スマートフォンやポータブルオーディオプレイヤーで気軽に音楽を持ち運び楽しめるようになるのに合わせて、イヤホン・ヘッドホンもさまざまな種類のものが発売されてきました。スポーツ中の使用を想定したイヤホンは多くのメーカーが力を入れている製品です。その中でも、一番のネックであるコードの煩わしさをなくしたBluetoothイヤホンのおすすめ製品を紹介します。

普通のイヤホンとの違い

普通のイヤホンとBluetoothイヤホンの一番の違いは、コードの有無です。通常のイヤホンは、オーディオ機器のイヤホンジャックにコードの先の端子を差し込むことで音声をイヤホンに出力します。Bluetoothイヤホンの場合は、Bluetooth通信による電波でデータを受信するので、コードや端子は必要がありません。

スポーツ時にBluetoothイヤホンがおすすめの理由

理由1 コードがないから激しく動いても大丈夫

Bluetoothイヤホンは通常のイヤホンと違ってコードがないため、コードが体に絡まったり、周りのものに引っかかったりする心配がありません。スポーツ時にどんな激しく動いても、邪魔にならないのがBluetoothイヤホンです。

理由2 オーディオ機器を遠くに置いたまま使用できる

スポーツ時には、コートの中やジムの中など、あまり広くない範囲を動き回る場合も多いです。そんな時、Bluetoothイヤホンであればオーディオ機器を常に持っている必要がありません。ベンチの上などにオーディオ機器を置いておいて、自分はイヤホンだけ身に着けて自由にスポーツを楽しめます。

Bluetoothイヤホンの選び方のポイント

選び方1 見た目だけでなく重さも決める、デザインのちがい

同じBluetoothイヤホンであっても、見た目のデザインはさまざまです。大きく分けて、左右のイヤーピースがコードでつながったタイプと、左右が完全に分離しバラバラになっているタイプがあります。その他、ネックバンドの有無や受信機の形状などによっても、使い心地や重さが異なってきます。スポーツ時には少しの重さの違いや装着感も結果に影響してきます。自分のデザイン好みはもちろんですが、重さなどにも注目して選びましょう。

選び方1 音楽を聴く上で一番こだわりたい、音質のちがい

Bluetoothイヤホンの数が増える中で、製品のランクによって音質にも大きな差が出ています。そして音質の良し悪しだけでなく、それぞれのメーカーがそれまでに培ってきた音作りが、スポーツ用のBluetoothイヤホンにもあらわれています。お気に入りの曲でも、音の聞こえ方で印象は大きく変わってきます。可能であれば実際に聞き比べて、より自分好みの音で音楽を楽しめるBluetoothイヤホンを探してみてください。

選び方1 予算に合わせた製品を選ぶ、価格のちがい

Bluetoothイヤホンに限らず、オーディオ関連製品の値段はピンからキリまで幅広いのが特徴です。たとえ気に入った見た目、最高の音質、最高の機能であっても予算内では購入が難しい場合もあると思います。同じメーカーでもより高価なものと、よりコストパフォーマンスを重視した製品の二つを用意している場合も多いです。気になった製品が高くて手が出せないという場合は、同じメーカーの別の製品と比較検討してみてください。

Bluetoothイヤホンの人気メーカー

Jabra(ジャブラ)

Jabraは、一般消費用のイヤホンから業務用のヘッドホン、補聴器などを一社で開発しています。その幅広い製品開発のために行ってきたリサーチやエンジニアリングが、Bluetoothイヤホンにも生かされています。スポーツ向けのイヤホンでは、最新の体力トラッキング機能の付いた製品を発売して注目されています。

Skullcandy(スカルキャンディ)

Skullcandyは、音楽機器と携帯電話どちらにも自由に接続できるイヤホンを作りたいという思いから、Bluetoothのイヤホン・ヘッドホンを専門に開発販売している会社です。業界最小クラスのBluetoothユニットを駆使した軽さスリムさに加えて、斬新なデザインと明るくポップなカラーで幅広い人気を集めています。

ERATO(エラート)

ERATOは、2015年にカリフォルニアで生まれたばかりの会社で、ワイヤレスイヤホンのパイオニアとも呼ばれています。左右のイヤーピースが分離した完全ワイヤレスタイプは手軽ですが、耳から外れやすいのがネックでした。この完全ワイヤレスタイプでありながら、防水・高い装着性を備えたスポーツ向けイヤホンを開発したのもERATOです。

スポーツにおすすめのBluetoothイヤホン10選

Jabra Sport Pulse Wireless

Jabra Sport Pulse Wirelessのおすすめポイント3つ

  1. 心拍数モニター内蔵、スポーツ専用イヤホン
  2. スポーツ用最高級イヤーチップ+ノイズキャンセリングで高音質を実現
  3. 専用アプリを使って、トレーニングをリアルタイムに音声でフィードバック

