【じっくり読むと6分】

ソロキャンプのテントといってもいろいろな種類があります。設営がワンタッチのポップアップテントや快適性を重視したオートキャンプ用のテントなど、しっかりした知識がないとどれを選んで良いか迷ってしまいますよね。
おすすめのテントをご紹介する前に、まずはテントの選び方から見ていきましょう。ソロキャンプのテント選びで重要なのは、「自分の目的にあったテント」であるかということ。
キャンプに行く場所や季節に応じて選ぶテントは変わってきますので、以下の4種類の中からあなたの目的にあったテントを確認してみてください。




ソロキャンプ向けのテントの種類

ソロキャンプ向けテントの主な4つの種類を解説します。

  • ポップアップテント
  • ワンポールテント
  • ドームテント(登山用)
  • ドームテント(オートキャンプ用)

ポップアップテント

収納ケースから取り出して広げるだけ、ほんの数秒で設営が完了してしまうのがポップアップテント最大の魅力です。設営がとにかく簡単なので、まだ設営に慣れていない初心者の方におすすめのテントです。

ソロキャンプを始めるためにはテント以外にも揃えるものがいろいろありますよね。他のテントに比べて価格も安いので、コスパも重視したいという方にもおすすめです。

ワンポールテント

ワンポールテントとはテントの中央にポールを一本立てて設営する、ティピ型のテントです。その名の通りポールが一本しかないので、軽量かつ収納がとてもコンパクトなのが特徴です。

自転車やバイクでツーリングキャンプに行く方やバックパッカーなど、荷物をコンパクトにまとめたい方にはワンポールテントがおすすめです。見た目もおしゃれなので、フェスなどでもよく見かける人気のテントです。

ドームテント(登山用)

釣竿のようにしなるフレームを数本組み合わせて設営するドームテント。耐風性が高く過酷な環境にも耐える設計で、多くの登山用テントにも採用されている構造です。

登山用のドームテントは軽量で収納も非常にコンパクトです。荷物をコンパクトにまとめて、強風の時でも安心してキャンプを楽しみたいという方には、登山用のドームテントがおすすめです。

ドームテント(オートキャンプ用)

登山用のドームテントとは違い、居住性と快適性を重視したのがオートキャンプ用のドームテントです。登山用に比べて前室が大きい、天井も高いといった特徴があります。

メッシュパネルなども多く配置されているので、四季を通じて快適に過ごせるように設計されています。重さや収納サイズは気にせず、快適なテントが欲しいという方にぴったりのテントです。

ソロキャンプテントのおすすめメーカー一覧と特徴

ソロキャンプテントのおすすめメーカー6つと特徴を解説します。

  • ケシュア
  • DOD
  • ローカスギア
  • モンベル
  • ヒルバーグ
  • スノーピーク

ケシュア

1997年にフランスで創業されたアウトドアメーカー。創業以来変わらぬ「実用的でかつ安全・リーズナブルな製品を開発する」というコンセプトを掲げています。

ケシュアを代表するポップアップテント「2 SECONDSシリーズ」は2005年に発売され、その革新的なアイディアは多くのアウトドア愛好家に支持されています。2009年には日本上陸を果たし、多くのメディアにも取り上げられる人気メーカーへと成長しています。

DOD

2008年の創立されたアウトドアメーカー(旧名称:ドッペルギャンガー)。メーカーのコンセプトに「ビギナーでも簡単に使える構造」「買いやすい価格」と掲げられてるように、コスパ重視の初心者向けテントを作るメーカーです。

テントだけでなくキャンプ用品全般を手がけるメーカーで、初めてのキャンプを気軽に始めてもらおうという思いにあふれています。見た目もおしゃれなので、「早くキャンプを始めたい!」とワクワクした気持ちにさせてくれるアウトドアメーカーです。

