【じっくり読むと11分】

赤ちゃんの髪や頭皮の気になる匂いやフケ、乾燥肌や肌トラブルを抑えるおすすめのベビーシャンプーをご紹介します。ベビーシャンプーの注目したい成分やベビーシャンプーの選び方、おすすめのメーカーや赤ちゃんのシャンプーのやり方など、参考にしてほしい情報も掲載しました。

思わず頬ずりをしたくなる天使のような赤ちゃんですが、体や頭から漂う匂いに気づく人も多いでしょう。赤ちゃんの小さな体は代謝が活発な上に、大人と同じくらいの数の汗腺があります。

そのため赤ちゃんは、大人の2倍とも言われるほどの汗っかきなのです。それなのに赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、大人と一緒のシャンプーを使うのは不安ですよね。

匂い、フケ、保湿、香り、肌トラブル、天然成分など注目したい観点から、おすすめのベビーシャンプーを幅広くご紹介します。

ベビーシャンプーとは

ベビーシャンプーとは、刺激を抑えつつ繊細なな赤ちゃんの肌を清潔に保つものです。ベビーシャンプーの具体的な重要性について、赤ちゃんの体の特徴からお話しをしていきます。

大人の肌が弱酸性なのに対し、赤ちゃんの肌は中性に近いのです。中性に近い肌は細菌の繁殖が活発になりやすいため、肌トラブルを招いてしまいます。そのため、赤ちゃんの肌を弱酸性で守ってあげることがポイントです。

表皮の外側には角層があり、角層はバリア機能にとって重要な役割を持っています。しかし、赤ちゃんの皮膚は厚みが約1mmで、大人の半分程度しかありません。バリア機能を持つ角層が大人よりも薄いため、外部からの刺激に弱いのです。

角層が薄く刺激に弱いというのも、肌トラブルを引き起こす原因であることを忘れてはいけません。赤ちゃんのよだれや涙を拭き取ってあげるときの摩擦で、バリア機能が低下することもあるのです。そのためベビーシャンプーは、赤ちゃんの肌にトラブルを引き起こさない低刺激性であることが求められます。

角層は水分・細胞間脂質・天然保湿因子がバランスを維持し、肌の機能を保っています。しかし、乳幼児の皮膚は水分・細胞間脂質・皮脂量が1年を通して低く、乾燥しやすいため保湿成分も必要です。

乾燥した肌は荒れやすいため、細菌などの侵入を許してアレルギー反応を引き起こすリスクも高まります。新生児期から体の保湿に心がけることで、アトピー性皮膚炎が発症するリスクの低下が見られたという研究結果も出ているのです。

ベビーシャンプーはいつまで使えば良いのか?

ベビーシャンプーはいつまで使えば良いのかという明確な基準はありません。口コミやレビューを見ると、3歳くらいでキッズ用シャンプーに切り替える先輩ママが多いようです。

しかし、髪の量や髪質、肌質には個人差があるので、赤ちゃんの様子を見ながら切り替えましょう。初めて使うベビーシャンプーやキッズ用シャンプーに切り替えた時は、パッチテストをして様子を見ることも大切です。

ベビーシャンプーの注目したい成分・効果

ベビーシャンプーの注目したい成分・効果は、以下の3つです。

  • 界面活性剤に注目
  • 保湿成分に注目
  • オーガニック成分に注目

界面活性剤に注目

界面活性剤とは性質を変化させる物質で、洗剤・医薬品・化粧品・食品などに使われています。水になじむ親水性と油に馴染む親油性があります。水と油は混ざり合わないものですが、性質を変えて混ざり合うようにする目的で使用される成分です。

洗浄効果はありますが、食器洗いなどで肌荒れの原因となるのが界面活性剤なのです。赤ちゃんの肌の厚みは大人の半分程度で、バリア機能も弱くとても繊細です。そのため、特に赤ちゃんに使用するものは、界面活性剤を含まない商品が望ましいのです。