Jabra Sport Pulse Wirelessのレビューと評価

とにかく使い心地最高

ランニング中に使えるイヤホンを探していて、せっかくなら本格派なものにしようと思いこれを選びました。フィット感も良いし、軽くて邪魔にならない。電池持ちも5時間、防滴・防塵で長時間のランニングでも安心。心拍数モニターとアプリの連動でフィードバックができるのもすごく役に立っています。

Jabra Sport Pulse Wirelessの仕様・製品情報

付属機能 NFC対応、防水・防滴、耐衝撃、防塵
ブラック
重量 15.88g
電源継続時間 通話時間:最長 5 時間 、待受時間: 最大 10 日間
イヤーピース形状 インナーイヤー

Jabra Sport Pace

Jabra Sport Paceのおすすめポイント3つ

  1. 人間工学に基づいた設計で、絶対落ちないパーフェクトな装着感を実現
  2. オンデマンドペースガイダンス機能付き、音声がトレーニングをサポート
  3. 高速充電機能で、朝の短い時間ですぐ準備可能

Jabra Sport Paceのレビューと評価

軽くて着け心地最高

いろいろなイヤホンを使ってきましたが、着け心地は最高クラスです。軽いし、動いても全然ずれないし気になりません。短い充電時間で即使えるのもありがたいです。充電を忘れていても、10分くらい充電したら1時間くらいは余裕で使えるので、朝のランニングには間に合わせられます。

Jabra Sport Paceの仕様・製品情報

コード長 0.4m
黒、青、赤、黄色
重量 22g
電源継続時間 通話時間:最長5時間 、待受時間: 最大5日間
イヤーピース形状 耳掛け式インナーイヤー

skullcandy Method Wireless

skullcandy Method Wirelessのおすすめポイント3つ

  1. FlexSport技術を駆使した安定性抜群のネックバンド
  2. 9時間連続使用可能な長時間バッテリー
  3. 個性的なバイカラーのデザイン

skullcandy Method Wirelessのレビューと評価

ネックバンドは意外に使い心地良い

今回初めてネックバンド形式のイヤホンを購入してみました。思っていたよりフィットするし、軽いので、邪魔な感じは全然しません。走っていても取れたりずれたりすることなく、安定しています。色はブラック×レッドにしましたが、おしゃれな感じで気に入っています。

skullcandy Method Wirelessの仕様・製品情報

マイク+リモコン ○(3ボタン)
Navy/Blue、Swirl/Black/Gray、Black/Red、Mint/Black
形状 ネックバンド
イヤホン形状 カナル型(密閉型)
連続再生時間 9時間

skullcandy XTfree

skullcandy XTfreeのおすすめポイント3つ

  1. 3種類の独自技術を結集させた、最高の装着感
  2. 超音波溶接で汗の入る隙間をなくした完全防水
  3. Pureclean™技術で、清潔さを保ち臭わせない

skullcandy XTfreeのレビューと評価

装着感の良いカナル型で、デザインもおしゃれ

カナル型は他にも使ったことはありますが、これは耳が詰まる感じもしないし、着け心地いいです。元はスノーボーダー向けのブランドということで、デザインがおしゃれなのも納得です。スカルのロゴマークもかわいいし、お気に入りです。

skullcandy XTfreeの仕様・製品情報

マイク+リモコン ○(3ボタン)
Mint/Black、Black/Swirl/Cool Gray、Black/Gray、Gray/Red
Bluetooth Ver4.1
イヤホン形状 カナル型(密閉型)
連続再生時間 6時間

ERATO RIO3

\

ERATO RIO3のおすすめポイント3つ

  1. スポーツ用イヤホンで初の左右分離式完全ワイヤレス
  2. IPX5の防水機能でどんなに汗をかいても安心
  3. 音質も妥協しない、重厚な低音とバランスの取れたサウンド

ERATO RIO3のレビューと評価

完全ワイヤレスですが、安定感あります

iphone10購入に合わせてこちらのワイヤレスイヤホンを購入しました。左右完全分離タイプに興味はありましたが、外れてしまってなくすのが不安でしたが、こちらは耳掛け式でしっかり装着できるので安定感があって良かったです。

ERATO RIO3の仕様・製品情報

重量 13.6 g
Black、Blue、Green、Silver、Red
Bluetooth Ver4.2
形状 イヤーループ式
連続駆動時間 再生:6時間、通話:8時間

audio-technica ATH-SPORT70BT

audio-technica ATH-SPORT70BTのおすすめポイント3つ

  1. 高音質φ9mmドライバーで気持ちの良いサウンドを楽しめる
  2. 水洗い可能な完全防水!清潔に保てます
  3. ヒアスル―機能搭載で、イヤホンを装着したまま周囲の音を確認可能

audio-technica ATH-SPORT70BTのレビューと評価

好みのサウンドで、楽しくランニングしています

ランニング中にイヤホンを使うとどうしても汗や汚れが気になるので、こちらの水洗い可能というのに惹かれて購入しました。ローズゴールドの色も綺麗で、iphoneのカラーと合っていていい感じです。

audio-technica ATH-SPORT70BTの仕様・製品情報

ダイヤモンドブラック、ローズゴールド
質量 28.5g
連続使用可能時間 連続通信(音楽再生時):約6時間、連続待ち受け:最大約14時間
充電時間 約3時間
付属品 30cm 充電用USBケーブル(Type-A/Micro USB Type-B)、ケース
イヤピース(XS,S,M,L)、コンプライ™フォームイヤピース(M)