ローカスギア

2009年に創業した日本を代表するガーレージメーカー。もはやガレージメーカーという枠には収まらない規模で成長し、購入するにも数ヶ月待ちというテントも多く、世界中の多くのファンに支持されています。

製品ラインナップはワンポールテントが中心で、その美しいフォルムに魅了される人が後を絶ちません。見た目がおしゃれなだけではなく機能性も申し分なく、山岳地帯でも安心して使用できるテントを製造しています。

モンベル

「世界で愛される登山用具やアウトドアグッズの開発」を目標に掲げ、1975年大阪市で設立された総合アウトドアメーカーです。創業以来、高品質な製品を作り続け、世界中のアウトドア愛好家から支持されています。

特に登山用テントには定評があり、山の中で一番多く見るのはモンベルのテントといっても過言ではありません。強風など過酷な環境下でも安心して過ごせる、信頼のおけるテントです。

ヒルバーグ

1971年、森林管理官をしていたボー・ヒルバーグがスウェーデンで創業したテントメーカー。過酷な自然環境にも対応する最高品質なテントを作り続けています。

最大の特徴はインナーテントとフライシート一体型のテント構造。通常のテントに比べて設営時間が大幅に短縮できます。

スノーピーク

オートキャンプ文化を日本に定着させたメーカーとして知られる、日本を代表するアウトドアメーカー。創業は1958年と古く、創業当時はアイゼンなどの登山用品を製造していました。

日本の気候に合わせた快適設計のテントは他の追随を許さぬ完成度で、多くのオートキャンパーから熱狂的な支持を集める人気のメーカーです。

ソロキャンプテントの失敗しない選び方

ソロキャンプテントの選び方を以下の4つのポイントから解説します。

  • 設営のしやすさ
  • 耐風性
  • 居住性
  • 収納サイズ

設営のしやすさ

キャンプの楽しみは人それぞれとは思いますが、テントの設営に時間がかかってしまいゆっくり過ごせなかった、というのはちょっと残念ですよね。

自分自身の経験に照らし合わせて、設営がしやすいテントかどうかを購入前に確認しましょう。設営経験のないキャンプ初心者の方は、ポップアップテントが一番簡単に設営できるのでおすすめです。

耐風性

お気に入りのテントを持ってあなたはどこへキャンプへ行きますか?きちんと管理されたキャンプ場であっても、天候が悪化した場合にはテントが壊れてしまうというケースもあります。

登山はもちろん、オートキャンプ場であっても森林など風を遮るものがない場所では、強風下でも安心な耐風性のあるテントを選ぶようにしましょう。

居住性

テントとは、あなたがアウトドアで暮らすための家そのものです。部屋探しをするときと同じように、どれくらいの広さが欲しいか、荷物を置くスペースは必要か、しっかりと確認しましょう。

また、メッシュパネルなど通気性がきちんと確保されているかも、テントで快適に過ごすための重要なポイントです。自分がキャンプしたい季節も、テント選びの際には考慮するようにしましょう。

収納サイズ

キャンプに行く時の移動手段はなんでしょうか?車でキャンプに行く方はそこまで収納サイズを気にしなくても良いですが、自転車やバイクなどの場合は車載量が限られるので、購入前に収納サイズをきちんと確認しましょう。

居住性に優れたテントほど収納サイズは大きくなる傾向があります。居住性とテントの収納サイズは相関関係にあるので、自分がどちらを重視するかで選ぶことが大切です。

ソロキャンプテントのおすすめ10選

ケシュア 2 SECONDS EASY 2 FRESH&BLACK

ケシュア 2 SECONDS EASY 2 FRESH&BLACKの仕様・製品情報

価格23,000円 (2019年5月12日時点)
テントの種類ポップアップテント
収納サイズ直径71cm(ディスク型)
重量3.3kg
適応シーズン春〜秋

ケシュア 2 SECONDS EASY 2 FRESH&BLACKのおすすめポイント3つ

  • 2秒で設営完了!撤収も簡単なポップアップテント
  • 遮熱性と遮光性に優れたテント生地
  • 通気性抜群の大型ベンチレーション

ケシュア 2 SECONDS EASY 2 FRESH&BLACKのレビューと評価

2秒で設営できる本格派ポップアップテント

テントの名前にもある通り、たったの2秒という短時間で設営できてしまうポップアップテント。撤収も非常に簡単で、固定が必要なクリップが色分けされ直感的に理解できるように作られています。