ベビーシャンプーでも商品によっては界面活性剤を使用しているものもあります。特に乾燥肌やアトピーなどの肌トラブルがある場合は、界面活性剤には気をつけてください。

保湿成分に注目

赤ちゃんの肌はデリケートなので、バリア機能が破壊されると細菌などが入り込んでしまいます。赤ちゃんの肌をと健康を守るために、保湿はとても大切なことです。

ベビーシャンプーを選ぶ時は潤いを与えるタイプの商品を選びましょう。また、ベビーローションで潤いを保ってあげるのも効果的です。赤ちゃんの肌の保湿を考えると、皮脂を取りすぎる洗浄力もおすすめできません。

オーガニック成分に注目

赤ちゃんの頭皮や髪のことを考えているのがベビーシャンプーですが、その中でもオーガニック系は環境にも人にも優しいので人気があります。天然由来成分を中心に製造しているので、低刺激なのが特徴です。

しかし、オーガニック系だからといって安心はできません。天然由来成分に対してアレルギー反応を起こす人もいます。また、100%天然由来成分で製造しているとは言い切れません。オーガニック系でも肌に異常が見られた時は、速やかに医師に相談をしましょう。

ベビーシャンプーのやり方

  1. シャンプー前の準備
  2. 沐浴をする前に、くしで赤ちゃんの髪をとかしましょう。指通りが良くなるので髪を洗いやすくなります。赤ちゃんにちょうどいい38~40℃のぬるま湯を用意します。

    月齢が低い時や温度に敏感な赤ちゃんの場合は、37~38℃くらいの温度に設定しましょう。温度調整ができるシャワーを使うと楽ですが、シャワーの最中に温度が変化しないように十分気をつけてあげてください。

    温度変化があるシャワーの場合は、洗面器などにぬるま湯を用意してからシャンプーをするといいでしょう。時間がかかると温度が下がるので、手早く済ませてあげましょう。

  3. 赤ちゃんの髪を洗いやすい姿勢
  4. 赤ちゃんが髪を洗うのを嫌がる原因を減らしていきましょう。赤ちゃんがシャンプーを嫌がる理由として、体勢が苦しい・顔に水がかかる・鼻に水が入る・目に染みる・眼をつぶるのが怖いなどが挙げられます。

    成長に合わせた姿勢や赤ちゃんが落ち着く姿勢でシャンプーをしてあげるのがポイントです。おすわりができるなら膝の上に乗せて、赤ちゃんの胸を片手で支えてあげるといいでしょう。前屈姿勢にならないため、呼吸が苦しくならず恐怖心が和らぎます。

    上を見ながらシャンプーをすると目に染みにくくなります。赤ちゃんを抱き寄せて上を向かせるのも効果的です。ママの胸に抱かれることで安心感もあり、スキンシップとしても効果が大きいのでおすすめです。

    また、タオルで顔を押さえてあげるといいでしょう。力を入れて押さえると、苦しくて怖がるので力加減には注意をしてください。

  5. 赤ちゃんが嫌がらないシャワーの当て方
  6. 手で赤ちゃんの髪を濡らしてからシャワーを当てるようにしてください。0~4ヶ月くらいの時期にシャワーで怖い思いをすると、シャワーを嫌がる子どもになると言われています。

    シャワーの音や水圧が怖がる要因になっているので、頭皮に近い距離で使いましょう。シャワーのヘッドをガーゼや手で押さえて水圧を調整するのもおすすめです。声をかけたり歌ったりすると、沐浴が楽しくなって思い気持ちも紛れます。

    どうしてもシャワーの水圧や音を怖がる赤ちゃんには、ぞうさんジョウロを使うなどで対処してみてください。顔に水がかかるのを怖がる赤ちゃんには、シャンプーハットを使ってあげましょう。

    シャンプーハットにはサイズがあります。サイズ違いのシャンプーハットでは効果が無いので、サイズを確かめて買うようにしてください。

  7. 予洗いをする
  8. シャンプーをする前に、ぬるま湯で髪や頭皮の汚れを落とすのが予洗いです。指で髪をとかすようにして、髪や頭皮の汚れを落としましょう。

    予洗いをするとシャンプーの泡立ちも良くなります。泡立ちがいいと髪全体にシャンプーが行き渡るようになるので、シャンプーを使いすぎません。

    使うシャンプーの量が減ると経済的でもあり、すすぎ残しの心配も減ります。すすぎ残しは肌トラブルの原因になるので、シャンプー前の予洗いは大切です。

  9. 力加減に注意をしながらシャンプーを使って洗う
  10. シャンプー液を手に取ったら、手の上でよく泡立ててから使います。泡タイプのシャンプーなら泡立てる手間がかかりません。

