3つです。

  • 壊れにくい
  • 速度が早い
  • 音が静か

壊れにくい

SSDはHDDと比べると駆動する部分がないので物理的に壊れにくいという点がメリットになっています。また、発熱も少ないので熱による破損も少なくなり、安全にデータを保存しておけるようになります。
衝撃にも強いのであやまって落としてしまった、といった場合にもHDDだと壊れてしまってデータも取り出せなくなるケースがありますがSSDであればそういった心配もありません。

速度が早い

SSDは読み込み、書き込みのスピードがHDDの約10倍速いと言われています。
そのためOSシステムをSSDに入れることで起動時間が格段に速くなるのでシステムはSSD、データ保管はHDDといったハイブリッドタイプもよく見かけるようになりました。
また、最近ではパソコンだけでなくPS4のHDDをSSDに換装し、ロード時間を短縮するといった技法もあり、幅広く活用され始めています。

音が静か

これもHDDと違い駆動する部分がないことで静音性を高めていて動作音は全くしません。
従来のHDDは円盤を回転させるため、かなりの音がしていましたがSSDはチップ形式なので音がしません。
USBメモリの音がしない原理と一緒と思っていただければイメージしやすいと思います。
夜、家族が寝た後にパソコンを利用したいといった場合には静音性が高いのは大きなメリットになります。

SSDのデメリット

SSDのデメリットは、以下の2つです。

  • 容量が少なめ
  • 価格が高い

容量が少なめ

デメリットとしてSSDは容量が少なめである、という点が挙げられます。
昨今HDDでは6TB、8TBといった大容量モデルが多く発売されていますがSSDの主流容量は250GB~1TBの範囲です。
以前に比べるとそれでも容量は増えてきていますがHDDと比較するとまだまだ少ないと言わざるを得ません。

価格が高い

もう1つのデメリットとして価格が高いという点も気になります。
HDDであれば8TBでさえ1万円台で購入可能なのですがSSDで同じ価格帯だと1TBが限界でしょう。
いくら普及してきたとはいえ今までのHDD市場に並ぶにはまだ時間がかかりそうです。
コストに見合うだけの性能は持っているので多少高くても速度を求める場合には必須ですのでよく考えて購入しましょう。

SSDのおすすめメーカー

SSDのおすすめメーカーは、以下の3つです。

  • インテル
  • サンディスク
  • トランセンド

インテル

インテルはアメリカに本社を置く半導体素子メーカーです。インテルは半導体メーカーの中でも世界1位の企業であり、その中での主力商品はパソコンのCPUです。
そのシェアは世界の80%と言われていて日本で発売されているメーカー製パソコンにはほとんどにインテル製のCPUが使われています。
SSDに関しては企業向けの大容量タイプから一般向けモデルまで幅広く取り扱っていて初めてSSDに換装するといった方にも安心しておすすめできるメーカーとなっています。

サンディスク

サンディスクはインテル同様アメリカに本社を置くフラッシュメモリの製造を中心に行っているメーカーです。
SDカードやUSBメモリなどのフラッシュドライブには高い評価を得ていて信頼できるメーカーとなっています。
SSDは外付けタイプが多いのですが防滴、防塵といったタフネスモデルもあるので丈夫なモデルが欲しい方におすすめのメーカーです。

トランセンド

トランセンドは台湾に本拠地を構える半導体メモリ製品をメインに取り扱っているメーカーです。
SSDは内蔵タイプと外付けタイプ両方取り扱っていて高品質の製品を提供することを目指しています。
特に耐久試験は振動耐性、高温・低音および高湿度での動作といった過酷な環境下での試験を行っているので品質管理には非常に力を入れているメーカーです。

SSDの選び方

SSDの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 内蔵タイプか外付けタイプか
  • 容量はどれくらい必要か
  • 外付けなら耐久性も見逃せない

内蔵タイプか外付けタイプか

SSDは内蔵タイプと外付けタイプの2種類ありますが、まずはどちらのタイプにするのかを決めましょう。
内蔵タイプはパソコンに取り付けてしまうので対応する端子が必要であることや取付作業が必要になるので大変な点はありますがデータの転送速度は外付けタイプよりも早くなっています。
対して外付けタイプは取り付けがUSBなどで簡単に行えるのが魅力ですが内蔵タイプよりもデータの転送速度が遅くなります。用途に合わせて選びましょう。

容量はどれくらい必要か

ストレージ容量は多い方がデータをたっぷり保存できたり動作が快適になったりとメリットが大きいのですが、どうしても価格が上がってしまうのが欠点です。
ですが、速度を向上させるためにOSを入れたいのであればそこまでの容量は不要です。
コストパフォーマンスを考えて自分にとってどれくらい必要なのかをしっかり考慮しましょう。

