【じっくり読むと8分】

テフロン加工のおすすめのフライパンをIH対応からガス火向けのフライパンまで紹介します。併せて、テフロン加工の寿命や有害性、手入れ・洗い方、テフロン加工のメリット・デメリットについても紹介しています。

テフロン加工についての情報を知った上であなたにとって最適なフライパンを見つけてみて下さい。

テフロンとは

テフロンとは、デュポン社が商標登録しているフッ素樹脂のことです。フッ素樹脂には熱・薬品に強く、くっつかず滑りやすい、焦げ付きが防げるという特徴があります。

このことから、フライパンや鍋などの表面に塗布され、調理器具の利便性を高めるために使われています。テフロンという名称はデュポン社が商標登録しているものですが、日常的には「テフロン=フッ素樹脂」の意味で使われていることが多いようです。

テフロン加工されたフライパンは、焦げ付きにくいという特徴があります。料理の焦げ付きが気になる方におすすめです。

テフロン加工フライパンは有害?

テフロン加工のフライパンの有害性は、空焚きしない限りは問題ありません。しかし、テフロンのフッ素樹脂は加熱して390℃以上になると、フッ素樹脂が分解され有毒ガスが発生します。煮たり、焼いたり、炒めたりといった一般的な調理では180℃程度の温度までしか上がりませんから問題がありません。

しかし、空焚きしてしまうと短時間でも高温になりやすく、加熱時間によっては390℃を超えてしまうこともあります。神奈川県のホームページによると、カセットコンロでテフロン加工されたフライパンを5分空焚きすると370℃になり、400℃を超えるとフッ素樹脂の分解が起こったということです。

テフロン加工のフライパンでの調理では、240℃程度の温度でも煙が発生します。調理中に煙が発生するような場合には、注意した方がいいかもしれません。

参照:神奈川県ホームページ「フッ素樹脂加工したフライパンのテスト」http://www.pref.kanagawa.jp/docs/r7b/cnt/f370222/p440348.html

テフロン加工フライパンの寿命について

テフロン加工のフライパンの寿命は、その使い方や使用頻度により異なります。このことから、一概にどの程度の期間使用したらダメになるとは言い切れるものではありません。

ただ、テフロン加工は、フライパンの表面にフッ素樹脂をコーティングしたものです。テフロン加工の特徴に応じた使い方をし、フッ素樹脂が剥がれる期間をなるべく先に延ばすことで長く使い続けることもできます。

テフロン加工には「硬い物でこすると傷つきやすい」「高温での調理が苦手」「温度差が苦手」といった特徴があります。テフロン加工を傷つけないように、まずは「フライ返し・オタマ・ヘラ等の調理器具をテフロン加工が傷つきにくいシリコンや木製の物にする」「強火で調理しない」「調理後すぐに水に浸けない」等に気を付けて使用してみて下さい。

これらに注意して使うだけでも随分とテフロン加工が長持ちすることになり、フライパンの寿命も延びます。また、フライパンのテフロン加工には、テフロン加工の厚さが分厚い物、テフロン加工を剥がれにくくしたダイヤモンドコートやマーブルコートがあります。こういった、より丈夫なテフロン加工のフライパンを選ぶと長持ちしやすくなります。

テフロン加工フライパンの手入れ・洗い方

テフロン加工フライパンの手入れ・洗い方で大切なのは、「強くこすらない」「料理を入れたまま長時間放置しない」「急激な温度変化を与えない」この3つです。調理が済んだら直ぐに料理を器に移し替え、フライパンを少し冷ましてから柔らかなスポンジを使い優しく洗うようにしましょう。

また、調理後の熱くなっているフライパンをそのまますぐに水に浸けないように注意してください。テフロン加工は急激な温度変化が苦手です。加熱して熱くなっているのに水に浸けてしまうと急激に冷やされることになり、激しい温度変化が生じます。