    指の腹で頭皮を軽くマッサージするように、頭皮の汚れを落とします。髪を洗う時に痛みを感じるとシャンプー嫌いになってしまうので、力加減に注意をしてください。爪を立てると頭皮にダメージを与えるので、爪を立てないように注意をしましょう。

    髪の毛がじゅうぶんに泡立ったら髪の毛を立てるなど、形を作って遊びながらするとシャンプーが楽しくなります。すすぎ残しがあると肌トラブルの原因になるので、シャンプーの使いすぎには注意をしてください。

  11. ぬるま湯ですすいで乾かす
  12. シャンプーのすすぎ残しは肌トラブルの原因になるので、すすぎはとても大切です。シャンプーの成分を洗い流しやすいように、すすぎの前に泡を切っておきましょう。

    シャワーを軽く頭皮に当てながら、ぬるつきがなくなるまですすぎます。すすぎが終わったら吸水性のいいタオルで、力を入れずに頭の水分を拭き取りましょう。

    赤ちゃんの肌のバリア機能は摩擦で壊れてしまいます。拭き取る時は肌を擦らずに、ポンポンと軽く当てるように吸水してください。吸水性の良いマイクロファイバーのタオルがおすすめです。

    髪が濡れていると風邪をひくので、ドライヤーで乾かしてあげます。ドライヤーの熱を一箇所に当てないように、髪をかきながら乾かしてあげてください。

ベビーシャンプーのおすすめメーカー一覧

ベビーシャンプーのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • オルナ オーガニック
  • ジョンソンベビー
  • キューピー

オルナ オーガニック

オルナ オーガニックは地肌の汚れを落としながら、ノンアルコール・ノンサルフェート・ノンパラベンなど8つの無添加を実現しています。さらにヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分も含まれているので、赤ちゃんのやわらかなプニプニの肌に潤いを与えて守ります。

赤ちゃんの肌に合わせた成分調整で、0歳から安心して使えるベビーシャンプーを展開しています。

ジョンソンベビー

ジョンソンベビーはブランド誕生から125年の老舗です。ジョンソンベビーは、赤ちゃんのスキンケアについて専門的な研究を続けています。産業主導による赤ちゃんのスキンケア研究の90%以上がジョンソンベビーによるものです。

ママやパパのニーズに応えて「次世代のやさしさ」を提供するため、世界で最も厳しい安全基準をさらに押し上げ、あらゆるニーズに応えるための改良を重ねてきました。常に進化する安全性へのこだわりから、90%以上の原材料が天然由来の低刺激性です。

キューピー

キューピーベビーシリーズは、1961年に牛乳ベビー石鹸という名称で誕生してから改良を続けているロングセラーです。弱酸性・低刺激・無着色・無香料で赤ちゃんの肌にやさしい商品を展開しています。

シャンプーをする赤ちゃんや、初めてシャンプーをしてあげるママやパパにも使いやすいのが人気の理由です。先輩ママからの評判も良く、育児雑誌でも取り上げられる人気商品を提供しています。

ベビーシャンプーの選び方

ベビーシャンプーの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • タイプ
  • 髪と地肌にやさしい素材
  • 保湿成分・香料
  • 使いやすさ

タイプ

ベビーシャンプーには全身用と髪専用があります。全身用は髪と顔と体を洗えるので、沐浴の時に使い分ける手間がかからず時短もできます。また、使い間違えることもなく安心です。補充も1種類なので管理も楽でしょう。

しかし、髪と体で使い分けたい、それぞれに特化したシャンプーとボディソープを使いたいという人もいます。全身用と髪専用は好みで選んでいただいてかまいません。

どうしてもベビーシャンプーが合わないという赤ちゃんには、ベビーパウダーや重曹、米の研ぎ汁を使う方法もあります。しかし、試す前には医師と相談をしてください。

髪と地肌にやさしい素材

ベビーシャンプー選びで最も重要なポイントは、赤ちゃんの肌にやさしいことです。合成着色料・保存料・防腐剤・合成香料・アルコール・界面活性剤など、肌に刺激を与える成分が入っていないベビーシャンプーを選びましょう。

