AndroidやiPhoneにおすすめのリモコン付きイヤホン9選

イヤホンといっても世の中に様々ありますが、リモコンが付いているものは機能的で非常に便利です。音量を調節したり、音楽の再生・停止をしたりできるので、いちいちスマホ等を取り出さずに済みます。

今回は、リモコン付きのイヤホンを9選紹介します。

リモコン付きイヤホンとは

リモコン付きイヤホンとは、コードの途中にリモコンが付属しているイヤホンのことです。リモコンは、多くの場合音量調節ボタン(プラスおよびマイナス)、そして再生・停止ボタンで構成されます。マイクが付いている場合もあり、通勤・通学中に音楽を聴く人などにおすすめです。

リモコン付きのイヤホンの特徴

音量調節機能

ボタン1つで音量を調節できます。

再生・停止機能

ボタン1つでトラックの再生・停止を操作できます。

リモコン付きイヤホンの長所やメリット

手軽に、素早く操作できる

外出中に音楽を聞いていると、外部の環境によって音楽が聞こえにくかったり、逆に音漏れしたりする可能性がありますが、リモコンがあればすぐに調整可能です。

スマホを取り出す必要がない

リモコンが付属していることで、スマホをいちいち取り出すことなく操作できます。特に歩行中に音楽を聞いている場合、スマホを取り出して操作する危険を避けられます。

ハンズフリーで通話できる(マイク付きの場合)

マイクが付属している場合、ハンズフリーで通話できます。

リモコン付きイヤホンの短所やデメリット

高価になりがちである

当然のことではありますが、リモコンが付属している都合上、値段が高くなりがちです。安いものを選んでも2,000円以上にはなってしまうでしょう。

リモコン操作が難しい機種もある

型番によっては、リモコンの3つのボタン(音量+、再生・停止、音量ー)が一つに繋がっていて、間違ってほかのボタンを押してしまう可能性があります。特に使いたてのころは不便に感じるかもしれません。

リモコン付きイヤホンのおすすめの使い方

スマホを取り出さずに操作できるのが強みです。したがって、通勤・通学やランニング中に音楽を聴く方に向いています。歩きながらでも音量調節や再生・停止ができるので、良さが存分に発揮されるでしょう。

リモコン付きイヤホンの選び方のポイント

ボタンの配置と形状〜押しやすさ重視〜

まず考えるべきは、肝心のリモコンの操作性です。ボタンの配置や形状について調べましょう。中には押しにくかったり、押し間違えやすい配置もあります。

マイクの有無〜通話をするなら必須〜

次に見るべきはマイクの有無です。ラクに通話をしたいという方にはおすすめの機能です。一方、そもそもほとんど通話をしない人には不要ですし、水に濡れうる環境で使う場合は、むしろマイクがないほうが安全かもしれません。

リモコン付イヤホンのおすすめ9選

ARIVER iPhone イヤホン

ARIVER iPhone イヤホンのおすすめポイント3つ

  1. iPhone・iPadに対応
  2. マイク付きで通話可能
  3. 1,000円以下と安価

ARIVER iPhone イヤホンのレビューと評価

純正イヤホンの優れた代用品

iPhoneに対応したイヤホンで、純正イヤホンと異なり安価なのが特徴です。にも関わらずマイク機能などが充実しており、大変コスパの良い一品となっています。

ARIVER iPhone イヤホンの仕様・製品情報

ホワイト
重量 31.8 g
電源継続時間
充電時間

Senzer S10 カナル型 イヤホン

Senzer S10 カナル型 イヤホンのおすすめポイント3つ

  1. 超小型軽量、6 gの筐体
  2. 優秀な遮音性
  3. マイク付きで、ハンズフリー通話可能

Senzer S10 カナル型 イヤホンのレビューと評価

スマートで高機能なイヤホン

Senzer S10 カナル型 イヤホンは、小型・軽量なのが特徴です。筐体はたったの6 gなので、違和感なく装着することができるでしょう。マイク機能があり遮音性も高いです。

Senzer S10 カナル型 イヤホンの仕様・製品情報

シルバー
重量 18.1 g
電源継続時間
充電時間

JVC HA-FX27BT ワイヤレスイヤホン

JVC HA-FX27BT ワイヤレスイヤホンのおすすめポイント3つ

  1. Bluetooth対応のワイヤレスイヤホン
  2. 約11 gの軽量設計
  3. 絡みにくいフラットケーブル

JVC HA-FX27BT ワイヤレスイヤホンのレビューと評価

多機能かつ安価

JVC HA-FX27BTは、ワイヤレスイヤホンの中では安価な方です。しかしながら軽量設計・防滴仕様など、機能面が充実しています。運動中に使用する方に向いているでしょう。

