【2021年】コスパ最強!価格別に比較、安いヘアドライヤーおすすめ8選|メンズ用、速乾タイプも

コスパ最強のヘアドライヤー

使っているドライヤーが髪や頭皮の状態に影響を与えることをご存知でしょうか?髪にツヤがなくばさばさだったり、白髪や抜け毛、または頭皮のたるみにより、おでこにシワができたりしていると、老けて見えてしまいます。毎日使うドライヤーにこだわって、少しでも髪にいいものを選んではいかがでしょうか。コスパがよく、機能の高いドライヤーの選び方をご紹介します。
おすすめの高級ドライヤー 【2021年版】高級ドライヤーおすすめ9選!効果や安いドライヤーの違いは? ドライヤーおすすめ 【2021年版】音が静かなドライヤーおすすめ最強7選 ヘアオイルおすすめ ヘアオイルの人気おすすめ10選!髪のパサつき・広がり・うねり・湿気対策に

マイナスイオンとは

マイナスイオンとは、マイナスの電気を帯びた小さな物質のこと。ここでの小さいというサイズは、0.5~1ナノメートル(ナノメートルは10億分の1メートル)の原子や分子レベルになります。

髪の毛は、毛と毛の間の摩擦やパーマ・カラーリングによるダメージで電気的にプラスになっていることが多く、マイナスイオンは髪の毛によくくっつきます。マイナスイオンは水分を含んでいるため、結果として、髪の毛に水分補給をする効果をもたらします。

高コスパドライヤーの注目したい機能・性能

コスパの高いドライヤーの注目したい機能・性能は、以下の3つです。

  • 風量が大きく、速乾性があるかに注目する!
  • 温度調節ができるかに注目する!
  • マイナスイオン機能があるかに注目する!

風量が大きく、速乾性があるかに注目する!

ヘアドライヤーの大事な機能は速乾性です。なぜなら、濡れた髪はキューティクルが開いていて傷みやすいからです。なるべくはやく髪を乾かすことが、サラツヤ髪の基本と言えます。

ヘアドライヤーの速乾性の条件は、温度と風量です。とはいえ、高温すぎると髪へのダメージが大きくなるため、温度は高くても100℃が目安です。そのぶん風量が大きいものを選びましょう。最大風量の目安は、1.5~1.9㎥です。

温度調節ができるかに注目する!

ヘアドライヤーの熱風は髪にダメージを与えます。最小限のダメージにするために、仕上げは冷風にしてキューティクルをキュッと引き締めたいもの。コスパ重視とはいえ、熱風と冷風の2つの温度調節は必要です。

また、地肌を乾かすのに最適な60℃の低温風が出るスカルプモードや髪表面を乾かすのに最適な75℃の高温風が出るモードなど、こまめな温度調節ができれば、髪へのダメージはさらに抑えられます。

マイナスイオン機能があるかに注目する!

水分を含んだマイナスイオンは、髪へ水分補給をしてくれるので、熱風によってパサパサになりがちな髪をしっとりとした美しい髪に仕上げてくれます。また、地肌にとっても熱風のダメージをやわらげる効果が期待できます。

マイナスイオン機能付きのヘアドライヤーは高位モデルのイメージですが、高コスパのヘアドライヤーの中にもマイナスイオン機能がついたものもあるので、あきらめずに探してみましょう。

コスパがいいドライヤー選びのポイント

白いドライヤー

コスパのいいドライヤー選びは、風量、速乾速度、低温ドライヤーモードがあるか、マイナスイオン機能などを基準に見ていきます。

まず風量は、髪をいためず早く乾かすために大きいほうが理想的です。大体1.3㎥/分、ロングヘアなら1.6㎥/分くらいの風量が目安になります。

速乾速度も高いほうがいいのですが、100度以上の高温は髪にダメージを与えるため、髪をいためないように60度くらいの低温モードで乾かすモードがあれば理想的です。プラスアルファでマイナスイオン機能などがついていれば、さらになお良しです。

風量にこだわる

風量の大きさは髪が早く乾くかどうかの決め手になります。風量が低いとなかなか髪が乾かず、長い間熱風を当て続けなければいけないため、髪にダメージを与えてしまうことになります。

髪や頭皮にいい機能について

静電気のようなプラスイオンが多いと、髪のキューティクルがはがれやすくなるといわれます。マイナスイオンを与えると、プラスイオンが中和され、しっとりと落ち着いた髪になります。

