AKGヘッドホンの特徴とおすすめを評価とともに10選紹介します。低価格、高級、Bluetooth、ケーブル着脱可能、けいおん!で使われていた製品から密閉型まで、幅広く紹介します。




AKGのヘッドホンの特徴3つ

AKGはオーストリアのウィーンで設立された音響機器メーカーです。
レコーディング・スタジオなどプロの現場でも使用され、その音質は絶賛されています。

音の解像度が高い

高解像度でとてもクリアな音を再生するのがAKGの特徴のひとつです。

ヘッドホンなどの場合に使われる解像度とは、どれくらいの音の情報が聞こえてくるか、どのくらい精細かを表します。解像度が高いと、全体としてクリアで透き通って聞こえてきます。これが「高音質」に繋がってきます。
高解像度のヘッドホンで音楽を聞くと、低解像度のもので聞いたときには気が付かなかったような音が聞こえてくるので楽しいです。クラシックなどをよく聞く人にも重宝されています。

バランスが良く原音に忠実

AKGのヘッドホンは音のバランスがとても良いです。
ヘッドホンは物によって中音がよく出たり、低音が強かったりと様々です。どれが良いというのは一概には言えず、人によって好みは分かれてきます。

そのような中で、良くも悪くもAKGのヘッドホンはフラットであり、特定の音域が過剰に演出されるということがありません。低音に強い、高音に強いなどといった特徴がない弱点はありますが、そこが逆に長所でもあります。

この長所を活かし、モニターヘッドホンとしてよく使われています。このヘッドホンならば、原音を忠実に再現してくれるため、DTMといった音楽制作などでも本当に作りたい音を作ることができるでしょう。

臨場感があり迫力がある

まるですぐそこで演奏しているかのような感覚に襲われる臨場感があります。
ヘッドホンで聞くとどうしても音がコンパクトにこじんまりと聞こえてしまいそうですが、AKGのヘッドホンは音の広がりが大きく、迫力があります。
そのため、音楽を聞く時に迫力やライブ感が欲しいという人にも向いているかもしれません。

AKGのおすすめヘッドホン(低価格帯)

AKG Y40


出典:rakuten.co.jp

AKG Y40の人気の理由3つ

  1. 価格が安い
  2. 軽量なので持ち運びしやすい
  3. 十分な音質

AKG Y40のデメリット・短所

遮音性はあまり高くない

AKG Y40の音質と評価・レビュー

低価格帯の人気ヘッドホンのひとつがこのY40です。低価格な割に音質は良く、コストパフォーマンスがとても高いのが特徴です。
小型で軽いので、通勤・通学など外での利用にも適しています。しかし、耳にあたる部分も小さいので、密閉型ではありますが遮音性は良いとは言えません。

AKG Y50


出典:rakuten.co.jp

AKG Y50の人気の理由3つ

  1. 40mm径ドライバーを内蔵でより高音質に
  2. 軽量でありコンパクト
  3. DJスタイルモデル

AKG Y50の音質と評価・レビュー

Yシリーズを象徴するモデルがこちらのY50です。40mm径ドライバーによってワイドレンジな音の再生が可能です。低音にも強く、重低音が強く出るヘッドホンが良いという方にも向いていると思います。
カラーバリエーションも多く、デザインにも力が入っています。外出しても使いたいという人におすすめのモデルです。

AKGのおすすめヘッドホン(中価格帯)

AKG K271MK2


出典:rakuten.co.jp

AKG K271MK2の人気の理由3つ

  1. 自然なサウンドなのでモニターに適している
  2. バスチューブ機能によりオープン型ヘッドホンのようなサウンドを再現
  3. XXLトランスデューサー搭載でより強化された音質

AKG K271MK2の音質と評価・レビュー

このモデルは密閉型ですが、密閉型ヘッドホン特有の低域の膨らみを低減する「バスチューブ機能」によってオープン型ヘッドホンのようなサウンドを再現しています。低域に癖がなくよりクリアな音質となっています。

また、XXLトランスデューサー搭載という点も魅力です。繊細な高音と重厚な低音が再現され、高い音質を誇ります。
スタジオ用モニターヘッドホンとしておすすめのモデルです。

AKG K550MKⅢ


出典:rakuten.co.jp

AKG K550MKⅢの人気の理由3つ

  1. 50mm径ドライバーを搭載
  2. サウンドステージが広く迫力がある
  3. 密閉型でイヤーパッドにはレザー調素材

AKG K550MKⅢの音質と評価・レビュー

K550シリーズの最新モデルがこちらです。大きな特徴として50mmの最新ドライバーを搭載しているため、サウンドステージが広く立体感のあるサウンドが味わえるという点です。
迫力もありつつ緻密な表現も可能なので、モニターヘッドホンとしても使うことができます。

音の臨場感や迫力を求めているという人におすすめです。前モデルである「K550MKⅡ」との音質的な違いはないので、その点には注意してくださいね。

AKG N60NCBT(Bluetooth/ノイズキャンセリング)


出典:rakuten.co.jp

AKG N60NCBTの人気の理由3つ

  1. 40mm径ドライバーを搭載でワイドレンジな音の再生が可能
  2. Bluetoothによりワイヤレスで使用可能
  3. ノイズキャンセリング機能搭載

AKG N60NCBTの音質と評価・レビュー

ワイヤレスで高音質なサウンドを体感できる最新モデルです。コンパクトなので持ち運びも容易で、ノイズキャンセリング機能も付いているため聞きたい音に集中することができます。

