【じっくり読むと6分】

人生の3分の1を過ごすといわれるのが睡眠です。三つ折りマットレスにおいても寝心地にはこだわりたいものです。

そこで、この記事ではシングル・セミダブル・ダブルのサイズが揃っている「腰痛持ちの人向け」「高反発」「安い」などで人気の商品を紹介します。国産の東京西川、独自の二層構造「エムリリー」、東急ハンズ売り上げNo.1「マニフレックス」などおすすめメーカーや、マットレスの選び方も紹介します。

三つ折りマットレスとは

三つ折りマットレスとは、その名の通り、3つに折りたためるマットレスのことです。使わないときは押入れやすきまスペースに収納しておけるので便利です。

また、ソファに変形できる商品もあります。一人暮らしの部屋などで、部屋のスペースを有効活用したい人は三つ折りマットレスを検討してはどうでしょうか。

自宅でメインで使うマットレスとしてのほか、ゲスト用、アウトドア用、車内泊などいろいろな使い方ができるのも三つ折りマットレスならではです。

三つ折りマットレスの注目したい機能・性能

三つ折りマットレスの注目したい機能・性能は、以下の3つです。

  • 反発性(高反発・低反発など)
  • マットレスの種類
  • マットレスの厚さ

反発性(高反発・低反発など)

マットレス選びでまず注目したいのは、反発性です。適度な反発性があれば睡眠中に筋肉を休ませることができ、胸や腰に余計な負荷がかかりません。

低反発マットレスは体の形に合わせて窪む度合が大きいため、寝心地が良いのが特徴です。しかし、長時間寝ているとムレやすいことと、寝返りをうちにくいことがデメリットといえます。

高反発マットレスはムレにくいことと、寝返りをうちやすいことがメリットです。腰痛持ちの人にも、体が沈み込まない高反発タイプが向いているといわれています。また、高反発マットレスは耐久性も高いのもメリットです。一方、人によっては硬すぎて寝心地が悪いと感じる場合があります。

低反発タイプと高反発タイプには一長一短があります。したがって、本来は高反発か低反発かで選ぶのではなく、自分にとっての適度な反発力があるかどうかで選ぶべきといえるでしょう。

しかし、三つ折りマットレスにおいては高反発がおすすめです。三つ折りマットレスは厚さがそれほどないので、低反発マットレスでは反発力が十分ではないからです。また、低反発タイプではすぐにヘタってしまい、底打ち感が出てしまう商品も多くあります。

マットレスの種類

マットレス選びでよく取り挙げられるのは「ポケットコイル」か「ボンネルコイル」の選択です。しかし、三つ折りマットレスにおいては、これらのマットレスはあまり向いていません。コンパクトさや携帯性など、三つ折りマットレスの長所がなくなってしまうからです。

三つ折りマットレスの人気商品の主流はファイバー製、ウレタン製です。これらのマットレスの種類はコンパクトで比較的軽量なため、三つ折りマットレスの長所が保たれています。

マットレスの厚さ

三つ折りマットレスで寝心地のよさを求めるなら、最低でも5cm以上のマットレスがおすすめです。一般的にマットレスが厚くなるほどクッション性が高まり、寝心地がよくなるといえるでしょう。

しかし、三つ折りマットレスではコンパクトさや携帯性も重要です。そのため、最大10cmぐらいを目安に選びましょう。これ以上となると、片付けが手軽にできなくなったり、持ち運びに向かなくなったりするため、普通のマットレスを選んだ方がよいのです。

三つ折りマットレスのメリット

三つ折りマットレスのメリットは、以下の3つです。

  • コンパクト
  • ゲスト用やアウトドア用などに使える
  • ソファ兼用で使えるタイプがある

コンパクト

三つ折りマットレスを使うメリットの1つがコンパクトであることです。敷きっぱなしにしていても圧迫感が出にくく、部屋が広く感じられます。また、押入れなどに片づけるのも簡単です。敷布団と同じ感覚で使え、なおかつ、寝心地のよいのが三つ折りマットレスのメリットといえます。

ゲスト用やアウトドア用などに使える

多目的な使い方ができるのも三つ折りマットレスのメリットです。ゲスト用として普段は押入れなどに収納しておくことができます。また、車の後部に敷けば、アウトドアなどで出掛けた際の寝床としても使えます。災害など緊急時の寝床として、三つ折りマットレスを購入しておく人もいます。

ソファ兼用で使えるタイプがある

三つ折りマットレスのなかには、ソファとして使えるものもあります。一人暮らしなどでは部屋のスペースが限られているため、このようなソファ兼用の三つ折りマットレスはとても便利です。

起きているときはソファとして、寝るときはベッドとして活用できるため、一人暮らしに限らず、部屋のスペースを有効に使いたい人には、このような三つ折りマットレスがおすすめです。

三つ折りマットレスのデメリット

三つ折りマットレスのデメリットは、以下の2つです。

  • 普通のマットレスに比べて寝心地が良くない
  • 折りたたみの部分が気になる

普通のマットレスに比べて寝心地が良くない

三つ折りマットレスはコンパクトでマットレスの厚さも薄いものが主流なので、普通のマットレスに比べると寝心地はあまり良いとはいえません。特に、ポケットコイル製などの高級マットレスに比べればクッション性が少ないと感じることが多いといえるでしょう。

