今回はおすすめのAndroid対応スマートウォッチ8選(2019年版)をソニーやカシオ、ガーミンなどのメーカー別、コスパにすぐれた安いモデルやデザイン性の高いおしゃれなモデル、通話ができるモデル、googlepayで電子マネーが利用できるWear OS by Google対応モデル、ゴルフ愛好家におすすめのモデルなど特徴別にご紹介します。

Android対応スマートウォッチとは

Android対応スマートウォッチとは、「Wear OS by Google(Android Wear)」と呼ばれるGoogleが開発したスマートウォッチ向けAndroidベース OS搭載している時計のことをいいます。

Android対応スマートウォッチはAndroidスマホと連動させて使用するので、メールや着信の通知機能を搭載している他、音声通話に対応したモデルもあります。Wear OS by Googleを搭載したスマートウォッチは、画面タップや手首の動き、音声入力などで操作し、「Wear OS by Google」向けのアプリ(Google Map・Google Fit)などが使用できる他、Google Payの利用ができます。

Android対応スマートウォッチの注目したい機能・性能

Android対応スマートウォッチの注目したい機能・性能は、以下の4つです。

  • Google Pay対応機能
  • スマホ連動機能
  • 音楽保存機能
  • 心拍計機能

Google Pay対応機能

Google Payが利用できるAndroid対応スマートウォッチは、Googleアカウントを取得することで利用可能になる様々な支払方法を使える機能です。Google Pay機能を搭載したAndroid対応スマートウォッチは、suicaや楽天Edyなどの電子マネーを使用することができる他、登録したクレジットカードも使用できます。

Google Payに対応している店舗であれば、登録した電子マネーやクレジットカードを利用してAndroid対応スマートウォッチをタッチするだけで買い物を完了させることができます。

スマホ連動機能

Android対応スマートウォッチは、基本的にスマホと連動させて使用します。スマホにメールや着信、LINEなどが届いた際にAndroid対応スマートウォッチに通知してくれる機能の他、メッセージの確認を行えるモデルもあります。

また、音声通話が可能なAndroid対応スマートウォッチであれば、スマホを取り出すことなく電話に出てハンズフリー通話することもできるようになります。

音楽保存機能

Android対応スマートウォッチには、ウォークマンやスマホのように音楽を本体に保存しておけるモデルがあります。Android対応スマートウォッチにお気に入りの音楽を保存しておけば、散歩やランニングの際にBluetooth対応のイヤホン・ヘッドホンと腕時計を持参するだけで屋外での音楽鑑賞が可能になります。

心拍計機能

Android対応スマートウォッチには、心拍計の機能を搭載したモデルがあります。Android対応スマートウォッチを腕に装着しておけば、ランニングなどのスポーツを行った際の心拍を確認することができ、負荷を調節しながら運動を行えるようになります。

また、Android対応スマートウォッチには、歩数計や活動量計などが搭載されているモデルもあるので、ダイエットや健康のために定期的な運動をされている方におすすめです。

Android対応スマートウォッチのおすすめメーカー

Android対応スマートウォッチのおすすめメーカーは、以下の3つです。

  • カシオ(CASIO)
  • ソニー(SONY)
  • ガーミン(Garmin)

カシオ(CASIO)

G-SHOCKで有名なカシオのAndroid対応スマートウォッチは、アウトドアに最適なモデルが数多くラインナップされています。カシオのAndroid対応スマートウォッチは、ランニングやフィットネスの他、ゴルフをする際に装着して運動量などを計測するのがおすすめです。

また、カシオのAndroid対応スマートウォッチは、防水や防塵機能を搭載してるモデルも多く、耐久性が高い点も魅力的です。

ソニー(SONY)

ソニーはAndroid対応スマートウォッチを数多く製造しているメーカーの1つです。ソニーのAndroid対応スマートウォッチはラインナップが豊富で、Google Pay機能対応モデルや手首の動きで操作ができるモデルなど、様々な特徴をもったモデルが製造されています。

ソニーのAndroid対応スマートウォッチは、モデルによってデザインも様々なので使用する目的や場所にあわせたモデルを選択することができます。

ガーミン(Garmin)