肌に刺激を与えないだけではなく、目に入っても染みないベビーシャンプーも人気があります。しかし、染みないということは、目に入っても気が付かないというリスクもあります。

オーガニック系もおすすめですが、100%の成分が天然由来ではありません。刺激性成分が無添加の商品オーガニック系でも、肌に異常が現れることもあるのでパッチテストをしてから使うといいでしょう。

保湿成分・香料

赤ちゃんの肌荒れが、健康に悪影響を与えるケースも確認されています。バリア機能が壊れることで、肌から細菌が入り込むためです。肌に潤いを与えるものや、瑞々しさを維持するベビーシャンプーを選ぶようにしてください。

また、ベビーローションを使うなどして、乾燥肌を防いであげましょう。ベビーシャンプーは無香料タイプが多いのですが、香り付きの商品も出ています。香り付きか無香料化は好みで選んでかまいません。合成香料ではなく、天然由来成分の香りの商品を選ぶといいでしょう。

使いやすさ

赤ちゃんのことを考えるあまりに忘れがちなポイントが使いやすさです。特に新生児の場合は片手で赤ちゃんを支えるため、シャンプーも片手だけでします。

シャンプーは泡立ててから使うものなので、片手ではできません。そのため、最初から泡で出てくるボトルタイプがおすすめです。片手でポンピングをすると泡で出てくるので、手間もかからず時短もできます。

ベビーシャンプーのおすすめ10選

ベビーシャンプーのおすすめ10選を紹介します。

ミルふわ ベビーシャンプー髪用 泡タイプ

ミルふわ ベビーシャンプー髪用 泡タイプの仕様・製品情報

価格692円 (2019年8月28日時点)
メーカー和光堂
タイプ髪専用/泡タイプ
内容量450ml
特徴無香料/保湿成分/保湿バリア成分/アミノ酸系洗浄成分配合

ミルふわ ベビーシャンプー髪用 泡タイプのおすすめポイント3つ

  • ミルキーな泡立ち
  • すばやい泡切れ
  • 水と油のバランスに着目したスキンケア

ミルふわ ベビーシャンプー髪用 泡タイプのレビューと評価

乾燥しやすい乳幼児期の肌を保湿ケア

頭皮の皮脂が気になる、髪の量が多くて絡まる、一晩寝ると翌朝には髪が爆発している、という赤ちゃんには「ミルふわ ベビーシャンプー髪用 泡タイプ」がおすすめです。母乳成分配合のミルキーな泡が、髪や頭皮の潤いを保ちながら汚れをしっかりと洗い流します。

母乳を参考にした保湿成分イノシトールのリンス効果で、きしまないサラサラな髪に仕上がるのも見逃せません。使いやすさのポイントは洗いやすいやわらかな泡と、さっと洗い流せる泡切れの良さです。

450mlの容量で価格も安く、ワンプッシュで約1グラムと経済的なのもうれしいですね。

ミルふわ ベビーシャンプー髪用 泡タイプはこんな人におすすめ!

髪が多くて絡みやすく、頭皮の皮脂が気になる赤ちゃんに

ビーンスターク 薬用ヘアシャンプー泡タイプ

ビーンスターク 薬用ヘアシャンプー泡タイプの仕様・製品情報

価格1,111円 (2019年8月28日時点)
メーカービーンスターク
タイプ髪専用/泡タイプ
内容量350ml
特徴無香料/無着色/弱酸性/パラベン無添加/低刺激性薬用

ビーンスターク 薬用ヘアシャンプー泡タイプのおすすめポイント3つ

  • 肌に限りなくやさしい低刺激
  • お肌と同じ弱酸性
  • 表示指定成分無添加

ビーンスターク 薬用ヘアシャンプー泡タイプのレビューと評価

赤ちゃんもママもパパも家族で使える弱酸製の低刺激

頭皮と髪の匂いやフケが気になる大人と赤ちゃんには、ビーンスタークの「薬用ヘアシャンプー泡タイプ」がいいでしょう。特に女の子よりも匂いが強い男の子におすすめです。

医薬部外品のヒノキチオールの抗菌作用が頭皮を清潔に保ち、気になる匂いを抑えます。赤ちゃんだけではなく、頭皮トラブルやフケ・かゆみが気になる大人にもおすすめです。

ビーンスターク 薬用ヘアシャンプー泡タイプはこんな人におすすめ!

