【じっくり読むと6分】

ペグはキャンプのアイテムの中で地味な存在ですが、とても重要な役割を持ったアイテムです。ペグには大きく二つの役割があり、それは「耐風性を確保すること」と「テント・タープの性能を発揮させること」です。

テント・タープをペグできちんと固定すれば、風に飛ばされる心配はありません。強風でテントのフレームを曲げてしまわないためにも、ペグで固定することが必要です。

また、テント・タープはシワなくピンと張ると、本来の性能を発揮する状態になります。撥水性や通気性を確保するために、説明書に記載された箇所すべてにペグを打つようにしましょう。

テント・タープ用ペグとは

テント・タープ用ペグとは、テントやタープを固定するためのアイテムで、地面にハンマーなどで打ち込んで使用します。テントやタープの設営に欠かせない、キャンプの必須アイテムです。

ペグの長さや形状には様々な種類があり、どんな場所で使用するかによって選ぶペグが変わります。ペグそれぞれに特徴があるので、自分がキャンプする場所に合ったペグを選びましょう。

また、固定したいテント・タープの大きさも、ペグを選ぶ際の重要なポイントになります。大きなテントであれば風を受ける面積も大きくなるので、保持力が高く長いペグが必要です。

テント・タープ用ペグの種類

テント・タープ用ペグの主な3つの種類を解説します。

  • ストレートペグ
  • V字ペグ
  • サンドペグ

ストレートペグ

ストレートペグはその名の通りストレートな棒状の形をしたペグで、もっとも一般的なペグの種類です。ぬかるんでいない固く締まった地面に適していて、テント・タープの付属ペグとして多く採用されています。

棒状なので汚れをふき取りやすく、メンテナンスしやすいのが特徴です。鍛造した鉄など耐久性の高い素材であれば、万が一曲げてしまってもハンマーで叩いて直せるというメリットもあります。

Y字ペグ

ペグの断面がアルファベットのY字になっているペグで、固い地面から少しぬかるんだ地面まで対応できる汎用タイプです。ストレートペグに比べて接地面積が広いので、保持力が高いのが特徴です。

軽量で汎用性も高いことから、登山用テントのペグとして人気があります。汚れが溜まりやすい形状なので、使用後は丁寧にメンテナンスするようにしましょう。

Y字と同じような特徴を持つペグで、断面がV字やT字といった種類もあります。

サンドペグ

大きな板状の形をしたペグで、砂浜などのやわらかい場所でも使用できるのが特徴です。雪上でも使えるので、冬に雪中キャンプに行く方にもおすすめです。

サンドペグはハンマーで地面に打ち込むのではなく、ペグごと地面の中に埋めて固定するのが一般的な使用方法です。他のペグとは違った使い方なので、実際にキャンプに行く前に練習しておくと良いでしょう。

テント・タープ用ペグのおすすめメーカー一覧

テント・タープ用ペグのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • コールマン
  • スノーピーク
  • MSR

コールマン

コールマンはファミリーキャンパーに人気のアウトドアメーカーで、創業100年以上の老舗メーカーです。ファミリーキャンパーに人気のメーカーなので、ファミリーサイズのテントやタープに使えるペグのラインナップが充実しています。

価格が手ごろなモデルが多いので、安いペグを探している方におすすめのメーカーです。ペグが使い慣れない初心者のうちは、コールマンのペグをいろいろ試してみるのも良いでしょう。

スノーピーク

スノーピークは高性能で高品質なアイテム作りが特徴で、多くのキャンプ愛好家から支持されているアウトドアメーカーです。ものづくりに対するこだわりが強く、ペグも耐久性が非常に高いのが特徴です。

スノーピークのペグは鍛造のスチール製で、アスファルトにも刺さるほどの強度を誇ります。ペグは消耗品という概念を変えた名品で、道具を長く使い続けたいという方におすすめのメーカーです。

MSR

MSRはアメリカで創業されたアウトドアメーカーで、登山やバックパッキング向けのアイテムに定評があります。登山用テントを手掛けるメーカーらしく、登山での使用に適したペグが豊富にラインナップされているのが特徴です。

砂浜や雪上でも使える、サンドペグも生産しています。アクティブなアウトドアを楽しみたいという方には、MSRのペグがおすすめです。

テント・タープ用ペグの選び方

テント・タープ用ペグの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 形状で選ぶ
  • 長さで選ぶ
  • 素材で選ぶ

形状で選ぶ

ペグの形によって、どんな固さの地面に適しているかが変わります。どんな地面にも対応する万能なペグはないので、適材適所で選びましょう。

固く締まった地面であれば、棒状のストレートペグが適しています。少しぬかるんだやわらかい地面であれば、V字ペグなど接地面積の広いタイプがおすすめです。

砂浜や雪上などやわらかい場所では、地面に埋め込んで固定するサンドペグを選びましょう。

長さで選ぶ

ペグの長さは、テントやタープの大きさによって選ぶ基準が変わります。テントやタープは大きくなるほど風を受けやすくなるので、より長いペグが必要です。

地面の硬さにもよりますが、4~5人用のテントであれば長さ20cmのペグが適しています。4人以上のタープとなると生地本体も大型になるので、長さ30cm以上のペグを用意しましょう。

