スイッチングハブのおすすめ最強10選。選び方も解説

【じっくり読むと4分】

おすすめのスイッチングハブを紹介していきます。5ポート、8ポートといったポート数別、パソコン向けやPS4などのゲーム機向けといった機器別、速度の違い、電源の供給方式、家庭用や法人用でおすすめの使い方など機能面や用途面、お手頃なモデルからハイスペックまで価格も交えつつ解説しながら紹介します。

スイッチングハブとは

スイッチングハブとは、LANケーブル用の分配器、テーブルタップのようなものを指します。
パソコンを複数台でデータ通信を行ったりするネットワーク環境に置きたい場合に、直接パソコン同士をつなげるのはなかなか大変です。
そこで、スイッチングハブを用いることで複数のパソコンからのケーブルを1か所にまとめることができます。
また、必要なデータを必要なパソコン同士でだけやり取りできるようにしてくれるものがスイッチングハブと呼ばれています。

スイッチングハブとハブの違い

スイッチングハブもハブもLANケーブル用のテーブルタップという位置づけは同じです。
違いとしては大きく2つあります。
1つ目は「必要なデータを必要なパソコンだけに送る」ことができる機能です。
従来のハブは接続されているすべてのポートにデータを転送します。これにより不要な相手にも送信することになり、速度の低下が発生するなどデメリットが生じます。
スイッチングハブは必要なポートのみで通信を行うため、速度低下が起こりにくい構造になっています。
2つ目は転送速度です。通常のハブは片道通行でデータの同時通信ができないのですが、スイッチングハブは双方向で同時通信が可能なので理論上2倍の速度でやりとりができます。

スイッチングハブのおすすめメーカー

スイッチングハブのおすすめメーカーは、以下の2つです。

  • エレコム
  • バッファロー

エレコム

エレコムは大阪に本社を構える大手のパソコン周辺機器メーカーです。
ハードディスクなどの保存媒体やマウス、キーボードなどのサプライ品、ルーターなど多岐に渡って取り扱っているメーカーです。
スイッチングハブは種類が非常に豊富で用途に合わせてチョイスできるラインナップが魅力です。
3ポートの小型タイプから24ポートの法人向け大型モデルと幅が広くなっています。

バッファロー

バッファローは名古屋に本社を置く大手パソコン周辺機器メーカーです。
エレコムと同じく非常に多くのパソコン周辺機器を取り扱っているのでパソコン関連商品であればまず見つけることができるでしょう。
こちらもスイッチングハブの種類がとても多いので逆に迷ってしまいそうですが、用途に応じたモデルを探してみてください。

スイッチングハブの選び方

スイッチングハブの選び方を以下の5つのポイントから解説します。

  • ポート数
  • 通信速度
  • サイズ
  • 給電方法
  • 耐久性

ポート数

まずはポート数から見ていきましょう。ポート数とは、何台までLANケーブルを接続できるかを示す数値です。
少ないもので3ポートから多いものだと24ポートといったようにバリエーションが豊富です。
多い方でいいのではないか?とも思われますが、多ければその分大きさや価格が上がってしまうので適切なポート数を選びましょう。

通信速度

続いて気にしたいポイントは通信速度です。こちらが遅い場合、データのやりとりに時間がかかってしまいます。
商品に10Mや100Mといった表示があるので数値が大きいモデルの方が速度も出やすくなっています。
PS4はパソコンでゲームをする場合、通信遅延は非常に大きなデメリットとなってしまうので1000M対応の高速モデルをおすすめします。

サイズ

スイッチングハブ本体の大きさも見ておきたいところです。スイッチングハブには多くのケーブルが集中しますので繋げる台数が増えれば増えるほどスペースが必要になります。
各メーカーもコンパクトを売りにしたモデルも発売されていますので、設置場所のスペースに合うサイズを選ぶようにしましょう。

給電方法

一般的に給電方法はコンセントから取りますが、最近はUSBで電源を取る方式のモデルもあります。
これによりパソコン本体から給電が可能なのでノートパソコンなど持ち運んで別のパソコンと繋げたいといった場合にも一緒にスイッチングハブを持っていき、コンセントを探す必要なく利用できるので非常に便利です。

耐久性

スイッチングハブは一度設置するとあまり動かさないことが多いのですが、機械である以上、経年による劣化が起こります。
また、多くのケーブルを繋いで通信を行う機会なので熱を持つこともあります。
そこで重要になる耐久性ですが、金属製のボディで作られた耐久性の高いモデルや耐熱に優れるモデルが発売されています。
安さだけでなく、長く使うことを見越して耐久性にも気を配っておくことがおすすめです。