三つ折りマットレスを選ぶときは、コンパクトさや携帯性などと寝心地のバランスを考えて選ぶことが重要です。

折りたたみの部分が気になる

折りたたみの部分は、どうしても境目や窪みができてしまうのは仕方がありません。この部分が気になり、寝心地が悪いと感じる人もいるようです。

特に低反発の三つ折りマットレスの場合、折りたたみの部分が気になることが多いといえます。この点でも、三つ折りマットレスの場合は高反発タイプを選んだ方がよいといえるのです。

三つ折りマットレスのおすすめメーカー一覧

三つ折りマットレスのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • 国産なら「西川」
  • 独自の二層構造「エムリリー」
  • 東急ハンズ売り上げNo.1「マニフレックス」

国産なら「東京西川」

保証やアフターサービス、信頼性などの観点から国産の三つ折りマットレスを探しているなら、東京西川がおすすめです。

東京西川の三つ折りマットレスがほとんどが高反発タイプとなっており、しっかりと体を支えてくれます。なかでも「Luno(ルーノ)」シリーズは優れたクッション性と復元性、体圧分散性を持つ東京西川のオリジナル素材を使っており、人気があります。

独自の二層構造「エムリリー」

独自の二層構造で高い評価を誇っているのがエムリリーです。エムリリーは北欧デンマークに本拠地がある寝具メーカー「フィスコ社」のブランドの1つで、有名サッカーチーム「マンチェスター・ユナイテッド」の公式スポンサーでもあります。

表面を優反発フォームで覆い、内側を高反発オープンセルにした特殊二重構造は、三つ折りマットレスとは思えない寝心地の良さを実現しています。

東急ハンズ売り上げNo.1「マニフレックス」

東急ハンズ全店のマットレス売り上げランキングでNo.1を獲得(2018年調査時点)したのが、マニフレックスの三つ折りマットレスです。

マニフレックスは力士が愛用しているほど耐久性の高い三つ折りマットレスとしても知られています。持ち手が付いているので、携帯性も抜群です。

三つ折りマットレスの選び方

三つ折りマットレスの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 使い方で選ぶ
  • 評価の高いブランドで選ぶ
  • お手入れのしやすさで選ぶ

使い方で選ぶ

三つ折りマットレスは自宅でメインのマットレスとして使う場合や、ゲスト用、アウトドア用などいろいろな目的で使えます。

自宅でメインのマットレスとして使う場合は、厚みが10cm程度の寝心地がよいものを選ぶとよいでしょう。押入れなどに片づけないならば、セミダブル・ダブルの三つ折りマットレスを選べば、寝心地も快適になります。

ゲスト用として三つ折りマットレスを購入する場合には寝心地も大切ですが、収納スペースに収まるかどうかも重要なポイントです。自立するタイプは、すきま収納などもしやすく便利です。

アウトドア用、車内泊用と考えている場合は、サイズをしっかりチェックしておきましょう。また、スムーズに広げることができるか、持ち手があるかなど、実際に使う場面をイメージしながら選ぶことが大切です。

評価の高いブランドで選ぶ

三つ折りマットレスの口コミなどを読んでいくと、次々とマットレスを買い替える「マットレスジプシー」のような人がとても多いことがわかります。やはり、普通のマットレスと違い、安いものは寝心地が劣るからなのでしょう。

このようになるぐらいなら、はじめから評価の高いブランドの商品を選んだほうがよいかもしれません。東京西川、エムリリー、マニフレックスなどの人気ブランドのマットレスはやや高級といえますが、そのぶん満足度は非常に高いのです。

お手入れのしやすさで選ぶ

畳やフローリングに直接敷くことの多い三つ折りマットレスは、湿気や汗などがこもりやすく、カビなどが発生してしまうリスクが高いといえます。そのため、通気性や抗菌性に優れたマットレス選びが重要です。

また、山形に立てられるような三つ折りマットレスなら、手軽に部屋干しが可能です。

三つ折りマットレスのおすすめ5選

三つ折りマットレスのおすすめ5選を紹介します。

マニフレックス 三つ折り マットレス

マニフレックス 三つ折り マットレスの仕様・製品情報

価格34,485円 (2019年10月6日時点)
サイズ約W97×D198×H11cm
中材エリオセル
表面素材エアサーキュレーション・メッシュ
反発性高反発

マニフレックス 三つ折り マットレスのおすすめポイント3つ

  • 力士も愛用している高反発
  • 取っ手付き
  • 品質保証10年間

マニフレックス 三つ折り マットレスのレビューと評価

畳やフローリングもこれ一枚

マニフレックス 三つ折り マットレスは畳やフローリングもこれ一枚敷くだけで、快適な寝床にできる三つ折りマットレスです。力士が愛用している高反発素材「エリオセル」を使い適度な弾力性と体圧分散を実現しています。

「この寝心地は病み付きになる」「気に入ったので4つ購入した」「庶民が買える限界レベルの高級マットレス」など口コミの評価も極めて高いといえるのです。

取っ手が付いているので、すきま収納や持ち運びも簡単です。また、品質保証10年間がついているので購入後も安心です。

マニフレックス 三つ折り マットレスはこんな人におすすめ!