素材で選ぶ

ペグの素材は打ち込みやすさだけでなく、重量にも大きく影響します。ペグの持ち運び方法を考慮したうえで、自分の使用シーンに適した素材を選びましょう。

軽さを選ぶのであればアルミやチタンなどがおすすめですが、地中に石などがあるとそれ以上打ち込めないこともあります。一方、鍛造の鉄製ペグであれば石を砕きながら打ち込むことができますが、重いので持ち運びには少し苦労します。

テント・タープ用ペグのおすすめ10選

テント・タープ用ペグのおすすめ10選を紹介します。

コールマン アルミピンペグ21cm

コールマン アルミピンペグ21cmの仕様・製品情報

価格907円 (2019年10月21日時点)
重量(1本あたり)メーカー表記なし
長さ21cm
ペグの種類ストレートペグ
素材アルミ

コールマン アルミピンペグ21cmのおすすめポイント3つ

  • スタンダードなストレートペグ
  • ひっかけたロープが抜けにくいヘッド形状
  • 軽量なアルミ製

コールマン アルミピンペグ21cmのレビューと評価

持っていて間違いない基本のペグ

アルミピンペグ21cmはスタンダードなストレートペグで、スタンダードなデザインが人気のモデルです。ヘッド部分が輪になっているので、ペグにかけたロープが外れる心配がありません。

アルミ製で軽量なので、ペグのセットに加えておいて間違いなしです。

コールマン スチールソリッドペグ30cm/1pc

コールマン スチールソリッドペグ30cm/1pcの仕様・製品情報

価格433円 (2019年10月21日時点)
重量(1本あたり)190g
長さ30cm
ペグの種類ストレートペグ
素材スチール

コールマン スチールソリッドペグ30cm/1pcのおすすめポイント3つ

  • 屈強なスチール製
  • 大型のテントやタープ用
  • 固い地面でも打ち込み楽々

コールマン スチールソリッドペグ30cm/1pcのレビューと評価

特にしっかり固定したい場所に

スチールソリッドペグ30cm/1pcは頑丈なスチール製で、固い地面でもしっかりと打ち込める屈強なペグです。重いので持ち運びには苦労しますが、大型のテントやタープの固定には欠かせないモデルです。

全てのペグをこのスチールソリッドペグ30cm/1pcにするのではなく、テントの四隅など重要箇所にまず採用してみるのもおすすめの使い方です。

コールマン ジュラルミンYペグ 18cm

コールマン ジュラルミンYペグ 18cmの仕様・製品情報

価格1,080円 (2019年10月21日時点)
重量(1本あたり)メーカー表記なし
長さ18cm
ペグの種類Y字ペグ
素材ジュラルミン

コールマン ジュラルミンYペグ 18cmのおすすめポイント3つ

  • 保持力の高いY字ペグ
  • 軽量で登山向き
  • お得な6本セット

コールマン ジュラルミンYペグ 18cmのレビューと評価

登山におすすめのペグセット

ジュラルミンYペグ 18cmはぬかるんだ場所でも高い保持力を発揮する、登山におすすめのY字ペグです。お得な6本セットなので、小型の登山用テントであれば主要な箇所はカバーできます。

素材はアルミニウムに銅・マグネシウムなどを混ぜたジュラルミン製で、軽くて強いペグを探してる方におすすめです。

DOD ニンジンペグ

DOD ニンジンペグの仕様・製品情報

価格2,020円 (2019年10月21日時点)
重量(付属品含む)740g
長さ25.5cm
ペグの種類ストレートペグ
素材スチール

DOD ニンジンペグのおすすめポイント3つ

  • 視認性の良いカラーデザイン
  • 収納ケース付きの8本セット
  • 引き抜きやすいヘッド形状

DOD ニンジンペグのレビューと評価

ペグにも遊び心を

ニンジンペグは性能だけでなく、見た目にもこだわった人気のペグです。ニンジンに見立てたデザインで、ニンジンを収穫するように子供と一緒に楽しくテントの片づけができます。

視認性の良いカラーなので、ペグをなくす心配がありません。ニンジンの草の部分が握りやすく、引き抜きやすいのもおすすめのポイントです。

スノーピーク  ジュラルミンペグ

スノーピーク  ジュラルミンペグの仕様・製品情報

価格237円 (2019年10月21日時点)
重量(1本あたり)19.5g
長さ21cm
ペグの種類ストレートペグ
素材ジュラルミン

スノーピーク  ジュラルミンペグのおすすめポイント3つ

  • 予備のペグとして持っておきたい基本モデル
  • 軽くて丈夫なジュラルミン製
  • 登山でもキャンプでも使える汎用性

スノーピーク  ジュラルミンペグのレビューと評価

かゆい所に手が届く

ジュラルミンペグはスノーピークのテントに付属しているモデルですが、予備として多めに持っておきたくなるペグです。テントの固定だけでなく、シェルターのスカートなどちょっとした箇所の固定にも役立ってくれます。