テフロン加工はフッ素樹脂をフライパンの表面に塗装したものですから、金属などの硬い物や強い力でこすると傷つきます。また、テフロン加工のフライパンの表面は一見つるりとしていて滑らかですが小さな穴が空いているため、調理後の料理をそのまま長時間入れたままにしているとテフロン加工が傷む原因となります。

一度剥がれてしまったテフロン加工は、自分では復活させることはできません。テフロン加工のフライパンを長持ちさせるためには、テフロン加工を傷つけないように優しく取り扱うことが大切です。

テフロン加工フライパンの特徴・メリット・デメリット

テフロン加工フライパンの特徴は、以下の4つです。

  • 焦げ付きにくい
  • 汚れが付きにくく、手入れが簡単で楽
  • 強火の料理には使えない
  • 買い替えが必要になる

焦げ付きにくい

テフロン加工に使われているフッ素樹脂には、摩擦係数が少なく滑りやすいという特徴があります。その滑りやすさは氷よりも優っているということです。この特徴により、テフロン加工のフライパンでは焦げ付きにくく、誰でも調理しやすいというメリットがあります。

汚れが付きにくく手入れが簡単で楽

テフロン加工のフライパンははっ水性や防汚性に優れているため、汚れが付きにくく、調理による汚れを簡単に落とせるメリットがあります。調理後の手入れは、洗剤を付けて軽くスポンジでこする程度で落とせます。

鉄のフライパンのように調理法によって汚れが酷く付き、手入れが大変になることがありません。

強火の料理には使えない

テフロン加工のフライパンは強火での調理ができません。テフロン加工は高い温度が苦手で、高温で調理するとテフロン加工が傷み剥がれやすくなります。このことから、揚げ物などの高温で調理する料理には使えません。

使用用途が、弱火から中火で調理できる料理に限られます。テフロン加工のフライパンひとつでどんな調理も可能という分けではありませんから注意が必要です。

買い替えが必要になる

テフロン加工のフライパンは、鉄のフライパンのように一度購入したら何十年と使い続けられるものではありません。テフロン加工が剥がれてきて焦げ付くようになると、買い替えなければなりません。

買い替えまでの期間は使い方や使用頻度により異なりますが、1~3年程度で買い替えている方が多いようです。中には消耗品と割り切って、少しでも焦げ付き始めたら買い替えるという方もいます。

テフロン加工フライパンのおすすめメーカー一覧

テフロン加工フライパンのおすすめメーカー4つと特徴や評価を解説します。

  • T-fal (ティファール)
  • Vita Craft(ビタクラフト)
  • Meyer(マイヤー)
  • 北陸アルミ

T-fal (ティファール)

フランス人技師・マーク・グレゴリーにより、世界で初めてフッ素樹脂加工による「こびりつかないフライパン」を生み出した調理器具のトップメーカーです。新しい発想と技術で使い勝手の良い製品を数多く生み出しています。テフロン加工のフライパンでは「取ってのとれるティファール」で有名な、持ち手が取り外せて重ねて収納できるフライパンや鍋が有名です。

ティファールのフライパンには、様々な強度のテフロン加工がありますが、中でも最も耐久性があるのが「ハードチタニウム・プラス」です。「ハードチタニウム・プラス」は、チタン粒子を配合したチタンコーティングでティファール史上最高峰の耐久性がある6層構造になっています。

ハードチタニウム・プラスは、こびりつきにくさが3倍長持ちします。なるべく長くフライパンを使い続けたい方にはおすすめのメーカーです。また、フライパンの中央には予熱完了のタイミングを教えてくれるマークがついています。

このマークの変化を確認してから調理を始めると調理のベストタイミングが目で見て分かり、より美味しく料理が作れるようになります。料理初心者にとっては嬉しい機能です。

Vita Craft(ビタクラフト)

ビタクラフトは、1939年に創業されたアメリカの調理器具メーカーです。ビタクラフトの社名は、「ビタミン(ビタ)を逃さない手作り(クラフト)の鍋」から名づけられています。「家族の健康は家庭料理で守っていく」というコンセプトに基づき、宇宙工学をもとに健康調理に役立つ高機能で使いやすい調理器具を生み出しています。