赤ちゃんの頭皮の匂い、敏感肌の女性、フケ・かゆみ、頭皮トラブルが気になる大人

オルナ オーガニック ベビーシャンプー

オルナ オーガニック ベビーシャンプーの仕様・製品情報

価格1,480円 (2019年8月28日時点)
メーカーオルナ オーガニック
タイプ頭専用/泡タイプ
内容量300ml
特徴アロマの香り/無添加/オーガニック

オルナ オーガニック ベビーシャンプーのおすすめポイント3つ

  • 環境にやさしい洗浄成分
  • 無添加で肌にやさしい
  • 新生児から大人まで使える

オルナ オーガニック ベビーシャンプーのレビューと評価

新生児期の赤ちゃんから敏感肌の大人まで使えるオーガニック全身ソープ

赤ちゃんの肌を考えたオルナ オーガニックのやさしいベビーシャンプーは、ノンアルコール・ノンサルフェート・ノンパラベンなので0歳から安心して使えます。合成香料・合成着色料・鉱物油・紫外線吸収剤・酸化防止剤も無添加です。

さらに美容成分として、3種類のコラーゲン・4種類のヒアルロン酸・4種類のビタミンC誘導体とセラミドも入っているので、プニプニのやわらかい肌を守ります。新陳代謝が激しく汗っかきの赤ちゃん、特に男の子におすすめです。

オルナ オーガニック ベビーシャンプーはこんな人におすすめ!

アロマ系の香りが好きな人、洗浄力を求めている人、男の子

アトピタ 全身ベビーソープ 詰替え用

アトピタ 全身ベビーソープ 詰替え用の仕様・製品情報

価格716円 (2019年8月28日時点)
メーカーアトピタ
タイプ全身用/泡タイプ/詰替え用
内容量300ml
特徴補給成分配合の保湿成分

アトピタ 全身ベビーソープ 詰替え用のおすすめポイント3つ

  • 乾燥やかゆみを繰り返す赤ちゃんの敏感肌を保護
  • 肌トラブルの原因となる油分と水分に着目
  • 赤ちゃんの弱いバリア機能をサポート

アトピタ 全身ベビーソープ 詰替え用のレビューと評価

補給成分配合の保湿がカサカサ・かゆかゆを繰り返す敏感肌を守る

「アトピタ 全身ベビーソープ」は乾燥肌や肌荒れなど、肌トラブルのスキンケア用に丹波製薬が開発しました。特に注目したいポイントは、うるおい補助成分と低付着洗浄処方の2つです。

天然成分のヨモギエキスとキハダ樹皮エキスが、赤ちゃんの肌の潤いを保ちます。洗浄成分が地肌に残りにくい低付着洗浄処方により、赤ちゃんの肌荒れも心配ありません。

無香料・無着色・防腐剤無添加の「アトピタ 全身ベビーソープ」は、敏感肌の赤ちゃんにおすすめのベビーシャンプーです。

アトピタ 全身ベビーソープ 詰替え用はこんな人におすすめ!

カサカサ・かゆかゆを繰り返す敏感肌の赤ちゃんに

ピジョン 全身泡ソープ ボトル

ピジョン 全身泡ソープ ボトルの仕様・製品情報

価格1,350円 (2019年8月28日時点)
メーカーピジョン
タイプ全身用/泡タイプ
内容量500ml
特徴弱酸性/保湿成分/無着色/無香料/パラベンフリー

ピジョン 全身泡ソープ ボトルのおすすめポイント3つ

  • お肌と同じ弱酸性
  • 胎脂類似成分のピジョンベビーリピッドで保湿
  • 赤ちゃんの無防備なお肌をケア

ピジョン 全身泡ソープ ボトルのレビューと評価

皮脂が少ない赤ちゃんの無防備なお肌をケア

ピジョンの「全身泡ソープボトル」は、バリア機能が未熟な赤ちゃんの肌を潤して保護してくれます。優れた保湿の決め手となっているのが、胎脂に近い保湿成分のピジョンベビーリピッドです。

