アイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄10選。特徴やおいしい飲み方も

【じっくり読むと5分】

人気のアイリッシュウイスキーを美味しい飲み方、選び方、特徴を踏まえたうえでおすすめの銘柄を10個紹介します。銘柄はジェムソン、カネマラ、ブッシュミルズ、ラガヴーリンなどの著名な銘柄や、グリーンスポット、レッドブレスト、ボウモアなどの玄人好みなものまで、12年ものを中心に紹介します。

アイリッシュウイスキーとは

アイリッシュウイスキーとは、スコッチ、アメリカン、カナディアン、ジャパニーズに並ぶ世界5大ウイスキーの一角です。その名の通りアイルランドを中心に生産されています。その味わいはスモーキーフレーバーが少ない分、原料となっている穀類の純粋な香りが強い洗練されたものとなっています。ジャパニーズウイスキー同様にウイスキーのクセが苦手な人におすすめです。

アイリッシュウイスキーの特徴

アイリッシュウイスキーの特徴は、以下の3つです。

  • 過去の残光 かつてのキングオブウイスキー
  • 世界でもまれ シングルポットスチル製法
  • 濃厚な舌触り 唯一無二のオイリーテイスト

過去の残光 かつてのキングオブウイスキー

アイリッシュウイスキーは、スコッチウイスキーと並んでウイスキーの起源とも呼ばれています。その説を裏付けるように、かつてアイルランドの首都ダブリンには多くの蒸留所が点在していました。

それゆえに生産量も世界では随一で、20世紀以前までのウイスキーはほとんどはアイリッシュウイスキーであったと言われています。しかし度重なる戦争の余波や他のウイスキーにシェアを奪われていき、現在のように有名な蒸溜所を残すのみとなりました。

世界でもまれ シングルポットスチル製法

アイリッシュウイスキーは、世界的に見ても珍しいシングルポットスチル製法を採用しています。巨大なスチール製の蒸留機を使って行われる伝統的なこの製法は、近年主流となっている連続式蒸留機で行う蒸留よりも性能が劣っており、生産量に限りが出てきてしまいます。

しかしこの製法を採用することによって、後述する味わいの特徴や風味にオリジナリティが生まれてくるのです。

濃厚な舌触り 唯一無二のオイリーテイスト

アイリッシュウイスキーの味わいは、他のウイスキーに比べて舌触りが濃厚な「オイリーテイスト」となっています。これは前述したシングルポットスチル製法で、平均3回の蒸留を行うことによって生まれるものであり、アイリッシュウイスキーでしか味わえない唯一無二のものです。

このオイリーテイストを味わいたいがためにウイスキー愛好家たちは、アイリッシュウイスキーを収集していると言っても過言ではありません。

アイリッシュウイスキーのおすすめの飲み方

アイリッシュウイスキーは数あるウイスキーの中でもクセが少なく、ウイスキーの飲み方として一般的なストレートやロック、ハイボールなど他にカクテルのベースなどにも多く使われています。

有名なものであればコーヒーにアイリッシュウイスキーを注いで甘口に仕上げる「アイリッシュコーヒー」や英国ならではの紅茶と合わせた「アイリッシュアフタヌーン」などがおすすめです。

またジンジャーエールやコーラと合わせると、アイリッシュウイスキーの香りを生かしたまま、さらにさっぱりとした味わいに仕上げることができます。

アイリッシュウイスキーとスコッチウイスキーの違い

アイリッシュウイスキーと近しい存在であるスコッチウイスキー。この2つのウイスキーの明確な違いはスモーキーフレーバーにあります。スコッチウイスキーは原材料の麦を乾燥させる際に行う、自然由来の燃焼物質であるピートを使った燻し工程で香り付けするのに対し、アイリッシュウイスキーは一部の銘柄を除いて、燻し工程を行わないのが一般的です。
この1つの工程の違いが両者の違いを明確なものとしています。またウイスキーの聖地として知られるアイラ島はアイリッシュウイスキーの産地と勘違いされることがありますが、こちらはスコッチウイスキーの生産地となっています。

お気に入りのアイリッシュウイスキーの選び方

アイリッシュウイスキーの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 味わいはよりどりみどり 種類で選ぶ
  • ウイスキーといえば樽 香りで選ぶ
  • かかった年数は色の年輪に現れる 熟成年数で選ぶ

味わいはよりどりみどり 種類で選ぶ

アイリッシュウイスキーには主にブレンデット、グレーン、シングルモルト、シングルポットの4種類が存在しています。それぞれの種類で味わいが大きく変動するため、アイリッシュウイスキー選びの基準としてもわかりやすいものとなっています。クセが少なく飲みやすいものであればブレンデットやグレーン、深みのある味わいを求めるならシングルモルトやシングルポットがおすすめです。

