国内外に様々なヘッドホンメーカーがあります。今回は国内外の有名メーカーのヘッドホンを、メーカーごとの特徴や人気のヘッドホンを各メーカー2つずつご紹介していきます。特徴ひとつ取ってもメーカーごとのこだわりや、得意分野など違ってきます。ヘッドホンを選ぶ際の参考になるような記事ですので、お楽しみに。

国内の人気ヘッドホンメーカー

SONY

日本が世界に誇る家電メーカーのSONYは、ヘッドホンの分野でも活躍しています。SONYの強みは、なんと言っても豊富なラインナップです。手の届きやすい低価格のヘッドホンから、プロがスタジオで使うような高品質ヘッドホンまで多種多様です。スタジオクオリティのヘッドホンをお探しの方におすすめのメーカーです。ワイヤレスヘッドホンや7.1chのサラウンドヘッドホンなどもあり、映画鑑賞を楽しみたい方にもおすすめのメーカーです。

Pioneer

Pioneerは、スピーカーの開発から始まったこともあり音響分野にとても強いメーカーです。そのヘッドホンも、価格を抑えた1000円台のヘッドホンもあり、最初のヘッドホンとして適しています。DJ向けの重低音を売りとしたヘッドホンもあり、迫力のある音で音楽を楽しみたい方にPioneerはおすすめです。10万円以上の高級ヘッドホンもラインナップにあり、クオリティが高い音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

Panasonic

Panasonicは家電メーカーとして、生活家電などが有名だがオーディオ関連にも強いメーカーです。価格も1000円台からあり、手の出しやすいヘッドホンでAV機器に最適なヘッドホンが売りです。1万円以内で買えるハイレゾヘッドホンRP-HD5-Kもあり、お手頃にハイレゾ音源を体験したい方にPanasonicはおすすめです。ワイヤレスヘッドホンもハイレゾ相当の音質で楽しめるものがあり、手を出しやすい価格なのも嬉しいところです。

audio-technica

audio-technicaの強みは、なんと言っても名前にある通りオーディオ関連にあります。ヘッドホンだけではなく、イヤホンやマイクなども定番のメーカーです。ヘッドホンの特徴は、低価格から高級ヘッドホンまで数多くあり装着感がとても良いです。種類がとにかく豊富で、他の日本メーカーより選択肢が広がります。デザインもグッドデザイン賞を受賞するなど、デザインを重視したい方におすすめのメーカーです。

海外の人気ヘッドホンメーカー

SENNHEISER

ドイツのヘッドホンメーカーとして有名なのがSENNHEISERです。1945年に創業し、1968年には世界初のオープンエア型のヘッドホンを開発しました。現在でもオープンエア型のヘッドホンが多く、原音に忠実な音が特徴です。さらにはワイヤレスにも力を入れており、音質劣化が特徴のワイヤレスヘッドホンでいかに良い音にするかを研究しています。そのため、ワイヤレスヘッドホンで高音質を楽しみたい方にSENNHEISERはおすすめのです。

AKG

AKGはオーストリアウィーンで生まれた音響メーカーで、ヘッドホンのほかにマイクでも有名なメーカーです。AKGのヘッドホンの特徴はレコーディングスタジオで求められる、原音に忠実な味付けのない音が特徴です。そのため、製作者の聴いて欲しい音をそのまま体験できるヘッドホンとも言えます。世界基準の音を楽しみたい方は、ぜひ試していただきたいヘッドホンです。

KOSS

KOSSはアメリカのヘッドホンメーカーで、低価格で品質の良いヘッドホンで知られたメーカーです。音楽鑑賞用のヘッドホンはもちろん、マイクの付いたゲーミング用のヘッドホンにも力を入れており、長時間使用しても疲れにくい軽さが特徴です。長年人気のKOSS PORTA PROは高音質で低価格の、コンパクトに折りたためるハイコストパフォーマンスヘッドホンしても有名です。ですが音漏れがすごいため、外での使用は周りの方に気を使う必要があります。

BOSE

BOSEはアメリカで生まれたヘッドホンメーカーで、ヘッドホン以外にスピーカーがよく知られています。現在のBOSEは、ワイヤレスヘッドホンにこだわっておりノイズキャンセルや高音質再生かな優れています。スマホとのBluetooth接続にも相性が良く、そのままハンズフリー通話などもできます。音に関してはバランスのとれた音ですが、BOSE独特の音質で耳なじみのいい音です。聴きやすい音を求める方には、BOSEのヘッドホンがおすすめです。

