【2020年版】iPhone用三脚の最強おすすめ10選

ここ数年スマホカメラのクオリティ向上はとどまることを知らず、今では大会や式典、旅行などでの本格的な写真撮影にもスマホを用いる人が少なくありません。とはいえ手に携えての撮影ではどうしてもブレが生じるうえ、長時間持っていると腕も疲れてしまうでしょう。
そこで活躍するのが、スマホをホルダーに固定して設置できるiPhone用三脚です。当記事ではiPhone用三脚のおすすめ製品を、操作性や持ち運びやすさなど様々な観点から紹介します。

iPhone用三脚とは

iPhone用三脚とはブレなく写真・動画撮影を行えるようにするための道具で、折りたたみ可能な製品が多くどこでも気軽に持ち運べるのが魅力です。ホームセンターや家電量販店など、スマホアクセサリーを扱っている大半の店でお求めいただけます。

iPhone用三脚の選び方

iPhone用三脚の選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 三脚のタイプと自身のニーズを比較しよう
  • 持ち運ぶことを意識して選ぼう
  • 手持ちのiPhoneの重量・サイズをチェック

三脚のタイプと自身のニーズを比較しよう

iPhone用三脚には主に3つのタイプがあり、1つは自撮り棒としても使える行楽向けの三脚。2つ目はくねくねした脚部が特徴の三脚で、木の枝などに巻き付けることも可能なためアウトドアに向いています。

3つ目は直立型のシンプルな三脚で、本格的な撮影を行う場合は直立型が最も活躍するでしょう。

持ち運ぶことを意識して選ぼう

iPhone用三脚のなかにはリモコンで遠隔撮影できる製品や、風景写真向けに水平器を搭載した製品など便利なものがたくさんあります。

しかしiPhoneと一緒に持ち運ぶものである以上、多機能でも重すぎ・大きすぎな製品はかえって不便なので、軽さや収納性にもしっかり注目してください。

手持ちのiPhoneの重量・サイズをチェック

最後にこれから購入しようとしている三脚が、手持ちのiphoneの重量・サイズに対応しているかを必ずチェックしておきましょう。

「重さで三脚が転倒してしまう」「そもそも取り付けられない」など、買ってから後悔するようなことは避けたいですからね。

iPhone用三脚のおすすめ10選

iPhone用三脚のおすすめ10選を紹介します。

Trackbee セルカ棒

Trackbee セルカ棒の仕様・製品情報

価格 1799円 (2020年5月31日時点)
重量 230g
伸縮域 20~100cm
回転角 横360°/縦120°
対応スマホサイズ 5.2~10.5cm

Trackbee セルカ棒のおすすめポイント3つ

  • どんなアングルからでも撮影できる!
  • リモコンの操作が簡単!
  • 20cmまで縮むので持ち運びやすい!

Trackbee セルカ棒のレビューと評価

自撮り棒タイプのなかでも、屈指の使いやすさと携帯性が魅力!

Trackbee セルカ棒は自撮り棒としても使える三脚で、最大1mまで伸びるうえに可動域も広いため好みのアングルから撮影できます。

20cmほどに縮めて折りたためるので持ち運びやすく、遠隔撮影用のリモコンはボタン1つで簡単に操作できるため、機械に疎い人でも安心して使えます。

Trackbee セルカ棒はこんな人におすすめ!

どこでも手軽に自撮りを楽しみたい人

Rakum 自撮り棒

Rakum 自撮り棒の仕様・製品情報

価格 1499円 (2020年6月1日時点)
重量 148g
伸縮域 23~66cm
回転角 横360°/縦220°
対応スマホサイズ 6~9cm

Rakum 自撮り棒のおすすめポイント3つ

  • クリップに伸縮性があり、幅広いスマホ機種に対応!
  • クランプの可動域が広く、縦置きでの撮影にも便利!
  • 軽量でありながら頑丈なアルミニウム合金素材を使用!

Rakum 自撮り棒のレビューと評価

ヘッドの機能性に優れ、家族や友人と気軽にシェアできる自撮り棒

Rakum 自撮り棒はポール部分だけでなくクリップも伸縮するため、iPhoneやAndroidの幅広い機種を装着できます。

また148gの軽量ボディでありながら堅牢性にも優れるので、家族間や友人間で気軽に使い回せるでしょう。

Rakum 自撮り棒はこんな人におすすめ!

