【じっくり読むと1分】

今回はシャープやダイキン、パナソニックなどに代表される空気清浄機の人気メーカーランキング5選(2019年版)をご紹介します。花粉やPM2.5、タバコ臭の除去はもちろん、加湿機能付きモデルや動作音が静かなモデルなどメーカーの特徴ごとにご紹介していきます。

空気清浄機のおすすめメーカー一覧

空気清浄機のおすすめメーカー5つと特徴や評価を解説します。

  • パナソニック(Panasonic)
  • ダイキン(DAIKIN)
  • シャープ(SHARP)
  • 日立(HITACHI)
  • ダイソン(Dyson)

パナソニック(Panasonic)

パナソニックの空気清浄機は、花粉の除去に効果的な「ナノイーX」が有名です。パナソニックの空気清浄機は、日本で主要となっている12種類の花粉除去に対応しているので、花粉症に悩まされている方や小さなお子さんのいる家庭にの方におすすめです。

またパナソニックの空気清浄機は、動作音が静かなモデルも多くライナップされています。

ダイキン(DAIKIN)

「ストリーマ」と呼ばれるテクノロジーが有名なダイキンの空気清浄機は、花粉やウイルス、PM2.5を効果的に除去できることで人気です。

ダイキンの空気清浄機は、タバコなどの嫌な臭いを除去する消臭効果にも優れています。

シャープ(SHARP)

空気清浄機としては知名度の高い「プラズマクラスター」を搭載したモデルがシャープのおすすめです。

プラズマクラスターを搭載したシャープの空気清浄機であれば、カビやウイルスを抑えながら消臭効果も期待できます。

日立(HITACHI)

日立の空気清浄機は自動お掃除機能を搭載したモデルで人気です。自動お掃除機能を搭載した日立製空気清浄機は、本体背面にあるプレフィルターで大きな埃が内部に入り込むのを防ぎ、自動的に掃除してくれます。

日立の空気清浄機は、本体内部にステンレス素材を使用しているモデルもあり、定期的なメンテナンスが苦手な方におすすめです。

ダイソン(Dyson)

掃除機で有名なダイソンですが、空気清浄機・ヒーター・扇風機の3つの機能を搭載した製品も製造しています。

ダイソンの空気清浄機は、羽なし扇風機と同様の特徴的なデザインをしており、外観にこだわる方にもおすすめです。