メーカー別おすすめヘッドホン16選

SONY MDR-ZX770

SONY MDR-ZX770のおすすめポイント3つ

  1. ビートレスポンスコントールでリズムが聞き取りやすい
  2. 4色のカラーバリエーション
  3. 低音から高音まで聞き取りやすいバランスの良い音

SONY MDR-ZX770のレビューと評価

カラーバリエーション豊かなコスト◯のヘッドホン

SONY MDR-ZX770は、長時間のリスニングでも疲れにくい装着感とバランスの良い音が魅力のヘッドホンです。カラーバリエーションも4色のと、自分の好みで選ぶことができます。

SONY MDR-ZX770の仕様・製品情報

ケーブルの長さ 約1.2m
重量 約215g
コードタイプ 片出しフラットコード

SONY WH-L600

SONY WH-L600のおすすめポイント3つ

  1. 7.1ch デジタルサラウンドシステム
  2. 充電用ヘッドホンスタンド付き
  3. 最大17時間連続使用可能

SONY WH-L600のレビューと評価

あなたの部屋が臨場感のある映画館になる

SONY WH-L600は7.1ch デジタルサラウンドのワイヤレスヘッドホンです。ヘッドホンをつけているのに、前から後ろから音が聞こえてきて、臨場感のある映像体験ができます。

SONY WH-L600の仕様・製品情報

重量 320g
電源継続時間 最大17時間

Pioneer SE-MS5T

Pioneer SE-MS5Tのおすすめポイント3つ

  1. ハイレゾ対応
  2. コスパ◯の密閉型ヘッドホン
  3. 邪魔にならない方出し

Pioneer SE-MS5Tのレビューと評価

ハイレゾ対応のコスパ◯のヘッドホン

Pioneer SE-MS5Tは価格を抑えたヘッドホンですが、ハイレゾ対応の高音質でコストパフォーマンスの高いヘッドホンです。イヤーパッドも分厚く、装着感も良い所がポイントです。

Pioneer SE-MS5Tの仕様・製品情報

ケーブルの長さ 1.2m
重量 230g
コードタイプ 片出し

Pioneer HDJ-2000MK2

Pioneer HDJ-2000MK2のおすすめポイント3つ

  1. 遮音性に優れたDJ用ヘッドホン
  2. 長時間装着もストレスのない298gの軽量ボディ
  3. Mini XLR端子コードで高い耐久性

Pioneer HDJ-2000MK2のレビューと評価

DJプレイに特化したヘッドホン

Pioneer HDJ-2000MK2はプロの激しいプレイでも耐えうる、高い耐久性を持った DJ用ヘッドホンです。長時間のプレイでもストレスにならない298gの軽量ボディと、高い遮音性が特徴です。

Pioneer HDJ-2000MK2の仕様・製品情報

ケーブルの長さ 1.2 m 片出しカールコード(伸長時約3.0 m)・1.6 m ストレート編みこみシース コード
重量 298g
接続方法 Mini XLR端子

Panasonic RP-HD10

Panasonic RP-HD10のおすすめポイント3つ

  1. ハイレゾ対応対応
  2. 人間工学に基づいたイヤーパッド
  3. スイーベル折りたたみ機構で持ち歩きも便利

Panasonic RP-HD10のレビューと評価

音の分離が良いハイレゾ対応ヘッドホン

Panasonic RP-HD10はハイレゾ対応の高音質で、長時間リスニングでも疲れにくいヘッドホンです。不要な残響音が少なき、それぞれの楽器の音がハッキリ聞こえます。

Panasonic RP-HD10の仕様・製品情報

ケーブルの長さ 約1.2m・約3m(着脱コード)
重量 約320g
プラグ形状 [1.2m着脱コード]ステレオミニプラグ(直径3.5mm、L型、24K金メッキ)
[3.0m着脱コード]ステレオミニプラグ(直径3.5mm、ストレート型、24K金メッキ)