ビタクラフトの調理器具の特徴は、熱伝効率が良く、無水調理鍋や無油調理など食材の栄養成分の損失を最小限に抑えながら調理ができるところです。調理がスムーズにできるだけではなく、栄養についても気になる方におすすめのメーカーです。

Meyer(マイヤー)

マイヤーは、1951年創業のアメリカが本拠地の調理器具メーカーです。世界で第二位の生産機能を有し、世界30ヶ国以上で販売されています。洗練されたデザインと熱伝導率の良い、シンプルで使い勝手の良い調理器具が得意のメーカーです。
マイヤーで人気のテフロン加工のフライパンは、スターシェフシリーズです。外側が鏡面仕上げのステンレスが美しく、スタイリッシュな雰囲気が魅力のフライパンです。内側はフッ素樹脂加工で手入れしやすく、熱伝導性の高い構造になっています。

また、マイヤーの手ごろな価格のイタリアンレッド2シリーズも人気です。光沢感のある赤が印象的なフォルムの美しいフライパンです。マイヤーは、洗練されたデザインながら、購入しやすい手ごろな価格のシリーズがあるのが魅力です。

北陸アルミ

北陸アルミは、1930年創業の富山県高岡市が本社のアルミ合金メーカーです。フライパンなどの調理器具だけではなく、建材や金型、家具など様々な製品を製造しています。国産アルミ製フライパン・鍋では全国有数の生産規模のメーカーです。

鋳造で熟練の職人により丁寧につくられ、熱ムラのない均一加熱で料理を美味しく仕上げてくれます。日本製ならではの製品技術と無駄のない洗練されたデザインが魅力です。

テフロン加工フライパンのおすすめ10選

ティファール IHルビー エクセレンス 26cm

ティファール IHルビー エクセレンス 26cmの仕様・製品情報

価格3,156円 (2019年5月13日時点)
内径26cm
深さ7.6cm
重量1,080g
対応熱源IH・ガス・電気コイルプレート・セラミックヒーター・ハロゲンヒーター

ティファール IHルビー エクセレンス 26cmのおすすめポイント3つ

  • ティファール史上最高の耐久性、6層「チタン・エクセレンス」コーティング
  • こびりつきにくく、3倍長持ち
  • 予熱完了の合図「お知らせマーク」でベストタイミング調理

ティファール IHルビー エクセレンス 26cmのレビューと評価

とにかくこびりつかない、手入れが簡単

ティファール IHルビー エクセレンスは、ティファール史上最高の耐久性を持つ6層「チタン・エクセレンス」コーティングがされていて、とにかくこびりつかないのが魅力です。「チタン・エクセレンス」コーティングはチタン粒子を配合したコーティングで、3倍長持ちします。

また、内側だけではなく、外側もフッ素樹脂加工がされているため、汚れが付きにくく手入れが簡単なのも嬉しい点です。重量が1,080gと重めですが、IHではこれぐらいの重さの方が滑りにくく使い勝手良いと好評です。

ティファール IHルビー エクセレンス 26cmはこんな人におすすめ!

こびりつかず、長く使えるフライパンを探している。

ビタクラフト ソフィアII フライパン 26cm

ビタクラフト ソフィアII フライパン 26cmの仕様・製品情報

価格2,920円 (2019年5月13日時点)
内径26cm
深さ5.8cm
重量974g
対応熱源IH・ガス・ハロゲンヒーター・ラジエントヒーター・シーズヒーター

ビタクラフト ソフィアII フライパン 26cmのおすすめポイント3つ

  • ステンレスの光沢が美しいスタイリッシュなデザイン
  • 「全面2層構造+独自コーティング」で焦げ付かない、傷つかない
  • 抜群の熱効率で調理がすすむ

ビタクラフト ソフィアII フライパン 26cmのレビューと評価

お洒落で機能的なフライパン

ビタクラフト ソフィアIIは、スタイリッシュなデザインと機能性が両立したフライパンです。フライパン全面がステンレスとアルミの全面2層構造になっていることに加え、ビタクラフト独自の3層フッ素樹脂コーティング「ナヴァロン3コート」が施されているため、熱効率が良く焦げ付かない仕様になっています。

また、「ナヴァロン3コート」は傷つきにくいという特徴があり、ステンレスターナーによる耐摩耗テスト20万回以上クリアしています。まさに、見た目がお洒落なだけではなく、機能面も充実したフライパンです。

ビタクラフト ソフィアII フライパン 26cmはこんな人におすすめ!