ワイヤレスと聞くと気になるのがバッテリー持続時間ですよね。こちらは約3時間の充電で約15時間の連続使用が可能となっています。もちろんノイズキャンセリング機能もオンの状態が想定されています。
バッテリーが切れても、電源をオフにして有線での使用もできるので便利ですね。

ワイヤレス、ノイズキャンセリングのヘッドホンが欲しいという方にはおすすめのモデルです。

AKG K701


出典:rakuten.co.jp

AKG K701の人気の理由3つ

  1. 人気のモデルであり、多くのユーザーから支持されている
  2. 解像度が高く繊細な音の表現が可能
  3. 高音が綺麗

AKG K701の音質と評価・レビュー

人気モデルであるAKG K701は、解像度が高く繊細な表現ができるモデルとなっています。
また、人気の理由の一つにアニメのキャラクターが作中で使用していたことが挙げられます。大人気アニメ「けいおん!」の「秋山澪(あきやま みお)」というキャラクターがこのヘッドホンを使用していたため、このキャラクターが好きな多くの人が購入していました。

キャラクターの人気もありますが、ヘッドホン単体として見ても高性能であるのは間違いありません。

AKG K702(Bluetooth/ケーブル両方可能)


出典:rakuten.co.jp

AKG K702の人気の理由3つ

  1. 人気モデルK701の後継機
  2. K701の良さはそのまま受け継いでいる
  3. ケーブルの着脱が可能

AKG K702の音質と評価・レビュー

前述したK701の後継機となるこちらのモデルは、ケーブルの着脱が可能になりました。K701の音質の特徴はそのままで、とても解像度の高いヘッドホンです。K701を買いたいと思っている人は、音質的にはあまり変わらないため、最新モデルであるこちらを購入するのもいいと思います。

しかし、後継機とは言っても変わったのはケーブル着脱機能くらいであり、K701をすでに持っている方にはあまり魅力的に思えないかもしれませんね。

AKG K712 PRO


出典:rakuten.co.jp

AKG K712 PROの人気の理由3つ

  1. パワーアップしたサウンドクオリティ
  2. 高解像度でありサウンドステージも広い
  3. 音のバランスが良くモニターヘッドホンとしても優秀

AKG K712 PROの音質と評価・レビュー

K700シリーズでは最高峰の音質を誇るのがこのモデルです。高解像度であり、音のバランスも良いのでDTMなどモニターヘッドホンとしてもよく使われています。
イヤーパッドにもこだわりがあり、長時間の使用していても疲れにくくなっています。

音楽制作などのために高性能なモニターヘッドホンが欲しいという方には強くおすすめしたいヘッドホンとなっています。

AKGのおすすめヘッドホン(高級)

AKG N90Q(ノイズキャンセリング)


出典:rakuten.co.jp

AKG N90Qの人気の理由3つ

  1. 大口径52mmドライバーを採用し、ワイドレンジな音場を実現
  2. オートキャリブレーション機能やノイズキャンセリング機能、頭内サウンドステージ補正機能の搭載
  3. DAC内蔵によりPCとダイレクト接続しハイレゾ音源再生可能

AKG N90Qの音質と評価・レビュー

N90Qは有名音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズが監修しました。
このモデルは様々な機能を搭載しています。まず、一人ひとりの耳の形状をスキャンニングし、自動的に最適な音をセットアップしてくれるオートキャリブレーション機能。さらに、頭内サウンドステージ補正機能、ノイズキャンセリング機能も搭載しています。
最新の技術が詰め込まれたこのヘッドホンなら、素晴らしいサウンドを堪能できるはずです。

また、DACも内蔵しており、PCとダイレクトに接続することができます。96kHz/24bitのハイレゾ音源まで対応しており再生することができます。

AKG K872


出典:rakuten.co.jp

AKG K872の人気の理由3つ

  1. AKGヘッドホン最大の53mmドライバーを採用
  2. 銅皮膜アルミニウムを使用した2層構造のボイスコイルを採用
  3. AKG PROチームによる厳しい品質検査の合格を示すシリアルナンバー入り

AKG K872の音質と評価・レビュー

AKGの最新技術を駆使して最高峰の音質を誇るのがK872です。
大口径53mmのダイナミックドライバーや、銅皮膜アルミニウムを使用した2層構造のボイスコイルを採用しており、5Hz〜54kHzのワイドレンジを再生可能となっています。
イヤパッドにも3Dスローリテンション技術という最新技術が使われており、頭部への圧迫が軽減され長時間の使用でも疲れにくい仕様になっています。

AKG PROチームの厳しい品質検査を実施して合格したもののみ出荷しており、証明としてシリアルナンバーが刻印されています。
AKGの3つの特徴である解像度、音のバランス、臨場感を最大限に味わいたいという人にはこのモデルを強くおすすめします。

AKGおすすめヘッドホンのまとめ

AKGは使用用途やユーザーの層に合わせて様々なヘッドホンをラインナップしています。外出時に使用できるようなラフなものから、プロにも重宝されるような高いクオリティのものまで様々です。
どのAKGヘッドホンにも共通しているのが最初に挙げた3つの特徴ですね。解像度が高く、音のバランスも整っていて、サウンドステージが広いです。
癖が少なく原音に忠実なサウンドが欲しい、音楽制作用のモニターヘッドホンが欲しいなどというような方にはAKGのヘッドホンを強くおすすめしたいです。