Panasonic RP-HD600N

Panasonic RP-HD600Nのおすすめポイント3つ

  1. ハイレゾ相当の高音質
  2. 場面に合わせた3つのノイズキャンセル機能
  3. 最大20時間の長時間再生

Panasonic RP-HD600Nのレビューと評価

ハイレゾ相当の高音質Bluetoothヘッドホン

Panasonic RP-HD600NはBluetoothヘッドホンでありながら、ハイレゾに相当する高音質で音楽を楽しむことができます。ノイズキャンセリング機能で、周りの環境音を気にせず音楽を聴くことができます。

Panasonic RP-HD600Nの仕様・製品情報

コード長さ 約1.2m
重量 約268g
接続方法 Bluetooth4.2
電源継続時間 最大20時間

audio-technica ATH-S100

audio-technica ATH-S100のおすすめポイント3つ

  1. 5色のカラーバリエーション
  2. 約110gの軽量コンパクトボディ
  3. 迫力のあるパワフルサウンド

audio-technica ATH-S100のレビューと評価

ポップなデザインの軽量コンパクトヘッドホン

audio-technica ATH-S100の売りは、なんと言っても手の出しやすい価格と5色のカラーバリエーションです。装着感も約110gと軽く、音漏れのしにくい密閉型で外でも周りに迷惑をかけにくいです。

audio-technica ATH-S100の仕様・製品情報

ケーブルの長さ 1.2m
重量 約110g
プラグ形状 φ3.5mm金メッキステレオミニ(L型)

audio-technica ATH-R70X

audio-technica ATH-R70Xのおすすめポイント3つ

  1. プロのスタジオクオリティモニターヘッドホン
  2. 全音域をカバーする高音質
  3. ストレスのない約210g軽量ボディ

audio-technica ATH-R70Xのレビューと評価

プロ仕様の軽量モニターヘッドホン

audio-technica ATH-R70Xは、プロ仕様で全音域を偏りなく聞けるモニターヘッドホンです。長時間の作業でも疲れにくい、約210gの軽量ボディでストレスも感じにくいです。

audio-technica ATH-R70Xの仕様・製品情報

ケーブルの長さ 3m
重量 約210g
プラグ形状 φ6.3mm標準・φ3.5mmミニ 金メッキステレオ2ウェイ

SENNHEISER HD 599

SENNHEISER HD 599のおすすめポイント3つ

  1. 見た目に可愛いアイボリーカラー
  2. 音の広がりのあるオープン型
  3. 柔らかい皮素材で疲れにくい装着感

SENNHEISER HD 599のレビューと評価

自然な音の広がりが気持ちいいオープン型ヘッドホン

SENNHEISER HD 599はオープン型を採用することで、どこまでも広がるような音が特徴です。音質も低音から高音まで、クリアな音でリスニングできます。

SENNHEISER HD 599の仕様・製品情報

ケーブルの長さ 3m・1.2m(着脱式)
重量 約250g
プラグ形状 3.0 m (左側片出し)6.3mmステレオ標準プラグ(ストレート型)・1.2 m(左側片出し)3.5 mm ステレオミニプラグ(ストレート型)

SENNHEISER PXC 550

SENNHEISER PXC 550のおすすめポイント3つ

  1. 音質劣化を抑えたノイズキャンセリング機能
  2. 227gの軽量ボディ
  3. 最大30時間の長時間再生

SENNHEISER PXC 550のレビューと評価

自然な音のノイズキャンセリングBluetoothヘッドホン

SENNHEISER PXC 550はBluetooth接続のノイズキャンセリングヘッドホンです。ノイズキャンセリングヘッドホンにありがちな、不自然な音を解消しています。227gの軽量ボディで、疲れにくい設計です。

SENNHEISER PXC 550の仕様・製品情報

ケーブルの長さ 1.4m スマートフォン対応リモコン付き
重量 227g
接続方法 Bluetooth4.2
電源継続時間 最大30時間

AKG K240MK2

AKG K240MK2のおすすめポイント3つ

  1. 疲れにくい大型イヤーパッド
  2. セミオープンエアー型で低音と自然な音を両立
  3. 歪みを抑えるバリモーション・テクノロジー

AKG K240MK2のレビューと評価

長時間装着でも疲れないセミオープンエアー型の高音質ヘッドホン

AKG K240MK2は装着感と自然な音を両立した、セミオープンエアー型のヘッドホンです。大型イヤーパッドで、耳に負担なく長時間リスニングにも最適です。

AKG K240MK2の仕様・製品情報

ケーブルの長さ 3mストレート・5mカールコード
重量 240g
プラグ形状 3.5mmステレオ・ミニプラグ (金メッキ)