ウイスキーといえば樽 香りで選ぶ

主原料の味わいが強くでるアイリッシュウイスキーは、樽によって変わる香りに関しても同様のことが言えます。仮に苦手な香りの樽がある場合はよりシビアに選ぶことが大切です。香ばしい香りであればオーク、甘く柔らかい香りであればシェリー、ウッディな香りであればバーボンとあらかじめそれぞれの樽の特徴を理解しておくと、新しいウイスキーを選ぶ際に役立つでしょう。

かかった年数は色の年輪に現れる 熟成年数で選ぶ

ウイスキーは原酒を樽に入れて熟成させたものを複数ブレンドして作られるものが一般的です。商品名に描かれる「12年」や「18年」の文字は数ある原酒の最低熟成年数を表しているのです。当然のごとく熟成年数によって樽の風味が濃くなり、味わいは大きく異なってくるためそこで前述した樽の好みなどと兼ね合いを図っていく必要があります。

アイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄10選

アイリッシュウイスキーのおすすめ銘柄を10個紹介します。

  • レッドブレスト 12年
  • グリーンスポット
  • カリラ 12年
  • スキャパ スキレン
  • ティーリング
  • キルべガン
  • タラモアデュー 12年
  • ブッシュミルズ ブラックブッシュ
  • ジェムソン スタンダード
  • カネマラ 12年

レッドブレスト 12年

レッドブレスト 12年の仕様・製品情報

度数 40度
内容量 700ml
平均価格 5000円〜

レッドブレスト 12年のおすすめポイント3つ

  • 辛く甘い絶妙な矛盾が生む香り
  • バランスのとれたスモーキー感
  • はっきりと残る余韻

レッドブレスト 12年のレビューと評価

複雑さに胸おどる これぞアイリッシュ流

レッドブレスト12年は2018年から輸入が開始された新参者のアイリッシュウイスキーです。複数の穀物を使って3回蒸留されたその味わいは、アイリッシュらしい複雑なスパイス感とまとまった甘みを感じることができます。口当たりの濃厚さも申し分なく、非常に長い余韻を楽しむことができます。

レッドブレスト 12年はこんな人におすすめ!

濃厚な味わいを求めている人におすすめ

グリーンスポット

グリーンスポットの仕様・製品情報

度数 40度
内容量 700ml
平均価格 5160円〜

グリーンスポットのおすすめポイント3つ

  • さっぱり感強めの酸味
  • 喉越しを感じれるほどの柔らかい飲み口
  • 重すぎない甘み

グリーンスポットのレビューと評価

玄人たちに愛される 味わい確かな緑印

グリーンスポットは年間で6000本しか生産されていない、球数少なめのアイリッシュウイスキーです。もともとプライベートストック品だったものを商品化したものであり、甘みと酸味が絡み合う他銘柄にはない味わいと濃厚な飲み口が相まって、今ではウイスキー愛好家の中で人気を博しています。

グリーンスポットはこんな人におすすめ!

飲み口が柔らかいアイリッシュウイスキーを探している人におすすめ

カリラ 12年

カリラ 12年の仕様・製品情報

度数 43度
内容量 700ml
平均価格 4000円〜

カリラ 12年のおすすめポイント3つ

  • 弱めのピート
  • さっぱりとしたフレッシュ感
  • 優しく伸びていく後味

カリラ 12年のレビューと評価

気品溢れるスモーキー アイリッシュの異端児

カリラ12年はクセが強いアイリッシュウイスキーの中では大人しめな印象を持つ銘柄です。みずみずしい甘口な飲み口と柑橘系のフルーツを思わせる風味は、ジャパニーズウイスキーに通づるものがあります。その味わいの中にひとつまみ程度のスモーキー感が本銘柄の全てのバランスを保っています

カリラ 12年はこんな人におすすめ!

クセが弱めのアイリッシュウイスキーを探している人におすすめ

スキャパ スキレン

スキャパ スキレンの仕様・製品情報

度数 40度
内容量 700ml
平均価格 5160円〜

スキャパ スキレンのおすすめポイント3つ

  • どっしりと鼻に抜けるフルーティ感
  • ビターにクリーミーな味わい
  • ハイボールにするとさらに甘口

スキャパ スキレンのレビューと評価

溢れる果実たち 病みつき間違いなしのトロピカルアイリッシュ

スキャパスキレンは、アイリッシュウイスキーの中でも随一のフルーティ感をもつ銘柄です。ロックで飲めば、ほのかな柑橘系にりんごなどのみずみずしい甘みが尾を引き、最後には純度の高い苦味がクリーミーに広がります。ハイボールにするとよりシンプルな甘みを楽しめるため、割ることを前提で購入しても外れることはないでしょう。

ボウモア 12年はこんな人におすすめ!

