今回はおすすめの電子マネー最強ランキング5選(2019年版)をApple(iPhone)や楽天、ペイペイ(PayPay)などサービス提供会社別、交通機関ICやショッピングICなど種類別、プリペイド型やデビット型など形式別、ショッピング好きの方におすすめのサービスや交通機関を使う方におすすめのサービス、コンビニを使う方におすすめのサービスなど特徴別にご紹介します。




電子マネーの種類

プリペイド型

プリペイド型の電子マネーは、カードを使って事前にお金をチャージしておくタイプの電子マネーです。プリペイド型の電子マネーは、利用する前に入金する手間がかかりますが、クレジットカードのように使いすぎたり、紛失した際に高額な不正利用をさせる心配がありません。

プリペイド型の電子マネーはチャージしている金額を把握しておかなければいけないから面倒だと考える方は、クレジットカードと連動する「オートチャージ」可能なタイプがおすすめです。

「オートチャージ」可能なプリペイド型電子マネーであれば、残高不足時にクレジットカードから自動でチャージされる仕組みになっています。

ポストペイ型

ポストペイ型の電子マネーは、使用した金額が後から請求されるタイプの電子マネーです。ポストペイ型の電子マネーは、プリペイド型の電子マネーのように事前にチャージしておく手間が必要なく、チャージしている金額が不足するようなこともありません。

ただし、ポストペイ型の電子マネーで使用した金額は、クレジットカードで利用した金額と一緒に正キュされるので、クレジットカード所有でなければ発行できないというデメリットがあります。

電子マネーのメリット、おすすめポイント

電子マネーのメリット、おすすめポイントは、以下の3つです。

  • ポイントサービスがお得
  • お金の支払いがスムーズ
  • スマホ決済で使える

ポイントサービスがお得

多くの電子マネーにはポイントサービスがあります。WAONであれば200円使用ごとに1ポイント、nanacoであれば100円使用ごとに1ポイントが付与されます。貯まったポイントは電子マネーに交換できるので、ふたたび使うことが可能です。

普段からよく利用する店舗やサービスに対応した電子マネーを所有することで、ポイントをお得に貯めることができます。

お金の支払いがスムーズ

商品を購入する際やサービスを利用する際には、現金で支払うよりも電子マネーで支払う方がスムーズです。電子マネーを使用すれば、財布の中の小銭を探したりお釣りを受け取る手間が省けます。

また交通系の電子マネーであるSuicaやPASMOを使用すれば、電車やバスなどを利用する際にもカードをタッチするだけで支払いを済ますことができます。

スマホ決済で使える

スマホ決済は、商品を購入した際にスマホをタッチするだけで支払いを済ますことができ、クレジットカードで使用した料金や携帯料金の支払と一緒に後から請求されるサービスです。

iDやQUICPay、PayPay、LINE Payといった電子マネーは、スマホ決済に利用することができます。電子マネーの種類によっては、事前にチャージしておいたお金でスマホ決済を行うことが可能になります。

AndroidやiPhoneといったモバイル端末は常時持ち歩くアイテムなので、スマホ決済&電子マネーを利用することで買い物が一気にスムーズになります。

電子マネーを選ぶときに注目したい機能・性能

電子マネーを選ぶときに注目したい機能・性能は、以下の3つです。

  • ショッピングに使える機能
  • 交通機関の利用料金支払い機能
  • 後払い&チャージ機能

ショッピングに使える機能

電子マネーの利用で最も多いのはショッピングで利用です。ただし、電子マネーの種類によって使用できるお店の種類が異なるので注意が必要です。例えばWAONはイオングループが発行する電子マネーですが、イオンの他にもミニストップやローソンなどでも使えます。

ドコモが発行するiDや楽天が発行する楽天Edyは、使える店舗が多く便利です。自分がよく使用する店舗がどの電子マネーに対応しているのかチェックすれば、最も便利に使用できる電子マネーが何であるかわかりやすいでしょう。

交通機関の利用料金支払い機能

交通機関が発行する電子マネーは、交通機関利用時に便利です。交通系の電子マネーを使用することで、改札を通る際などにカードをタッチするだけで支払いが行われるので切符を購入する必要もなくなります。

また、SuicaやPASMOといった電子マネーは、使える店舗も数多く存在するので、ショッピングの際にも利用することができます。

後払い&チャージ機能

前述したように電子マネーにはプリペイド型とポストペイ型が存在します。先にお金をチャージしておいてから使うプリペイド型と、使った金額が後から請求されるポストペイ型ですが、電子マネーの中には両方の機能を備えているタイプも存在します。

ドコモが発行するiDは、クレジットカードと連動させてポストペイ型電子マネーとしても使えますし、必要な分だけチャージしておいてプリペイド型としても使用できます。

プリペイド型とポストペイ型の電子マネーには、それぞれメリット・デメリットがあるので、しっかりとした金銭感覚のあるからであれば、両方の機能を備えたタイプを使用して、しっかりとお金を管理する方法もおすすめです。

