臨場感のあるサウンドを家で楽しむために必要なのがホームシアタースピーカーです。これから、ホームシアタースピーカーがどのようなものかに始まって、おすすめの製品もいくつか紹介していきます。この記事を参考に、家でも素敵なサウンドを楽しんで頂ければと思います。

ホームシアタースピーカーとは

テレビの音に、より臨場感を増すために立体感や迫力を与えてくるもの、それがホームシアタースピーカーです。スピーカーの数もいろいろな種類があり、サラウンドと呼ばれる音声信号処理の方法もいくつかあるので、みなさんの好きなサウンドを手に入れるためにも、どのような製品を選べばよいかを紹介していきます。

ホームシアタースピーカーはこんな方におすすめ

外で映画を見るのが難しい方も、家で臨場感サウンドを

家族の都合や、仕事が忙しくて、なかなか外でゆっくりと映画を見るのが難しい方、そんな方でもホームシアタースピーカーがあれば、映画館の臨場感に匹敵するサウンドを家のテレビでも楽しむことができるようになります。これであれば、まとめて映画を見る時間を確保できなくても、家で思う存分に楽しむことができますね。

家のテレビで映画やドラマを見ることが多い人

とにかく映画やドラマを家のテレビで見ることが好きな方、このホームシアタースピーカーを家のテレビに導入するだけで、今までとは大きく違った臨場感のあるサウンドを楽しむことができます。映画館の迫力に匹敵するダイナミックのあるサウンドを簡単に家のテレビから、いつでも好きなときに楽しむことができるようになります。

ホームシアタースピーカーの選び方のポイント

視聴環境に合わせてタイプを選びましょう

ホームシアタースピーカーにもさまざまなタイプ・形状のものがあります。あなたの視聴環境に合わせて最も良いものを選んでください。周辺機器の収納にも便利で配置が簡単な「ラックタイプ」、大迫力の音響設備で広いお部屋に最適な「マルチスピーカータイプ」、小スペースで小型のテレビに使うのに最適な「サウンドバータイプ」、そして拡張も可能で入門用としてもおすすめできる「セパレートタイプ」と呼ばれるものがあります。

部屋の大きさに適したチャンネル数を選びましょう

スピーカーの数によってチャンネル数が違っており、2.1ch、5.1ch、7.1chの3つが一般的で多くの製品があります。配置するスペースも重要なポイントになるので、設置する部屋の広さに応じて選ぶのが良いでしょう。2.1chはワンルームへの設置も容易な特徴があります。5.1chは映画鑑賞にマッチしており8畳ほどの空間に最適です。12畳以上の広い空間にはスピーカーの数も多い、7.1chのシステムを選ぶことをおすすめします。

求める音質からサラウンドの種類を選びましょう

サラウンドの種類によって、どのように聴こえるかは異なってきます。最も安い価格で導入できるのが前方のスピーカーからのみ音を出すフロントサラウンドですが前方からのみなので臨場感に欠ける傾向があります。バーチャルサラウンドであれば後方にもスピーカーがあるかのように聴こえますが、あくまでバーチャルなのでサラウンド感も強くありません。本格的な臨場感が欲しい方は、前方後方の両方から音が聴こえてくるリアルサラウンド方式をおすすめします。

拡張の予定があるなら、AVアンプの対応も確認必要です

ホームシアター環境を構築する際に、一番重要なのがAVアンプです。AVアンプでスピーカーから出力される音をコントロールするので、その性能や機能は臨場感にとって非常に重要となります。サラウンドシステムを拡張していく予定があるのであれば、事前にAVアンプが対応しているかどうかを確認しておくのが良いでしょう。各スピーカーの聴こえ方を調整するのが大変で面倒なときには、自動音場補正機能があると便利です。その分、機器のお値段は高くなりますが…。

おすすめのホームシアタースピーカー13選

ヤマハ YSP1600B

ヤマハ YSP1600B のおすすめポイント3つ

  1. 置き場所に困らないバータイプでも5.1ch再生
  2. スタンドの低いテレビでも画面を隠さない薄型タイプ
  3. 薄型ながらヤマハ独自技術により高い音質を確保

ヤマハ YSP1600B のレビューと評価

5.1chでも置き場所に困らないバータイプを採用。薄型設計のため、スタンドの低いテレビでも画面が隠れてしまうようなことはありません。

ヤマハ YSP1600B の仕様・製品情報

チャンネル数 5.1ch
タイプ バータイプ
スピーカー構成 センター
最大出力 2Wx8+30Wx2

SONY HT-RTS

SONY HT-RTS のおすすめポイント3つ

  1. 4Kバススルーを採用し、4Kテレビにも対応
  2. バータイプにもかかわらず、サブウーファーやリアスピーカーまで付いている
  3. 自動音場補正機能やワイヤレス接続機能も搭載