フルーティなアイリッシュウイスキーを探している人におすすめ

ティーリング

ティーリングの仕様・製品情報

度数 46度
内容量 700ml
平均価格 4800円〜

ティーリングのおすすめポイント3つ

  • 絶妙なバランスの中辛口と甘み
  • 下に残りすぎない弱クリーミー感
  • 後味で鼻に抜ける柑橘系の風味

ティーリングのレビューと評価

いつでも飲みたい バランス最高の不死鳥マーク

ティーリングは過去に存在した蒸溜所の名前をそのままに復活したアイリッシュウイスキーです。複雑さを一切排除したピート感溢れる香りは、飲み干した後に柑橘系のフルーティーなものに変化します。味わいもすっきりと飽きにくく、なんどもリピートしたくなる銘柄です。

ティーリングはこんな人におすすめ!

飽きのこない味わいのアイリッシュウイスキーを探している人におすすめ

キルべガン

ラガヴーリン 16年の仕様・製品情報

度数 40度
内容量 700ml
平均価格 1680円〜

キルべガンのおすすめポイント3つ

  • 派手すぎない麦の香り
  • オイリー感強めのトロッとした口当たり
  • 非常にリーズナブルな価格帯

キルべガンのレビューと評価

世界最古の蒸留所で作られるシンプルオブアイリッシュ

キルべガンは世界最古の蒸留所として知られる、キルべガン蒸留所で製造されているアイリッシュウイスキーです。小型のポットスチルで蒸留されていることもあり、その味わいは控えめな麦と強めのオイリー感が織りなすシンプルなものとなっています。価格帯が1000円台というリーズナブルさも見逃せません。

キルべガンはこんな人におすすめ!

リーズナブルでしっかりとしたアイリッシュウイスキーを探している人におすすめ

タラモアデュー 12年

タラモアデュー 12年の仕様・製品情報

度数 40度
内容量 700ml
平均価格 3200円〜

タラモアデュー 12年のおすすめポイント3つ

  • 軽やかさ満点の飲み口
  • 複雑で豊かな樽の香り
  • 不自然さのないふくよかな甘み

タラモアデュー 12年のレビューと評価

なんでもござれの万能ウイスキー

タラモアデュー12年はハイボールからカクテルまで、様々なベースとしても使えるアイリッシュウイスキーです。アルコール感を感じさせない軽い飲み口とシェリー、バーボン2種類の樽を使った風味は非常に広がりがよく、炭酸水で割っても牛乳で割っても薄れることがありません。

タラモアデュー 12年はこんな人におすすめ!

カクテルベースにしやすいアイリッシュウイスキーを探している人におすすめ

ブッシュミルズ ブラックブッシュ

ブッシュミルズ ブラックブッシュの仕様・製品情報

度数 40度
内容量 700ml
平均価格 2000円〜

ブッシュミルズ ブラックブッシュのおすすめポイント3つ

  • 一瞬で鼻に抜けるスパイシーな香り
  • シェリー樽らしいゆったりとした甘み
  • 圧倒的なコスパ

ブッシュミルズ ブラックブッシュのレビューと評価

定番と侮ることなかれ 黒いラベルは美味しさの印

ブッシュミルズブラックブッシュは香り、味わい、口当たりの三拍子のバランスがよく取れた、普段飲みの定番銘柄です。その味わいはシェリー樽を使用した原酒を80%を使用しているため、クセのない豊かな甘みとアイリッシュらしいほのかなスパイシー感が程よく絡み合っています。

ブッシュミルズ ブラックブッシュはこんな人におすすめ!

普段飲み用にアイリッシュウイスキーを探している人におすすめ

ジェムソン スタンダード

ジェムソン スタンダードの仕様・製品情報

度数 40度
内容量 700ml
平均価格 1600円〜

ジェムソン スタンダードのおすすめポイント3つ

  • しつこすぎない香ばしさ
  • 誰でも虜になるやわらかな香り
  • 世界シェアナンバーワン

ジェムソン スタンダードのレビューと評価

バーでアイリッシュといえばこれ

ジェムソンスタンダードはバーに行けば必ず置いてある、世界的トップシェアを誇るアイリッシュウイスキーです。アイリッシュの個性をそのまま体現したかのような味わいは、フルーティですっきりとしており、どのような飲み方をしても問題ありません。良い意味で完璧にフラットな銘柄です。

ジェムソン スタンダードはこんな人におすすめ!

アイリッシュウイスキーを初めて飲む人におすすめ

カネマラ 12年

カネマラ 12年の仕様・製品情報

度数 40度
内容量 700ml
平均価格 8100円〜

カネマラ 12年のおすすめポイント3つ

  • アイリッシュの中ではスモーキー
  • 完璧なコクとスパイシーの両立
  • 辛口に重きを置いたバランス感

カネマラ 12年のレビューと評価

上級者にうってつけ アイリッシュの代表格

カネマラ12年はアイリッシュウイスキーの中でも、どっしりとした味わいを売りにしている銘柄です。既存のアイリッシュウイスキーに比べてスモーキー感が強く、他の5大ウイスキーと並べても遜色ないスパイシーな味わいが魅力です。アイリッシュウイスキーの個性を生かしつつも、説得力のある味わいはウイスキー愛好家を唸らせています。

カネマラ 12年はこんな人におすすめ!

辛口なアイリッシュウイスキーを探している人におすすめ