ドライヤーのモードについて

100度以上の熱風を髪と地肌に与え続けると、たんぱく質が変質したりダメージを与える可能性があるため、避けたほうが無難です。60度くらいの低温で乾かす、もしくは熱風と冷風を切り替える機能がついているドライヤーならダメージが少なく乾かせるでしょう。

価格ごとのドライヤーの基準

値段の高い上位モデルのほうが、髪だけでなく美肌効果があったり、傷んだ髪をドライヤーするだけでしっとりさせる機能があったりと、他にはない特別なオプションがついていることが多いです。

しかし、1万円以下でも探せば髪をつやつやにするプロからも信頼されるモデルのドライヤーがあります。3千円以下でも、しっかりと風量があって髪を傷めずに乾かせる、またマイナスイオン機能がついているドライヤーなどもあります。

何となく値段で買うのではなく、機能をしっかりチェックするようにすれば、安価でもコスパのいいドライヤーを見つけられます。

ドライヤーの人気メーカー

黒いドライヤー

リュミエリーナ社から出ているレプロナイザー3Dplusは、現役の美容師もおすすめするという、使えば使うほど潤うドライヤーとして評判です。その他、低価格でも強い風力で乾かすドライヤーを多数発売しているテスコム、マイナスイオンナノケアで知られるパナソニックなどが、人気のドライヤーメーカーとしてよく知られています。

テスコム

安価ながら、風量が高かったり、スチーム機能がついていたり、マイナスイオン機能がついていたりと広いラインナップドライヤーを販売することで定評のあるテスコム。持ち運びやすい軽いサイズや、海外対応のものなどもあります。口コミの評価も高く、品質レベルに信頼がおけます。

パナソニック

マイナスイオンの1000倍もの水分に包まれているといわれる、「ナノイー」の効果で有名なドライヤーを販売しています。値段がリーズナブルなものから、高価なものまで幅広く揃っています。ナノイーは、髪の水分量を整え、うねりや乾燥をおさえて、使えば使うほど髪が健康にしっとりした質感を持つようになるのがウリです。

リュミエリーナ

現役の美容師さんもおすすめするリュミエリーナのドライヤー「レプロナイザー」。

値段が3万8千円と飛びぬけて高いですが、セラミックにセットされたバイオプログラミングという独自の機能によって、乾かすだけでばさばさに傷んだ髪がしっとりとツヤのある髪になる、ドライヤーの冷風を肌にあてると美肌になるなどの効果が見られるのが強みです。

ドライヤーするという毎日の時間をつかいながら、きれいになれるという機能に注目が集まっています。

【3,000円以下】ドライヤーおすすめ3選

おすすめの3,000円以下で買えるドライヤーを紹介します。

Beemyi ヘアドライヤー

最初に紹介するおすすめのドライヤーは、「Beemyi ヘアドライヤー」です。

カラー ブラック
最大風量 1.6m³
ワット数 1200 W
梱包サイズ 28.6 x 15 x 9.6 cm
製品重量 ‎480g
評価・レビュー
機能性
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
デザイン性
(3.5)
ポイント
  • 1.6㎥の風量なので、約5分で乾きます。
  • 2000万のマイナスイオンを放出する機能付きです。
  • 二重加熱保護装置が付いているので安全です。

「Beemyi ヘアドライヤー」の特徴

マイナスイオン発生装置、速乾性のある大風量、3段階の温度調節(室温・温風・熱風)とヘアドライヤーの3つの性能が搭載されながら低価格を実現しています。

こんな人におすすめ

折りたたみ式の軽量・コンパクト設計なので、旅行や出張が多い人に携帯用としてもおすすめです。

Sandoo ヘアドライヤー

次に紹介するおすすめのドライヤーは、「Sandoo ヘアドライヤー」です。

カラー ディープローズレッド
最大風量 2.22m³
ワット数 1400W
梱包サイズ 22.8 x 14 x 9.6 cm
製品重量 ‎560g
評価・レビュー
機能性
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
デザイン性
(4.0)
ポイント
  • 髪型に合わせて選べる2種類のノズル付きです。
  • 強風と弱風が交互に出て広範囲に風を届けます。
  • 2つの高濃度マイナスイオン発生器を装備しています。

「Sandoo ヘアドライヤー」の特徴

2.22㎥の大風量でドライ時間を30%短縮(旧モデル比)。強風と弱風を交互に出すことで風を広範囲に当てる、ヘアスタイルに最適なノズルを選択できるなど、速乾性を追求したヘアドライヤーです。

