そもそもCPUとはパソコンにおける頭脳を司る部品のことで、CPUの性能が高ければ処理能力も高く快適な動作が可能になります。今回ご紹介する「Intel Core i7」はかなり上位の性能を持つCPUです。

そんな高性能CPUを備えた快適に使えるノートパソコン10選を紹介していきます。

Core i7のノートパソコン とは

「Core i7」とはインテル社が製造しているCPUのひとつで現在主流となっているCPUである「Intel Core」シリーズの中でもトップクラスの性能を持つものです。

最近もうひとつ上位の「Core i9」が出てきましたが国内メーカーのノートパソコンでは高性能モデルといえば今でも「Core i7」が使われています。動画編集などの高負荷な作業も快適にこなせるモデルです。

Core i7のノートパソコン 長所やメリット

処理能力が高い

最大の特徴はなんといっても処理能力が高いことです。これによりパソコンの動作すべてに影響が出ます。

電源を押してからの起動までの時間からwebサイトの表示速度、画像や動画の編集などをする場合は特に差が顕著に現れます。

処理能力が高いのに省エネ

処理能力が高いとそのぶん電力消費量も大きくなりそうですが、実はそれほど高くならないようになっています。

ノートパソコンは持ち運んでバッテリーで動かすことが多いので省エネ性能が高いとバッテリーの持ちも長くなります。

Core i7のノートパソコン 短所やデメリット

値段が高い

Core i7搭載モデルはCPU以外にもメモリやHDDなどが高性能であるがゆえに価格はどうしても高くなりがちです。

同じ国内メーカーのラインナップを見ても低価格のモデルと比較すると5万円前後もの差があります。

熱を持ちやすい

CPUは熱を発生させる部品なので必ずパソコンには冷却用のファンが付いています。

性能が高くなればなるほど発熱量は大きくなります。しかし、ノートパソコンは本体を軽くするための構造上、冷却性能がそれほど高くないため、本体が熱くなりがちです。

Core i7のノートパソコン 選び方のポイント

家で使うか外でも使うか

Core i7を搭載しているノートパソコンのサイズとして現在主流となっている大きさは15.6インチのモデルです。

ですが、持ち運びを重視した13.3インチタイプにもCore i7を搭載しているモデルもあるので自宅での利用が主であれば15.6インチ、外出先へ持ち出すことがあるのであれば13.3インチのタイプを選ぶといいでしょう。

CPU以外にも目を向けてみる

パソコンの性能はCPU以外にも大事な部分としてメモリと保存領域があります。メモリはパソコンの作業スペースであり、これが大きければ効率良く作業ができるようになります。

また、保存領域はパソコンの倉庫のようなものでデータを保管している場所です。これに使われている部品を「HDD」ではなく「SSD」のタイプを選ぶことによってスムーズなデータのやり取りが可能になり、更に動作は快適になります。

Core i7のおすすめノートパソコン10選

NEC LAVIE Note Standard NS700/JAR

15.6インチCPU:Core i7メモリ:8GBストレージ:HDD 1TBofficeの有無:Microsoft Office Home and Business Premium重さ:2.4kg最大バッテリー時間駆動:5時間

NEC LAVIE Note Standard NS700/JARのおすすめポイント3つ

  1. 最新の高性能CPUを搭載
  2. 高精細液晶で鮮やかな映像が楽しめる
  3. 大容量HDDでたっぷり保存

NEC LAVIE Note Standard NS700/JARのレビューと評価

すべてが高いレベルでまとまったハイスペックモデル

NECのハイスペックモデルとして発売されているこのモデルはCPU、メモリ、大容量HDDと必要なものがすべて揃った贅沢なモデルです。これさえあれば一般的なパソコンでの作業はストレスなく快適に行うことができます。

東芝 dynabook T95/F

15.6インチCPU:Core i7メモリ:16GBストレージ:SSD 512GBofficeの有無:Office Home & Business 2016重さ:2.4kg最大バッテリー時間駆動:7時間

東芝 dynabook T95/Fのおすすめポイント3つ

  1. 16GBの高性能メモリで快適
  2. メーカー保証が2年間と長め
  3. 顔認証でセキュリティも充実

東芝 dynabook T95/Fのレビューと評価

高性能、高水準のスタンダードノートパソコン

CPUはもとよりメモリも16GB搭載で非常に軽快な動作が可能です。メーカーによる保証は通常1年間ですが、こちらは2年間と倍の期間が保証されているので購入後も安心して使うことができます。

また、顔認証でセキュリティの安全性はとても高く、ロック画面をすばやく解除することができます。

NEC LAVIE Note NEXT NX850/JA

15.6インチCPU:Core i7メモリ:8GBストレージ:SSD 128GB + HDD約1TBofficeの有無:Microsoft Office Home and Business Premium重さ:2.3kg最大バッテリー時間駆動:7.3時間

NEC LAVIE Note NEXT NX850/JAのおすすめポイント3つ

  1. 起動がわずか10.6秒
  2. 指紋認証で安心
  3. ヤマハのスピーカー搭載で音までこだわる

NEC LAVIE Note NEXT NX850/JAのレビューと評価

超高速と呼ぶにふさわしい

起動に関わるデータをSSDへ搭載することにより電源ボタンを押してからわずか10.6秒で起動するという驚異の速さを実現したモデルです。

指紋認証でパスワード入力の煩わしさも無く、セキュリティ面も高めています。また、ヤマハのスピーカーを搭載することで高音から低音までしっかりとした音質を再現することが可能です。

富士通 FMV AH77/B3

15.6インチCPU:Core i7メモリ:8GBストレージ:SSD 128GB + HDD 1TBofficeの有無:Microsoft Office Home and Business Premium重さ:2.3kg最大バッテリー時間駆動:7.5時間

