【じっくり読むと5分】

基本的に歯ブラシや電動歯ブラシは1人につき1本を使うものですが、口腔洗浄器は複数の人数で使うことを考え、ノズルが数本付属している製品が多くなっています。最近は大容量・多くのノズルが付属する製品も増えており、大家族などで使う場合は、電動歯ブラシより経済的なこともあります。

口腔洗浄器とは

口腔洗浄器とは、歯ブラシに加え、水流によって歯茎や歯の間を洗浄する機械です。歯ブラシが届きにくい細かな部分も洗浄できるので、歯周ポケットや歯間など、汚れが溜まりやすい部分もしっかりと洗浄できます。

洗浄器によるケアは短時間で済むのも特徴で、製品によっては2〜3分で自動的に電源がオフになる口腔洗浄器もあります。

口腔洗浄器の効果

口腔洗浄器の効果は、以下の3つです。

  • ブラシが届きにくいところも洗える
  • 短時間で済ませることができる
  • お風呂でも使える

ブラシが届きにくいところも洗える

何と言っても、口腔洗浄器の最大のメリットはこれでしょう。洗うだけでなく、歯茎に適度な刺激を与えられるのもメリットと言えます。

多くの口腔洗浄器では、水圧を調整できるようになっています。製品によっては無段階に調節できる製品もあり、歯茎の状態に合わせた、心地よい水圧でケアすることができます。

短時間で済ませることができる

上述しましたが、これも口腔洗浄器の大きなメリットです。2〜3分で自動電源オフになる洗浄器があるのも、それだけ短時間で十分洗浄できる表れと言えるでしょう。

手動の歯ブラシの場合、一般的に歯科医がおすすめするブラッシング時間は約10分ほどと言われています。ごく短時間でブラシの届かないところまで洗浄できる口腔洗浄器は、時間を節約できる機器としても魅力的です。

お風呂でも使える

コンセントにつなげて使う口腔洗浄器も多いですが、小型の製品を中心に、コードレスで使える口腔洗浄器もあります。さらにIPX7など強力な防水仕様になっている洗浄器もあり、こうした製品ならお風呂でも使うことができます。

朝だけでなく夜もお口のケアをしている方なら、お風呂でゆったりケアできるのはかなり魅力的と言えるでしょう。

口腔洗浄器の選び方

口腔洗浄器の選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • タンク容量で選ぶ
  • 電源方式で選ぶ
  • ノズルの本数で選ぶ

タンク容量で選ぶ

あらかじめセットできる水の容量が大きければ、それだけ長時間・長期間使うことができます。1人で使う分にはさほど関係ありませんが、複数の人で使う場合は水を入れ替える手間が省けます。

使う人数が多ければ多いほど、このメリットは大きくなると言えるでしょう。1,000mlを越えれば、かなりの大容量と言えます。

電源方式で選ぶ

充電式の口腔洗浄器でも、ACコンセントだけではなくUSBでも給電できる製品も増えています。コンセントがないところでも電源をとれますし、モバイルバッテリーでも大容量の製品なら充電することも可能でしょう。

また、製品によっては専用の充電台になっている口腔洗浄器もあります。こうした製品ではこの台を無くしてしまうと充電できなくなる可能性があり、注意が必要です。

ノズルの本数で選ぶ

ノズルは複数付属している口腔洗浄器が一般的ですが、大家族など多人数で使う前提なら、できるだけノズルがたくさん付属している口腔洗浄器を選ぶようにしましょう。

また同じノズルが複数付属しているだけではなく、舌のケアなど、部位や洗浄ごとに使うノズルが付属している製品も多いです。使い分けたい場合はそうした洗浄器が便利です。

口腔洗浄器のおすすめ10選

TUREWELL 口腔洗浄器

TUREWELL 口腔洗浄器の仕様・製品情報

外装サイズ28.6×8.6×8.5cm
外装質量450g
電源ACアダプター、USB
容量300ml

TUREWELL 口腔洗浄器のおすすめポイント3つ

  • アマゾンで3,000円を切る価格
  • 3種類の水圧設定
  • 注水も簡単

TUREWELL 口腔洗浄器のレビューと評価

激安ながらも使いやすい人気モデル

アマゾンで3,000円を切る、激安クラスの口腔洗浄機です。当然にように高い人気を誇っています。

水圧は3種類に設定でき、歯と歯の間の汚れをしっかり洗浄。注ぎ口を開けるだけで簡単に注水でき、操作ボタンもコンパクトにまとめられています。使いやすさとお求めやすさを両立した人気モデルです。

TUREWELL 口腔洗浄器はこんな人におすすめ!

