【じっくり読むと7分】

クッカーと一口に言っても、形状やサイズなど様々な種類があります。登山とキャンプによっても選ぶクッカーは変わり、ソロ用からファミリー用までサイズ展開も豊富です。

またクッカーそれぞれの素材に適した調理方法があるので、自分がどんな料理を作りたいかも考慮する必要があります。

クッカー選びは大変そうだなと感じるかもしれませんが、ポイントを整理してクッカーの選び方についてもきちんと解説しますのでご安心ください。

また、クッカーならではのレシピもブログなどで多く紹介されています。お気に入りのレシピを見つけて、ぜひアウトドアクッキングにもチャレンジしてみてください。

クッカーとは

前述したとおり、クッカーとは食事を作るために必要な調理器具です。

しかしアウトドアでは調理器具としての役割だけでなく、器としての役割も果たしてくれます。特に登山では荷物を減らすために、調理と器を兼用できるようにつくられたクッカーが人気です。

アウトドア用のクッカーは持ち運びやすさを考えて、コンパクトに収納できるように設計されています。マトリョーシカのように、クッカーをいくつも重ねて収納できるのもアウトドア用クッカーの特徴です。

クッカーの人気おすすめメーカー

クッカーのおすすめメーカー4つと特徴や評価を解説します。

  • GSI
  • コールマン
  • ユニフレーム
  • スノーピーク

GSI

GSIは1985年にアメリカでスタートした、クッカーを中心に製造するアウトドアメーカーです。ポップなデザインと、オリジナリティあふれるアイディアが盛り込まれた製品作りが特徴です。

クッカーにはカップやお皿、さらにはカトラリーなどまとめて収納できるのもGSIならではの魅力です。登山などのアクティブなアウトドアでも、豪華な食事を楽しみたいという方におすすめのメーカーです。

コールマン

コールマンはファミリーキャンパーから絶大な人気を誇る、老舗のアウトドアメーカーです。コスパが良く、アウトドア初心者でも使いやすく設計されているのが特徴です。

様々な料理に対応できる汎用性があり、飽きのこないスタンダードなデザインも魅力です。これからファミリーキャンプを始める方は、コールマンのクッカーがおすすめです。

ユニフレーム

ユニフレームは金物の町として有名な、新潟県の燕三条で生まれたアウトドアメーカーです。日本人らしい、細やかな気配りが感じられる製品作りが魅力です。

ユーザーに長い間愛用してほしいというコンセプトを掲げ、素材選びにもこだわりを感じます。国内メーカーなので修理対応も整っているので、安心して製品を使い続けたい方におすすめのメーカーです。

スノーピーク

スノーピークは快適さにこだわる製品作りが特徴で、ハイエンドな高級ブランドとして高い人気を誇っています。日本にオートキャンプ文化を根付かせたと言われる、日本のアウトドアシーンを牽引し続けているメーカーです。

スノーピークのクッカーは、自宅でも使いたくなるほどの質の高さが魅力です。ワンランク上の使い心地の良さを、体感してみてはいかがでしょうか。

クッカーの選び方のポイント

クッカーの選び方を以下の2つのポイントから解説します。

  • 形状で選ぶ
  • 素材で選ぶ

形状で選ぶ

クッカーの形状には大きく分けて2種類、深型と浅型があります。クッカー選びの重要なポイントなので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

深型のクッカーは細長い円柱状の形をしていて、登山用のクッカーに多く見られる形状です。クッカー内にバーナーやガス缶を収納できるよう設計されていて、バックパックなどでパッキングしやすいのが特徴です。

浅型は深型に比べて直径が大きく、クッカーの底面積が広い形をしています。炎が当たる面積が大きいので熱が伝わりやすく、調理がしやすいのが特徴です。

持ち運びのしやすさなら深型、調理のしやすさなら浅型を選ぶのが良いでしょう。

また、少し変わり種ですが、四角い形をしたクッカーも存在します。登山向きのクッカーに取り入れられる形で、パッキングしたときにデッドスペースができにくいというメリットがあります。