【5ポート】スイッチングハブのおすすめ5選

エレコム EHC-G05PAA-B-K

エレコム EHC-G05PAA-B-Kの仕様・製品情報

サイズ 8.5 x 9 x 3.4 cm
重量 240g
電源供給方式 AC電源
伝送速度 1000M

エレコム EHC-G05PAA-B-Kのおすすめポイント3つ

  • 設置場所を選ばない
  • 高い安全性
  • 静音設計

エレコム EHC-G05PAA-B-Kのレビューと評価

シンプルながら機能充実のスイッチングハブ

エレコムから発売されているスイッチングハブです。
コンパクトで設置場所を選ばず、トラッキング対策のコンセントは安全性をより高めてくれています。
ファンレス設計なので静音性も高く、ハイレベルにまとまった1台です。

エレコム EHC-G05PAA-B-Kはこんな人におすすめ!

シンプルでも機能が充実したモデルが欲しい人

Logitec LAN-SW05B

Logitec LAN-SW05Bの仕様・製品情報

サイズ 20 x 10.8 x 5.2 cm
重量 181g
電源供給方式 AC電源
伝送速度 100M

Logitec LAN-SW05Bのおすすめポイント3つ

  • コンパクト
  • マグネット付き
  • カラーバリエーションもあり

Logitec LAN-SW05Bのレビューと評価

コンパクトで使いやすいスイッチングハブ

Logitecから発売されているスイッチングハブです。
Logitecはエレコムグループの1つで、パソコン周辺機器の取り扱いが多いメーカーです。
コンパクトでマグネットが付いているので配線をスマートに収納することができ、カラーバリエーションもあるので部屋に合わせることができます。

Logitec LAN-SW05Bはこんな人におすすめ!

コンパクトなモデルが欲しい人

BUFFALO LSW4-GT-5EPL

BUFFALO LSW4-GT-5EPLの仕様・製品情報

サイズ 8.5 x 10.4 x 2.6 cm
重量 200g
電源供給方式 AC電源
伝送速度 1000M

BUFFALO LSW4-GT-5EPLのおすすめポイント3つ

  • コンパクト
  • 低価格
  • 1Gbps対応

BUFFALO LSW4-GT-5EPLのレビューと評価

低価格で1Gbps対応のスイッチングハブ

バッファローから発売されているスイッチングハブです。
非常に低価格ながら1Gbpsに対応しているので光回線の速度を体感できます。
また、コンパクトでスタイリッシュなデザインからリビングなど目の付く場所への設置でもすんなり馴染むので使い勝手も良く仕上がっています。

BUFFALO LSW4-GT-5EPLはこんな人におすすめ!

低価格なモデルが欲しい人

TP-Link TL-SG105V4.0

TP-Link TL-SG105V4.0の仕様・製品情報

サイズ 9.9 x 9.9 x 2.5 cm
重量 363g
電源供給方式 AC電源
伝送速度 1000M

TP-Link TL-SG105V4.0のおすすめポイント3つ

  • 金属製で丈夫
  • 省エネモデル
  • 1Gbps対応

TP-Link TL-SG105V4.0のレビューと評価

金属製の耐久力が光るモデル

TP-Linkから発売されているスイッチングハブです。
金属製のボディは高耐久性を表していて、長期間使うことが想定されるスイッチングハブにとって劣化しにくいことは大きなメリットです。
消費電力も非常に低いのでランニングコストも抑えることができます。

TP-Link TL-SG105V4.0はこんな人におすすめ!

丈夫で高耐久のモデルが欲しい人

NETGEAR GS305-100JPS

NETGEAR GS305-100JPSの仕様・製品情報

サイズ 24 x 15 x 6.4 cm
重量 240g
電源供給方式 AC電源
伝送速度 1000M

NETGEAR GS305-100JPSのおすすめポイント3つ

  • 金属製で丈夫
  • サポート充実
  • 3年保証

NETGEAR GS305-100JPSのレビューと評価

個人やSOHO向けのコンパクトモデル

NETGEARから発売されているスイッチングハブです。
金属製による耐久性の高さはもちろん、放熱効率も良いので破損しにくい構造です。
年中無休のサポートセンターがあり、保証も3年間付いているので安心して導入できるメーカーの商品です。

NETGEAR GS305-100JPSはこんな人におすすめ!