ピジョンベビーリピッド・弱酸性・無香料・無着色・パラベンフリーの低刺激性なので、万が一目に入ってもしみません。哺乳瓶などのベビーグッズで好評な日本のメーカー製、という安心感もあります。

赤ちゃんを支えながらシャンプーがしやすいように工夫をされた、片手で切れのいい泡を出せるボトル形状も人気の理由です。全身用なので、シャンプーとボディソープを使い分ける手間もかかりません。

ピジョン 全身泡ソープ ボトルはこんな人におすすめ!

乾燥肌の赤ちゃんや、赤ちゃんの肌へ影響を与える外界からの刺激が心配な人

ピジョン 泡シャンプー ボトル

ピジョン 泡シャンプー ボトルの仕様・製品情報

価格707円 (2019年8月28日時点)
メーカーピジョン
タイプ髪専用/泡タイプ
内容量350ml
特徴弱酸性/胎脂類似成分/無着色/無香料/パラベンフリー

ピジョン 泡シャンプー ボトルのおすすめポイント3つ

  • 目にしみにくい
  • 赤ちゃんの肌に合わせた弱酸性
  • 泡切れがいい

ピジョン 泡シャンプー ボトルのレビューと評価

胎脂のやさしさに着目した泡切れのいい弱酸性

シャンプーとボディソープは使い分けたい、という人におすすめなのがピジョンの「泡シャンプーボトル」です。水分を抱えた保湿成分のピジョンベビーリピッドが、赤ちゃんの頭皮をやさしくケアします。

コンディショニング成分により、サラサラの仕上がりになるのもうれしいポイントです。目に染みにくいので、子供が一人でするシャンプー練習にもいいでしょう。

弱酸性・無着色・無香料・パラベンフリー・低刺激・ノンシリコンで、赤ちゃんの肌にやさしいのも人気の理由です。

ピジョン 泡シャンプー ボトルはこんな人におすすめ!

赤ちゃんの髪の絡まりが気になる人

ジョンソン すやすやタイム ベビー全身シャンプー

ジョンソン すやすやタイム ベビー全身シャンプーの仕様・製品情報

価格806円 (2019年8月28日時点)
メーカージョンソンベビー
タイプ全身用/泡タイプ
内容量400ml
特徴天然由来/アロマ成分/弱酸性/無着色/低刺激

ジョンソン すやすやタイム ベビー全身シャンプーのおすすめポイント3つ

  • 90%以上の原材料が天然由来
  • 低刺激で目にしみにくい
  • 赤ちゃんの肌に馴染む弱酸性

ジョンソン すやすやタイム ベビー全身シャンプーのレビューと評価

目にしみにくい低刺激・天然由来で赤ちゃんにやさしい弱酸性

ベビーシャンプーも香りにこだわりたいという人には、ジョンソンの「すやすやタイム ベビー全身シャンプー」がおすすめです。無香料が多いベビーシャンプーの中で、「すやすやタイム ベビー全身シャンプー」はバニラのような甘やかな香りが風に乗ります。

水と同じくらいの低刺激・赤ちゃんの肌に合う弱酸性・無着色・アロマ・安心のパラベンフリーと、鼻をくすぐる香りが人気の全身用ベビーシャンプーです。赤ちゃんをより愛しくなる香りで包んでみませんか。

ジョンソン すやすやタイム ベビー全身シャンプーはこんな人におすすめ!