とりあえず1台、口腔洗浄器が欲しい方に

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-A

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-Aの仕様・製品情報

サイズ5.9×7.5×19.7cm
重量約300g
電源専用充電台
容量130ml

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-Aのおすすめポイント3つ

  • 音波振動の歯ブラシ
  • ジェット&バブル水流
  • コードレスで扱いやすい

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-Aのレビューと評価

パナソニックのお求めやすい価格帯モデル

パナソニック製の中では、比較的お求めやすい価格の口腔洗浄器です。音波振動の歯ブラシ部分に加え、ジェット&バブルの水流で、歯間だけでなく、歯ぐきも強力に洗浄します。

小さいので置き場所にも困りません。コードレスなので、洗面所だけでなくお風呂でも使うことができます。

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-Aはこんな人におすすめ!

一流メーカーの口腔洗浄器を1台欲しい方に

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61-W

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61-Wの仕様・製品情報

外装サイズ22×22×12cm
外装質量1.08 kg
電源ACコンセント
容量600ml

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61-Wのおすすめポイント3つ

  • 最大600mlのタンク
  • 無段階調整ダイヤル
  • 歯ぐきに合わせて水流を変えられる

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61-Wのレビューと評価

大容量タンクを備えた無段階調整モデル

こちらもパナソニックの「ジェットウォッシャー ドルツ」シリーズの口腔洗浄器で、EW-DJ51-Aよりは少し上位価格帯になるモデルです。最大600mlという大容量のタンクを搭載しています。

水の強さはダイヤルで調整でき、無段階で調整可能。自分の歯ぐきの具合に合わせて、水流を自在に変えることができます。

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ61-Wはこんな人におすすめ!

無段階で水の強さを変えたい方に

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71-W

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71-Wの仕様・製品情報

サイズ12.5×28×14cm(ノズル含む)
重量971g
電源ACコンセント
容量600ml

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71-Wのおすすめポイント3つ

  • ホースをスッキリ収納
  • 独自の超音波水流
  • ジェットウォッシャーでしっかり洗浄

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71-Wのレビューと評価

強力洗浄力のパナソニック高級モデル

こちらは「ジェットウォッシャー ドルツ」の、さらに高価格帯のモデルです。ホースは本体中央部に収納でき、使っていない時にもスッキリ収納できます。

独自の超音波水流で、ブラシが届きにくい細かな箇所までしっかり洗浄。汚れが溜まりやすい歯周ポケットも、ジェットウォッシャーでしっかり洗い落とします。

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71-Wはこんな人におすすめ!

ホースをスッキリ収納したい方に

ElleSye 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー

ElleSye 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーの仕様・製品情報

外装サイズ24.7×23.2×16.2cm
外装質量1.2kg
電源ACコンセント
容量1,000ml

ElleSye 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーのおすすめポイント3つ

  • 大容量1,000ml
  • 1回の給水で長く使える
  • 1分間に1,200回のパルス振動

ElleSye 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーのレビューと評価

大容量+機能豊富なお買い得洗浄器

アマゾンで5,000円を切る価格にも関わらず、1,000mlという大容量をほこる口腔洗浄器です。給水回数が少なく済むので、大家族で使う際に便利に使えます。

1分間に1,200回というパルス振動で、1分だけでしっかり洗浄。UV除菌機能も搭載し、大容量で機能も豊富と、コストパフォーマンスに優れた1台です。

ElleSye 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーはこんな人におすすめ!

大家族で使える安い洗浄器が欲しい方に

ElleSye 口腔洗浄器 歯間ジェット洗浄

ElleSye 口腔洗浄器 歯間ジェット洗浄の仕様・製品情報

外装サイズ25×23×7.5cm
外装質量0.73kg
電源リチウムイオン電池(専用充電台)
容量330ml

ElleSye 口腔洗浄器 歯間ジェット洗浄のおすすめポイント3つ

  • アマゾンで3,000円弱
  • 片手サイズで容量330ml
  • 1回の充電で2週間使用可能

ElleSye 口腔洗浄器 歯間ジェット洗浄のレビューと評価

安くてバッテリー長持ちの洗浄器

アマゾンで3,000円弱というお求めやすい価格の口腔洗浄器です。片手で持てるサイズでありながら容量は330mlもあり、しっかり洗浄することができます。

洗浄用に3種類のモードを搭載。1回充電すれば最長で2週間は充電不要とバッテリーの持ちも良好。IPX7防水仕様なので、お風呂でも安心して使うことができます。

ElleSye 口腔洗浄器 歯間ジェット洗浄はこんな人におすすめ!