ガーミンのAndroid対応スマートウォッチは、すぐれたGPS機能を搭載していることで有名です。ガーミンのAndroid対応スマートウォッチは、高性能なGPS機能を搭載していることは共通しながらも、音楽鑑賞に最適なモデルやアウトドアに最適なモデル、スポーツに最適なモデルなど様々なシリーズが製造されています。

Android対応スマートウォッチの選び方

Android対応スマートウォッチの選び方を以下の4つのポイントから解説します。

  • デザインで選ぼう
  • 使用用途で選ぼう
  • Bluetoothのバージョンで選ぼう
  • 搭載センサーの種類で選ぼう

デザインで選ぼう

Android対応スマートウォッチのデザインはモデルによって様々です。スポーツウォッチのようなデザインをもつモデルや冠婚葬祭にもつけていけるデザインのモデル、ビジネスシーンにマッチするモデルなど、多種多様なAndroid対応スマートウォッチが存在します。

自分が使用するシーンにマッチするデザインをもったAndroid対応スマートウォッチを選択するとよいでしょう。

使用用途で選ぼう

Android対応スマートウォッチをどのように使いたいかで選択すべきモデルが違ってきます。スポーツ時に運動量を計測したい場合やスケジュールの管理を行いたい場合、ハンズフリー通話用に使用したい場合など、使用用途に応じてAndroid対応スマートウォッチが搭載しておくべき機能が異なります。

自分が使用する用途に必要な機能を考慮し、充分なスペックをもったAndroid対応スマートウォッチを選択するようにしましょう。

Bluetoothのバージョンで選ぼう

Android対応スマートウォッチが対応しているBluetoothのバージョンをチェックしましょう。多くのAndroid対応スマートウォッチは、スマホとの接続をBluetoothで行います。スマホの機種によっては、Android対応スマートウォッチのBluetoothバージョンとあわない場合があるので注意しましょう。

搭載センサーの種類で選ぼう

Android対応スマートウォッチが搭載しているセンサーの種類をチェックしましょう。健康管理や運動量の計測ができるAndroid対応スマートウォッチですが、搭載しているセンサーによって計測できる対象が違ってきます。

Android対応スマートウォッチで健康管理をしたいのであれば心拍センサーが必須ですし、スポーツ時の運動量を計測したい場合は加速度センサーが必要となってきます。購入前にAndroid対応スマートウォッチに搭載されている計測機能やセンサーの種類を把握しておくとよいでしょう。

Android対応スマートウォッチのおすすめ最強ランキング8選

Android対応スマートウォッチのおすすめ最強ランキング8選を紹介します。

カシオ(CASIO) PRO TREK Smart WSD-F30 腕時計 スマートアウトドアウォッチ プロトレックスマート GPS搭載

カシオ(CASIO) PRO TREK Smart WSD-F30の仕様・製品情報

価格54,909円(2019年10月29日時点)
サイズ約60.5×53.8×14.9mm
重量約83g
OSWear OS by Google
電池寿命約1.5日
充電時間約3時間
無線Wi-Fi/Bluetooth V4.1
センサー圧力(気圧/高度)センサー/加速度センサー/ジャイロセンサー/方位(磁気)センサー

カシオ(CASIO) PRO TREK Smart WSD-F30のおすすめポイント3つ

  • 鮮やかな有機ELディスプレイ
  • アウトドアに最適な高耐久性仕様
  • オフラインでも現在地の確認可能

カシオ(CASIO) PRO TREK Smart WSD-F30のレビューと評価

アウトドアに最適な高い耐久性を備えたスマートウォッチ

カシオ PRO TREK Smart WSD-F30は、アメリカ国防総省が制定する耐久試験「MIL-STD-810G」に準拠した耐久性能に優れたスマートウォッチです。本体にGPSを内蔵しているので、時計単体でも安定した位置情報の受信が可能です。