電子マネーのおすすめ最強ランキングベスト5選

第1位:ペイペイ(PayPay)

(出典:https://paypay.ne.jp/)

公式サイトで利用を始める

ペイペイ(PayPay)の料金・詳細情報

発行元 PayPay株式会社
種類 スマホQRコード系
形式 おサイフケータイ、iPhone
チャージ方法 銀行口座、クレジットカード、Yahoo!マネーなど
主な使用可能先 DIESEL、HIS、コンビニ(ファミリーマート、ミニストップ、ポプラ)、パソコン工房、LIBRO、眼鏡市場、魚民、白木屋、ビッグカメラなど

ペイペイ(PayPay)のメリット

PayPayは「QR決済」と呼ばれる支払方法で話題になった電子マネーです。PayPayは、店舗に設置されたQRコードを読み取って金額を入力する方法と、スマホに表示されるバーコードを店舗側に読み取ってもらう方法の2種類で決済を行います。

PayPayはスマホ1つで簡単に買い物ができる点がメリットで、店舗側にとっても手数料がかからないことや初期費用が安いといったメリットがあるので、今後急速に普及する可能性もあります。

ペイペイ(PayPay)のデメリット

PayPayは他の電子マネーと比べて歴史が浅いので、使用できる店舗が少なめです。コンビニはセブンイレブンやローソンで使用できませんし、イトーヨーカードーやイオンにも対応していません。

PayPayが使用できる店舗は日に日に増加していますが、自分の行くショップで使用できるか否かをチェックしておきましょう。また前述したようにPayPayの決済方法には2つの種類があり、スマホやアプリの操作が必要になるので、使い方を覚えておいた方がよいでしょう。

ペイペイ(PayPay)はこんな人におすすめ!

PayPayはスマホで電子マネーを使用したい方におすすめです。

第2位:スイカ(Suica)

(出典:https://www.jreast.co.jp/suica/)

公式サイトで利用を始める

スイカ(Suica)の料金・詳細情報

発行元 JR東日本、東京臨海高速鉄道、東京モノレール
種類 交通系
形式 カード型、クレジットカード一体型、モバイルSuica
チャージ方法 駅券売機、クレジットカード、オートチャージ(クレジットカード一体型のみ)、コンビニなど
主な使用可能先 北海道から九州までの各エリアにおける鉄道・バス、KIOSK、コンビニ、イオン、イトーヨーカドー、ドンキホーテ、ガスト、ケンタッキー、吉野家、マクドナルド、紀伊国屋書店、スギ薬局、ビッグカメラ、ANA、ヤマト運輸、Google Pay、Apple Payなど

スイカ(Suica)のメリット

Suicaのメリットは何と言っても電車やバスで使用できることです。駅改札でSuicaをかざすだけで電車に乗ることができるので交通機関を頻繁に利用する方であればとても便利です。

Suicaはプリペイド型の電子マネーですが、クレジットカードと一体となった「ビュー・スイカ」であればオートチャージにも対応しています。またモバイルSuicaと呼ばれるタイプであれば、スマホでSuicaを使用することができます。モバイルSuicaはApple Payにも対応してるので、iPhoneで使用できる点も便利です。

スイカ(Suica)のデメリット

Suicaは交通機関の利用を考慮した電子マネーであるため、電車やバスを利用しない方にとってはメリットが少なくなります。

交通機関を利用しない方であっても、Suicaを利用して店舗で買い物は行えますし、スマホと連動させることも可能ですが、スムーズに交通機関を利用できる点や駅券売機でのチャージができる点などのメリットが得られなくなり、他の電子マネーと変わらなくなってしまいます。

スイカ(Suica)はこんな人におすすめ!

Suicaは頻繁に電車やバスを使用される方におすすめです。

第3位:ナナコ(nanaco)

(出典:https://www.nanaco-net.jp/)

公式サイトで利用を始める

ナナコ(nanaco)の料金・詳細情報

発行元 セブン・アイ&ホールディングス
種類 ショッピング系
形式 カード型、クレジットカード一体型、おサイフケータイ
チャージ方法 店頭、セブン銀行、クレジットカード、オートチャージ(ギフトカード)など
主な使用可能先 セブンイレブン、イトーヨーカドー、デニーズ、マクドナルド、ミスタードーナツ、Loft、アカチャンホンポ、スギ薬局、ビッグカメラ、エッソ、ラウンド1、ヤマト運輸など

ナナコ(nanaco)のメリット

nanacoの最大のメリットは税金の支払いに使用できることです。nanacoは税金を支払うことができる唯一の電子マネーなので、自営業をされている方や経営者の方であれば、クレジットカードからnanacoへチャージしてポイントを稼ぎ、税金の支払いに利用するといったお得な使い方ができます。