香りにもこだわりたい、アロマ系を求めている人

キューピー 全身ベビーソープ

キューピー 全身ベビーソープの仕様・製品情報

価格576円 (2019年8月28日時点)
メーカーキューピー
タイプ全身用/泡タイプ
内容量400ml
特徴皮膚保護成分/弱酸性/低刺激/無着色/無香料

キューピー 全身ベビーソープのおすすめポイント3つ

  • 弱酸性・低刺激・無着色・無香料
  • 目にしみにくく、泡切れすっきり
  • 赤ちゃんの肌を守る皮膚保護成分配合

キューピー 全身ベビーソープのレビューと評価

赤ちゃんのほっぺみたいに優しい全身用ベビーソープは弱酸性・低刺激・無着色・無香料

弱酸性で安心のアミノ酸系、肌を守るスワクランとシアバターでしっとりとした肌に仕上がります。コンディショニング成分により洗い上がりの髪は絡まりにくく、サラサラとしたきれいな髪に仕上がるのも人気の理由です。

弱酸性・低刺激・無着色なので、肌トラブルが心配な人にも注目されています。「キューピー 全身ベビーソープ」1本で、赤ちゃんの頭・顔・体全体に使用できるので使い分けの煩わしさもありません。髪や体を洗いやすいきめ細やかな泡と、スッキリとすすぎができる泡切れのよさも好評です。

キューピー 全身ベビーソープはこんな人におすすめ!

絡まりやすい髪の赤ちゃん、しっとりとした肌とサラサラの髪をキープしたい人

無添加 泡で出てくるベビーせっけん

無添加 泡で出てくるベビーせっけんの仕様・製品情報

価格402円 (2019年8月28日時点)
メーカーミヨシ石鹸
タイプ/泡タイプ
内容量250ml
特徴全身用/泡タイプ

無添加 泡で出てくるベビーせっけんのおすすめポイント3つ

  • 水と石けんだけで作れれているから安心
  • 界面活性剤・防腐剤・着色料・香料などは一切無添加
  • 刺激の穏やかな泡でしっとりと洗い上げる

無添加 泡で出てくるベビーせっけんのレビューと評価

水と石鹸成分だけで作られた安心へのこだわり

無添加にこだわるなら、ミヨシ石鹸の「泡で出てくるベビーせっけん」は選択肢から外せません。ミヨシ石鹸の無添加シリーズは全て水と石けんだけで作られています。

品質を保つために必要と言われている防腐剤や着色料、香料などの添加剤が入っていないのは、新鮮な原料をスピーディに製品化するという徹底したこだわりからです。泡切れのいいきめ細やかな泡が、しっとり潤う肌に洗い上げます。

コンパクトなボトルは、旅行や帰省の時の持ち運びに便利です。

無添加 泡で出てくるベビーせっけんはこんな人におすすめ!

安心を追求した無添加にこだわりたい人

arau. アラウベビー 泡全身ソープ

arau. アラウベビー 泡全身ソープの仕様・製品情報

価格605円 (2019年8月28日時点)
メーカーarau.(アラウ)
タイプ全身用/泡タイプ
内容量450ml
特徴植物由来/天然ハーブ

arau. アラウベビー 泡全身ソープのおすすめポイント3つ

  • 合成界面活性剤・着色料・香料・保存料など無添加
  • デリケートな赤ちゃんの肌のために作られた全身用ソープ
  • さっぱりすべすべの仕上がり

arau. アラウベビー 泡全身ソープのレビューと評価

植物由来の無添加石けんにこだわるなら選択肢から外せない

「アラウベビー 泡全身ソープ」は、赤ちゃんの肌をいたわるシソとローズマリーの天然ハーブエキスが注目されている全身用のベビーソープです。合成界面活性剤・着色料・香料・保存料などが無添加で、赤ちゃんの肌を思いやりながら洗い上げます。

髪も体も「アラウベビー 泡全身ソープ」1本で洗えるので、ママやパパに負担がかかりません。ほんのりとしたラベンダーとライムの爽やかな香りが、沐浴後の肌を包みます。

arau. アラウベビー 泡全身ソープはこんな人におすすめ!

赤ちゃんの肌をいたわる天然由来成分にこだわりたい人

ベビーシャンプーの重要ポイントまとめ

ベビーシャンプーの重要なポイントは以下の6つです。

  • ベビーシャンプーを選ぶ時は成分に注目
  • 赤ちゃんのシャンプーは準備がたいせつ
  • シャンプーをする時は赤ちゃんとママの姿勢を工夫する
  • 赤ちゃんが嫌がらないシャワーの当て方
  • すすぎ方と乾かし方が悪いと肌トラブルの原因にも
  • 敏感肌や肌トラブルがある赤ちゃんはシャンプーを変えてみて