日本では知らない人がいないほど有名すぎる総合家電メーカーのSony。Sonyのオーディオ製品は、高音質は当然として、常にプラスアルファの機能を付けたユニークな製品が揃っています。今回はその中からSONYのbluetoothイヤホンおすすめ10選のご紹介です。




SONYのBluetoothイヤホンの特徴

LDAC対応の高音質ワイヤレスイヤホンを多数発売

Sonyは2015年に高音質コーデックLADCを開発しました。これによりワイヤレス環境でもハイレゾ並みの高音質(96kHz, 990kbps) 再生が可能になりました。以来イヤホン・ヘッドホン製品はもちろん、XperiaシリーズやウォークマンでもLDAC対応の製品を多く販売しているので、セットで使えばハイレゾ音源をより便利に楽しめます。

新しいテクノロジーを意欲的に取り込んだ製品が多い

AIノイズキャンセリング、充実したコントロールアプリなど新しい技術をすぐに取り込むのもSony製品の特徴。とにかく新しいモノ好きな方におすすめです。

おすすめのSony(ソニー)Bluetoothイヤホン10選

Sony WF-1000X ワイヤレスノイズキャンセリングステレオイヤホン 左右分離型

製品情報

3万円以下 / 高音質 / カナル型 / Bluetooth / ノイズキャンセリング / マイク / リモコン / ランニング

仕様(スペック)

質量:本体のみ(左右各)約6.8g、充電ケース約70g
電池持続時間(連続音声再生時間):最大3時間(NC ON)/最大3時間(NC OFF)
電池持続時間(連続通話時間):最大3.5時間
対応コーデック:SBC, AAC

おすすめポイント3つ

・ケーブルは一切なし!左右分離型の開放感を楽しめる
・ノイズキャンセリング機能には周囲の音も取り込める「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」あり
・左右各約6.8gの超軽量コンパクトサイズ

デメリット

電池持続時間が最大3時間
動画視聴時の音声遅延あり

評価・レビュー

完全ワイヤレスとノイズキャンセリングの融合に成功!ソニー渾身の自信作

「ケーブルが無いとこんなにストレス減るなんて!」「これ体験するとワイヤードには戻れない」と完全ワイヤレスの開放感を楽しむ声多数。また必要に応じて周囲の音も聞けるアンビエントサウンドモードは「レジなどでちょっとした会話するときに便利」など日常的に利用している人も多い模様。左右分離デザイン、ノイキャン、高音質を高いレベルでまとめきったSonyの自信作です。

こんな人におすすめ!

ケーブルフリーの開放感を味わいたい、「流石sony」と思えるイヤホンが欲しい、ノイキャン機能で周囲の音が完全に聞こえないのは不安

Sony WI-1000X ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン ネックバンド

製品情報

3万円以下 / 高音質 / サラウンド(専用アプリ必要) / カナル型 / Bluetooth / 長時間再生 / ノイズキャンセリング / ハイレゾ / マイク / リモコン

仕様(スペック)

質量:約 71 g (本体: 約 61 g)
電池持続時間(連続音声再生時間):最大 10 時間(NC ON時)、最大 13 時間(NC OFF時)
対応コーデック:SBC, AAC, LDAC, aptX, aptX HD
付属:マイクロUSBケーブル(約50cm)、専用ヘッドホンケーブル(約1m)、キャリングポーチ、ハイブリッドイヤーピースSS,S,M,L(各2)、トリプルコンフォートイヤーピースS,M,L(各2)、航空機用プラグアダプター

おすすめポイント3つ

・LDAC、 DSEE HX対応(非ハイレゾ音源をハイレゾ相当の音にアップスケールする機能)だからワイヤレスなのにハイレゾ相当の高音質が楽しめる
・常に最適なNCモードを自動選択するAIノイズキャンセリング、20段階で調節できる外音取り込みモード、その他サラウンド、イコライザーなど充実の機能が満載。
・電池持続時間最大 13 時間(NC OFF時)

デメリット

重い (約 71 g)

評価・レビュー

Sonyの最先端技術が詰まってる!ハイレゾ級ノイキャンイヤホン

ハイレゾとノイキャン機能を兼ね備える優秀モデル。またイコライザ、サラウンド、NC調節などもできる専用アプリではSonyの最先端技術が堪能できます。

こんな人におすすめ!

