音楽を高音質で楽しみたいなら一つは持っておきたいオーバーイヤーヘッドホン。今回は、オーバーイヤーヘッドホンとオンイヤーヘッドホンの違いを解説するとともに、おすすめのオーバーイヤーヘッドホンをご紹介します。




オーバーイヤーヘッドホンとは

オーバーイヤーヘッドホンとは、完全に耳を覆うタイプのヘッドホンです。音漏れなく、高音質で音楽を楽しめるのが特徴です。しかし、本体が大きく持ち運びには適していません。室内でかつ、高音質の音楽を追求したい人におすすめのヘッドホンです。

オーバーイヤーヘッドホンとオンイヤーヘッドホンの違い

今回ご紹介するオーバーイヤーヘッドホンは、耳を完全に覆ってしまうタイプです。一方、オンイヤーヘッドホンは、よりコンパクトな大きさで耳の上に載せるようにして装着します。そのため、オーバーイヤーヘッドホンの方が装着時の安定性が高いです。

定番人気のオーバーヘッドイヤホン「DENON ブラック AH-D1100」

1万円以下

DENON ブラック AH-D1100 のおすすめポイント3つ

  1. 遮音性に優れた密閉型ヘッドホン
  2. 持ち運びしやすい折りたたみ式
  3. 3次元縫製イヤーパッドでいつまでも快適なかけ心地

DENON ブラック AH-D1100 のレビューと評価

迷ったらこれ!定番人気のヘッドホン

DENONのAH-D1100はamazonでもレビュー数200を超える評価の高いヘッドホンです。密閉型で遮音性が高く、屋外でも音楽を楽しめます。同価格帯にBluetooth機能付きのヘッドホンもありますが、より高音質で楽しみたい方にはこのAH-D1100がおすすめです。

DENON ブラック AH-D1100 の仕様・製品情報

・形式:ダイナミック型
・インピーダンス:32Ω
・感度:101dB
・最大入力:1,300mW
・周波数帯域:5Hz~37,000Hz
・質量:189g(コード含まず)
・コード長:1.3m OFC線
・プラグ:直径3.5mm 金メッキステレオミニプラグ(アルミスリーブ付)
・付属品:直径6.3mm 金メッキステレオ変換プラグ(ステレオミニプラグ→ステレオ標準プラグ)、3.5mOFC線延長コード、キャリングポーチ

おすすめのオーバーイヤーヘッドホン6選

Superlux(スーパーラックス) HD681F

3000円以下

Superlux HD681F のおすすめポイント3つ

  1. 2880円で買えるコスパ最強のヘッドホン
  2. 抜けの良いきれいな音を鳴らす半開放型
  3. モニタリング用としても使えるフラットな音質

Superlux HD681F のレビューと評価

安いのに高音質な最強ヘッドホン!

Superluxのヘッドホンは2880円という破格の値段にも関わらず、半開放型なので抜けの良い音を鳴らします。また、220gと軽量で疲れにくく、モニター用としてもリスニング用としても使えるコスパ抜群のオーバーイヤーヘッドホンです。

Superlux HD681F の仕様・製品情報

・形式:ダイナミック型
・インピーダンス:32Ω
・感度:98dB
・周波数帯域:10Hz~30,000Hz
・最大入力:300mW
・質量:220g (ケーブル含まず)

AKG K701

2万円以下

AKG K701 のおすすめポイント3つ

  1. 10年間以上に渡り愛される開放型ヘッドホン
  2. 透明感のある繊細な高音が聴ける
  3. 洗練された美しいデザイン

AKG K701 のレビューと評価

高音好きにおすすめしたいオーバーイヤーヘッドホン

K701は39.8kHzという高い周波数まで再生でき、開放型ならではの非常に繊細な高音が美しいと評判です。ヘッドホン自体のデザイン性も高く、またアニメキャラクターが使っていたことでも有名で、発売から10年以上経った今でも人気のあるアイテムです。