外付けなら耐久性も見逃せない

外付けのSSDを持ち運んで使いたい方には耐久面も考えておくとより安全に使うことができます。
データ管理機器において何よりも避けたいことはデータの消失です。特に外付けタイプは落下の危険性や屋外でのホコリ、雨など危険がいっぱいです。
モデルによっては防滴や防塵といった機能がついているのでデータ消失の可能性を下げることができます。普段の持ち歩きに使うのであれば耐久性は必ずチェックしておきましょう。

SSDのおすすめ10選

インテル SSDSC2KW256G8X1

インテル SSDSC2KW256G8X1の仕様・製品情報

容量256GB
接続方式SATA3
サイズ2.5インチ
重量68g

インテル SSDSC2KW256G8X1のおすすめポイント3つ

  1. 安心のインテル製
  2. 2.5インチSATA接続
  3. 手頃な価格

インテル SSDSC2KW256G8X1のレビューと評価

安心のインテル製SATAIII接続SSD

インテルから発売されている2.5インチSSDです。高品質なSSDが手頃な価格で購入することができます。
HDDから換装することで立ち上がりの速度も大幅に向上します。
用途に合わせた容量を選び、コストとのバランスを図ってみてください。

インテル SSDSC2KW256G8X1はこんな人におすすめ!

手頃なインテル製が欲しい人

インテル INT-SSDPEKKW512G8XT

インテル INT-SSDPEKKW512G8XTの仕様・製品情報

容量512GB
接続方式M.2
サイズ2.5 x 2.5 cm
重量45.4g

インテル INT-SSDPEKKW512G8XTのおすすめポイント3つ

  1. 安心のインテル製
  2. M.2接続で高速
  3. サポートも充実

インテル INT-SSDPEKKW512G8XTのレビューと評価

安心のインテル製M.2接続SSD

インテルから発売されているM.2接続方式のSSDです。高品質なSSDが手頃な価格で購入することができます。
SATAに比べてM.2は速度が早い点が特徴となっています。
用途に合わせた容量を選び、コストとのバランスを図ってみてください。

インテル INT-SSDPEKKW512G8XTはこんな人におすすめ!

転送速度の速いインテル製が欲しい人

サンディスク SDSSDH3-1T00-J25

サンディスク SDSSDH3-1T00-J25の仕様・製品情報

容量1TB
接続方式SATA3
サイズ2.5インチ
重量81.6g

サンディスク SDSSDH3-1T00-J25のおすすめポイント3つ

  1. 5年長期保証
  2. 2.5インチSATA接続
  3. 静音性が高い

サンディスク SDSSDH3-1T00-J25のレビューと評価

5年の長期保証で長く使える

サンディスクから発売されているSATA接続方式のSSDです。5年間の長期保証が付いているので長く使うことができます。
また、1TB大容量でありながら1万円台後半で購入できるのでコストパフォーマンスも高く仕上がっています。

サンディスク SDSSDH3-1T00-J25はこんな人におすすめ!

保証付きで長く使い続けたい人

サンディスク SDSSDXPM2-500G-G25

サンディスク SDSSDXPM2-500G-G25の仕様・製品情報

容量500GB
接続方式M.2
サイズ2.2 x 0.2 cm
重量40.8g

サンディスク SDSSDXPM2-500G-G25のおすすめポイント3つ

  1. 5年長期保証
  2. 高速なM.2接続
  3. 耐久性が高い

サンディスク SDSSDXPM2-500G-G25のレビューと評価

5年の長期保証で長く使える

サンディスクから発売されているM.2接続方式のSSDです。5年間の長期保証が付いているので長く使うことができます。
SATA接続タイプに比べると高めですが転送速度が早く、快適さをより重視するのであればこちらが良いでしょう。

サンディスク SDSSDXPM2-500G-G25はこんな人におすすめ!

快適さを最重視する人

サンディスク SDSSDE60-1T00-J25

サンディスク SDSSDE60-1T00-J25の仕様・製品情報

容量1TB
接続方式USB
サイズ9.6 x 5 cm
重量38.9g

サンディスク SDSSDE60-1T00-J25のおすすめポイント3つ

  1. 高速転送で使いやすい
  2. 手軽なUSB接続
  3. 耐久性が高い

サンディスク SDSSDE60-1T00-J25のレビューと評価

コンパクトで丈夫な外付けタイプ

サンディスクから発売されている外付け用のSSDです。
優れた高速データ転送性能を誇り、写真や動画をサクサク保存することができます。
持ち運びを前提としているのでIP55規格に対応しており、水や粉じん、衝撃にも強い設計となっています。

サンディスク SDSSDE60-1T00-J25はこんな人におすすめ!