クッカーそれぞれの特徴と自分がどんな料理をしたいかを考えながら、クッカー選びをすることが大切です。

素材で選ぶ

クッカーの素材には大きく3種類あり、アルミ、ステンレス、そしてチタンが使われています。それぞれの特徴を整理していきます。

アルミは熱伝導率が良いのが特徴で、炊飯や炒め物などの調理に適しています。鍋底にまんべんなく火が伝わるので、手の込んだ料理を作りたい方に向いています。

ステンレスは錆びにくく、保温性が高いのが特徴です。カレーやスープなど煮込み系の料理が得意な素材です。

チタンは軽量で強度も高いのが特徴で、登山用のクッカーに多く採用されている素材です。ただ熱伝導率は低いので、お湯を沸かすなど簡単な調理に使うのが良いでしょう。

クッカーのおすすめ人気10選

クッカーのおすすめ人気10選を紹介します。

スノーピーク トレック 900

スノーピーク トレック 900の仕様・製品情報

価格2,618円 (2019年10月13日時点)
重量265g
収納サイズ13(直径)× 14(高さ)cm
形状深型
素材アルミ
おすすめのアクティビティ登山

スノーピーク トレック 900のおすすめポイント3つ

  • スタンダードな登山用クッカー
  • 耐摩耗性を高めるアルマイト加工
  • フライパンとしても使える蓋

スノーピーク トレック 900のレビューと評価

登山用クッカーの定番

トレック 900はスタンダードなデザインが人気の、定番の登山用クッカーです。スタッキングしやすく、ハンドルも手袋をしてても持ちやすく設計されています。

クッカー内側にはアルマイト加工が施され、耐摩耗性に優れています。蓋はお皿だけでなくフライパンとしても使えるので、おかずを一品加えたい時に重宝します。

スノーピーク トレック 900はこんな人におすすめ!

登山で使える定番のクッカーが欲しい!

GSI ピナクル ソロイスト2

GSI ピナクル ソロイスト2の仕様・製品情報

価格8,364円 (2019年10月13日時点)
重量309g
収納サイズ13(直径)× 14(高さ)cm
形状深型
素材アルミ
おすすめのアクティビティ登山

GSI ピナクル ソロイスト2のおすすめポイント3つ

  • 食事に必要なアイテムがオールインワン
  • 熱伝導率を高めるピナクル加工
  • バケツにもなる収納ケース

GSI ピナクル ソロイスト2のレビューと評価

オールインワンのソロクッカー

ピナクル ソロイスト2は食事に必要なアイテムが全て揃った、ソロ用クッカーです。スポークとマグがセットになっているので、これ一つでクッキングシステムの完成です。

収納ケースはバケツにもなるので、洗い物をする際に重宝します。耐久性と熱伝導率を最大限に高めるピナクル加工が施され、登山でも安心して使えるクッカーです。

GSI ピナクル ソロイスト2はこんな人におすすめ!

一人用のクッキングアイテムが揃った登山用クッカーが欲しい!

コールマン パックアウェイ ソロクッカーセット

コールマン パックアウェイ ソロクッカーセットの仕様・製品情報

価格3,623円 (2019年10月13日時点)
重量250g
収納サイズ12(直径)× 15(高さ)cm
形状深型
素材アルミ
おすすめのアクティビティ登山

コールマン パックアウェイ ソロクッカーセットのおすすめポイント3つ

  • コスパに優れた登山用クッカー
  • お皿にもなる深型の蓋
  • お手入れしやすいノンスティック加工

コールマン パックアウェイ ソロクッカーセットのレビューと評価

初めての登山用クッカーをお探しの方へ

パックアウェイ ソロクッカーセットは、登山用のクッカーを初めて購入するという方におすすめのクッカーです。コスパも良く使い勝手も良いので、迷ったらパックアウェイ ソロクッカーセットを選べば間違いなしです。

深さのある蓋は、スープを入れたりお皿としても使えるのが特徴です。クッカー内側にはノンスティック加工が施されているので、お手入れしやすいのも嬉しいポイントです。

コールマン パックアウェイ ソロクッカーセットはこんな人におすすめ!

