【じっくり読むと6分】

当然のことながら、アウトドアでは日が沈むとあたりは真っ暗になります。自分の手元だけでなく、サイト全体を明るく照らすためにランタンは欠かせません。

一口にランタンといっても様々な種類があり、明るくした場所によって使い分けなければなりません。ランタン選びを始める前に、ランタンの種類とそれぞれの特徴を理解しておきましょう。

ランタンの種類

ランタンの主な4つの種類を解説します。

  • ガスランタン
  • ガソリンランタン
  • オイルランタン
  • LEDランタン

ガスランタン

ガスカートリッジを装着して使用する、一番ポピュラーなタイプのランタンです。使い方が簡単なので、初心者にもおすすめのタイプです。

明るさも十分なので、サイト全体を照らすメインのランタンとして使用できます。

発光部分のマントルは、空焼きをして灰の状態になると発光する特殊な素材です。移動中にマントルが破れてしまうこともあるので、予備のマントルは常に用意しておきましょう。

ガソリンランタン

ホワイトガソリンや灯油などを燃料とするタイプで、ガスランタンよりもさらに明るいモデルが多いランタンです。灯油を使用するランタンであれば、アウトドアショップ以外でも燃料が入手できるというメリットがあります。

着火するときには燃料を気化させるポンピングという作業が必要で、最初は少し苦労するポイントです。着火の手間はありますが、道具を使う楽しさが味わえるのがガソリンランタンの魅力です。

オイルランタン

オイルがしみ込んだ繊維に、ロウソクのように火をつけるタイプのランタンです。ガスランタンやガソリンランタンと違い、燃焼中の音がしないので静かに明かりを灯してくれます。

虫よけ成分の配合されたオイルを使えば、蚊取り線香のように虫よけ効果が期待できます。静かで柔らかい明かりを探してる方には、このオイルランタンがおすすめです。

LEDランタン

その名の通りLEDを光源とするランタンで、近年様々なタイプが発売されています。他のランタンと違い燃焼するタイプではないので、テントの中でも安心して使えるのがメリットです。

自宅でも使えるので、防災用の明かりとしても役立ちます。燃焼部分がないので、子供が触っても火傷の心配がありません。

LEDランタンはキャンプで使えて災害時の備えにもなる、一石二鳥のランタンです。

ランタンの選び方

ランタンの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 使う場所で選ぼう
  • 明るさで選ぼう
  • 光の方向で選ぼう

使う場所で選ぼう

ガスやガソリンなどを燃料とするランタンは、発光部分が燃焼しています。テント内など締め切った空間で使用すると、不完全燃焼を起こし一酸化炭素中毒になる危険性があります。

燃焼するタイプのランタンは、必ず屋外で使用しましょう。テントやシェルター内では一酸化炭素中毒の危険がない、LEDランタンがおすすめです。

明るさで選ぼう

ランタンを選ぶ際に注意したいのが、人がいる近くに明るいランタンを設置しないということです。明るい光には蛾などの虫が寄ってくるので、明るいランタンは少し離れた場所に置くのが良いでしょう。

サイト全体を照らす明るいランタンとは別に、少し明るさを落としたランタンをテーブル付近に設置するのがおすすめです。こうすることで虫は明るいランタンの方に集まるので、明るさを確保しつつ快適な空間を確保できます。

光の方向で選ぼう

光には一直線で進む性質があるので、ランタンの発光部分がどの方向を向いているかをチェックしましょう。燃焼系のガスランタンなどは光が横方向に広がるタイプが多く、空間全体を明るくするのに適しています。

一方LEDランタンは、フックなどでぶら下げて下方向を照らすタイプが多くあります。下方向の明かりは手元を照らすのに適しているので、テーブルやテント内に設置するのがおすすめです。