軽量で強度もしっかりしているので、登山にも使える汎用性が人気の秘訣です。

スノーピーク ソリッドステーク30

スノーピーク ソリッドステーク30の仕様・製品情報

価格460円 (2019年10月21日時点)
重量(1本あたり)180g
長さ30cm
ペグの種類ストレートペグ
素材スチール

スノーピーク ソリッドステーク30のおすすめポイント3つ

  • 鍛造製法が生み出す最強ペグ
  • スノーピークのシンボル的存在
  • アスファルトにも打ち込める強靭さ

スノーピーク ソリッドステーク30のレビューと評価

ペグの概念を変えた名品

ペグは消耗品というそれまでの概念は、ソリッドステーク30の登場で塗り替えられました。金物の町、燕三条に伝わる鍛造製法によって、最強のペグが誕生しました。

アスファルトに打ち込めるほどの強靭さがあり、万が一曲がってしまってもハンマーでたたいて修復できます。道具を長く愛用したい方には、このソリッドステーク30がおすすめです。

MSR サイクロンステイク

MSR サイクロンステイクの仕様・製品情報

価格913円 (2019年10月21日時点)
重量(1本あたり)35g
長さ25cm
ペグの種類Y字ペグ
素材アルミ/td>

MSR サイクロンステイクのおすすめポイント3つ

  • Y字ペグにひねりを加えて保持力アップ
  • タープの固定にもおすすめ
  • 視認性の良いレッドカラー

MSR サイクロンステイクのレビューと評価

高い保持力を誇るY字ペグ

サイクロンステイクはY字ペグにひねりを加えることで、高い保持力を実現したペグです。ペグを抜くときに少し苦労しますが、やわらかい地面でもしっかりと固定できます。

25cmと長さもしっかりあるので、テントだけでなくタープ用としても使用できます。

MSR ニードルステイク

MSR ニードルステイクの仕様・製品情報

価格308円 (2019年10月21日時点)
重量(1本あたり)9.6g
長さ17.5cm
ペグの種類ストレートペグ
素材アルミ/td>

MSR ニードルステイクのおすすめポイント3つ

  • 超軽量のストレートペグ
  • MSRの最軽量モデル
  • ペグが回転しにくい形状

MSR ニードルステイクのレビューと評価

軽さにこだわる方に

1本当たりの重量がわずか9.6gの、超軽量の登山向けのペグです。MSRのペグの中でも最軽量のモデルで、軽さにこだわりたいウルトラライト志向の方におすすめです。

ペグは円柱ではなく角柱なので、ペグが回転してロープが外れるといったトラブルを防止してくれます。

MSR ブリザードステイク

MSR ブリザードステイクの仕様・製品情報

価格880円 (2019年10月21日時点)
重量(1本あたり)21g
長さ24cm
ペグの種類サンドペグ
素材アルミ/td>

MSR ブリザードステイクのおすすめポイント3つ

  • 雪上や砂地で使えるサンドペグ
  • 保持力の高い幅広タイプ
  • 地中に埋めても固定可能

MSR ブリザードステイクのレビューと評価

二通りの固定ができるサンドペグ

ブリザードステイクは、雪上や砂地などのやわらかい地面で活躍するサンドペグです。保持力を高めるために、幅広にデザインされているのが特徴です。

通常のペグのように打ち込むことはもちろん、ロープを括り付けたペグ自体を地中に埋める固定方法も可能です。

MSR タフステイクスノー/サンドテイク S

MSR タフステイクスノー/サンドテイク Sの仕様・製品情報

価格5,060円 (2019年10月21日時点)
重量(1本あたり)40g
長さ23cm
ペグの種類サンドペグ
素材アルミ/td>

MSR タフステイクスノー/サンドテイク Sのおすすめポイント3つ

  • やわらかい地面でもしっかり固定
  • MSRのペグで最も高い保持力
  • ビーチキャンプや雪上キャンプに

MSR タフステイクスノー/サンドテイク Sのレビューと評価

高い保持力を誇るサンドペグ

MSRのペグで最も高い保持力を誇るタフステイクスノー/サンドテイク Sは、ビーチキャンプや雪上キャンプに欠かせないアイテムです。板状のペグは接地面積が非常に広く、やわらかい地面でもテント・タープをしっかり固定します。

テント・タープ用ペグの重要ポイントまとめ

テント・タープ用ペグの重要なポイントは以下の3つです。

  • 安全で快適なキャンプのためにペグを正しく使おう
  • 固定するテント・タープの大きさを考慮しよう
  • 適材適所のペグ選びをしよう