調理器具に機能性だけではなく、洗練された美しさを求める方。

evercook α(エバークック アルファ)フライパン 26cm

evercook α(エバークック アルファ)フライパン 26cmの仕様・製品情報

価格3,908円 (2019年5月13日時点)
内径26cm
深さ6cm
重量680g
対応熱源IH・ガス・ハロゲンヒーター・ラジエントヒーター・シーズヒーター

evercook α(エバークック アルファ)フライパン 26cmのおすすめポイント3つ

  • 軽くて、お手入れ簡単、こびりつかない
  • 「独自のアンカー構造」+「アルマイトコーティング」で剥がれない、しみ込まないフッ素樹脂コーティング
  • 2年保証で安心

evercook α(エバークック アルファ)フライパン 26cmのレビューと評価

軽くてお手入れ簡単!こびりつかない

evercook α(エバークック アルファ)フライパンは、とにかく軽くてお手入れが簡単なのが魅力です。evercook α(エバークック アルファ)フライパンのフッ素樹脂コーティングは、αダイヤ粒子入りでコーティングが強く、さらにエバークック独自の「アンカー構造」と「アルマイトコーティング」で剥がれにくく、汚れがしみ込みにくい構造になっています。

エバークック独自の特徴的なコーティングのお陰で、料理がこびりつかず、後片付けはスポンジで軽く洗い流す程度で綺麗にすることができます。

evercook α(エバークック アルファ)フライパン 26cmはこんな人におすすめ!

軽くて、手入れが簡単なフライパンを探している。

レミ・ヒラノ レミパン 24cm

レミ・ヒラノ レミパン 24cmの仕様・製品情報

価格8,300円 (2019年5月13日時点)
内径24cm
深さ16.2cm
重量約1,155g
対応熱源IH(200V熱源)・ガス・セラミックヒーター・ハロゲンヒーター・電気プレート・シーズヒーター

レミ・ヒラノ レミパン 24cmのおすすめポイント3つ

  • これ1つで多彩な調理が可能
  • 熱伝導性が良く、ムラなく加熱
  • キッチンが汚れにくい

レミ・ヒラノ レミパン 24cmのレビューと評価

これ1つで多彩な調理ができる便利な調理器具

レミ・ヒラノのレミパンは、これ1つで煮る、焼く、炒める、揚げるといった多彩な調理ができる深型のフライパンです。フライパンとしてはお値段がしますが、調理器具をこれ1つにまとめると考えるとオトクだとも言えます。

蒸気穴付きのガラス蓋もセットになっており、調理の様子を見ながら進められ便利です。また、蒸気穴から水や調味料を入れることもできます。このことから、蓋を開ける頻度が少なく済み、調理効率が良くなるだけではなく、油が跳ねたりしてキッチンを汚す心配がありません。

レミ・ヒラノ レミパン 24cmはこんな人におすすめ!

フライパン1つで色々な調理をこなしたい。キッチンを汚したくない。

ティファール グランブルー プレミア 27cm

ティファール グランブルー プレミア 27cmの仕様・製品情報

価格2,301円 (2019年5月13日時点)
内径26.8cm
深さ5.2cm
重量約880g
対応熱源ガス・電気プレートコイル・セラミックヒーター・ハロゲンヒーター/IH非対応

