大学生向けの色んな用途に使えそうな4万円以下で購入できる低価格なパソコンを、主にストレージ、メモリ、CPUの種類、容量、スペック等各メーカーで比較。

また、Office系ソフトなどが付属しているかどうかも考慮に入れながらおすすめできるコスパの高い製品を8つ紹介していきます。




安いパソコンの長所やメリット

お財布に優しい

なんといっても価格が安いこと、これに尽きます。

大学生になれば色々とお金がかかるかと思いますので、予算をパソコンだけに当てられない方も多いかと思います。

最近の型落ちパソコンは3万円台でも十分な性能をかね揃えている製品が多く、割と動作も快適です。

ある程度パーツの交換、増設ができる

安いパソコンを購入した後、メモリやHDD、SSDの容量がもう少し欲しいと思った時、家電量販店やネットで購入できる市販パーツで割りとリーズナブルに増設することが可能で、新たに良いスペックのパソコンを買い換えるより安く済む場合が多いです。

安いパソコンの短所やデメリット

できることが限られる

当たり前のことですが、安いパソコンはCPUの性能やメモリ、HDD容量など、低スペックなパーツで組まれている製品が多いので、高いグラフィック描画を要求する画像処理や動画編集、ゲームなど、スペックの高いマシンでできる作業や処理はできない場合があります。

デザインが少し古い

型落ちのため新機種などに比べどうしてもデザインは古くなってしまいます。本体サイズも現行品より若干大きい製品があるので設置スペースに幅をとるかもしれません。

また、安いパソコンはソフトやアプリを最小限に省いておりoffice系ソフトは付属していない場合もあります。

用途で選ぶ

まず、パソコンを購入して自分が何をやりたいかによって選ぶ選択肢は変わってきます。

ある程度画像編集や動画編集をしたい人ならCPUの性能、SSDを搭載しているか、メモリ容量も4GB以上の製品を視野に入れる必要があります。

また、文書やグラフ作成をするならoffice系ソフトが付属しているかも考慮すると後々便利でしょう。

サイズ、重量で選ぶ

外出が多い、出先でもパソコン作業を頻繁にする方は持ち運ぶ際のサイズや重量も選択肢のひとつだと言えます。

最近の一般的なノートパソコンはどのメーカーもコンパクト、軽量化されていますが、バッグなどに入れて持ち運べるサイズはだいたい10インチから15インチ位で、一般的なPC作業をするのであれば13.3インチが妥当なサイズです。

価格で決める

何はともあれ安いに越したことはないと思うので、まず自分で予算を設定してその範囲内で製品を探します。ただし価格があからさまに安い製品はどうして安いのか注意する必要があります。

年式が異常に古かったり、HDDやメモリの容量が著しく少なかったり、不人気なカラーだったりと、安いのにはやはり何かしら理由があります。

型式年数やスペックなど価格に応じてある程度自分が妥協できる箇所は目をつぶりましょう。

おすすめの安いパソコン8選

Lenovo ideapad 120S

Lenovo ideapad 120S の仕様・製品情報

画面サイズ 14.0インチ
CPU インテル Celeron プロセッサー N3350
メモリ容量 4.0GB
ストレージ 128GB SSD
重量 約 1.44kg
最大バッテリー時間駆動 最大約 7.5時間

Lenovo ideapad 120S のおすすめポイント3つ

  1. 128GBのSSD搭載
  2. メモリ容量4.0GB
  3. ディスプレイが大きく見やすい

Lenovo ideapad 120S のレビューと評価

128GB SSD搭載で動作が快適

Lenovo ideapad 120S 14型は2018年3月現在平均\38,000程度で購入することができ、凡庸性に優れたノートパソコンです。

この価格帯で128GBのSSDが搭載されている製品は少なく、OSの立ち上がりや、webのアクセスは他製品よりも快適です。

また、ディスプレイは14型の1368×768と大き目のサイズで見やすい設計になっています。

Dell Inspiron 15 3000

Dell Inspiron 15 3000の仕様・製品情報

画面サイズ 15.6インチ
CPU インテル Celeron プロセッサー N3060
メモリ容量 4.0GB
ストレージ 500GB HDD
重量 約 2.3kg
最大バッテリー時間駆動 最大約 7.0時間