SONY HT-RTS のレビューと評価

4Kバススルーを採用し、4Kテレビにも対応。バータイプにもかかわらず、サブウーファーやリアスピーカーが添付しており、リアル5.1chに対応しています。

SONY HT-RTS の仕様・製品情報

チャンネル数 6
タイプ バータイプ
スピーカー構成 バータイプ、サブウーファー、リアスピーカーx2
4K対応 4Kバススルー
ワイヤレス再生 LDAC対応

東芝 RSS-AZ55

東芝 RSS-AZ55 のおすすめポイント3つ

  1. 配置の自由度が高いセパレートタイプ
  2. 2.1chタイプにもかかわらず、DOLBY DIGITALやDTS Studio Soundにも対応
  3. REGZAテレビとの連動性が高い

東芝 RSS-AZ55 のレビューと評価

自由度が高い配置を行えるセパレートタイプ。REGZAとの連動性も高く、手軽にホームシアターを楽しむことができます。DOLBY DIGITALやDTS Studio Soundといった信号処理にも対応

東芝 RSS-AZ55 の仕様・製品情報

チャンネル数 2.1ch
タイプ セパレートタイプ
スピーカー構成 センター、ワイヤレススピーカー
最大出力 20Wx2+40W
サラウンドの種類 DOBLY DIGITAL、DTS Studio Sound

SONY BDV-N1WL

SONY BDV-N1WL のおすすめポイント3つ

  1. ワイヤレス接続に対応しており配線に困らずに設置可能
  2. プレーヤーもアンプも含まれているのでこれ1つでホームシアター環境が構築できます
  3. 自動音場補正機能も搭載しており、高い利便性を誇ります

SONY BDV-N1WL のレビューと評価

ワイヤレス接続にも対応。プレーヤーもアンプも内臓しており、これ1台でホームシアター環境が構築できるのが最大の特徴です。

SONY BDV-N1WL の仕様・製品情報

チャンネル数 5.1ch
タイプ セパレートタイプ
スピーカー構成 センター、前面LR、リアスピーカー、サブウーハー

JBL Bar Studio 2.0

JBL Bar Studio 2.0 のおすすめポイント3つ

  1. JBLならではの高い音質
  2. 設置スペースの確保が難しい方に最適なコンパクトモデル
  3. Bluetooth接続とUSB接続にも対

JBL Bar Studio 2.0 のレビューと評価

音響トップメーカーJBLならでは高い音質を楽しむことができるモデル。コンパクトタイプで十分な設置場所が確保できないかたにもおすすめです。

JBL Bar Studio 2.0 の仕様・製品情報

チャンネル数 2.1ch
タイプ コンパクトタイプ
スピーカー構成 メイン、サブウーハー

Pioneer HTP-CS1

Pioneer HTP-CS1 のおすすめポイント3つ

  1. コンパクトなのに豊かな音質
  2. 手のひらにおさまるサイズでコンパクト
  3. 小さいながらも4K対応

Pioneer HTP-CS1 のレビューと評価

横方向 約15cmと非常にコンパクトなスピーカーを2つ備えた2.1ch用システムです。小さいながらも4K対応。また深夜にも視聴しやすいように重低音を抑えたマナーモードを搭載しています。

Pioneer HTP-CS1 の仕様・製品情報

チャンネル数 2.1ch
タイプ コンパクトタイプ
スピーカー構成 メインx2、サブウーハー
ワイヤレス対応 Bluetooth
HDMIポート数 3

ONKYO BASE-V50+D109E D109C

ONKYO BASE-V50+D109E D109C のおすすめポイント3つ

  1. 低価格で4K、AirPLay、Wi-Fi、ハイレゾにまで対応した灰スペックなモデル
  2. 高い音質により、テレビもゲームも映画も妥協しない音質で楽しむことが可能
  3. スピーカーを買い足すことで5.1chへの拡張も可能です。

ONKYO BASE-V50+D109E D109C のレビューと評価

有名音響メーカーONKYOによるホームシアタースピーカー。値段の割に高音質で、さまざなフォーマットに対応できるなどハイスペックな1台です。

ONKYO BASE-V50+D109E D109C 仕様・製品情報

チャンネル数 2.1ch
タイプ セパレートタイプ
スピーカー構成 メインx2、サブウーハー
ワイヤレス対応 Bluetooth
HDMIポート数 4

YAMAHA YSP-2700

YAMAHA YSP-2700 のおすすめポイント3つ

  1. パワードサブウーハーによる豊かな低音再生
  2. コンテンツに合わせて最も合った音場を構築できる「シネマDSP(10モード)」
  3. 音場を測定、空間に対しての最適な音場を設定してくれる「インテリビーム」も搭載

