電動ちりとりのおすすめ人気5選!

電動ちりとりは集めたゴミを吸引してくれる掃除家電です。フローリングのゴミを電動ちりとりの前に集めると、センサーが感知してゴミを吸引してくれます。日本ではまだメジャーではない電動ちりとりについてご案内し、選び方とおすすめの電動ちりとりを紹介します。

電動ちりとりとは

電動ちりとりは自動でゴミを吸引する掃除家電です。電動ちりとりの前にフロアワイパーやほうきでゴミを掃き集めると、自動でゴミを吸引してくれます。

日本ではまだメジャーではありませんが、床がフローリングで部屋が広いアメリカでは人気の掃除家電です。まだラインナップは少ないですが、床がフローリングの部屋ではとても便利です。

手軽に扱えるフロアワイパーでゴミをかき集めるだけで掃除が終わるため、電動ちりとりは掃除をもっと楽にしたいと思っている人におすすめです。

電動ちりとりと掃除機の違い

電動ちりとりと掃除機はどちらも床のゴミを吸引する掃除家電ですが、いくつかの点で違います。電動ちりとりは掃除機のように、出し入れをする煩わしさが有りません。掃除機のように移動しながら掃除をするのではなく、据え置きでゴミを吸引します。

電動ちりとりの騒音レベルは掃除機と同等程度です。電動ちりとりは集めたゴミを吸引するときだけ運転するため、音がしている時間は掃除機ほど長くはありません。

電動ちりとりの選び方のポイント

レンタルと比較してもお得か、価格とコスパに注目

ダスキンでは掃除道具として電動ちりとりをレンタルしています。一時的な使用ならレンタルはお得ですが、長期的に使用するなら購入をしたほうがコスパは良好です。レンタルで試用をしてから、購入を検討するといいでしょう。

部屋のインテリアとして重要、見た目のデザインに注目

電動ちりとりは掃除機と違い、部屋や廊下に常設します。部屋の雰囲気を損なわない電動ちりとりのデザイン性も大切です。人が部屋を移動するときの邪魔にならないか、本体のサイズの確認も忘れてはいけません。購入の前に設置する場所を決めて、デザイン性とサイズを確かめましょう。

ちりとりとしてだけじゃない、多機能性に注目

電動ちりとりには便利な機能を備えたモデルもあります。センサーゴミ箱と一体化した省スペースモデルや、ハンディ掃除機にもなる2wayモデルなど、ライフスタイルに合わせて選ぶのがポイントです。電動ちりとりの便利な機能や仕様にも注目をして検討しましょう。

電動ちりとりのおすすめ5選

電動ちりとりのおすすめ5選を紹介します。

ダイレクトテレショップ クイックバック

最初に紹介するおすすめの電動ちりとりは、「ダイレクトテレショップ クイックバック」です。

ダイレクトテレショップ クイックバックの仕様・製品情報

サイズ 幅34×奥行21×高さ46cm
重量 3.5kg
コード長 1.8m
消費電力 1000W
容量 3.6L

ダイレクトテレショップ クイックバックのおすすめポイント3つ

  • ゴミを吸い終わると自動停止
  • フィルターは水洗い可能でお手入れ簡単
  • 赤外線センサーで自動起動

ダイレクトテレショップ クイックバックのレビューと評価

おしゃれなボディの中にペットの抜け毛や食べこぼしを吸収

ゴミを近づけるとセンサーが感知して自動起動し、ゴミを吸い取り終わったら自動停止するため、スイッチのON/OFFを切り替える煩わしさがありません。

コンセントを差し込んで設置するだけで、気がついたときに素早く掃除ができます。お部屋の掃除は、ペットの抜け毛や食べこぼしをクイックバックの前に集めるだけ。各種フィルターは水洗いができるから、お手入れの手間もかかりません。

ダイレクトテレショップ クイックバックはこんな人におすすめ!

フローリングでペットを飼っている人におすすめ

CCP ZN-DP24

次に紹介するおすすめの電動ちりとりは、「CCP ZN-DP24」です。

created by Rinker
シーシーピー(Ccp)
¥5,000 (2020/09/22 20:53:14時点 Amazon調べ-詳細)

CCP ZN-DP24の仕様・製品情報

サイズ 幅31.1×奥行13.6×高さ10.2cm
重量 1.4kg
コード長 1.5m
消費電力 300W
容量

CCP ZN-DP24のおすすめポイント3つ

  • 溜まったゴミは紙パックで捨てるだけ
  • コンパクト設計でも優れた吸引力
  • 低価格でコスパに優れている

CCP ZN-DP24のレビューと評価

コンパクトで低価格でも実用的なパフォーマンスに妥協なし

小さなボディでも優れた吸引力が人気の電動ちりとりです。価格やすいのも選びやすいポイント。手軽に使えるフロアワイパーで、ゆるくラクにゴミをZN-DP24の前に集めるだけで掃除は終了です。

コンパクトなボディはワンルームの限られたスペースでも邪魔になりません。ワンルーム住まいで掃除の準備がめんどうだ、と感じている人におすすめの電動ちりとりです。

気が向いたときだけのゆるラク掃除で、快適な衛生的な生活空間にしましょう。

CCP ZN-DP24はこんな人におすすめ!