AKG K701 の仕様・製品情報

・形式:ダイナミック型
・インピーダンス:62Ω
・感度:93dB
・周波数帯域:10Hz~39,800Hz
・最大入力:200mW
・コード長:3m
・プラグ:直径3.5mm(ミニ)
・質量:235g

beyerdynamic(ベイヤーダイナミック) DT990PRO

2万円以下

beyerdynamic DT990PRO のおすすめポイント3つ

  1. 長時間着けても疲れにくいベロア製ソフトイヤーパッド
  2. 開放型ならではの圧倒的臨場感
  3. ハンドメイドの高品質ドイツ製ヘッドホン

beyerdynamic DT990PRO のレビューと評価

メガネをしていても痛くならない高音質ヘッドホン

DT990PROはイヤーパッドがソフトで圧迫感が少ないため、メガネをしていても痛みが出にくいです。また、開放型であるため抜けの良い高音を楽しめるのは勿論、力強い低音を鳴らすと好評です。普段メガネを着用していてオーバーイヤーヘッドホンをお探しの方におすすめです。

beyerdynamic DT990PRO の仕様・製品情報

・形式:ダイナミック型
・インピーダンス:250Ω
・感度:96dB
・周波数帯域:5Hz~35,000Hz
・最大入力:100mW
・コード長:3m(引き伸ばし時) / コイル
・プラグ:直径3.5mm(ミニ)
・付属品:6.3mm(標準)アダプター、キャリングポーチ
・質量:250g

Pioneer(パイオニア) オーバーヘッドホン SE-M531

3000円以下

Pioneer SE-M531 のおすすめポイント3つ

  1. 破格の安さ
  2. 臨場感豊かで迫力ある音
  3. 優れた密閉性

Pioneer SE-M531 のレビューと評価

オーバーイヤーヘッドホン初心者にぴったり

パイオニア(Pioneer)オーバーヘッドホン SE-M531最大の特徴は、3000円未満という破格の安さです。音質は、低域再現により、臨場感豊かで迫力ある重低音を再生。オーバーイヤーヘッドホン初心者には、最適な商品です。

Pioneer SE-M531 の仕様・製品情報

音質や価格満足度はもちろん。長さ調節が不要のフリーアジャストヘッドバンド方式を採用しているのもポイント。スムーズに適切なポジションでの装着が可能です。

Bose SoundLink around-ear wireless headphones Ⅱ

3万円以下
Bluetooth長時間再生

Bose SoundLink around-ear wireless headphones Ⅱ のおすすめポイント3つ

  1. ワイヤレスの開放感
  2. 15時間連続再生
  3. 音質にこだわった独自テクノロジー

Bose SoundLink around-ear wireless headphones Ⅱ のレビューと評価

屋外でも活躍!Bluetoothヘッドホン

Bluetoothに対応しており、ワイヤレスで音楽を楽しめるBose SoundLink around-ear wireless headphones ll ホワイト。専用の無料アプリにより、簡単に2台のBluetooth機器間の接続と切り替えが可能です。外でも高音質な音楽を楽しみたい人には、この上ない商品です。

Bose SoundLink around-ear wireless headphones Ⅱ ホワイトの仕様・製品情報

独自のテクノロジーを組み合わせることで、音量に関係なく一貫した音楽を楽しむことができます。場所を問わずに、クリアな音声。頑丈な材質。快適なフィット感。と、常時ハイクオリティーな音楽を実現してくれます。

Beats by Dr.Dre Studio Wireless ノイズキャンセリング

5万円以下ノイズキャンセリングBluetooth長時間再生

Beats by Dr.Dre Studio Wireless のおすすめポイント3つ

  1. ノイズキャンセリング機能つき
  2. 無駄のないデザイン
  3. ワイヤレスでも高音質

Beats by Dr.Dre Studio Wireless のレビューと評価

音質・デザイン性・機能性。全てを兼ね備えた最高傑作

Beats by Dr.Dre Studio Wireless 密閉型 ワイヤレスヘッドホン ノイズキャンセリング Bluetooth対応 ホワイト 最大の特徴は、ノイズキャンセリング機能がついていることです。ノイズキャンセリング機能を使用することで、外の雑音を一切遮断し、音楽に没頭できます。さらに、ワイヤレス状態で12時間の連続再生が可能という点にも注目です。

Beats by Dr.Dre Studio Wireless の仕様・製品情報

人間工学に基づいたシングル・フローティング・ピヴォット機構によりどんな頭の形にでも最適にフィットします。また、独自のテクノロジーを搭載しており、アーティストが思い描いたとおりの音楽を届けます。さらに、無駄のなく、洗練されたデザインも魅力的なBeats by Dr.Dre Studio Wireless 密閉型 ワイヤレスヘッドホン ノイズキャンセリング Bluetooth対応 ホワイト。まさに、欠点のないオーバーイヤーヘッドホンです。

おすすめオーバーイヤーヘッドホンまとめ

今回は、オンイヤーヘッドホンに比べ、装着安定性に優れたオーバーイヤーヘッドホンのおすすめ機種を紹介しました。用途に合ったヘッドホンを選び、より素敵な音楽ライフを楽しんでいきましょう!