Dell Inspiron 15 3000のおすすめポイント3つ

  1. シンプルなデザインと高い生産性
  2. バランスの良い4GBメモリと500GB HDD
  3. 15インチディスプレイとDVDドライブ搭載

Dell Inspiron 15 3000のレビューと評価

無難なおすすめエントリーノートPC

Dell Inspiron 15 3000は2018年3月現在平均\35,000程度で購入することができます。

Dell社のノートパソコンはモデルチェンジしてもデザインは大幅に変わることはなく飽きのこないシンプルなデザインとお手頃な価格は魅力的です。

サイズは15インチと少し大きめですが、様々な処理をバランスよくこなせ、見やすいディスプレイや扱いやすいキーボードは初めて購入するノートパソコンとしてもおすすめできます。

HP 11-ab000 x360

HP 11-ab000 x360の仕様・製品情報

画面サイズ 11.6インチ
CPU インテル Celeron プロセッサー N3060
メモリ容量 4.0GB
ストレージ 128GB SSD
重量 約 2.51kg
最大バッテリー時間駆動 最大約 9.0時間

HP 11-ab x360のおすすめポイント3つ

  1. 2in1のタッチパネル液晶コンバーチブルPC
  2. 豊富なインターフェイスと128GB SSD搭載
  3. バッテリー駆動時間最大約9時間

HP 11-ab000 x360のレビューと評価

コスパの良い2in1コンバーチブルPC

HP 11-ab000 x360は2018年3月現在平均\40,000程度で購入することができます。

すっかり定着した2in1タイプのコンバーチブルPCはタッチパネル液晶でノートブックとしてもタブレットとしても使用でき、サイズ的にも持ち運びしやすく便利です。

また、この価格帯で128GB SSDを搭載していることと、バッテリー駆動最大時間9時間というところも魅力的です。

ASUS VivoBook E200HA

ASUS Vivo Book E200HAの仕様・製品情報

画面サイズ 11.6インチ
CPU インテル Atom x5-Z8350 プロセッサー
メモリ容量 4.0GB
ストレージ 32GB eMMC + microSD 32GB
重量 約 0.98kg
Office WPS Office Standard 付属
最大バッテリー時間駆動 最大約 9.5時間

ASUS Vivo Book E200HAのおすすめポイント3つ

  1. 超軽量980g
  2. 約9.5時間のバッテリー駆動
  3. WPS Office Standardが付属

ASUS Vivo Book E200HAのレビューと評価

コンパクトで軽いパワフルノートブック

ASUS Vivo Book E200HAは2018年3月現在平均\33,000程度で購入することができます。

CPUにはインテル社のクアッドコアタイプを採用しているため、コンパクトで超軽量ながら、高パフォーマンスを実現。

ストレージ容量が32GBと少ないですが、micro SDカード32GBと、ASUS Webstorage 500GB付属で補っており、バッテリー駆動時間最大9.5時間やOffice互換ソフトとしては信頼性の高いWPS Office Standardが付属しているなど、コスパがよくおすすめできる製品です。

Acer Chromebook CB3-131-C3SZ

Acer Chromebook CB3-131-C3SZの仕様・製品情報

画面サイズ 11.6インチ
CPU インテル Celeron N2840
メモリ容量 2.0GB
ストレージ 16GB SSD
重量 約 1.1kg
最大バッテリー時間駆動 最大約 9時間

Acer Chromebook CB3-131-C3SZのおすすめポイント3つ

  1. Google Chrome OS を搭載
  2. 高速フルブラウザでネットが快適/span>
  3. Google Drive 100GB増量がセット

Acer Chromebook CB3-131-C3SZのレビューと評価

低価格で楽しめるGoogleのインターネットPC

Acer Chromebook CB3-131-C3SZは2018年3月現在平均\30,000程度で購入することができます。
OSにはGoogle Chrome OSを採用しているため、OfficeやWindows系のソフトやアプリはインストールすることができません。