サポートがしっかりしているモデルが欲しい人

【8ポート】スイッチングハブのおすすめ5選

エレコム EHC-G08PA2

エレコム EHC-G08PA2の仕様・製品情報

サイズ 20.6 x 9.8 x 6.2 cm
重量 358g
電源供給方式 AC電源
伝送速度 1000M

エレコム EHC-G08PA2のおすすめポイント3つ

  • 1Gbps対応
  • コンパクト
  • 長寿命設計

エレコム EHC-G08PA2のレビューと評価

長期利用を前提とした長寿命設計

エレコムから発売されているスイッチングハブです。
小型なのでかさばらず、壁掛け用の穴が開いているのでネジなどに引っ掛けて設置することができる省スペースモデルです。
また、長持ちするようにメイン基板が長寿命設計になっているので安心して使い続けることができます。

エレコム EHC-G08PA2はこんな人におすすめ!

長く愛用できるモデルが欲しい人

Logitec LAN-SW08P/TAPA

Logitec LAN-SW08P/TAPAの仕様・製品情報

サイズ 32.6 x 13.4 x 6.8 cm
重量 458g
電源供給方式 AC電源
伝送速度 100M

Logitec LAN-SW08P/TAPAのおすすめポイント3つ

  • 電源内蔵
  • 8ポートでもコンパクト
  • マグネット付き

Logitec LAN-SW08P/TAPAのレビューと評価

電源を内蔵させたコンパクト8ポートモデル

Logitecから発売されているスイッチングハブです。
電源が内蔵されているタイプなのでコンセント部がかさばらず、スマートに設置することができます。
本体裏面にはマグネットも付いているのでパソコンラックなどに固定しておけば配線もスッキリとさせることができます。

Logitec LAN-SW08P/TAPAはこんな人におすすめ!

コンセント部をスリムにしておきたい人

TP-Link TL-SF1008D

TP-Link TL-SF1008Dの仕様・製品情報

サイズ 8.7 x 2.7 x 14 cm
重量 254g
電源供給方式 AC電源
伝送速度 100M

TP-Link TL-SF1008Dのおすすめポイント3つ

  • お手頃価格
  • 省エネ
  • 難しい設定は不要

TP-Link TL-SF1008Dのレビューと評価

リーズナブルなシンプルモデル

TP-Linkから発売されているスイッチングハブです。
非常にリーズナブルな価格設定がうれしいモデルですが、使いやすさにはこだわっているようです。
特に難しい設定は必要ないので繋ぐだけで簡単に使えるようになる優れものです。

TP-Link TL-SF1008Dはこんな人におすすめ!

手軽に使い始めたい人

TP-Link TL-SG1008D

TP-Link TL-SG1008Dの仕様・製品情報

サイズ 23 x 13 x 10 cm
重量 358g
電源供給方式 AC電源
伝送速度 1000M

TP-Link TL-SG1008Dのおすすめポイント3つ

  • 1Gbps対応
  • 省エネ
  • 難しい設定は不要

TP-Link TL-SG1008Dのレビューと評価

1Gbpsにも対応した高速モデル

TP-Linkから発売されているスイッチングハブです。
コンパクトでスリムなボディながら1Gbpsに対応しているので速度面もしっかりカバーしています。
消費電力をデバイスの状態によって抑えてくれるので省エネ性能もとても高くなっています。

TP-Link TL-SG1008Dはこんな人におすすめ!

高速通信と省エネ性能を両立したい人

BUFFALO LSW5-GT-8NS

BUFFALO LSW5-GT-8NSの仕様・製品情報

サイズ 18.5 x 9.9 x 3 cm
重量 522g
電源供給方式 AC電源
伝送速度 1000M

BUFFALO LSW5-GT-8NSのおすすめポイント3つ

  • 丈夫な金属製
  • スタイリッシュなデザイン
  • トラッキング防止設計

BUFFALO LSW5-GT-8NSのレビューと評価

リビングにも馴染むスタイリッシュデザイン

BUFFALOから発売されているスイッチングハブです。
金属製のボディが作りだすスタイリッシュなデザインはリビングにもすんなりと馴染む仕上がりになっています。
金属製なので丈夫で放熱効率も高く、更にコンセント部はトラッキング防止設計で安全面も考慮しています。

BUFFALO LSW5-GT-8NSはこんな人におすすめ!

リビングになじむデザインが欲しい人