JVC HA-FX27BT ワイヤレスイヤホンの仕様・製品情報

ホワイト
重量 11 g
電源継続時間 4.5時間
充電時間 1時間

Zagzog イヤホン カナル型

Zagzog イヤホン カナル型のおすすめポイント3つ

  1. 1,000円以下と安価
  2. マイク付属でハンズフリー通話可能
  3. 音漏れ防止・重低音強化

Zagzog イヤホン カナル型のレビューと評価

安価 x 機能性

Zagzogのイヤホンは、安価にして多機能。マイク付属はもちろんのこと、防水加工や重低音強化など、多くの工夫がなされています。初めの1本に最適です。

Zagzog イヤホン カナル型の仕様・製品情報

ローズゴルドー、ブルー、グレー、ゴルドー
重量 90.7 g
電源継続時間
充電時間

SONY イヤホン MDR-EX150IP

SONY イヤホン MDR-EX150IPのおすすめポイント3つ

  1. マイク付属で、ハンズフリー通話可能
  2. 耳にしっかりフィット
  3. ケーブル長のアジャスター付属

SONY イヤホン MDR-EX150IPのレビューと評価

SONYらしいスマートさ

MDR-EX150IPは、特段目立った機能を備えているわけではありませんが、装着感、音質、どれをとっても優秀です。SONYらしいスマートなデザインなのも魅力。

MDR-EX150IPの仕様・製品情報

ホワイト、ブラック、レッド、ブルーなど10種
重量 3 g
電源継続時間
充電時間

AIKAQI 超小型 カナル型 イヤホン S006i

AIKAQI 超小型 カナル型 イヤホン S006iのおすすめポイント3つ

  1. 超小型のカナル型
  2. 通話機能も豊富
  3. 3Dステレオサラウンド

AIKAQI 超小型 カナル型 イヤホン S006iのレビューと評価

小さい筐体で良い音質を

S006iの特徴は、やはり小さな筐体(ハウジング)にあります。7mmという小ささでありながら、特殊な内部構造により高音質を実現しています。

AIKAQI 超小型 カナル型 イヤホン S006iの仕様・製品情報

レッド
重量 12 g
電源継続時間
充電時間

BRISIE イヤホン

BRISIE イヤホンのおすすめポイント3つ

  1. 多くの機種に対応
  2. 防汗・防滴
  3. 軽量でフィット感抜群

BRISIE イヤホンのレビューと評価

シンプルでクールなデザイン

BRISIEのイヤホンは、全体的にスリムで軽い構造になっています。リモコンもクールなデザインとなっています。防汗・防滴であるため、環境を問わず使用できることでしょう。

BRISIE イヤホンの仕様・製品情報

ブラック
重量 14 g
電源継続時間
充電時間

B&O Play 完全ワイヤレスイヤホン

B&O Play 完全ワイヤレスイヤホンのおすすめポイント3つ

  1. 完全ワイヤレスイヤホン
  2. 通話も可能なマイク付き
  3. ペアリング中のドロップアウトを最小限化

B&O Play 完全ワイヤレスイヤホンのレビューと評価

ワイヤレスイヤホンの理想形

B&O Play 完全ワイヤレスイヤホンは、本当の意味でのワイヤレスイヤホンです。人間の耳の形を研究し、もっともよくフィットするよう設計されていることもあり、快適に使用できるのは間違いありません。

B&O Play 完全ワイヤレスイヤホンの仕様・製品情報

ブラック・チャコールサンド
重量
電源継続時間 4時間
充電時間 2時間

JBL T110BT

JBL T110BTのおすすめポイント3つ

  1. 超コンパクト設計
  2. マグネット搭載で絡まりにくい
  3. 快適にフィットするイヤチップ

JBL T110BTのレビューと評価

JBLのサウンドを、お手軽に

世界的に有名なJBLのワイヤレスイヤホンです。極端に凝った作りではないため、エントリーモデルとして最適でしょう。もちろん、リモコン・マイクが付属しています。

JBL T110BTの仕様・製品情報

ブラック・ホワイト・グリーン・グレー・ピンク・ブルー
重量 17 g
電源継続時間 6時間
充電時間 2時間

おすすめのリモコン付きイヤホンまとめ

リモコン付きのイヤホンなら、スマホを取り出さずに快適に操作できます。ワイヤレスのものや、そうでないものなど様々な種類がありますが、ご自身の好みや使用環境に応じて、適切なものを選びましょう!