初心者向きの登山用クッカーが欲しい!

ユニフレーム 山クッカー 角型 3

ユニフレーム 山クッカー 角型 3の仕様・製品情報

価格14,500円 (2019年10月13日時点)
重量449g
収納サイズ14 × 14.7 × 8.8(高さ)cm
形状浅型
素材アルミ
おすすめのアクティビティ登山

ユニフレーム 山クッカー 角型 3のおすすめポイント3つ

  • パッキングしやすい角形クッカー
  • 主食とおかずを同時調理
  • お湯を注ぎやすい形状

ユニフレーム 山クッカー 角型 3のレビューと評価

使い勝手の良い角形クッカー

山クッカー 角型 3はクッカーには珍しい、四角い形をした登山用クッカーです。パッキングする時にデッドスペースが生まれにくく、登山などバックパックを背負って移動するアクティビティにおすすめです。

鍋にはそれぞれ蓋が付いているので、バーナーが2台あれば主食とスープなど同時に調理可能です。フライパンもあるので、炒め物にも対応してくれます。

四角いクッカーは角があるので、お湯を注ぎやすいという特徴もあります。

ユニフレーム 山クッカー 角型 3はこんな人におすすめ!

パッキングしやすい四角いクッカーが欲しい!

スノーピーク ソロセット チタン

スノーピーク ソロセット チタンの仕様・製品情報

価格7,678円 (2019年10月13日時点)
重量181g
収納サイズ11(直径)× 13.3(高さ)cm
形状深型
素材チタン
おすすめのアクティビティ登山

スノーピーク ソロセット チタンのおすすめポイント3つ

  • 超軽量の登山用クッカー
  • カップ単体でも使用可能
  • 調理に便利な目盛り付き

スノーピーク ソロセット チタンのレビューと評価

ウルトラライト志向の方へ

ソロセット チタンは荷物を少しでも軽量にしたい、ウルトラライト志向の方におすすめの登山用クッカーです。カップ単体でも使用できるので、さらに軽量化することもできます。

カップには目盛りがついているので、カップラーメンのお湯の量など調理の際に重宝します。クッカー内にガスカートリッジが収納できるので、コンパクトにパッキングできるのも魅力です。

スノーピーク ソロセット チタンはこんな人におすすめ!

軽量な登山用クッカーが欲しい!

スノーピーク ヤエン クッカー1000

スノーピーク ヤエン クッカー1000の仕様・製品情報

価格6,225円 (2019年10月13日時点)
重量390g
収納サイズ18.7(直径)× 9.4(高さ)cm
形状浅型
素材アルミ
おすすめのアクティビティ登山

スノーピーク ヤエン クッカー1000のおすすめポイント3つ

  • 深型と浅型のいいとこ取り
  • 作業しやすい注ぎ口
  • 調理の幅が広がるフライパン付き

スノーピーク ヤエン クッカー1000のレビューと評価

登山でも凝った料理を楽しみたい

ヤエン クッカー1000は浅型クッカーの調理のしやすさに、深型クッカーのスタッキング性能をプラスした登山用クッカーです。ガスカートリッジふたつとバーナーが収まる設計で、長期の登山にもおすすめです。

湯切りのできるふたや注ぎ口など、作業しやすくデザインされています。炒め物などもできるフライパン付きなので、登山での料理の幅が広がるクッカーです。

スノーピーク ヤエン クッカー1000はこんな人におすすめ!

登山でも料理が楽しめるクッカーが欲しい!

GSI バガブー キャンパー

GSI バガブー キャンパーの仕様・製品情報

価格19,740円 (2019年10月13日時点)
重量1,577g
収納サイズ23.2(直径)× 14.7(高さ)cm
形状浅型
素材アルミ
おすすめのアクティビティ登山、キャンプ

GSI バガブー キャンパーのおすすめポイント3つ

  • グループキャンプに最適のクッカーセット
  • 完成されたスタッキングシステム
  • 使い勝手の良いカラーデザイン

GSI バガブー キャンパーのレビューと評価

食事が楽しくなるクッカーセット

バガブー キャンパーはカラフルなマグとプレートがセットになった、グループキャンプにおすすめのクッカーセットです。4色に色分けされているので、誰がどのお皿を使ってるのかを見分けるのにも便利です。

4人分の食器がコンパクトに収納できる、GSIならではのスタッキングシステムも大きな魅力です。ポップなデザインのクッカーで、仲間と一緒に食事の時間を楽しみましょう。

GSI バガブー キャンパーはこんな人におすすめ!