YAMAHA YSP-2700 のレビューと評価

サウンドバータイプの7.1chモデル。バータイプのセンタースピーカーにおは、2.8cm口径のスピーカー16個を搭載しています。音場制御に「シネマDSP(10モード)」や「印低ビーム」といった機能を搭載

YAMAHA YSP-2700 の仕様・製品情報

チャンネル数 7.1ch
タイプ バータイプ
スピーカー構成 メイン、サブウーハー

SONY HT-ST9

SONY HT-ST9 のおすすめポイント3つ

  1. ワイヤレスでの高音質再生に対応
  2. コンパクトなサウンドバータイプ
  3. HDMI入出力は4Kに対応

SONY HT-ST9 のレビューと評価

ワイヤレスでの高音質再生にも対応した、コンパクトなサウンドバータイプのホームシアター。HDMI入出力は4Kにも対応。また、ハイレゾ相当のデータ量を伝送可能なLDACこーデックにも対応しています。

SONY HT-ST9 の仕様・製品情報

チャンネル数 7.1ch
タイプ バータイプ
スピーカー構成 メイン、サブウーハー

パイオニア HTP-SB760

パイオニア HTP-SB760 のおすすめポイント3つ

  1. 柔軟性のある5.1chのホームシアターシステム
  2. メインスピーカーの両脇のスピーカーを外して、リアスピーカーとして使用することも可能です
  3. 深夜や近所への配慮も可能にする「マナーモード」を搭載

パイオニア HTP-SB760 のレビューと評価

柔軟性のあるホームシアターシステムで、細身のサウンドバー両脇のスピーカーを外すことによりリアスピーカーとしても使用できます。マナーモード機能は特にマンションにお住まいの方には必要ともいえる機能です。

パイオニア HTP-SB760 の仕様・製品情報

チャンネル数 5.1ch
タイプ バータイプ+セパレートタイプ
スピーカー構成 メイン(リアスピーカー2つを分離も可能)、サブウーハー

ボーズ Lifestyle 600

ボーズ Lifestyle 600 のおすすめポイント3つ

  1. 4台のJewelCubeスピーカーで臨場感豊かな再現性
  2. 省スペースで低音再生を高める新開発QuietPortテクノロジーの大迫力サブウーハー
  3. フロント・リアスピーカーともにコンパクトな5.1chホームシアターシステム

ボーズ Lifestyle 600 のレビューと評価

ボーズ独特の音のこだわりにあふれたホームシアタースピーカーです。フロントおよびリアスピーカーともにコンパクトな5.1chのサウンドシステムです。

ボーズ Lifestyle 600 の仕様・製品情報

チャンネル数 5.1ch
タイプ セパレートタイプ
スピーカー構成 センター、フロントx2、リアx2、サブウーハー

レボリューション DHS-501

レボリューション DHS-501 のおすすめポイント3つ

  1. 5.1chシステムなのに1万円程度で購入できてしまうリーズナブルな価格設定
  2. アンプ部にはDVDプレーヤーも内蔵
  3. 合計105Wの大出力

レボリューション DHS-501 のレビューと評価

この値段でDVDプレーヤー内蔵に、合計105Wの大出力と抜群のコストパフォーマンスを誇る製品。HDMI出力も持っており、プロジェクターなどへの高画質投影もできます。

レボリューション DHS-501 の仕様・製品情報

チャンネル数 5.1ch
タイプ セパレートタイプ
スピーカー構成 メイン、フロントx2、リアx2、サブウーハー
最大出力 合計105W

パナソニック SC-HTB176

パナソニック SC-HTB176 のおすすめポイント3つ

  1. HDMI入出力搭載のサウンドバーとしてリーズナブルな価格
  2. 独自のデュアルドライブサブウーハー方式により、強力な重低音を展開
  3. 人の声が聴きやすくなる「明瞭ボイス」を搭載

パナソニック SC-HTB176 のレビューと評価

コンパクトなサウンドバーながら、デュアルドライブサブウーハーや明瞭ボイスなど非常に音にこだわったパナソニックらしい製品

パナソニック SC-HTB176 の仕様・製品情報

チャンネル数 2.1ch
タイプ バータイプ
スピーカー構成 1

まとめ

ホームシアターを音の面で臨場感確保に必要なホームシアタースピーカーとはどのようなものか、および13種類のおすすめ製品を紹介しました。みなさんのホームシアター生活向上に貢献できれば幸いです。