ランタンのおすすめ人気10選

ランタンのおすすめ人気10選を紹介します。

スノーピーク ギガパワー ランタン 天 オート

スノーピーク ギガパワー ランタン 天 オートの仕様・製品情報

価格8,250円 (2019年11月12日時点)
重量125g
サイズ95 × 59(直径)mm
明るさ80w
種類ガスランタン

スノーピーク ギガパワー ランタン 天 オートのおすすめポイント3つ

  • スノーピークの初代ランタン
  • テーブルを照らす小型ランタン
  • 片手に収まるコンパクト設計

スノーピーク ギガパワー ランタン 天 オートのレビューと評価

スノーピークの歴史を物語る名品

スノーピークの初代ランタンとして、現在も高い人気を誇る名品ランタンです。デザインの美しさ、携帯性、コンパクトさの全てを兼ね備えています。

卓上タイプのランタンで、食卓を明るく彩ってくれます。片手に収まるほどのサイズなので、荷物をコンパクトにしたいソロキャンプにもおすすめです。

ユニフレーム フォールディングガスランタン UL-X

ユニフレーム フォールディングガスランタン UL-Xの仕様・製品情報

価格13,750円 (2019年11月12日時点)
重量1.4kg
サイズ135 × 120 × 355mm
明るさ240w
種類ガスランタン

ユニフレーム フォールディングガスランタン UL-Xのおすすめポイント3つ

  • サイト全体を明るく照らす大型ガスランタン
  • コスパに優れたカセットボンベ式
  • 低温下でも明るさをキープするパワーブースター

ユニフレーム フォールディングガスランタン UL-Xのレビューと評価

ランニングコストに優れたガスランタン

フォールディングガスランタン UL-Xは、カセットボンベを燃料とする大型のガスランタンです。カセットボンベは安いだけでなく、コンビニなどでも手に入るのがメリットです。

カセットボンベを温めるパワーブースターを搭載し、低温下でも光量ダウンを防止する優れものです。

コールマン ルミエールランタン

コールマン ルミエールランタンの仕様・製品情報

価格4,174円 (2019年11月12日時点)
重量210g
サイズ18.3 × 6 × 7.3(直径)cm
明るさメーカー表記なし
種類ガスランタン

コールマン ルミエールランタンのおすすめポイント3つ

  • 優しく照らすキャンドル風ランタン
  • おしゃれなキャンプサイトを演出
  • コスパに優れた高燃費モデル

コールマン ルミエールランタンのレビューと評価

キャンドルのような優しい灯り

ルミエールランタンはガスランタンでありながら、キャンドルのような灯りが楽しめるランタンです。風に揺らめく灯りで、夜の食卓をおしゃれに演出してくれます。

燃焼時間が長いので、コスパにも優れています。通常のガスランタンと違い燃焼音がなく、大人な雰囲気のキャンプサイト作りをしたい方におすすめです。

コールマン ワンマントルランタン286A

コールマン ワンマントルランタン286Aの仕様・製品情報

価格13,580円 (2019年11月12日時点)
重量1.4kg
サイズ31 × 16(直径)cm
明るさ130w相当
種類ガソリンランタン

コールマン ワンマントルランタン286Aのおすすめポイント3つ

  • ランタン史上に残る傑作
  • 道具の楽しさを味わえるメンテナンス性
  • コレクター心をくすぐる刻印

コールマン ワンマントルランタン286Aのレビューと評価

ガソリンランタンの完成形

ワンマントルランタン286Aはコールマンというブランドの枠を超え、多くのキャンパーに愛され続けているランタンです。100年以上前に創業されたコールマンの意思を今に引き継ぐ、ランタンの傑作ともいえる名品です。

着火前のポンピングや日頃のメンテナンスなど、道具として使いこむ楽しさが最大の魅力ではないでしょうか。本体底面には製造年月が刻印されるので、自分が生まれた年のワンマントルランタン286Aをコレクションするなど、ヴィンテージ市場でも高い人気を誇っています。

ペトロマックス HK500

ペトロマックス HK500の仕様・製品情報

価格30,985円 (2019年11月12日時点)
重量2.4kg
サイズ40 × 17(直径)cm
明るさ400w
種類ガソリンランタン

ペトロマックス HK500のおすすめポイント3つ

  • ランタン愛好家から支持される圧力式灯油ランタン
  • サイト全体を照らす400wのメインランタン
  • 入手が容易な灯油燃料

ペトロマックス HK500のレビューと評価

美しさが際立つランタン

ペトロマックスは1910年にドイツで創業された灯油ランタンのメーカーで、なかでもHK500は世界中のランタン愛好家から支持されている大定番モデルです。

400wもの明るさがあるので、サイト全体を照らすメインランタンに最適です。燃料は灯油を使用するので、入手が比較的容易なのもうれしいポイントです。

フュアハンド ベイビースペシャル276

フュアハンド ベイビースペシャル276の仕様・製品情報

価格3,267円 (2019年11月12日時点)
重量520g
サイズ26 × 15(直径)cm
明るさ5w
種類オイルランタン

フュアハンド ベイビースペシャル276のおすすめポイント3つ

  • 100年以上変わらない完成されたデザイン
  • 軍用としても採用された確かな品質
  • 強風でも炎が消えない安心構造

フュアハンド ベイビースペシャル276のレビューと評価

質実剛健なオイルランタン

フュアハンドは1902年にドイツで生まれたランタンメーカーで、伝統的なランタンを生産し続けています。ベイビースペシャル276はベーシックなオイルランタンで、長きにわたり人々の生活に欠かせないものとして愛用されてきました。

