JVC HA-FX1Xの音質などの評価・レビュー、おすすめの使い方、スペック(仕様)、付属品などの詳細情報を解説します。


出典:item.rakuten.co.jp

JVC HA-FX1Xの総合評価

8.5点/10.0点


✔︎ 重低音特化!

✔︎ コスパ良し!

✔︎ ベーシストにおすすめ!


重低音の再生に特化したイヤホンで、重低音をしっかりと聞きたい人にはおすすめです。遮音性も良く、周りの音を気にせずに音楽が楽しめます。また、値段が安い割りに、壊れにくいのでコストパフォーマンスも非常に良いと思います。音楽が好きだが、イヤホンにそれほど高額なお金を使う気にはなれない方にとっては非常に良い商品ではないでしょうか。ただ、高音の再生にはあまり向いていないのと、付属品のイヤホンピースはあまり良くないので変えたほうが良いというのが、玉に瑕です。

JVC HA-FX1Xの簡易ステータス

高音 [star rating=”2″]
低音 [star rating=”5″]
クリアー感 [star rating=”3″]
臨場感 [star rating=”4″]
遮音性 [star rating=”3″]
フィット感 [star rating=”1″]

高音

高音に特化した商品ではないこともあり、他の同程度の価格の商品と比べると抜ける感じは少ないように感じます。

低音

重低音が売りなので、低音は非常に良く響きます。曲や再生機器の設定などにもよりますが、高級品と同等レベルの重低音が楽しめます。

クリアー感

楽器一つ一つの音が際立って、割とはっきり聞こえますが、かなり少ないものの、全体的に濁りがあるような気がします。

臨場感

ベースやバスドラムなどの楽器の音の再現性は非常に高いと思いますが、ギター等の高音の再現性は少し劣るように感じます。

遮音性

非常に高いです。ただし、これは付属のイヤーピースから別のものに変えた場合であり、付属品だと遮音性はあまり高くありません。

フィット感

先述の通り、付属のものはあまり良くありません。外れやすく、運動等には向いていないです。

JVC HA-FX1Xのレビュー

おすすめ使用方法

重低音が多いガレージロックや、バウンス系のヒップホップなどを、電車やバスなど人の多いところで楽しみたい方に向いていると思います。
また、遮音性が高いので、夜寝る時に他の音が邪魔で寝られない時などに使用すると良いです。

良い点

カナル型なので遮音性が高く、重低音を思う存分楽しみたい方に、良いでしょう。
また、私自身かなり雑な扱いで3年以上使っているにもかかわらず、ノイズが増えたりすることもないので、丈夫な作りであり、壊れにくいと言えます。
タッチノイズは非常に少ないと思います。ジャックの部分、コードの部分が頑丈な作りになっていると思います。

悪い点

付属のイヤーピースが良くないと思います。これを使用することにより、商品自体の評価が下げられるような気がするくらい良くありません。
外れやすく、遮音性もあまりないように感じられます。また、低音に特化したことによる高音の再現性の低下が少し気になります。

まとめ

値段の割りには非常に良い商品だと思います。ベースラインやバスドラムの音がはっきりと聞こえ、臨場感が出ます。
中音に関してもなかなか良く、この値段でこの再現性はなかなか無いと思います。ただ、問題は付属のイヤーピースですので、これを別の商品に変えることで、驚くほど遮音性と重低音の再現性が更に向上します。
運動などには向いていませんが、人ごみで音楽を楽しみたい人にはいいでしょう。
バンドなどでベースを担当している人には、非常におすすめです。

スペック

型式 カナル型
ドライバー 10mm
音響方式 ダイナミック方式、密閉型
出力音圧レベル 104 dB/1 mW
インピーダンス 16Ω
再生周波数帯域 5 Hz~23,000 Hz
最大入力 200mW
質量 約5.4g
プラグ φ3.5mm(ミニプラグ型)
コード 1.2m(Y型)

付属品

シリコンイヤーピースS、M、L
コードキーパー
キャリングケース

楽天市場で詳細を見る