4人で使えるクッカーセットが欲しい!

コールマン アルミクッカーセット

コールマン アルミクッカーセットの仕様・製品情報

価格10,989円 (2019年10月13日時点)
重量2.6kg
収納サイズ29(直径)× 13(高さ)cm
形状浅型
素材アルミ
おすすめのアクティビティキャンプ

コールマン アルミクッカーセットのおすすめポイント3つ

  • スタンダードなキャンプ用クッカー
  • 多彩な調理に対応するウォックパン
  • 着脱しやすいクイックハンドル

コールマン アルミクッカーセットのレビューと評価

ファミリーキャンパーにおすすめ

アルミクッカーセットはコスパの良い、ファミリー向けのクッカーセットです。これからキャンプを始めるにあたり、安いクッカーを探している方におすすめです。

深さのある直径26cmのウォックパンは、炒め物から煮物まで多彩な料理に対応できるので重宝するアイテムです。着脱式のハンドルが日本付属するので、ふたつのお鍋で同時に調理ができるのもおすすめのポイントです。

コールマン アルミクッカーセットはこんな人におすすめ!

初心者ファミリーキャンパー向けのクッカーが欲しい!

ユニフレーム fan5 DX

ユニフレーム fan5 DXの仕様・製品情報

価格15,176円 (2019年10月13日時点)
重量3kg
収納サイズ23(直径)× 19.5(高さ)cm
形状浅型
素材アルミ、ステンレス
おすすめのアクティビティキャンプ

ユニフレーム fan5 DXのおすすめポイント3つ

  • ユニフレームのロングセラーモデル
  • 美味しいご飯が炊けるライスクッカー
  • 便利なメッシュバスケット付き

ユニフレーム fan5 DXのレビューと評価

美味しいご飯が楽しめるクッカーセット

fan5 DXはユニフレームを代表するロングセラーモデルで、あらゆる調理に対応する万能クッカーです。

fan5 DX最大の魅力は、何と言ってもご飯が美味しく炊けるライスクッカー。火加減を調整するタイミングで蓋がカタカタとなるので、むずかしい炊飯もお手の物です。

また、ライスクッカーはそのまま湯煎できるようにサイジングされてるので、夕飯で余ったご飯も朝食で暖かくいただけます。メッシュバスケットが付属するので、パスタなどの麺類にも対応してくれます。

ユニフレーム fan5 DXはこんな人におすすめ!

お米好きが喜ぶキャンプ用のクッカーが欲しい!

スノーピーク パンクッカー

スノーピーク パンクッカーの仕様・製品情報

価格38,280円 (2019年10月13日時点)
重量4kg
収納サイズ28(直径)× 16.5(高さ)cm
形状浅型
素材アルミ
おすすめのアクティビティキャンプ

スノーピーク パンクッカーのおすすめポイント3つ

  • 家でも使えるクッカーセット
  • 高品質のテフロン加工
  • こだわりの詰まったライスクッカー

スノーピーク パンクッカーのレビューと評価

ワンランク上のクッカーセット

パンクッカーは高品質で使い勝手の良い、ワンランク上のファミリーキャンプ用クッカーセットです。全てのクッカーがIH対応なので、自宅でも使えるのが特徴です。

高品質のテフロン加工が施されているので、油なしで目玉焼きを焼いても焦げ付きません。ライスクッカーは目盛りの見やすさや蒸気穴の形状など、美味しくご飯を炊くためのこだわりが詰まっています。

スノーピーク パンクッカーはこんな人におすすめ!

家でも使える高品質なクッカーが欲しい!