より楽しく、より充実したスポーツ活動を行う上で音楽は欠かせない要素の1つですよね。イヤホンを装着して理想のスポーツライフを送りたいものです。そこで今回は理想のスポーツライフを追求するために、イヤホンの中でもハイスペックかつ機能性に富んだSONYのイヤホンを紹介していきます。激しい運動にも対応できるよう改良されたイヤーピース搭載イヤホン、bluetooth機能ほか、防水・防滴機能を搭載したイヤホンをピックアップしました。

SONYイヤホンがスポーツにおすすめな理由2つ

音質に妥協しない

スポーツ時には機能性を意識するあまり、音質を妥協しがちになります。しかしSONYのイヤホンはスポーツ時に必要な機能を備えている上に、音質に妥協しません。EXTRA BASS音質を採用したイヤホンなど、高音質イヤホンとしてのカテゴライズも十分可能です。

様々なシーンで使いまわしが可能

スポーツにおすすめのイヤホンだとスポーツ時にしか使用できないイメージがありますが、SONYのイヤホンの多くはデザイン性に富み、多少の水に強く、丸洗いできるものもあるため、普段使いにも最適なイヤホンと言えます。

ソニー(SONY)のおすすめスポーツイヤホン6選

SONY MDR-XB50BS

1万円以下コスパ○bluetooth長時間再生マイクリモコン防水ランニング

SONY MDR-XB50BSのおすすめポイント3つ

  1. JIS防水保護等級IPX4相当の防滴対応
  2. 通常のハイブリッドイヤーピースよりも耳との接地面積が約30%広いハイブリッドイヤーピースロングを採用
  3. 操作ボタンを耳もとに集約

SONY MDR-XB50BSのレビューと評価

どんな激しい運動にも適応するイヤホン

通常のイヤーピースよりも耳との接地面積が広く、ランニングなど上下に揺れる運動時にも落ちにくい形状をしています。また防滴機能を搭載しているため、大量の汗をかいても問題ありません。軽い運動はもちろん、激しいスポーツの時もおすすめです。

SONY MDR-XB50BSの仕様・製品情報

ブラック・ブルー・レッド
重量22g
電源継続時間8.5時間
形状イヤホン

SONY MDR-XB80BS

2万円以下bluetoothマイクリモコン防水ランニング

SONY MDR-XB80BSのおすすめポイント3つ

  1. JIS防水保護等級IPX5相当の防水仕様
  2. フレキシブルイヤーフックの圧倒的な装着安定性
  3. 10分の充電で60分の使用が可能

SONY MDR-XB80BSのレビューと評価

大量に汗をかく人にもおすすめ

激しい運動時には大量の汗をかきますが、このMDR-XB80BSなら全く問題ないです。フレキシブルイヤーフックがランニングやダッシュ時の揺れにも効果を発揮。決して耳から落下しない所が魅力的です。

SONY MDR-XB80BSの仕様・製品情報

ブラック・ブルー・レッド
連続再生時間7時間
クイック充電10分で約60分
形状カナル型

SONY WI-C300

1万円以下コスパ○bluetooth長時間再生マイクリモコンランニング

SONY WI-C300のおすすめポイント3つ

  1. 最大8時間の連続再生
  2. 8台までマルチペアリング
  3. 15gという軽さ

SONY WI-C300のレビューと評価

手軽にSONY音質を楽しむなら

SONYイヤホンの最大の魅力は何といってもその音質にあります。空気の通気量を調整する孔を小さくした筐体構造を採用しているため、音漏れが気になりません。ジムでのトレーニングなど、屋内スポーツ時にも大活躍します。

SONY WI-C300の仕様・製品情報

ブラック・ホワイト・ブルー・レッド
重量15g
連続再生時間8時間
充電時間2時間
形状カナル型

SONY MDR-XB510AS

5000円以下コスパ○マイクリモコン防水ランニング

SONY MDR-XB510ASのおすすめポイント3つ

  1. IPX5/7相当の防水仕様
  2. EXTRA BASS (TM) Sound 搭載
  3. 通常のイヤホンより30%広い接地面積をもつハイブリッドイヤーピースロングを採用

SONY MDR-XB510ASのレビューと評価

洗える上に音質も素晴らしい

IPX5/7相当の防水仕様なので、丸洗いすることができる。急な雨や雨天時にはもちろん効果を発揮するが、埃の多い場所や汚れの付きやすい場所でのスポーツにも最適。そしてEXTRA BASSシリーズ音質ということもあり、低音もかなりの聴き応えを実現。

SONY MDR-XB510ASの仕様・製品情報

ケーブル長さ120cm
ブラック・グリーン・ブルー・レッド
重量9g
形状インナーイヤー

SONY WI-C400

1万円以下コスパ○bluetooth長時間再生マイクリモコン

SONY WI-C400のおすすめポイント3つ

  1. 20時間の長時間再生
  2. 簡単にリモコン操作が可能
  3. 着信時に嬉しいバイブレーション機能搭載

SONY WI-C400のレビューと評価

充電いらずの革命的イヤホン

20時間という規格外の連続再生が可能なbluetoothイヤホン。もはやいつ充電したのかを忘れてしまう程のバッテリー持ち。SONY WI-C4001つで、スポーツ時も日常生活も楽々カバー。

SONY WI-C400の仕様・製品情報

ケーブル長さ調整可能
ブラック・ホワイト・ブルー・レッド
重量35g
連続再生時間20時間
充電時間4.5時間
形状カナル型

SONY WF-1000X

2万円以下bluetoothノイズキャンセリングハイレゾランニング

SONY WF-1000Xのおすすめポイント3つ

  1. 閉塞ダイナミック型式で高音質が楽しめる
  2. 完全ワイヤレスで煩わしさゼロ
  3. 音楽を聴きながら、周囲の音も聞けるアンビエントサウンドモード搭載

SONY WF-1000Xのレビューと評価

スポーツ時に最高音質が楽しめる!

スポーツ時には音質を妥協しがちになりますが、このWF-1000Xはスポーツと音楽を両立させてくれます。加えて完全ワイヤレスなのでケーブルの煩わしさもなく、快適なスポーツライフを実現できます。こだわりの強いあなたを満足させるイヤホンに間違いないでしょう。

SONY WF-1000Xの仕様・製品情報

ブラック・シャンパンゴールド
重量6.8g
連続再生時間3時間
充電時間3時間
形式左右分離型

まとめ

今回の記事では、スポーツにおすすめなSONYのイヤホンを紹介しました。スポーツ時に必要な機能を備えた上で、プラスアルファを実現するSONYのイヤホンを是非使ってみてはどうでしょうか。