騒がしい環境でもハイレゾ音源をじっくり堪能したい、Sonyの最先端技術を体験したい

Sony MDR-EX31BN ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン

製品情報

1万円以下 / コスパ◯ / 高音質 / サラウンド / 5.1ch / 7.1ch / カナル型 / Bluetooth / 長時間再生 / ノイズキャンセリング / マイク

仕様(スペック)

質量: 約34g
電池持続時間(連続音声再生時間): (NC ON) 最大9.0時間, (NC OFF) 最大10.5時間
対応コーデック : SBC,AAC,aptX
付属:ハイブリッドイヤーピースS,M,L(各2)、マイクロUSBケーブル

おすすめポイント3つ

・高音質コーデックAAC、aptXにも対応
・AIノイズキャンセリング機能
・1万円以下のハイコスパ

デメリット

ケーブルが短すぎで胸ポケットまでしか届かない

評価・レビュー

ノイキャンとワイヤレスが1万円以下で!ハイコスパなロングセラーモデル

2013年発売のロングセラーモデルで、ワイヤレスとは思えない高音質とノイキャン機能が大人気。重要な機能をバランス良く網羅しているので、「1万円を切ってこの性能はさすが」「全てにおいて大満足。壊れてもまたこれを買うつもり」と総合評価で満足度の高いモデルです。

こんな人におすすめ!

1万以下でワイヤレスノイキャンを手に入れたい、失敗しないワイヤレスイヤホンが欲しい

Sony MDR-XB80BS ワイヤレスステレオイヤホン 耳かけ型 スポーツモデル

製品情報

2万円以下 / 重低音◯ / カナル型 / Bluetooth / 防水 / マイク / ランニング

仕様(スペック)

電池持続時間(連続音声再生時間): 最大7時間
対応コーデック: SBC、AAC、aptX、LDAC
付属:キャリングポーチ、ケーブル長アジャスター、ハイブリッドイヤーピースSS,S,M,L(各2)、マイクロUSBケーブル

おすすめポイント3つ

・抜群の装着安定性でどんなに動いてもズレない
・IPX5相当の防水効果。水洗いできるからいつでも清潔
・パンチの効いた重低音ExtraBassでテンションMAX!

評価・レビュー

強力な防水性とパワフルな重低音!ハイテンションなスポーツイヤホン

「アタック感の強い低音」「凄まじい迫力」「激しく踊りたくなるようなパーカッシブなサウンド」など、躍動的なパワフルサウンドが大人気。また激しい動きにも対応するフィット感、高い防水性を兼ね備えているので、雨も汗も気にせずノリノリでスポーツしたい人はぜひ!

こんな人におすすめ!

エクセサイズ中にいい音聴いてテンション上げたい、ハードなスポーツ好きの人

Sony MDR-AS800BT ワイヤレスステレオイヤホン スポーツモデル

製品情報

2万円以下 / 高音質 / カナル型 / Bluetooth / 防水 / マイク / ランニング

仕様(スペック)

質量: 16g
電池持続時間(連続音声再生時間): 約4.5時間
対応コーデック: SBC, AAC, aptX
付属:ハイブリッドイヤーピースロングSS,S,M,L(各2)、マイクロUSBケーブル(0.5m)、アークサポーターS,M,L(各2)、調整バンド、キャリングケース

おすすめポイント3つ

・通常スタイル(下だし)とスポーツスタイル(耳かけ)の2スタイルで装着可能だからシーンごとに最適なスタイルが選べる。
・わすか16gの超軽量
・IPX4の防滴仕様でしかもAAC, aptX対応の高音質

評価・レビュー

2種類のスタイルが楽しめるユニークな超軽量スポーツモデル

重さはなんと16g!とにかく軽いのでランニングなどの長時間の運動に最適。絶妙なフィット感のスポーツスタイルはサングラス、メガネとも併用可能。

こんな人におすすめ!

ランニングする人、サングラス・メガネと併用する人

Sony MDR-XB50BS ワイヤレスステレオイヤホン スポーツモデル

製品情報

1万円以下 / コスパ◯ / 重低音◯ / カナル型 / Bluetooth / 長時間再生 / 防水 / マイク / ランニング

仕様(スペック)

質量:約 22 g(アークサポーター含まず)
電池持続時間(連続音声再生時間):最大8.5時間
対応コーデック:SBC, AAC

おすすめポイント3つ

・コントロールボタンを全て耳もとにまとめたから操作も簡単
・IPX4の防滴、最大8.5時間バッテリー
・1万円以下のお手軽価格

評価・レビュー

すべての機能をバランス良く揃えた、ハイコスパなスポーツイヤホン

防滴、軽量、長時間バッテリー、高音質のすべてを1万円以下で手にできるハイコスパモデル。「どの機能も他社同クラスと比較にならないほど良い」「確実に値段以上の価値」とバランスよく揃った機能とお手ごろ価格に満足の声多し。

こんな人におすすめ!

