メーカー別コードレス掃除機おすすめランキング!マキタ、ダイソン他

「コードレス掃除機が欲しいけど、たくさん種類があってどれを選べばいいのか分からない…。」
「今使っているものよりもっといいコードレス掃除機が欲しい!」
コードレス掃除機の購入を検討している方のために、コードレス掃除機の選び方のポイント、それぞれのメーカーのおすすめコードレス掃除機についてまとめてみました。

コードレス掃除機の選び方のポイント

自分にあったコードレス掃除機を購入するためには、どのような点を確認して選択するべきなのかご紹介しましょう。

集じん方法

「紙パック式」と「サイクロン式」、2種類の集じん方法があります。

紙パック式

使い捨ての紙パックを設置しゴミを溜める仕組み。
消耗品なのでその都度購入する必要がありますが、処理の際にゴミが周囲に舞うことなく清潔に処理することができます。

サイクロン式

吸い取ったゴミと空気を遠心分離することでダストボックスにゴミを集める仕組み。
フィルターの目詰まりを抑えて吸引力の低下を防ぐことができます。紙パック代を節約することができますが、こまめにゴミ処理をする必要があります。

形状

コードレス掃除機には「ハンディータイプ」と「スタンドタイプ」の2種類があります。
それぞれ特徴が異なるので、

ハンディータイプ

重心が手元にある形状。ハンディークリーナーとして使用することができますが、手首に負担がかかりやすくなっています。自立できないものが多い。

スタンドタイプ

重心が下にある形状。手首に負担がかからず自立させることができますが、狭いところや高い場所の掃除がしにくいタイプです。

ヘッドの種類

主に「モーター式」「自走モーター式」「エアタービン式」に分けられます。

モーター式

モーターでヘッド内部のブラシが回転するタイプ。集じん性能が高く、カーペットに絡んだゴミも掻きだして吸い込むことができます。

自走モーター式

モーターの力でヘッドが自走してくれるので力を入れずに掃除することができます。
高級なコードレス掃除機に多く搭載されています。

エアタービン式

吸い込む際の風力でヘッド内部のブラシを回転させるタイプ。
モーター式より集じん力は劣りますが、コストを抑えたい方におすすめです。

コードレス掃除機のポイントについて確認したところで、各メーカーのおすすめコードレス掃除機をランキング形式でご紹介しましょう。

1位:ダイソンのコードレス掃除機

ダイソン 掃除機 コードレス DC35 モーターヘッド DC35MH

新ダイソンデジタルモーター(高速回転モーター)を搭載したパワフルな軽量コードレス掃除機です。
硬いナイロンブラシと静電気の発生を防ぐカーボンファイバーブラシを採用しているので、カーペットから細かいゴミを掻き出して吸引することができます。
Root Cyclone (ルートサイクロン)テクノロジーによって、0.5ミクロンレベルのゴミやホコリを空気から分離し効率よくゴミを吸い取ることができます。

2位:マキタのコードレス掃除機

マキタ 充電式クリーナー コードレス 掃除機 CL100DW

小型・軽量化されたハイパワーコードレス掃除機。
集じん容量は600ml程で、充電時間50分程で約12分連続使用できます。
カプセルにゴミが集まる作りになっており、カプセル部をひねって捨てるだけなのでゴミ捨ても楽々です。

3位:日立のコードレス掃除機

日立工機 10.8V コードレスクリーナ 充電式 1.5Ahリチウムイオン電池、急速充電器付 パネルスイッチ R10DAL(LCS)

掃除のプロも使用している、パワフルな吸引力のコードレス掃除機。
集じん容量:560mLで充電時間30分で約13分(強)連続使用できます。

日立独自の除じん機能を搭載されているので、手を汚さずにプレフィルタを掃除することが可能。ダストケース集じん方式で集めたゴミをスピーディーに処理することができます。

4位:アイリスオーヤマのコードレス掃除機

アイリスオーヤマ 極細 超軽量 掃除機 コードレス スティック クリーナー パールホワイト IC-SLDC4

軽さ1.2kgの超軽量スティッククリーナー。
「サイクロンストリームヘッド」を採用しており、サイクロン気流を発生さることで細かな汚れも掻き出して吸引してくれます。
集じん方法は紙パック式。銀イオン加工の専用パックなので、排気時のニオイも抑えることができます。ハンディータイプとしても使用可能。

5位:東芝のコードレス掃除機

東芝 スティック&ハンディクリーナー グランレッド【掃除機】 TOSHIBA TORNEO V cordless(トルネオ ブイ コードレス) VC-CL1300-R

本体質量1.4kg。手への負担が軽くなっています。
5時間の充電で約20分の連続運転が可能です。
掃除機が使えない場所も風でゴミを履き出せる便利なエアブローノズル付。
集じん容積は0.2Lで、集じん方式はサイクロンです。

6位:シャープのコードレス掃除機

シャープ コードレスサイクロン掃除機 軽量 ドライカーボン採用 RACTIVE Air

総質量1.5kgの軽くてコンパクトなコードレス掃除機。
大風量モーターと遠心分離サイクロンによって強力な吸い込みを実現しています。
ハンディータイプとしても使用することができ、握りやすいグリップハンドルになっているので高い場所でも楽に掃除することができます。

7位:パナソニックのコードレス掃除機

パナソニック スティッククリーナー コードレス イット レッドブラック MC-BU500J-R

本体幅7.2cmの省スペースなコードレス掃除機。
フロアから狭いすき間まで、同じノズルで掃除できる「くるっとパワーノズル」を採用しています。
「ガバとり」構造と横すべりさせるローラー付で壁際の取れにくいゴミもスムーズに吸引することができます。

コードレス掃除機のおすすめまとめ

コードレス掃除機の選び方のポイント、それぞれのメーカーのおすすめコードレス掃除機についてまとめてみました。
メーカー独自の機能が搭載したのもの、軽量化や省スペースを重視しているもの等、それぞれ特性が異なります。自分のライフスタイルにあったものを選択するようにしてくださいね。

コードレス掃除機の購入を検討している方はぜひ参考にしてください!