しかし、文書やグラフ作成など最近はGoogleドキュメントを使えば完結できる場合が多いのでさほど問題にはならないかもしれません。

また、SSDが搭載されているものの、容量が16GBと少ないのをGoogle Drive100GB増量で補っています。

主にインターネットを使用する用途が多い方であればおすすめできる製品です。

mouse MB-BN24C464SW-ZNG

mouse MB-BN24C464SW-ZNGの仕様・製品情報

画面サイズ 14インチ
CPU インテル Celeron N3450
メモリ容量 4.0GB
ストレージ 64GB eMMc
重量 約 1.6kg
最大バッテリー時間駆動 最大約5.2時間
Office WPS Office

mouse MB-BN24C464SW-ZNGのおすすめポイント3つ

  1. 国内開発・製造
  2. 高速無線LAN 11ac 対応/span>
  3. Office互換ソフトWPS Office標準搭載

mouse MB-BN24C464SW-ZNGのレビューと評価

リーズナブルで高スペックな国産ノートPC

mouse MB-BN24C464SW-ZNGは2018年3月現在平均\38,000程度で購入することができます。

CPUはクアッドコア、ストレージにはeMMCタイプを採用し、高速無線LAN11acに対応するなど高速でパフォーマンスの高い性能を実現。

ディスプレイには14型HD光沢液晶を採用し、鮮やかな発色を楽しむことができます。

また、Office互換ソフトWPS Officeもプリインストールされているので、幅広い用途に使用できる製品です。

KEIAN Wiz Book

KEIAN Wiz Bookの仕様・製品情報

画面サイズ 14.1インチ
CPU インテル Atom x-5 z8350
メモリ容量 4.0GB
ストレージ 32GB eMMC
重量 約 1.2kg
最大バッテリー時間駆動 最大約 7時間
Office WPS Office

KEIAN Wiz Bookのおすすめポイント3つ

  1. 低価格かつ高パフォーマンス
  2. 14,1インチIPSフルHD液晶
  3. 薄く軽いシンプルなデザイン

KEIAN Wiz Bookのレビューと評価

リーズナブルな即戦力ノートPC

KEIAN Wiz Bookは2018年3月現在平均\30,000程度で購入することができます。

CPUにクアッドコア、ストレージにeMMC、ディスプレイにIPSフルHD液晶を採用するなど、この価格帯では十分な性能が盛り込まれています。

厚さ20mm、重さ1200gと持ち運びにも便利で、マットブラック仕上げのシンプルなデザインは使う場所を選びません。

また、Office互換ソフトWPS Officeがプリインストールされていますのですぐに文書作成などの作業をすることもできます。

CHUWI Lapbook 12.3

CHUWI Lapbook 12.3の仕様・製品情報

画面サイズ 12.3インチ
CPU インテル Apollo Lake N3450
メモリ容量 6.0GB
ストレージ 64GB eMMC
重量 約 1.44kg
最大バッテリー時間駆動 36.48Wh

CHUWI Lapbook 12.3のおすすめポイント3つ

  1. 高性能CPUインテル Apollo Lake N3450搭載
  2. 6GBメモリと64GB eMMC ROM搭載
  3. 12.3インチIPS高画質ディスプレイを採用

CHUWI Lapbook 12.3のレビューと評価

高性能な万能ノートPC

CHUWI Lapbook 12.3は2018年3月現在平均\40,000程度で購入することができます。

高性能なインテルCPU、GPUを搭載し、メモリに6GB、ストレージに64GBeMMC、ディスプレイにIPS高画質液晶を採用するなど、高性能なパーツで快適な高パフォーマンスを実現しています。

特にメモリに関してはこの価格帯で6GBを標準搭載している製品は他にはないです。また、高速充電可能な大容量バッテリーを搭載しているところも魅力的です。

まとめ

いかがだったでしょうか。前半は大手PCメーカーの安定したバランスの良い製品をチョイスし、後半は主に性能や価格に特化したパソコンを紹介させていただきました。

この記事が皆様のパソコン購入の手助けになれば幸いです。