テントで快適に過ごす際に重要な、遮光性と遮熱性を兼ね備えたテント生地を採用しているので、居住性も問題ありません。大型のベンチレーションのおかげで夏でも涼しく過ごすことができます。

ケシュア 2 SECONDS EASY 2 FRESH&BLACKはこんな人におすすめ!

設営と撤収が簡単スピーディなテントが欲しい!

DOD ライダーズワンタッチテント

DOD ライダーズワンタッチテントの仕様・製品情報

価格17,800円 (2019年5月12日時点)
テントの種類ポップアップテント
収納サイズ56×19×19 cm
重量3.2kg
適応シーズン春〜秋

DOD ライダーズワンタッチテントのおすすめポイント3つ

  • ロープを引っ張るだけの簡単ワンタッチ設営
  • バイクの積載制限を考慮した収納サイズ
  • 夜間の設営もしやすい反射素材

DOD ライダーズワンタッチテントのレビューと評価

ツーリングキャンパーが喜ぶ新設設計

テント上部に取り付けられたロープを引っ張ることでワンタッチに設営可能。ツーリング後、夕暮れにキャンプ場に到着したとしても、スピーディにテントを設営することができます。

夜間での設営にも対応して、反射素材を随所に採用。バイクの積載制限を考慮した収納サイズなど、ツーリングキャンパーのことを考えたテントです。

DOD ライダーズワンタッチテントはこんな人におすすめ!

ワンタッチで設営できるツーリング用のテントが欲しい!

DOD ライダーズワンポールテント

DOD ライダーズワンポールテントの仕様・製品情報

価格16,593円 (2019年5月12日時点)
テントの種類ワンポールテント
収納サイズ50×14×14 cm
重量2.5kg
適応シーズン春〜秋

DOD ライダーズワンポールテントのおすすめポイント3つ

  • 大きい前室を備えたツールーム構造
  • ポールを立ち上げるだけの簡単設営
  • オプションポールで前室を開放的なリビングに

DOD ライダーズワンポールテントのレビューと評価

広々とした前室を備えた贅沢空間

大人一人がゆったりと横になれる寝室部分と、同じ大きさの前室を備えた広々としたワンポールテントです。高さも180cm以上あるので、立ったまま出入りできるのも嬉しいですね。

オプションポールを使いパネルをはねあげれば、小型タープの出来上がり。ソロキャンプとは思えないほどの贅沢な空間を楽しめます。

DOD ライダーズワンポールテントはこんな人におすすめ!

広々としたワンポールテントが欲しい!

ローカスギア カフラ HBキット

ローカスギア カフラ HBキットの仕様・製品情報

価格71,799円 (2019年5月12日時点)
テントの種類ワンポールテント
収納サイズ30×12×12 cm(フライシート)30×12×12 cm(インナーテント)
重量1.2kg
適応シーズン春〜秋

ローカスギア カフラ HBキットのおすすめポイント3つ

  • 山岳地帯でも使用できるワンポールテント
  • インナーテントを外して小型シェルターとしても使用可能
  • 高品質素材で超軽量を実現

ローカスギア カフラ HBキットのレビューと評価

ハイスペックなワンポールテント

定員4名のテントと聞くと少しい大きいと感じるかもしれませんが、このサイズのテントをソロキャンプでゆったり使うのがおすすめです。荷物の置き場にも困らず、ストレスフリーにキャンプを楽しめますよ。

インナーテントを外すこともできるので、夏場はコットで寝るといったスタイルも良いですね。山岳地帯でも使用できるほどの耐風性なので、悪天候でも安心できるテントです。

ローカスギア カフラ HBキットはこんな人におすすめ!