富士通 FMV AH77/B3のおすすめポイント3つ

  1. すべてが入ったオールインワンパソコン
  2. ハイレゾ対応スピーカー搭載で音がいい
  3. 4K出力で美しい映像を楽しめる

富士通 FMV AH77/B3のレビューと評価

デザインにもこだわった上位モデル

富士通のこだわりが光るハイスペックタイプで本体デザインから映像美、高音質とすべてにおいて上質なものを搭載しています。まさにオールインワンノートパソコンと呼ぶに相応しいモデルで快適なパソコンライフを送ることができます。

富士通 FMV UH90/B3

15.6インチCPU:Core i7メモリ:8GBストレージ:SSD 256GBofficeの有無:Microsoft Office Home and Business Premium重さ:899g最大バッテリー時間駆動:17時間

富士通 FMV UH90/B3のおすすめポイント3つ

  1. 安心の日本製
  2. 小型で軽量、しかも丈夫
  3. SSD搭載で起動も速い

富士通 FMV UH90/B3のレビューと評価

日本製の持ち運びに便利な小型モデル

島根県の出雲で製造されているメイドインジャパンのこのモデルは13.3インチのコンパクトタイプです。重さも899gと非常に軽量に作られているので持ち運ぶ際も負担になりません。

富士通では多くの耐久試験を行っているので軽量、薄型でも堅牢さを兼ね備えています。

NEC LAVIE Hybrid ZERO HZ750/GA

13.3インチCPU:Core i7メモリ:8GBストレージ:SSD 256GBofficeの有無:Microsoft Office Home and Business Premium重さ:831g最大バッテリー時間駆動:10時間

NEC LAVIE Hybrid ZERO HZ750/GAのおすすめポイント3つ

  1. 持ち運びに便利な13.3インチ
  2. タブレットとしても使える
  3. バッテリーでも長時間の駆動が可能

NEC LAVIE Hybrid ZERO HZ750/GAのレビューと評価

1台2役、ノートパソコンの新しい形

13.3インチで重さはわずか831gと、非常に持ち運びしやすいサイズ感になっている上にディスプレイが360度回転し、タッチパネル搭載でタブレットとしても使えるハイブリッドモデルです。

持ち運びする際に重要なバッテリーの持ちも10時間と長時間利用できるので安心です。

東芝 dynabook V82/F

12.5インチCPU:Core i7メモリ:8GBストレージ:SSD 512GBofficeの有無:Office Home & Business 2016重さ:1099g最大バッテリー時間駆動:16.5時間

東芝 dynabook V82/Fのおすすめポイント3つ

  1. タッチペン付きの小型モバイルタイプ
  2. 約17時間の長時間駆動
  3. MIL規格の耐久試験をクリアする丈夫さ

東芝 dynabook V82/Fのレビューと評価

アメリカ国防総省制定の耐久試験をクリアした堅牢モデル

このモデルはアメリカ国防総省の制定したMIL規格という耐久テストをクリアしていて非常に丈夫に作られているのが特徴です。

落下、衝撃、高温、低音、湿度など様々なテストが行われているので屋外に持ち出す場合でも安心して持ち歩けます。

富士通 FMV AH-MR/B3

15.6インチCPU:Core i7メモリ:8GBストレージ:HDD 1TBofficeの有無:Microsoft Office Home and Business Premium重さ:2.3kg最大バッテリー時間駆動:7.5時間

富士通 FMV AH-MR/B3のおすすめポイント3つ

  1. VRの世界が楽しめる
  2. 専用ヘッドセット&コントローラー付き
  3. 高性能でストレスない動作

富士通 FMV AH-MR/B3のレビューと評価

ヘッドセット搭載の高性能モデル

「Windows Mixed Reality」でバーチャルリアリティ(VR)を体感することができるユニークなモデルです。専用のヘッドセットとコントローラーが付いているので簡単にVRの世界を堪能できます。

もちろん、パソコン自体の性能はハイスペックで作られているので安心です。

ASUS ROG STRIX GL503VS

15.6インチCPU:Core i7メモリ:16GBストレージ:SSD 256GB + HDD 1TBofficeの有無:無し重さ:2.5kg最大バッテリー時間駆動:2.9時間

ASUS ROG STRIX GL503VSのおすすめポイント3つ

  1. ノートパソコンとは思えない高性能
  2. グラフィックス機能にGeForceを搭載
  3. 液晶の視野角が広いので見やすい

ASUS ROG STRIX GL503VSのレビューと評価

ゲーム向けに作られた超高性能ノートパソコン

ノートパソコンでは最高峰の性能になっていて、Core i7もグレードが高いものになっており、グラフィックス機能にも専用のグラフィックボードというパーツを取り付け、とにかく性能を限界まで高めたモデルになっています。

Lenovo ideapad 320

15.6インチCPU:Core i7メモリ:4GBストレージ:HDD 1TBofficeの有無:Microsoft Office Home & Business Premium重さ:2.2kg最大バッテリー時間駆動:4.5時間

Lenovo ideapad 320のおすすめポイント3つ

  1. 高性能でもお手頃な価格
  2. シンプルさを追求
  3. シャープなデザイン

Lenovo ideapad 320のレビューと評価

低価格でありながら高性能

Core i7搭載モデルは15万円以上するものがほとんどである中、こちらは10万円以下で購入することができるという安さが最大の魅力です。

最初から付いてくるソフトや機能をシンプルに抑えることでこの低価格が実現しています。

まとめ

同じCore i7のモデルでもメーカーやシリーズによって多くのラインナップが出ています。「パソコンを何に使うか」によって選んでみてはいかがでしょうか。