1万円以下のスポーツモデルが欲しい、どの機能もバランスよく揃ったイヤホンが欲しい

Sony h.ear in 2 Wireless WI-H700 ワイヤレスステレオイヤホン ネックバンド型

製品情報

3万円以下 / 高音質 / カナル型 / Bluetooth / ハイレゾ / マイク

仕様(スペック)

質量:約40g (本体: 約33g)
対応コーデック:SBC, AAC, LDAC, aptX, aptX HD
付属:マイクロUSBケーブル(約50cm)、専用ヘッドホンケーブル(約1.0m)、ハイブリッドイヤーピースSS,S,M,L(各2)、マグネットクリップ

おすすめポイント3つ

・ファッション性の高い絶妙なスモーキーカラーのカラバリ5色
・LDAC、DSEE HX対応でハイレゾ相当の高音質が楽しめる
・専用アプリを使えば、サラウンド、イコライザーなど好みの音へカスタマイズ可能

評価・レビュー

おしゃれにハイレゾを楽しめる!まるでファッションアイテムのような高音質イヤホン

ハイレゾ+ファッション性を追求する「h.ear」シリーズの最新ネックバンドモデル。色鮮やかなカラーリングの前モデルMDR-EX750BTと異なり、本機は「ペールゴールド」「トワイライトレッド」などの淡い色調をスタイリッシュなフォルムでまとめています。前モデルは「色がちょっと派手かな」、と思った人にはこちらがおすすめです。

こんな人におすすめ!

おしゃれなイヤホンが欲しい、ファッション性と高音質のどちらも妥協しない

Sony WI-C400 ワイヤレスステレオイヤホン ネックバンド型

製品情報

1万円以下 / カナル型 / Bluetooth / 長時間再生 / マイク

仕様(スペック)

質量:約 31 g
電池持続時間(連続音声再生時間):最大20時間
対応コーデック:SBC, AAC

おすすめポイント3つ

・最大20時間の長時間バッテリー
・ケーブルの長さを調節したり、イヤホン部をネックバンド部に収納できる
・1万円以下のお手ごろプライス

デメリット

値段相応のデザイン(安っぽい)

評価・レビュー

連続使用時間はなんと20時間!バッテリーの心配無用でストレスフリーな音楽体験ができる

前述のWI-H700のエントリー機にあたるモデル。ネックバンド部にある物理ボタンが大きく、初めてネックバンド型を使う人でも簡単に操作できます。お手ごろ価格で、バッテリーを気にせず音楽を楽しみたい人におすすめです。

こんな人におすすめ!

初めてネックバンドモデルを使う人、バッテリーを気にせずに使用したい、1万円以下のワイヤレスイヤホンが欲しい

Sony MBH20 ワイヤレスモノラルイヤホン 片耳タイプ

製品情報

2000円以下 / 低価格 / コスパ◯ / 片耳 / Bluetooth / マイク

仕様(スペック)

質量 :約8g
連続通話時間: 最大7時間
付属品:取扱説明書、保証書、microUSBケーブル

おすすめポイント3つ

・わずか8gの超軽量だから長時間の使用も快適
・小型ボディーでも最大使用時間は7時間
・耳穴にフィットするソフトなイヤーピースでメガネとも併用可能

評価・レビュー

お手ごろ価格のシンプルな片耳ヘッドセット

「とにかく軽くて着けてることを忘れる」など快適な装着感が好評。マイク品質が良いので、音楽よりも通話メインで利用している方が多い模様。お手ごろ価格なので手軽にワイヤレス通話したい人におすすめです。

こんな人におすすめ!

軽いヘッドセットを求める人、通話での利用を想定してる人

Sony SBH56 ワイヤレスステレオヘッドセット

製品情報

1万円以下 / 高音質 / カナル型 / Bluetooth / マイク

仕様(スペック)

質量:約17.4g
電池持続時間(連続音声再生時間):約6時間
対応コーデック:SBC, AAC

おすすめポイント3つ

・手持ちのイヤホン・ヘッドホンをワイヤレス化できる多機能Bluetoothレシーバー
・レシーバー本体のスピーカーから音楽再生、ハンズフリー通話ができる
・スマホカメラのリモート操作(専用アプリ必要)、着信中の発信者名読み上げ機能あり(Androidのみ、専用アプリ必要)

デメリット

評価・レビュー

お気に入りのイヤホンをワイヤレス化できる!アイデア次第で色々活躍するBluetoothレシーバー

付属のイヤホン以外でも、お手持ちのイヤホン・ヘッドホンをワイヤレス化できる便利アイテム。使用ユーザーは、「マイク音質の良い本機と、音質は良いがマイク品質が悪い手持ちのヘッドホンと組み合わせて使えば、最強」「カメラのリモコン機能は自撮り撮影時に便利」「クリップで服に留めて、本体のスピーカーから音楽を再生すると、自分のテリトリー内で音楽が聴けるようで好き」など、各自アイデアを生かして楽しく利用しているようです。

こんな人におすすめ!

手持ちのイヤホンをワイヤレス化したい、超小型スピーカーが欲しい、周りの音を聞きながらハンズフリー通話したい

まとめ

以上、SONYのbluetoothイヤホンおすすめ10選でした。高音質だけじゃない色々な機能を持つSonyのイヤホンは使っていて楽しい、便利、快適と思える良品が揃っています。自分のスタイルにあったイヤホンを見つければ、もっと日常が便利で楽しくなりますよ。