また、nanacoはセブン・アイ&ホールディングスが発行する電子マネーなので、イトーヨーカードやセブンイレブンで頻繁に買い物をする方はポイントが貯まりやすくなります。

ナナコ(nanaco)のデメリット

nanacoはsuicaのように交通機関の利用はできません。nanacoはショッピング系の電子マネーなので、電車やバスを頻繁に使う方は他の交通系電子マネーの方がメリットがあります。

nanacoには「セブンカード・プラス」と呼ばれるクレジットカード一体型の電子マネーがありますが、チャージした際のポイント還元率が0.5%しかありません。ポイント還元率を高くしたい方は、カード型や「nanaco モバイル」と共に他のクレジットカードを使う手間が出てきます。

ナナコ(nanaco)はこんな人におすすめ!

nanacoは税金の支払いを電子カードでしたい方におすすめです。

第4位:クイックペイ(QUICKPay)

(出典:https://www.quicpay.jp/)

公式サイトで利用を始める

クイックペイ(QUICKPay)の料金・詳細情報

発行元 JCB
種類 クレジットカード系
形式 カード型、クレジットカード一体型、キーホルダー型、nanaco一体型、おサイフケータイ、iPhone
チャージ方法 なし
主な使用可能先 コンビニ、イオン、イトーヨーカドー、ガスト、アップルストア、マクドナルド、各タクシー会社、スギ薬局、ビッグカメラ、ユニクロ、エネオス、TSUTAYA、Loft、USJなど

クイックペイ(QUICKPay)

QUICKPayはクレジットカード会社として知られる国際ブランドであるJCBが発行する電子マネーです。QUICKPayは料金を後払いするポストペイ型の電子マネーであり、クレジットカードのように使用できます。

QUICKPayはクレジットカードのように便利に使え、サインや店員への手渡しといった手間もひつようありません。QUICKPayにはクレジットカード一体型が存在するので、高額な物を購入する際はクレジットカードを使用し、普段の買い物はQUICKPayで行うといった使い分けを1枚のカードで行うことが可能です。

クイックペイ(QUICKPay)

QUICKPayを発行するには、クレジットカードが必要となります。クレジットカード一体型のQUICKPayを発行するか、所有しているクレジットカードの追加としてQUICKPayを発行しないと使用することができません。

クレジットカードを所有していない方は、QUICKPayを発行することはできないので注意しましょう。また、QUICKPayを追加発行できるクレジットカードには種類があるので注意しましょう。

クイックペイ(QUICKPay)はこんな人におすすめ!

QUICKPayはクレジットカードと同じよう電子マネーを使いたい方におすすめです。

第5位:楽天エディ(楽天Edy)

(出典:https://edy.rakuten.co.jp/)

公式サイトで利用を始める

楽天エディ(楽天Edy)の料金・詳細情報

発行元 楽天グループ
種類 ショッピング系
形式 カード型、クレジットカード一体型、おサイフケータイ、iPhone
チャージ方法 店頭、クレジットカード、銀行口座(おサイフケータイEdyのみ)、オートチャージ(おサイフケータイEdyのみ)など
主な使用可能先 コンビニ、イトーヨーカドー、amazon、楽天市場、TSUTAYA、TOWER RECORDS、GAP、ガスト、ケンタッキー、吉野家、マクドナルド、紀伊国屋書店、スギ薬局、ビッグカメラ、エッソ、ANA、ヤマト運輸など

楽天エディ(楽天Edy)のメリット

楽天Edyのメリットは加盟店数が多いことにあります。楽天Edyの加盟店数はiDに次いで第2位で、数十万店のショップが加盟しています。また、楽天Edyはamazonや楽天市場といったネット通販でも幅広く使用できるメリットがあります。

楽天Edyには通常のカード型の他、クレジットカード一体型やスマホ・iPhoneを利用したおサイフケータイ型などの種類が選べます。「おサイフケータイEdy」であれば銀行口座やオートチャージにも対応しており、クレジット一体型であればクレジットカードからの入金が可能で、店頭で入金する手間を省けます。

楽天エディ(楽天Edy)のデメリット

楽天Edyへのチャージをクレジットカードで行えば、クレジットカードのポイントと楽天Edyを使用した際のポイントの2つを得ることができます。しかし、楽天Edyへのチャージをクレジットカード以外で行った場合には、当然ながら楽天Edyで買い物をした際のポイントしかえることができません。

楽天Edyのショッピングでのポイントは200円ごとに1ポイントなので、他の電子マネーと比べて特別に高いものではありません。楽天のクレジットカードを初め、その他の楽天グループサービスを使用している方でなければ、ポイントが貯まりにくいデメリットがあります。

楽天エディ(楽天Edy)はこんな人におすすめ!

楽天Edyは電子マネーをネット通販で使用したい方におすすめです。