集団で行楽に出かけることが多く、かつ周囲に自撮り棒の所持者が少ない人

Ginova 自撮り棒

Ginova 自撮り棒の仕様・製品情報

価格 2099円 (2020年6月1日時点)
重量 235g
伸縮域 20~100cm
回転角 横360°/縦120°
対応スマホサイズ 5.2~10.5cm

Ginova 自撮り棒のおすすめポイント3つ

  • 伸縮式クリップで、幅広いサイズのスマホに対応!
  • 脚部に滑り止めがついてるなど、三脚としての性能も十分!
  • 好みのアングルから撮影できる!

Ginova 自撮り棒のレビューと評価

滑り止めつきの三脚は安定感バツグン! 本格的な撮影もしたい人向けの自撮り棒

Ginova 自撮り棒は伸縮式クリップにより対応機種が幅広く、脚部の滑り止めにより三脚としても使いやすいなど、活用できる場面の豊富さが何よりの魅力です。

伸縮性・可動域ともに優れており、横向きの集合写真も、縦向きの個人写真も思いのままに撮影できます。

Ginova 自撮り棒はこんな人におすすめ!

行楽目的だけでなく、Web会議などビジネスシーンにも活用したい人

Bigbull ミニ三脚ホルダー

※現在売り切れ中です。

Bigbull ミニ三脚ホルダーの仕様・製品情報

価格 1200円 (2020年6月1日時点)
サイズ 4.0×4.0×28.5cm
重量 145g
回転角 横360°/縦180°
対応スマホサイズ 6.0~9.5cm

Bigbull ミニ三脚ホルダーのおすすめポイント3つ

  • あらゆる場所に取り付けられ、撮影方向が自由自在!
  • スマホだけでなく、デジカメやタブレットも装着可能!
  • リモコンを使っての遠隔撮影もできる!

Bigbull ミニ三脚ホルダーのレビューと評価

フレキシブルな脚部と角度自由な雲台で、設置場所も撮影アングルも思いのまま!

Bigbull ミニ三脚ホルダーは脚部を自由に曲げられるのが特徴で、雲台の可動域が広いうえにリモコンでの遠隔撮影もできるため、どこからでも撮影を行えます。

デジカメを装着することも可能なので、安定した足場の少ないアウトドアシーンでは特に活躍するでしょう。

Bigbull ミニ三脚ホルダーはこんな人におすすめ!

アウトドアで本格的なスマホ撮影を楽しみたい人

Vikrin フレキシブルミニ三脚

Vikrin フレキシブルミニ三脚の仕様・製品情報

価格 1679円 (2020年6月1日時点)
サイズ 4.5×4.5×28cm
重量 140g
回転角 横360°/縦180°
対応スマホサイズ 5.5~9.5cm

Vikrin フレキシブルミニ三脚のおすすめポイント3つ

  • 航空アルミ素材により、柔軟性と耐久性を両立!
  • 脚部が滑り止めつきなので、立たせて使うときにも便利!
  • リモコンを使っての遠隔撮影も可能!

Vikrin フレキシブルミニ三脚のレビューと評価

安定性と耐久性が魅力! 長く使えるフレキシブル三脚

Vikrin フレキシブルミニ三脚は、それぞれの部位に航空アルミなど頑丈な素材を用いているため、どこにでも巻き付けられる柔軟性を持ちながら耐久力にもすぐれています。

また脚部にも強度の高い滑り止めがついてるので、三脚を立たせて使う際も安定した撮影が行えます。

Vikrin フレキシブルミニ三脚はこんな人におすすめ!

フレキシブル三脚に興味があるものの、耐久面を不安に感じている人

Kondolen スマホ用三脚 コンパクトサイズ

Kondolen スマホ用三脚 コンパクトサイズの仕様・製品情報

価格 150円 (2020年6月1日時点)
サイズ 8.6×3.0×18.8cm
重量 60g
対応スマホサイズ 5.5~8.5cm

Kondolen スマホ用三脚 コンパクトサイズのおすすめポイント3つ

  • スマホ用三脚とは思えない破格の安さ!
  • 60gという圧倒的軽さで、ほとんど荷物にならない!
  • 脚部の柔軟性やホルダーのバネ強度にもすぐれ、コスパが非常に良い!

Kondolen スマホ用三脚 コンパクトサイズのレビューと評価

お求めやすく、持ち運びやすい! 初心者向けのフレキシブル三脚

Kondolen スマホ用三脚 コンパクトサイズは、数百円の製品とは思えない柔軟性を持ち、初心者でも手軽にフレキシブル三脚の利便性を味わえます。

60gという軽さにより持ち運びの負担もほとんどないので、スマホ三脚のお試し購入にはもってこいといえるでしょう。

Kondolen スマホ用三脚 コンパクトサイズはこんな人におすすめ!