ベイビースペシャル276は軍用として採用されたこともあり、その耐久性と性能は折り紙つきです。ハリケーンランタンという呼び名がある通り、強風下にも対応するオイルランタンです。

コールマン クアッドマルチパネルランタン

コールマン クアッドマルチパネルランタンの仕様・製品情報

価格8,887円 (2019年11月12日時点)
重量1.2kg
サイズ23.5 × 14.5(直径)cm
明るさ800ルーメン
種類LEDランタン

コールマン クアッドマルチパネルランタンのおすすめポイント3つ

  • 光量充分の大型LEDランタン
  • 照らす場所を増やせる分割式
  • 本体からUSBで充電可能

コールマン クアッドマルチパネルランタンのレビューと評価

光を分散できるLEDランタン

クアッドマルチパネルランタンは4枚のパネルを自由に分割できる、新発想のLEDランタンです。メインランタンとして使いながら、トイレに行くとにパネル一枚を取り外すなど、シーンに応じた使い方ができます。

充電式のパネルは片手で取り外しができ、マグネットで車のボディに取り付けることも可能です。本体にはUSBポートが付属し、スマートフォンなどを充電できるのもおすすめポイントのひとつです。

スノーピーク ほおずき

スノーピーク ほおずきの仕様・製品情報

価格10,780円 (2019年11月12日時点)
重量165g
サイズ87 × 107(直径)mm
明るさ100ルーメン
種類LEDランタン

スノーピーク ほおずきのおすすめポイント3つ

  • 風と音に反応する揺らぎモード
  • 就寝時に便利なおやすみモード
  • 充電式としても使用可能

スノーピーク ほおずきのレビューと評価

ロウソクのようなLEDランタン

ほおずきは無機質な雰囲気のLEDランタンに、ナチュラルな要素を融合させた人気のLEDランタンです。ほおずきの最大の特徴とも言える揺らぎモードは、風と音に反応して明かりが変化し、ロウソクのような光を演出します。

辺りが静かになると光を抑えてくれる、就寝時に便利なおやすみモードも搭載しています。純正のバッテリーパックを使えば、充電式のLEDランタンとしても使用可能です。

スノーピーク たねほおずき

スノーピーク たねほおずきの仕様・製品情報

価格4,400円 (2019年11月12日時点)
重量57g
サイズ75 × 62(直径)mm
明るさ60ルーメン
種類LEDランタン

スノーピーク たねほおずきのおすすめポイント3つ

  • 照らしたい場所に設置できるマグネット式フック
  • 登山にも最適なコンパクト設計
  • 暖かさを感じる暖色系LED

スノーピーク たねほおずきのレビューと評価

ひとつは持っておきたい小型LEDランタン

たねほおずきは、ポケットに入るほどのコンパクトなLEDランタンです。フックがマグネット式になっているのが特徴で、生地を挟み込んだりポールに巻き付けたり、様々な場所に設置できるのが魅力です。

軽量かつコンパクトなので、テント泊の登山にもおすすめです。温もりを感じる暖色系の灯りで、心身ともにリラックスさせてくれるLEDランタンです。

ロゴス ROSY くるりんランタン

ロゴス ROSY くるりんランタンの仕様・製品情報

価格2,000円 (2019年11月12日時点)
重量95g
サイズ15 × 7.5(直径)cm
明るさ110ルーメン
種類LEDランタン

ロゴス ROSY くるりんランタンのおすすめポイント3つ

  • 子供でも扱いやすいコンパクトランタン
  • ライトが回転する2通りの照射方法
  • スイッチひとつのシンプル設計

ロゴス ROSY くるりんランタンのレビューと評価

初めてのマイランタン

ROSY くるりんランタンは子供でも扱いやすい、コンパクトサイズのLEDランタンです。スイッチひとつのシンプル設計なので、暗い中でも操作しやすいのが特徴です。

ライト部分が回転するので、トーチのように全体を照らすことも可能です。価格も安いので、子供の初めてのマイランタンにおすすめです。