ハイスペックで贅沢なワンポールテントが欲しい!

モンベル クロノスドーム1型

モンベル クロノスドーム1型の仕様・製品情報

価格33,000円 (2019年5月12日時点)
テントの種類ドームテント(登山用)
収納サイズ33×16×16 cm(本体)43×6×6 cm(ポール)
重量2.2kg
適応シーズン春〜秋

モンベル クロノスドーム1型のおすすめポイント3つ

  • コスパ抜群の登山用ドームテント
  • 特許取得の独自フレーム構造
  • 難燃加工が施された安心のテント生地

モンベル クロノスドーム1型のレビューと評価

コスパに優れた安心の登山用テント

安い価格にも関わらず、登山用テントとして安心の性能を誇るクロノスドーム1型。独自のフレーム構造を採用することで、他の同サイズのテントに比べて広々とした空間を作り出しています。

テント本体の記事には難燃加工が施されているので、焚き火好きのキャンパーにとってはうれしいポイントですね。コスパに優れた高品質テント、まさにモンベルの真骨頂と言えるおすすめのテントです。

モンベル クロノスドーム1型はこんな人におすすめ!

コスパ良し、性能良しのテントが欲しい!

ヒルバーグ ソウロ

ヒルバーグ ソウロの仕様・製品情報

価格103,680円 (2019年5月12日時点)
テントの種類ドームテント(登山用)
収納サイズ53×20×20 cm
重量2.4kg
適応シーズンオールシーズン

ヒルバーグ ソウロのおすすめポイント3つ

  • フライシートとインナーテントをまとめて設営
  • 冬場の使用に適した暖か設計
  • 設営場所を選ばない自立式テント

ヒルバーグ ソウロのレビューと評価

冬キャンプに最適な北欧生まれのテント

北極圏にほど近いスウェーデンで生まれたテントだけあり、冬場に暖かく過ごせることが大きな魅力です。フライシートと地面の間に隙間がなく、冷気の入り込みを抑えてくれます。

フライシートとインナーテントが一体となっているので、初心者の方でも簡単に設営できます。ペグを使用しなくても前室まで全て自立してくれるので、ペグの打てない駐車場などでも使用可能です。

ヒルバーグ ソウロはこんな人におすすめ!

設営の簡単な冬に使えるテントが欲しい!

スノーピーク ファル Pro.air 2

スノーピーク ファル Pro.air 2の仕様・製品情報

価格48,799円 (2019年5月12日時点)
テントの種類ドームテント(登山用)
収納サイズ33×17×17 cm(本体)50×11 cm(ポール)
重量1.7kg
適応シーズンオールシーズン

スノーピーク ファル Pro.air 2のおすすめポイント3つ

  • 軽量さと快適性を両立した登山用テント
  • インナーテントを外してシェルター使用も可能
  • シンプルでスピーディな簡単設営

スノーピーク ファル Pro.air 2のレビューと評価

快適性を諦めないスノーピークらしさ溢れる登山用テント

スノーピークといえばオートキャンプ用のテントのイメージが強いですが、タフな登山用テントも作っています。他の登山用テントに比べて前室が広く、快適性もきちんと確保しているのがスノーピクらしいですね。

フレーム2本というシンプルな構造なので、設営方法に迷うこともないでしょう。インナーテントは取り外しができるので、超軽量シェルターとして使うのもおすすめです。

スノーピーク ファル Pro.air 2はこんな人におすすめ!

軽くて快適な登山用テントが欲しい!