カシオ(CASIO) PRO TREK Smart WSD-F21HR

カシオ(CASIO) PRO TREK Smart WSD-F30の仕様・製品情報

価格48,680円(2019年10月29日時点)
サイズ約61.7×57.7×16.8mm
重量約81g
OSWear OS by Google
電池寿命約1.5日(ランニング/トレイルランニング時 最大20時間)
充電時間約2.5時間
無線Wi-Fi/Bluetooth V4.2
センサー光学式(心拍計)センサー/圧力(気圧/高度)センサー/加速度センサー/ジャイロセンサー/方位(磁気)センサー

カシオ(CASIO) PRO TREK Smart WSD-F30のおすすめポイント3つ

  • 心拍計測機能搭載
  • GPS機能+カラー地図表示機能搭載
  • タッチしやすい1.32インチの大画面ディスプレイ

カシオ(CASIO) PRO TREK Smart WSD-F30のレビューと評価

光学式センサーによる心拍計測機能を搭載したスマートウォッチ

カシオ PRO TREK Smart WSD-F30は、心拍計測機能やGPS機能、カラー地図表示機能が搭載されているので、ランニング時につけるスマートウォッチとしておすすめです。内蔵されている加速度センサーが、動きを感知すると自動で心拍の計測を開始してくれるので、計り忘れがなく便利です。

ポラール(POLAR) M600 スポーツ用スマートウォッチ

ポラール(POLAR) M600の仕様・製品情報

価格40,480円(2019年10月29日時点)
サイズ約45×36×13mm
重量約63g
OSWear OS by Google
電池寿命約2日(トレーニング 8時間)
充電時間非公開
無線Wi-Fi/Bluetooth 4.2
センサー6LEDの光学式心拍計/加速度センサー/ジャイロスコープ/環境光センサー

ポラール(POLAR) M600のおすすめポイント3つ

  • フィットネス&スポーツ向け
  • IPX8相当の防水性能
  • 4GBの内蔵ストレージに音楽保存可能

ポラール(POLAR) M600のレビューと評価

フィットネス&スポーツなどトレーニングに最適なスマートウォッチ

ポラール M600は、フィットネス&スポーツ向けに設計された防水仕様のスマートウォッチです。独自の手首型心拍計を備えているだけでなく、4GBの内蔵ストレージを備えているので、スマホなしでも音楽を聴きながらのトレーニングが可能です。

ファーウェイ(HUAWEI) WATCH GT スマートウォッチ GPS内蔵 気圧高度計 iOS/Android対応

ファーウェイ(HUAWEI) WATCH GTの仕様・製品情報

価格20,108円(2019年10月29日時点)
サイズ約46.5×54.2×10.6mm/ベルト幅:約22mm/手首周り:約140~210mm
重量約46g(ベルト含まず)
OSWear OS by Google
電池寿命約2週間(GPS使用 約22時間)
充電時間非公開
無線Bluetooth 4.2
センサー気圧センサー/加速度センサー/ジャイロセンサー/磁気センサー(コンパス)/光学式心拍センサー(高精度分離型PPG)/環境光センサー

ファーウェイ(HUAWEI) WATCH GTのおすすめポイント3つ

  • コストパフォーマンス抜群
  • 上品で洗練されたデザイン
  • 昼夜を問わず心拍数を計測できる

ファーウェイ(HUAWEI) WATCH GTのレビューと評価

睡眠時の心拍も計測できるスマートウォッチ

ファーウェイ WATCH GTは、独自のセンサーとAIアルゴリズムを組み合わせた「HUAWEI TruSeen3.0」によって、昼夜を問わず心拍の計測ができます。数種類のカラーやデザインが用意されているので、好みにあわせて違うモデルが選択できる点も魅力です。

mobvoi TicWatch E2 スマートウォッチ Google Wear OS GPS 心拍計搭載 5ATM防水&水泳対応 多機能 フィットネス 腕時計 iPhone&Android対応

mobvoi TicWatch E2の仕様・製品情報

価格19,349円(2019年10月29日時点)
サイズ約46.9×52.2×12.9mm/ベルト幅:約22mm
重量非公開
OSWear OS by Google
電池寿命約2日
充電時間非公開
無線Wi-Fi/Bluetooth V4.1
センサー加速度センサー/ジャイロスコープ/方位(磁気)センサー/心拍センサー/低遅延オフボディセンサー

mobvoi TicWatch E2のおすすめポイント3つ

  • 水深50mに耐える防水機能
  • 24時間の心拍数モニターが可能
  • シリコン製バンドで快適な装着感

mobvoi TicWatch E2のレビューと評価

水泳やサーフィンに最適な防水スマートウォッチ

mobvoi TicWatch E2は、50mの深さにまで耐えられる高い防水性能を備えているので、水泳やサーフィン時の着用に最適なスマートウォッチです。最長で2日間のバッテリー駆動が可能なので、頻繁な充電を煩わしく感じる方にもおすすめです。