寝心地を重視したい人

エムリリー マットレス

エムリリー マットレスの仕様・製品情報

価格19,980円 (2019年10月6日時点)
サイズ幅97cm×奥行195cm×高さ5cm
中材優反発、高反発ウレタンフォーム
表面素材ポリエステル90%、ポリウレタン10%
反発性低反発・高反発

エムリリー マットレスのおすすめポイント3つ

  • 独自の2層構造
  • 肩痛や腰痛で悩む人におすすめ
  • やわらかで上品な手触り

エムリリー マットレスのレビューと評価

理想の寝姿をキープ

エムリリー マットレスは独自の2層構造によって理想の寝姿をキープしてくれるマットレスです。上層部は新素材「優反発(スマートフォーム)」、下層部の高反発オープンセルフォームによって、どのような体型の人も自然に理想の寝姿をキープできるのです。

そのため、肩痛や腰痛で悩む人におすすめです。吸湿・消臭効果のある竹炭を配合するなど、衛生的でお手入れも簡単といえます。やわらかで上品な表面も心地よく、バランスが良い三つ折りマットレスといえるでしょう。ヒット商品を紹介するTV番組でも紹介された人気マットレスです。

エムリリー マットレスはこんな人におすすめ!

肩痛や腰痛で悩む人

アイリスオーヤマ エアリー マットレス

アイリスオーヤマ エアリー マットレスの仕様・製品情報

価格14,220円 (2019年10月6日時点)
サイズ約95cm×約198cm×約5cm
中材エアロキューブ
表面素材ポリエステル100%
反発性高反発

アイリスオーヤマ エアリー マットレスのおすすめポイント3つ

  • 新素材「エアロキューブ」
  • 丸洗い可能
  • 2種類の表面素材

アイリスオーヤマ エアリー マットレスのレビューと評価

実績あるエアリーシリーズの改良版

アイリスオーヤマ エアリー マットレスはロングセラーのシリーズの1つで、厚さ5cmとコンパクトなのが特徴です。本商品は改良が加えられ、ポリエーテルエステル系繊維の新素材エアロキューブを採用することで、空気の上に寝ているような新感覚の寝心地を実現しました。

マットレスは洗濯機で丸洗い可能なので、お手入れも簡単です。また、表面素材はキルティングとメッシュ面の2種類があるので、季節に合わせて使い分けることができます。

アイリスオーヤマ エアリー マットレスはこんな人におすすめ!

コンパクトな三つ折りマットレスが欲しい人

東京西川 Luno ルーノ マットレス

東京西川 Luno ルーノ マットレスの仕様・製品情報

価格21,780円 (2019年10月6日時点)
サイズ縦200×横97×高さ8cm
中材ウレタンフォーム(150N)
表面素材ポリエステル100%
反発性高反発

東京西川 Luno ルーノ マットレスのおすすめポイント3つ

  • 国内有名寝具メーカー
  • 高通気性「多孔構造」
  • やわらかニット

東京西川 Luno ルーノ マットレスのレビューと評価

安心のジャパンクォリティ

東京西川 Luno ルーノは、日本の有名寝具メーカー、東京西川製の三つ折りマットレスです。口コミの評価が総じて高く、安心して購入・使用できるマットレスといえます。

ウレタンフォームの中でも多孔構造を持つ素材を使用したことで高通気性を実現、熱がこもって眠りが浅くなりがちな夏も快適に寝れることでしょう。やらわらかな素材のニットを表面素材に使い、肌触りがよいのもおすすめのポイントです。

東京西川 Luno ルーノ マットレスはこんな人におすすめ!

国産のマットレスを購入したい人

Sweetnight ソファーマットレス

Sweetnight ソファーマットレスの仕様・製品情報

価格13,800円 (2019年10月6日時点)
サイズ幅97x長さ200x厚み10cm
中材高反発ウレタン
表面素材
反発性高反発

Sweetnight ソファーマットレスのおすすめポイント3つ

  • ソファーマットレス
  • 4Wayスタイル
  • コスパの高さでAmazon’s Choice

Sweetnight ソファーマットレスのレビューと評価

一人暮らしにぴったり

Sweetnight ソファーマットレスは、ソファーとベッド兼用にできる三つ折りマットレスです。一人暮らしの部屋などスペースが限られている場合にぴったりです。「マットレス」「枕付き仮眠ベース」「ソファ」「カウチ」と4wayスタイルで利用できます。

コスパの高さが口コミで評価が高く、「かなり利便性は良い」「値段のわりには密度が高い」「お客さん用としても便利」などの声もありました。Amazon’s Choiceにも選ばれている人気マットレスです。

Sweetnight ソファーマットレスはこんな人におすすめ!

一人暮らしの人