ティファール グランブルー プレミア 27cmのおすすめポイント3つ

  • ティファールのガス火最高ランクの5層「チタン・プレミア」コーティング
  • タフなガス火専用フライパン
  • 外面も美しいエナメル加工で綺麗が続く

ティファール グランブルー プレミア 27cmのレビューと評価

ティファールのガス火対応、最高ランクのフライパン

ティファール グランブルー プレミアは、ティファールのガス火対応フライパンで最高ランクの5層「チタン・プレミア」コーティングが施されているフライパンです。

ティファール独自の5つの耐久テストをクリアした品質で、こびりつきにくい、傷つきにくい、熱変形しにくいとタフさが魅力です。外面も熱や傷に強い美しいエナメル加工が施されていて、綺麗が長持ちます。

ティファール グランブルー プレミア 27cmはこんな人におすすめ!

ガス火用で丈夫で長持ちするテフロン加工のフライパンを探している。

北陸アルミニウム センレンキャスト フライパン 26cm

北陸アルミニウム センレンキャスト フライパン 26cmの仕様・製品情報

価格2,998円 (2019年5月13日時点)
内径26cm
深さ6.3cm
重量620g
対応熱源ガス火専用/IH非対応

北陸アルミニウム センレンキャスト フライパン 26cmのおすすめポイント3つ

  • 軽くてお洒落なガス火専用フライパン
  • 職人による鋳造で熱ムラのなく加熱
  • 高い耐久性のテフロン加工で傷つきにくい

北陸アルミニウム センレンキャスト フライパン 26cmのレビューと評価

ガス火専用の軽くてお洒落、高性能なフライパン

北陸アルミニウム センレンキャストは、木製の持ち手と艶やかなステンレスのコンビネーションがお洒落なガス火専用のテフロン加工のフライパンです。

職人による鋳造で1つ1つ作られ、熱ムラのない均一な加熱で調理が進みます。また、テフロン加工も高い耐久性のテフロンプラチナプラスが施されていて、傷つきにくく、焦げ付きません。重量も620gと軽いのが魅力です。

北陸アルミニウム センレンキャスト フライパン 26cmはこんな人におすすめ!

ガス火用の高性能でお洒落なフライパンを探している。

パール金属 ブルーダイヤモンドコート ガス火専用フライパン 28cm

パール金属 ブルーダイヤモンドコート ガス火専用フライパン 28cmの仕様・製品情報

価格1,366円 (2019年5月13日時点)
内径28cm
深さ10cm
重量530g
対応熱源ガス火専用/IH非対応

パール金属 ブルーダイヤモンドコート ガス火専用フライパン 28cmのおすすめポイント3つ

  • 安くて軽い、使い勝手の良いフライパン
  • ダイヤモンド粒子配合の三層コーティングで傷つきにくい
  • フラットな構造で手入れが楽

パール金属 ブルーダイヤモンドコート ガス火専用フライパン 28cmのレビューと評価

手ごろな価格で使いやすい

パール金属 ブルーダイヤモンドコートは、 28cmと大き目のサイズながら、手ごろな価格で使い勝手の良いフライパンです。ダイヤモンド粒子配合の三層コーティングで傷つきにくく、料理がこびりつきにくい造りになっています。

また、フライパン内部にリベットの出っ張りがなく平らであるため、洗浄しやすいです。フライパンは消耗品と割り切って使いたい方におすすめです。

パール金属 ブルーダイヤモンドコート ガス火専用フライパン 28cmはこんな人におすすめ!