サムスン電子(Samsung) Galaxy Watch 46mm スマートウォッチ iOS/Android対応 SM-R80010118JP

サムスン電子(Samsung) Galaxy Watchの仕様・製品情報

価格36,505円(2019年10月29日時点)
サイズ約46×49×13mm/ベルト幅:約22mm
重量約63g(ストラップ除く)
OSTizen Based Wearable OS 4.0
電池寿命非公開
充電時間非公開
無線Wi-Fi/Bluetooth 4.2
センサー心拍センサー/加速度センサー/ジャイロセンサー/環境光センサー/気圧センサー

サムスン電子(Samsung) Galaxy Watchのおすすめポイント3つ

  • ワイヤレス充電に対応
  • 女性らしいカラーモデル有り
  • 10時間先までのスケジュール表示が可能

サムスン電子(Samsung) Galaxy Watchのレビューと評価

ワイヤレス充電に対応したスマートウォッチ

サムスン電子 Galaxy Watchは、ワイヤレス充電に対応しており、付属の充電ドックに置くだけで充電ができます。カラーラインナップは、シルバーとミッドナイトブラックのほか、ローズゴールドも用意されているので、女性にもおすすめです。

ガーミン(GARMIN) fenix 5X Plus Sapphire Black

ガーミン(GARMIN) fenix 5X Plus Sapphire Blackの仕様・製品情報

価格136,426円(2019年10月29日時点)
サイズ約51×51×17.5mm/ベルト幅:約26mm
重量約96g
OS非公開
電池寿命約18日(GPS+光学心拍計 最大30時間)
充電時間非公開
無線Wi-Fi/Bluetooth
センサー気圧高度計/コンパス/温度計/加速度センサー/ジャイロスコープ/Garmin Elevateリスト型心拍数計

ガーミン(GARMIN) fenix 5X Plus Sapphire Blackのおすすめポイント3つ

  • マルチスポーツ対応スマートウォッチ
  • 時計本体に最大500曲の音楽保存可能
  • Garmin Payで簡単支払い可能

ガーミン(GARMIN) fenix 5X Plus Sapphire Blackのレビューと評価

マルチスポーツ対応のハイスペックスマートウォッチ

ガーミン fenix 5X Plus Sapphire Blackは、スイミング・ランニング・サイクリング・ゴルフなど、マルチスポーツに対応するスマートウォッチです。また、デジタルウォレット機能も搭載されているので、対応店舗であれば、おサイフケータイのように本製品を使用することができます。

ソニー(SONY) SmartBand Talk SWR30 Bluetooth リストバンド型活動量計

ソニー(SONY) SmartBand Talk SWR30の仕様・製品情報

価格19,980円(2019年10月29日時点)
サイズ約22.3×47.5×9.5mm/手首周り:約255mm(Lサイズ)・約232mm(Sサイズ)
重量約26g(Lサイズ)/約24g(Sサイズ)/約12g(コアのみ)
OS非公開
電池寿命約3日
充電時間非公開
無線Bluetooth 3.0
センサー加速度センサー

ソニー(SONY) SmartBand Talk SWR30のおすすめポイント3つ

  • ハンズフリー通話対応
  • ボイスコントロール機能搭載
  • シンプルなリストバンドデザイン

ソニー(SONY) SmartBand Talk SWR30ビューと評価

マイク内蔵でハンズフリー通話が可能

ソニー SmartBand Talk SWR30は、本体にマイクを内蔵しているので、スマホと連携しておけばハンズフリー通話にも対応できます。電話への応対や発信、スケジュールの管理、タイマー設定などは音声で簡単に操作できる点も便利です。