スノーピーク アメニティドームS

スノーピーク アメニティドームSの仕様・製品情報

価格32,184円 (2019年5月12日時点)
テントの種類ドームテント(オートキャンプ用)
収納サイズ58×18×23 cm
重量5kg
適応シーズン春〜秋

スノーピーク アメニティドームSのおすすめポイント3つ

  • コスパ抜群のハイクオリティテント
  • リビングとしても使える広々前室
  • 耐風性に優れた低重心設計

スノーピーク アメニティドームSのレビューと評価

圧倒的なコスパを誇る名品テント

スノーピークを代表するファミリーテント「アメニティドームM」のソロキャンプ仕様。テントの生地は上位機種と同じスペックにも関わらず、生産コストなどを見直すことで驚きの安さを実現しています。

広々とした前室は、オプションポールを追加することで小型タープに大変身。ソロキャンプであればアメニティドームSだけで寝室もリビングも兼ねてくれます。

快適さだけでなく耐風性もしっかり考慮されていて、天井を低めにすることで強風にもしっかり耐えてくれる頼もしいテントです。

スノーピーク アメニティドームSはこんな人におすすめ!

コスパも性能も妥協しない快適なテントが欲しい!

スノーピーク ランドブリーズ2

スノーピーク ランドブリーズ2の仕様・製品情報

価格64,584円 (2019年5月12日時点)
テントの種類ドームテント(オートキャンプ用)
収納サイズ60×18×23 cm
重量5.5kg
適応シーズンオールシーズン

スノーピーク ランドブリーズ2のおすすめポイント3つ

  • スノーピークの最高峰ソロテント
  • 夏は涼しく冬は暖かく、この上ない快適性
  • ビクともしない強靭なフレーム構造

スノーピーク ランドブリーズ2のレビューと評価

スノーピークのこだわりが詰まった最強テント

スノーピークの最高峰シリーズ「Proシリーズ」唯一のソロキャンプ用テント。素材や機能など、あらゆる面において最高峰のスペックを誇ります。

大型のメッシュパネルは風通しがよく、真夏のキャンプを涼しくしてくれます。フライシートに装備されたマッドスカートは、冬の冷たい冷気の遮断し、一晩通して暖かさを逃がしません。

押してもビクともしない強靭なフレーム構造も併せ持ち、まさに最強と呼ぶにふさわしいテントです。

スノーピーク ランドブリーズ2はこんな人におすすめ!

機能と快適性にこだわった最強のテントが欲しい!

スノーピーク リビングシェルS

スノーピーク リビングシェルSの仕様・製品情報

価格102,384円 (2019年5月12日時点)
テントの種類ドームテント(オートキャンプ用)
収納サイズ73×27×26 cm
重量12kg
適応シーズンオールシーズン

スノーピーク リビングシェルSのおすすめポイント3つ

  • 一人でも設営簡単なシンプル構造
  • オプションを追加して自分好みにカスタマイズ
  • 冬でも暖かい広々リビング

スノーピーク リビングシェルSのレビューと評価

小型シェルターで贅沢なソロキャンプ

スノーピークに人気ナンバーワンシェルター「リビングシェル」のSサイズバージョン。シェルターはファミリーキャンプのイメージがありますが、リビングシェルSは大人一人で簡単に設営ができるので、ソロキャンプにもおすすめです。

オプションのインナーテントを追加したり、ソロテントをシェルター内に立てれば小型のツールームテントに。アイディア次第で使い方の幅が広がります。シェルタータイプのリビングは冬キャンプの強い味方。冬も暖かくキャンプしたいという方には特におすすめのテントです。

スノーピーク リビングシェルSはこんな人におすすめ!

冬キャンプで暖かく過ごせるテントが欲しい!

ソロキャンプテントの重要ポイントまとめ

この記事で重要なポイントは以下の3つです。

  • 自分の目的にあったテントを選ぼう
  • 設営のしやすさ・耐風性・快適性をチェックしよう
  • 移動手段を考慮して収納サイズをチェックしよう