スマホ用三脚を買ったことがなく、使い心地を手軽に試したい人

Antarc スマートフォン 三脚

※現在売り切れ中です。

Antarc スマートフォン 三脚の仕様・製品情報

価格 2000円 (2020年6月1日時点)
重量 345g
伸縮域 35~110cm
回転角 縦横360°
対応スマホサイズ 10.5cmまで

Antarc スマートフォン 三脚のおすすめポイント3つ

  • 水平機能によりブレることなく撮影できる!
  • ホルダーサイズが大きいので、流行りの大画面スマホも無理なく使える!
  • 伸縮自在かつ縦方向の撮影もできるなど、取り回しがいい!

Antarc スマートフォン 三脚のレビューと評価

人気機種のスマホカメラを最大限活かせる、機能性重視の直立型三脚

Antarc スマートフォン 三脚は水平機能や滑り止めラバーにより、安定した撮影を行えるのが魅力です。

ホルダーサイズが大きく流行りの大画面スマホに対応しているため、運動会や結婚式などメモリアルな場での撮影にも向いています。

Antarc スマートフォン 三脚はこんな人におすすめ!

普段の行楽シーンだけでなく、大切な行事にもスマホカメラを活用したい人

Vertrauen 超軽量スマホ三脚

※現在売り切れ中です。

Vertrauen 超軽量スマホ三脚の仕様・製品情報

価格 2280円 (2020年6月1日時点)
重量 340g
伸縮域 35~111cm
回転角 縦横360°
対応スマホサイズ 5.5~10.5cm

Vertrauen 超軽量スマホ三脚のおすすめポイント3つ

  • 縦置きでも好きなアングルから撮影できる!
  • 直立型三脚のなかではトップクラスに持ち運びやすい!
  • 水準器を搭載しており、ブレのない写真が撮れる!

Vertrauen 超軽量スマホ三脚のレビューと評価

軽量ボディと3WAY雲台が特徴の、使いやすさを重視した直立型三脚

Vertrauen 超軽量スマホ三脚は、縦横ともに360°回転するうえスマホの縦置きにも対応した3WAY雲台を搭載しており、縦撮影のしやすさはスマホ三脚のなかでもピカイチです。

また直立型にしては軽量コンパクトなボディで、収納袋も付属しているため大変持ち運びやすくなっています。

Vertrauen 超軽量スマホ三脚はこんな人におすすめ!

スマホ三脚を縦置きで使うことが多い人

JingXiGuoJi カメラ三脚

※現在売り切れ中です。

JingXiGuoJi カメラ三脚の仕様・製品情報

価格 3899円 (2020年6月1日時点)
重量 1.3kg
伸縮域 46~150cm
回転角 縦横360°
対応スマホサイズ 5.5~9.9cm

JingXiGuoJi カメラ三脚のおすすめポイント3つ

  • 障害物や人混みの後ろからでも撮影しやすい!
  • 縦横に自由に回転でき、カメラを瞬間的に取り外せるなど取り回しもいい!
  • 元がデジタルカメラ向けなため、耐久性もバツグン!

JingXiGuoJi カメラ三脚のレビューと評価

150cmという圧倒的高さが魅力! スマホホルダーが付属したデジカメ仕様の直立型三脚

JingXiGuoJi カメラ三脚は脚部が最大150cmまで伸びるため、遠景の撮影はもちろん、イベント会場など人が多い場所での撮影も難なくこなせます。

もともとデジカメでの使用を想定して作られているため、操作性や耐久性も一般的なスマホ向け三脚とは段違いです。

JingXiGuoJi カメラ三脚はこんな人におすすめ!

スマホでの写真撮影そのものを趣味にしている人

Hoplaza ミニ三脚

Hoplaza ミニ三脚の仕様・製品情報

価格 1280円 (2020年6月1日時点)
重量 80g
伸縮域 最大14.8cm
回転角 横360°/縦90°
対応スマホサイズ 5.5~8.5cm

Hoplaza ミニ三脚のおすすめポイント3つ

  • スマホ三脚のなかでも屈指の小型設計!
  • 随所にゴム加工が施されているので、持っても置いても安定する!
  • 小型でありながらヘッドの可動域が広い!

Hoplaza ミニ三脚のレビューと評価

軽量コンパクトにこだわる人向け! 手のひらサイズの小型三脚

Hoplaza ミニ三脚は80gという超軽量ボディに加え、水平方向に360°回転でき、さらには脚部をたたんで棒状にもできるなど使いやすさを極めた三脚です。

脚部やハンドルにゴム加工が施されているので、小型三脚にありがちな不安定さも解消しています。

Hoplaza ミニ三脚はこんな人におすすめ!

ポケットに入るレベルの小型三脚をお求めの人