フライパンは安くて、そこそこ機能的であればいいと考えている。

Meyer(マイヤー) サーキュロンオリジンズ フライパン 28cm

Meyer(マイヤー) サーキュロンオリジンズ フライパン 28cmの仕様・製品情報

価格2,816円 (2019年5月13日時点)
内径28cm
深さ14cm
重量1,004g
対応熱源IH・ガスなど全熱源対応

Meyer(マイヤー) サーキュロンオリジンズ フライパン 28cmのおすすめポイント3つ

  • 華やかなカラーが目を引く、スタイリッシュなフライパン
  • 深型のフライパンで多彩な調理に対応
  • 凸凹うずまき加工で耐久性、熱伝導アップ

Meyer(マイヤー) サーキュロンオリジンズ フライパン 28cmのレビューと評価

深型で大き目のサイズ、これ1つで多彩なメニューを調理

Meyer(マイヤー) サーキュロンオリジンズのフライパンは、華やかなカラーが印象的なフライパンです。

フライパンの内側底面にマイヤー社独自技術ののうずまき状の凸凹があり、これによりフッ素樹脂加工が長持ちし、熱伝導がアップして効率よく調理を進めてくれます。

深型で大き目のサイズのフライパンですから、これ1つで炒め物だけではなく、煮物、鍋料理と多彩なメニューを調理できます。

Meyer(マイヤー) サーキュロンオリジンズ フライパン 28cmはこんな人におすすめ!

深型・大き目のフライパンを探している。元気のでるカラーの調理器具が欲しい。

ティファール レモネード フライパン 25cm

ティファール レモネード フライパン 25cmの仕様・製品情報

価格1,728円 (2019年5月13日時点)
内径24.9cm
深さ6.6cm
重量650g
対応熱源ガス・電気プレートコイル・セラミックヒーター・ハロゲンヒーター/IH非対応

ティファール レモネード フライパン 25cmのおすすめポイント3つ

  • ティファールのベーシックタイプのフライパン
  • 浅めタイプで炒め物、焼き物料理に最適
  • 重量も軽く扱いやすい

ティファール レモネード フライパン 25cmのレビューと評価

ティファールの浅めタイプのフライパン

ティファール レモネード フライパンは、ティファールのベーシックタイプのフライパンです。ベーシックタイプですが、ミネラル粒子を配合した5層「パワーグライド」コーティングでこびりつきにくさが長持ちします。

浅めタイプのフライパンで、炒める、焼く調理に向いています。ティファールにしては手ごろな価格で購入できるフライパンです。

ティファール レモネード フライパン 25cmはこんな人におすすめ!

機能的な浅めタイプのフライパンを探している。

京セラ NEW セラフォート フライパン 28cm

京セラ NEW セラフォート フライパン 28cmの仕様・製品情報

価格3,880円 (2019年5月13日時点)
内径28cm
深さ5.7cm
重量約957g
対応熱源IH・オール熱源対応

京セラ NEW セラフォート フライパン 28cmのおすすめポイント3つ

  • 「セラミック加工+フッ素樹脂加工」で焦げ付きにくく、手入れ簡単
  • 熱伝導が良く遠赤外線効果で料理が美味しくなる
  • 省エネ調理で節約効果も期待できる

京セラ NEW セラフォート フライパン 28cmのレビューと評価

高い熱伝導と遠赤外線効果で料理美味しく、省エネ対策<

京セラ NEW セラフォート フライパンにはセラミック加工とフッ素樹脂加工がされています。 NEW セラフォート フライパンの2つの加工のお陰で高い熱伝導と遠赤外線効果が得られ、中火以下の温度でも素材のうま味をしっかりと閉じ込めて調理することができ料理を美味しく仕上げられます。

また、高い熱伝導と遠赤外線効果があるため中火以下の温度でも十分に加熱でき、省エネにも役立ちます。京セラ NEW セラフォート フライパンのフッ素樹脂加工は、傷つきにく長持ちする加工になっています。

京セラ NEW セラフォート フライパン 28cmはこんな人におすすめ!

料理を美味しく作りたい。

テフロン加工フライパンの重要ポイントまとめ

この記事で重要なポイントは以下の5つです。

  • テフロン加工フライパンの有害性は、空焚きしない限り問題はない
  • テフロン加工フライパンの寿命は、その使い方や使用頻度により異なる
  • テフロン加工フライパンには「硬い物でこすると傷つきやすい」「高温での調理が苦手」「温度差が苦手」という特徴がある
  • テフロン加工フライパンのメリットは、「焦げ付きにくい」「汚れが付きにくく、手入れが簡単」
  • テフロン加工フライパンのデメリットは、「強火での加熱ができない」「いづれは買い替えが必要 」