安価で長く使える口腔洗浄器が欲しい方に

homgeek 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー

homgeek 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーの仕様・製品情報

外装サイズ29.5×26.5×14.3cm
外装質量0.95kg
電源ACコンセント
容量600ml

homgeek 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーのおすすめポイント3つ

  • 低価格なのにノズルがたくさん
  • 舌、歯周など部位ごとのノズル
  • 10段階の水圧調整

homgeek 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーのレビューと評価

ノズルがたくさん付属するお買い得洗浄器

4,000円弱という価格ながら、ノズルが7本も付属するというオトクな口腔洗浄器です。標準的なノズルに加え、舌クリーナーノズル、歯周ポケットケアノズル、矯正用ノズルなど、洗浄用途ごとにさまざまなノズルが付いています。

容量も600mlとたっぷり。水圧も10段階で調整でき、ノズルホースも余裕のある1mです。

homgeek 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーはこんな人におすすめ!

用途ごとにノズルを使い分けたい方に

Webetop 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー

Webetop 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーの仕様・製品情報

パッケージサイズ17.02×16.51×13.72cm
外装質量0.84 kg
電源ACコンセント
容量1,000ml

Webetop 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーのおすすめポイント3つ

  • 1,000mlなのにコンパクト
  • タッチパネル操作
  • 4,000円以下なのに機能が豪華

Webetop 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーのレビューと評価

大容量で機能もぜいたくな低価格機

1,000mlという大容量ながらコンパクトなボディなので、旅行時などに持ち運びも便利です。

洗浄パルスは1分間に1,200回、水圧調整は6段階。舌などの部位ごとに分かれたノズルも6本付属し、操作もボタンではなくタッチパネル。4,000円を切るという価格ながら、機能はなかなか豪華です。

Webetop 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーはこんな人におすすめ!

大容量で持ち運んで使いたい方に

アイリスオーヤマ 口腔洗浄器 PMW-6216D-A

アイリスオーヤマ 口腔洗浄器 PMW-6216D-Aの仕様・製品情報

サイズ約23.5×20×15cm
重量約0.67kg
電源ACコンセント
容量1,600ml

アイリスオーヤマ 口腔洗浄器 PMW-6216D-Aのおすすめポイント3つ

  • 安価でも、自由に圧力を調整できる
  • コンパクトなのに600ml
  • 3分で自動シャットダウン

アイリスオーヤマ 口腔洗浄器 PMW-6216D-Aのレビューと評価

無段階圧力調整機能付きの低価格洗浄器

こちらもアマゾンで4,000円を切る価格ながら、高圧洗浄でしっかりと洗い落としてくれるアイリスオーヤマの洗浄器です。

容量も1,600mlと、価格に見合わぬ大容量。ノズルも4本付属し、全部本体内部に収納できるようになっているので、失くしづらくなっています。

アイリスオーヤマ 口腔洗浄器 PMW-6216D-Aはこんな人におすすめ!

安価でも大容量の洗浄器が欲しい方に

Morpilot 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー

Morpilot 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーの仕様・製品情報

外装サイズ22.4×10.2×8.7cm
外装質量420g
電源USB充電
容量300ml

Morpilot 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーのおすすめポイント3つ

  • コードレス使用可
  • 2,000円以下でノズル4本
  • 3つの洗浄モード搭載

Morpilot 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーのレビューと評価

激安なのに機能豊富なコスパ良好マシン

アマゾン価格で2,000円代という、激安の口腔洗浄器です。USB充電式で、コードレスで使うことができます。このお値段で、色分けされたノズルが4本付いてきます。

3つの洗浄モードを搭載し、IPX7の防水仕様。2分間で自動電源オフになる機能も搭載しており、人数の少ない家族なら必要十分な口腔洗浄器です。

Morpilot 口腔洗浄器 ジェットウォッシャーはこんな人におすすめ!

安くても機能が充実した洗浄器が欲しい方に

まとめ

最近の口腔洗浄器は低価格化が進み、4,000円前後の製品でもノズルなどの付属品、洗浄モードなどの機能が豊富な商品が多くなっています。

より機能が絞られた口腔洗浄器なら3,000円前後の製品も珍しくはなく、とりあえず口腔洗浄器がどのようなものか試してみたい、という方からこうした製品から始めても良いでしょう。大家族など大人数で使いたい場合は、できるだけノズルがたくさん付属し、容量の大きい製品を選ぶようにしましょう。