コンパクト設計のミニボディはワンルーム住まいで掃除が苦手な人におすすめ

CrowleyJones EVPRO-W Eye-Vac

次に紹介するおすすめの電動ちりとりは、「CrowleyJones EVPRO-W Eye-Vac」です。

CrowleyJones EVPRO-W Eye-Vacの仕様・製品情報

サイズ
重量 5.44kg
コード長
消費電力 1400W
容量

CrowleyJones EVPRO-W Eye-Vacのおすすめポイント3つ

  • 美容室でも活躍する1400Wのハイパワー
  • センサーが感知して集めたゴミを吸引
  • 二重ろ過によるサイクロン真空作用によりクリーンな排気

CrowleyJones EVPRO-W Eye-Vacのレビューと評価

ハイパワーが生む吸引力は他を寄せ付けない

海外で業務用としても愛されているEVPRO-W Eye-Vacは、吸引力において口コミの評価が高い電動ちりとりです。業務用のハイパワーを自宅で使えるのは心強いでしょう。

衣服に絡みつくペットの抜け毛やキッチンのパン粉はもちろんのこと、レゴのブロックやクレヨンまで吸い取るパワーは実力の証です。

フロアワイパーでゴミを本体前に集めると、吸引口のセンサーが感知して吸い取るので操作の煩わしさはありません。

吸引時の運転音が大きいため、住宅事情を考慮して選ぶことも大切です。サイズも大きいので、設置場所を決めてから購入をしましょう。

CrowleyJones EVPRO-W Eye-Vacはこんな人におすすめ!

一戸建て住まいの人・ペットの抜け毛に手を焼いている人

ケーズウェーブ センサーバキュームボックス SDB-SV55L

※現在売り切れです。

ケーズウェーブ センサーバキュームボックス SDB-SV55Lの仕様・製品情報

サイズ 幅29.5×奥行29.5×高さ40.5cm
重量 4.8kg
コード長
消費電力
容量 5.5L

ケーズウェーブ センサーバキュームボックス SDB-SV55Lのおすすめポイント3つ

  • 電動ちりとりとセンサーゴミ箱の一体型
  • 3つのフィルターでクリーンな空気
  • 清潔に保てるインナーボックスでお手入れが簡単

ケーズウェーブ センサーバキュームボックス SDB-SV55Lのレビューと評価

電動ちりとり+センサーゴミ箱で一石二鳥

電動ちりとりとセンサーゴミ箱の一体型なので設置スペースを取りません。大きなゴミはふたが自動開閉するゴミ箱へ、フロアワイパーで集めたホコリは電動ちりとりで吸引。一石二鳥のお買い得商品です。

脱臭フィルターを内蔵しているので気になるゴミ箱のニオイも軽減します。取っ手付きのインナーでゴミの処理も衛生的ですよ。

ケーズウェーブ センサーバキュームボックス SDB-SV55Lはこんな人におすすめ!

電動ちりとり+センサーゴミ箱の一体型は省スペースでワンルームにおすすめ

山善 スウィープクリーナー SWC-1000

※現在売り切れです。

山善 スウィープクリーナー SWC-1000の仕様・製品情報

サイズ 幅34.5×奥行22.5×高さ53cm
重量 5.2kg
コード長 1.8m
消費電力 1000W
容量 3.6L

山善 スウィープクリーナー SWC-1000のおすすめポイント3つ

  • 紙パック不要で経済的
  • 排気口のHEPAフィルターがお部屋の空気を汚さない
  • ゴミ詰まり安全装置付きでトラブルを軽減

山善 スウィープクリーナー SWC-1000のレビューと評価

排気がキレイだから掃除をし終わったあとの空気がクリーン

排気口には空気清浄機にも採用されているHEPAフィルターを搭載。掃除が終わってもお部屋の空気はクリーンなままです。

ゴミ詰まり安全装置・電流ヒューズ・モーター異常加熱リミッター搭載で事故を防ぐ安全設計も見逃せません。吸込み口にゴミが詰まると自動停止するので故障のトラブルも未然に防ぎます。

山善 スウィープクリーナー SWC-1000はこんな人におすすめ!

フローリングのリビングなど広い部屋での使用におすすめ

まとめ

今注目の電動ちりとりについて、簡単にですが知っていただけたでしょうか。初めて知ったけどこれは便利そう!と思った人は、ぜひ今回の記事を参考に購入を考えてみてください。