丈夫で高速な外付け用デバイスが欲しい人

トランセンド TS240GSSD220S

トランセンド TS240GSSD220Sの仕様・製品情報

容量240GB
接続方式SATA3
サイズ2.5インチ
重量59g

トランセンド TS240GSSD220Sのおすすめポイント3つ

  1. 省電力タイプ
  2. 2.5インチSATA接続
  3. 優れたパフォーマンス

トランセンド TS240GSSD220Sのレビューと評価

お手頃価格で始められるSATA接続タイプ

トランセンドから発売されているSATA接続方式のSSDです。容量は240GBと少なめですが5,000円台で購入できるのでSSDをまずは使ってみたいという人におすすめです。
省電力モードでは消費電力を抑えてくれ、復帰も速いのでストレスを感じません。

トランセンド TS240GSSD220Sはこんな人におすすめ!

初めてのSSDを導入したい人

トランセンド TS240GESD220C

トランセンド TS240GESD220Cの仕様・製品情報

容量240GB
接続方式USB
サイズ5.6 x 1 cm
重量52g

トランセンド TS240GESD220Cのおすすめポイント3つ

  1. お手頃価格
  2. 手軽なUSB接続
  3. コンパクトサイズ

トランセンド TS240GESD220Cのレビューと評価

シンプルながら携帯性に優れる外付けタイプ

トランセンドから発売されている外付け用のSSDです。
その大きさはクレジットカードと同じくらいのサイズなので非常にコンパクトな仕上がりになっています。
換装できないノートPCなどでも利用可能なため、幅広い活躍が見込めます。

トランセンド TS240GESD220Cはこんな人におすすめ!

コンパクトで携帯しやすいモデルが欲しい人

シリコンパワー SP512GBSS3A55S25

シリコンパワー SP512GBSS3A55S25の仕様・製品情報

容量512GB
接続方式SATA3
サイズ2.5インチ
重量63.5g

シリコンパワー SP512GBSS3A55S25のおすすめポイント3つ

  1. 不良ブロックを監視
  2. 2.5インチSATA接続
  3. サポートソフトウェアもある

シリコンパワー SP512GBSS3A55S25のレビューと評価

高品質と高コストパフォーマンスを兼ね備えたモデル

シリコンパワーから発売されているSATA接続方式のSSDです。特徴として不良ブロックの管理機能があり、不良ブロックを置き換えることで長期寿命と良好な状態を維持してくれます。
専用ソフトウェアを使えば管理もしやすいので使い勝手も抜群です。

シリコンパワー SP512GBSS3A55S25はこんな人におすすめ!

お任せで長く使いたい人

シリコンパワー SP480GBSS3M55M28

シリコンパワー SP480GBSS3M55M28の仕様・製品情報

容量480GB
接続方式M.2
サイズ0.1 x 0.2 cm
重量18.1g

シリコンパワー SP480GBSS3M55M28のおすすめポイント3つ

  1. M.2準拠サイズ
  2. 高速なM.2接続
  3. 自動エラー訂正

シリコンパワー SP480GBSS3M55M28のレビューと評価

最大560MB/sの高速転送モデル

シリコンパワーから発売されているM.2接続方式のSSDです。
560MB/sの高速転送でSATA接続方式よりもより早くデータの転送が可能です。
自動でエラーを訂正してくれる機能もあるので安心です。

シリコンパワー SP480GBSS3M55M28はこんな人におすすめ!

快適さを常に維持したい人

シリコンパワー SPA512GPSB10K

シリコンパワー SPA512GPSB10Kの仕様・製品情報

容量512GB
接続方式USB
サイズ14.2 x 10.8 x 2.4 cm
重量25g

シリコンパワー SPA512GPSB10Kのおすすめポイント3つ

  1. 重さはわずか25g
  2. 手軽なUSB接続
  3. 不良データに強い

シリコンパワー SPA512GPSB10Kのレビューと評価

重さはわずか25gの外付けタイプ

シリコンパワーから発売されている外付け用のSSDです。
一番の特徴はわずか25gの最軽量モデルである点です。名刺サイズよりも小さく、ポケットに入れても気にならない大きさです。
また、データ不良や破損があった場合も保護をしてくれるので長寿命を可能しています。

シリコンパワー SPA512GPSB10Kはこんな人におすすめ!

超軽量で常に持ち歩く人

まとめ

おすすめのSSDを紹介してきました。内蔵タイプか外付けタイプかで用途は大きく変わりますがご自身の使い勝手に合わせたモデルを選ぶようにしましょう。また、メーカーによっても特色があるのでぜひお気に入りを見つけてみてください。