社会人にとってしっかりと折り目の入ったズボンやシワのないシャツは最低限の身だしなみとしてとても大切です。
中でもズボンの折り目はアイロンでは難しく、ズボンプレッサーを要します。
ズボンプレッサーでは実はシャツの折り目も整えられます!
コルビーや東芝などのおすすめブランドをはじめとしたズボンプレッサーを紹介します!

ズボンプレッサーの使い方

ズボンプレッサーと言われてもアイロンほど浸透しているものではないため、初めて使うという方も多いかと思います。
購入前にまずは使い方をマスターしておきましょう!

ズボンの折り目を確認する

まずズボンの折り目を確認します。
この作業を怠ってしまうとズボンが二重線になってしまうなんてことも。
ズボンの裾を持って逆さにすると線がわかり易いですよ。

プレッサーに挟む

ズボンプレッサーの中にあるプレスシートを使用します。
2枚ある場合はシートを外側にしてプレスシートの間にズボンを挟みます。
電源をONにしてタイマーを設定
電源を入れてタイマーをセットしましょう。
目安としてはスラックスなら15〜30分程度でできます!

ブレス版とシートを開いて取り出す

時間が来たらズボンプレッサーから取り出して完了!

ズボンプレッサーはシャツにも使える!

ズボンプレッサーは使い方1つでシャツにも適用できます!
シャツにシワが入らないようにしっかりと伸ばして、ズボンプレッサーに挟めばシャツ本来のシワを残しつつも折り目を入れられます。
またシャツ同様に上着にも適用できます。
マルチに使えるズボンプレッサーは1万円から3万円程度が相場です。
アイロンに比べると安い商品も多いため、社会人のマナーとしても一台あれば便利でしょう。

ズボンプレッサーの人気メーカー

コルビー

ズボンプレッサーの中でも特に人気の高いメーカーがコルビーです。
海外メーカーでありながらも高いシェア率を誇ります。
機能性としてはとてもシンプルで、プレスシートも付いていません。

ですが実際の愛用者からはプレスシートの必要性を感じられない方も多いので問題はなさそう。
付いていなくてもしっかりとプレス機能を果たしてくれます。

またズボンプレッサーでありながらも海外メーカーであるためか、おしゃれでなデザインで部屋のインテリアにも繋がるという意見まで。
海外製でシンプルなものが欲しい方に向いています。

東芝

そして日本国内のメーカーでは東芝がダントツです!
日本メーカーであり、ズボンプレッサーのシェア率は1位であるた高いブランド力が安心の秘訣でしょう。

また機能面で言えば何と言っても消臭機能が付いているという点です。
これは他社にはあまりない機能でありながらも、お値段が1万円台からあるためコスパとしても良い傾向にあります。

使用者の方からはしっかりとシワを取ることができ、さらにズボンプレッサーの使用により年間トータルで時間短縮に繋がったという声もありました。
安心安全の日本ブランドや機能性を重視する方にはおすすめです。

ズボンプレッサーのおすすめ9選

東芝 HIP-T100(K)

東芝 ズボンプレッサーHIP-T100(K)のレビューと評価

初心者に最適!東芝ならではの使い勝手の良さが◎

ズボンをセットしたらタイマーを待つだけというとてもシンプルながら東芝ならではのブランド力で人気の高いのがこちらの商品。

シンプルながらもズボンの深い縦じわも改善し、さらに東芝独自の消臭機能で気になる匂いも解決できます。
操作ボタンも1つしかないので、初心者の方にも最適でしょう。

東芝 ズボンプレッサーHIP-T100(K)の仕様・製品情報

本体サイズ(幅×奥行×高さ)514×482×1075mm
重量(kg)11.5
プレス時間15〜30分
ジャケットハンガー(ありorなし)あり
消臭機能(ありorなし)あり
消費電力(W)280

コルビー 3300JCMG

コルビー 3300JCMGのレビューと評価

高級ホテルでも使用!海外製の頂点ズボンプレッサー

高級ホテルでもよく置かれているのがコルビーのズボンプレッサーです。
高い機能性を誇り、例えばストレッチャーバーシステムではズボンを上に引き延ばして膝の出やシワを整えてプレスしてくれます。

そしてネクタイハンガーやアクセサリー棚、さらにジャケットをかけられるハンガーも搭載しているのです。
1930年創業の老舗だからこそ世界中の人々に愛されているのでしょう。

コルビー 3300JCMGの仕様・製品情報

本体サイズ(幅×奥行×高さ)1090×460×360mm
重量(kg)9.8
プレス時間30分
ジャケットハンガー(ありorなし)あり
消臭機能(ありorなし)なし
消費電力(W)250