AKG K702

AKG K702のおすすめポイント3つ

  1. 人間工学に基づいた3Dフォームイヤパッド
  2. 繊細な音もの表現するオープンエア型
  3. プロクオリティ原音に忠実なサウンド

AKG K702のレビューと評価

モニタリングだけでなくリスニングにも適したオープンエア型ヘッドホン

AKG K702はプロクオリティもモニターヘッドホンですが、リスニングも快適にできるヘッドホンです。ボーカルをしっかり聞き取りたい方に、おすすめのヘッドホンです。

AKG K702の仕様・製品情報

ケーブルの長さ 3mストレート
重量 290g
プラグ形状 3.5mmステレオ・ミニプラグ(金メッキ)

KOSS PORTAPRO

KOSS PORTAPROのおすすめポイント3つ

  1. 60gの圧倒的に軽量ボディ
  2. モニターヘッドホンのような優れた音質
  3. 折りたたんで持ち運びも便利

KOSS PORTAPROのレビューと評価

着けている事を忘れそうな60gの超軽量ボディ

KOSS PORTAPROの特徴は、なんと言っても60gの超軽量ボディです。デザインもスタイリッシュで、装着感も長時間リスニングでも疲れにくいオープン型のヘッドホンです。

KOSS PORTAPROの仕様・製品情報

ケーブルの長さ 1.2m
重量 60g
プラグ形状 3.5mm ステレオミニプラグ

KOSS SPORTA PRO

KOSS SPORTA PROのおすすめポイント3つ

  1. ネックバンドとヘッドバンドの2WAY仕様
  2. 原音に忠実なサウンド
  3. アウトドアに最適なフィット感

KOSS SPORTA PROのレビューと評価

ネックバンドとヘッドバンドの2WAYのオープン型ヘッドホン

KOSS SPORTA PROはアウトドアやスポーツに最適なネックバンド型と、普段使いに最適なヘッドバンド型の2WAYヘッドホンです。そのサウンドも、味付けのない素直なサウンドです。

KOSS SPORTA PROの仕様・製品情報

ケーブルの長さ 1.2m
重量 62g
プラグ形状 3.5mm(ミニ) L型
・6.4mm(標準)アダプター付属

Bose SoundLink around-ear wireless headphones II

Bose SoundLink around-ear wireless headphones IIのおすすめポイント3つ

  1. 音量な関係なく良いサウンド
  2. 深みのあるサウンドをワイヤレスで
  3. クリアな音質でハンズフリー通話可能

Bose SoundLink around-ear wireless headphones IIのレビューと評価

ストレスのない高音質ワイヤレスサウンド

Bose SoundLink around-ear wireless headphones IIは、Bluetooth接続のワイヤレスヘッドホンです。音質も、ワイヤレスサウンドで言われている劣化した音質ではなく、Boseならではの深みのあるサウンドを実現しています。小さな音量でも迫力のサウンドが楽しめます。

Bose SoundLink around-ear wireless headphones IIの仕様・製品情報

接続方法 Bluetooth
重量 195g
電源継続時間 最大15時間

Bose QuietComfort 35 wireless headphones II

Bose QuietComfort 35 wireless headphones IIのおすすめポイント3つ

  1. 最大20時間の長時間再生
  2. ノイズキャンセリング機能付き
  3. 音量で自動的に変わるイコライザー

Bose QuietComfort 35 wireless headphones IIのレビューと評価

自分だけの世界に浸れるノイズキャンセリングヘッドホン

Bose QuietComfort 35 wireless headphones IIは、業界最高クラスのノイズキャンセリング機能をもち、周りの音をほぼカットしてくれます。音量に合わせて、最適な音に調整してくれるイコライザーが快適なサウンドにしてくれます。

Bose QuietComfort 35 wireless headphones IIの仕様・製品情報

接続方法 Bluetooth
重量 234g
電源継続時間 最大20時間

まとめ

ここまで国内外のメーカーのヘッドホンを、各メーカー2つずつ紹介してきましたがいかがでしたか?各メーカーの違いを理解して、自分にあったヘッドホンを見つけてみてください。