BOSE SoundSport Free wireless headphones

BOSE SoundSport Free wireless headphonesのおすすめポイント3つ

  1. 音切れやノイズのない、クリアで高品質なサウンド
  2. 撥水メッシュ加工で、雨や汗に耐える防水
  3. 失くしてしまっても安心、BOSE connectアプリが一緒に探します

BOSE SoundSport Free wireless headphonesのレビューと評価

音質良し!通信の安定感も高い!

完全ワイヤレスなので通信に不安がありましたが、音切れやノイズもなく、普通のイヤホンと変わらない感覚で使えます。音量に合わせて自動でイコライザーしてくれる機能があるようで、ランニング中以外の通勤電車の中の小さな音量でもクリアに聞こえます。

BOSE SoundSport Free wireless headphonesの仕様・製品情報

トリプルブラック、ブライトオレンジ/ミッドナイトブルー、ミッドナイトブルー/イエローシトロン
寸法 本体:25mm W x 32mm H x 30mm D 、ケース:100mm W x 38mm H x 48mm D
質量 本体:18g(ペア)、ケース:80g
連続使用可能時間 最大5時間
充電時間 約2時間
付属品 ポータブル充電ケース、StayHear+ Sportチップ(3サイズ)、USBケーブル

SoundPEATS Q30

SoundPEATS Q30のおすすめポイント3つ

  1. 防水機能を大幅強化、コントローラー部分までIPX6相当の防水
  2. 低音をしっかり聴かせる高音質
  3. ノイズキャンセリングで、屋外での通話もクリアに

SoundPEATS Q30のレビューと評価

コストパフォーマンス高い!

ワイヤレスのスポーツ用イヤホンではかなり安い方だったので、試しに購入。実際に使ってみて、特に不満はありません。マグネットで左右がくっつくデザインはまとめやすくて便利。音質・使い心地共に十分です。

SoundPEATS Q30の仕様・製品情報

ブラック、ピンク、レッド
寸法 6.3 x 3.2 x 2.5 cm
質量 15 g
連続使用可能時間 8時間
形状 マグネット搭載左右一体型・カナル型・イヤーフック付き

URBANEARS Stadion

URBANEARS Stadionのおすすめポイント3つ

  1. コイル状のカールコードで、首の後ろにしっかりフィット
  2. 防水仕様、反射板コードで毎日のランニングに最適
  3. ファッショナブルなデザインで、個性を演出

URBANEARS Stadionのレビューと評価

おしゃれなだけじゃない!

見た目のデザインの面白さに惹かれて買ってみましたが、きちんとした製品です!カールコードは揺れを抑えてくれるので、自然な安定感がありグッド。通信も安定してるし、音もバランスが良くどんなジャンルも気持ちよく聴けます。デザインが珍しいタイプなので着けていてもちょっと気分がいいです。

URBANEARS Stadionの仕様・製品情報

Black belt(ブラック)、Rush(ピンク)、Team(ホワイト)、Trail(ブルー)
寸法 15.1 x 15 x 5.1 cm
質量 22 g
連続使用可能時間 7時間
Bluetooth Bluetooth4.0対応

SONY NW-WS625

SONY NW-WS625のおすすめポイント3つ

  1. ウォークマン内蔵!ワイヤレスイヤホンとしても使える
  2. 最高品質の防水・防塵。水泳中の使用もOK
  3. 外音取り込み機能付き、イヤホンを着けたままで会話もできる

SONY NW-WS625のレビューと評価

水の中でイヤホンを使ったのは初めて!

水の中でも使えるということで、最初は不安でしたが実際に使ってみて何も問題ありませんでした。水の中でイヤホンから音楽を聴くのは斬新な経験!プールのトレーニングは孤独で辛いものですが、好きな音楽と一緒だと集中できます。

SONY NW-WS625の仕様・製品情報

ブラック、ブルー、ライムグリーン
メモリー容量 16GB(【NW-WS623】4GB)
質量 約32 g
連続使用可能時間 音楽再生時:MP3 128kbps、外音取込機能オフ時 12時間
Bluetooth使用:外音取込機能オフ時 4時間
充電時間 約1.5時間

まとめ

各メーカーが力を入れて開発している、スポーツ用ワイヤレスイヤホンを紹介しました。特に激しく動いても使いやすいようにデザインにはそれぞれのメーカーのこだわりが詰まっています。好みのワイヤレスイヤホンを探す参考にしてみてください。