ツインバード SA-D729B

ツインバード SA-D729Bのレビューと評価

脚長パンツにも対応!縦型+消臭機能も抜群

全長なんと86cmの脚長パンツでもプレスに対応しているのがこちらの商品。

ツインバードは東芝やコルビーと並んで人気の高いメーカーです。
レバー式操作で楽々プレスすることができ、さらに忙しい時でも嬉しい自動電源機能まで。

そして東芝と同様に消臭機能が付いているので夏場の汗ばむときや飲み会帰りなど気になる匂いを解決してくれます。

ツインバード SA-D729Bの仕様・製品情報

本体サイズ(幅×奥行×高さ)455×405×1050mm
重量(kg)8.2
ジャケットハンガー(ありorなし)あり
消臭機能(ありorなし)あり

東芝 HIP-T36

東芝 HIP-T36のレビューと評価

安さ◎!東芝史上シンプルなズボンプレッサー

数あるズボンプレッサーを出している東芝製品の中でも大きさもコンパクトで、さらにお値段も12,080円とかなりお得です。

一人暮らしを始める方や初心者向けでしょう。
機能はとてもシンプルで、仕事終わりにズボンをプレッサーに入れるだけのたった15分程度で完成します!
熱でプレスする際には消臭機能もあるので値段以上の価値がありそうですね。

東芝 HIP-T36の仕様・製品情報

本体サイズ(幅×奥行×高さ)幅485×奥行405×高さ1050mm
重量(kg)8.5
プレス時間15分
ジャケットハンガー(ありorなし)あり
消臭機能(ありorなし)あり
消費電力(W)280

東芝 HIP-L36-S

東芝 HIP-L36-Sのレビューと評価

ヨコ型でも劣らない機能!1万円以下ながら抜群の性能

東芝のズボンプレッサーの中でも相場を下回る9,280円のこちらのタイプは横型であり昔ながらの商品です。
最近は縦型が多いものの、こちらはプレス面が大変広く長身の方のスラックスでも一度のプレスでしっかりできます!

またプレスシートを使うのでさらに折り目もきっちり付くことができるでしょう。
ちなみに電源コードはコードリール式なのでお部屋の邪魔にもなりません。

東芝 HIP-L36-Sの仕様・製品情報

本体サイズ(幅×奥行×高さ)538×853×75mm
重量(kg)6.2
プレス時間10〜15
ジャケットハンガー(ありorなし)なし
消臭機能(ありorなし)あり
消費電力(W)280

ツインバード SA-4625BL

ツインバード SA-4625BLのレビューと評価

2段階ロック搭載!外さない正常なプレスを

プレスシートを一度仮止め状態でロックをかけ、さらにシワなどをチェックし2段目のロックをすることで綺麗にプレスできます!
またプレスシートを半透明になっているためシワ具合などを確認でき、確実にキレイな仕上がりを実現できるでしょう。
邪魔にならないコンパクトさでありながらも機能性が高いツインバードの傑作です。

ツインバード SA-4625BLの仕様・製品情報

本体サイズ(幅×奥行×高さ)430×400×900mm
重量(kg)6.2
プレス時間10分
ジャケットハンガー(ありorなし)なし
消臭機能(ありorなし)なし
消費電力(W)300

LG styler S3WER

LG styler S3WERのレビューと評価

韓国発!次世代の最新ズボンプレッサー

韓国のLGエレクトロニクス発のズボンプレッサーで、ズボンだけでなくシャツやスーツ全体に適用されるためホームクリーニング機とも呼ばれています。

プレスの方法はまずタンクに溜めた水が衣類全体をスチームしていきシワをとっていきます。
ズボンの場合はズボンハンガーにふたがありプレッサーを被せることで折り目がつけられるのです。

少し設置に場所を取るためもう少し実用的になることを待ちたいところです。

LG styler S3WERの仕様・製品情報

本体サイズ(幅×奥行×高さ)445x1850x585 mm
重量(kg)83
ジャケットハンガー(ありorなし)あり
消臭機能(ありorなし)あり
消費電力(W)489

コルビー 4400JTCMG

コルビー 4400JTCMGのレビューと評価

高級感あるデザイン!だけど生地への優しさ100%

他製品同様にコルビーならではのデザイン力の高さはもちろんのこと、サーモスタット機能が付いているため高温になり過ぎるのを防ぎ生地に優しくプレスしてくれます。

さらに機能性が高くジャケットハンガーやネクタイハンガーの付属や、クッションパットによって挟み具合を調節できます。
スーツへの負担を一番に考えたズボンプレッサーです。

コルビー 4400JTCMGの仕様・製品情報

本体サイズ(幅×奥行×高さ)460×360×1090
重量(kg)11
プレス時間15〜30
ジャケットハンガー(ありorなし)あり
消臭機能(ありorなし)なし
消費電力(W)250

ツインバード SA-D719B

ツインバード SA-D719Bのレビューと評価

値段に見合った機能性!ツインバード史上最もおしゃれ

2017年に新発売してまだ間もないこちらの商品ですが、オモテ面にガラスを採用しておりプレスの状態を見ることができ、さらにデザイン性の向上に成功しました。

お値段は25,602円と少しお高めではあるもののセンサーとサーモでプレス時間を調整したり内部のプレスシートを不要にするクッション構造などが用いられています。
値段に見合って長く使える商品ですのでオススメです。

ツインバード SA-D719Bの仕様・製品情報

本体サイズ(幅×奥行×高さ)45.5×40.5×90.0cm
重量(kg)7.8
ジャケットハンガー(ありorなし)なし/td>
消臭機能(ありorなし)なし

ズボンプレッサーのおすすめまとめ

ワンランク上の大人になるためにも必要なのでズボンプレッサー。
ホテルなどでよく見るものを実際に購入し使用してみたら毎日シワのないスーツを演出できます。
是非東芝やコルビーのものを中心に検討してみてください。