こんな人におすすめ
速乾性にすぐれているので、ドライヤーの時間を少しでも短くしたい人におすすめです。

ShaHai ヘアドライヤー

次に紹介するおすすめのドライヤーは、「ShaHai ヘアドライヤー」です。

カラー ホワイト
最大風量 14.6㎡/s
ワット数 1300W
梱包サイズ 5.5×15×28cm
製品重量 ‎492g
評価・レビュー
機能性
(3.5)
使いやすさ
(4.0)
デザイン性
(4.5)
ポイント
  • スタイリッシュなデザインです。
  • 57℃の恒温ヘアケアモードが搭載されています。
  • 温度過昇防止機能が付いています。

「ShaHai ヘアドライヤー」の特徴

シンプルな白デザインのヘアドライヤー。492gと軽量でもちやすく、温度過昇防止機能が付いています。電気用品安全法に適合していることを示すPSE認証製品。

こんな人におすすめ
軽くて持ちやすく、温度過昇防止機能付きなので、お子さんでも安心して使えます。

【5,000円以下】ドライヤーおすすめ3選

おすすめの5,000円以下で買えるドライヤーを紹介します。

SALONIA サロニア SL-013NV

最初に紹介するおすすめのドライヤーは、「SALONIA サロニア SL-013NV」です。

カラー ネイビー
最大風量 2.3㎥
ワット数 1200 W
梱包サイズ 24.6 x 14 x 9cm
梱包重量 ‎640g
評価・レビュー
機能性
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
デザイン性
(5.0)
ポイント
  • 深みの増したおしゃれなネイビーカラーです。
  • 大風量2.3㎥/minでドライ時間を30%短縮(旧モデル比)できます。
  • 1年間のメーカー保証が付いています。

「SALONIA サロニア SL-013NV」の特徴

大風量で約3分の時短に成功。マイナスイオン機能もついて、髪へのダメージを最小限にします。新色のネイビーは以前より深みが増しておしゃれになったと人気で、ヘアドライヤーカテゴリーで1位になりました。

こんな人におすすめ

大風量、落ち着いたネイビーカラーなので、男性にもおすすめです。

Amyes ヘアドライヤー

次に紹介するおすすめのドライヤーは、「Amyes ヘアドライヤー」です。

カラー Black
最大風量 2.8m³
ワット数 2000 W
製品サイズ 23 x 21.5 x 9 cm
製品重量 ‎820g
評価・レビュー
機能性
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
デザイン性
(4.0)
ポイント
  • 2000Wのハイパワーです。
  • 騒音を低減してくれる専業騒音キャンセリング設計です。
  • ホコリを防止する二重フィルターを採用しています。

「Amyes ヘアドライヤー」の特徴

2000Wハイパワー、2.8m³の大風量のサロン業務用基準のヘアドライヤー。マイナスイオン発生器搭載、人体工学設計に基づいたボタン位置、2.2mの長いコードなどサロン用としても使えます。

こんな人におすすめ

サロン業務用基準のヘアドライヤーなので、ダメージヘアの人にもおすすめです。

Aseech ヘアドライヤー

次に紹介するおすすめのドライヤーは、「Aseech ヘアドライヤー」です。

カラー ホワイト
最大風量 14.6m/S
ワット数 1800W
製品サイズ 16.5 x 7.5 x 27.5 cm
製品重量 ‎680g
評価・レビュー
機能性
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
デザイン性
(4.0)
ポイント
  • 毎秒40回、センサーで温度チェックをしています。
  • 静電気の発生を最小限に抑える、髪や頭皮にやさしい設計です。
  • 高速モーター、9枚羽のファンブレードを採用しています。

「Aseech ヘアドライヤー」の特徴

こまめなセンサー計測による徹底した温度管理、静電気抑制、57℃恒温モードなど、髪や頭皮へのダメージを最小限に抑える工夫がされています。

こんな人におすすめ

静電気抑制、57℃恒温モードがあるので、敏感肌などで頭皮が気になる人におすすめです。

【10,000円以下】ドライヤーおすすめ2選

おすすめの10,000円以下で買えるドライヤーを紹介します。

K’s Wave ケーズウェーブ EM-WHS

最初に紹介するおすすめのドライヤーは、「K’s Wave ケーズウェーブ EM-WHS」です。

カラー ブラック
風速 12.5m
ワット数 300 W
梱包サイズ 24.5 x 14.5 x 7cm
製品重量 ‎600g
評価・レビュー
機能性
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
デザイン性
(4.0)
ポイント
  • コードレスタイプです。
  • 海外対応機種です。
  • 充電式なのでブレーカー落ちの心配がありません。

「K’s Wave ケーズウェーブ EM-WHS」の特徴

コードレスで使用場所を選ばず、国内・海外での使用がOK。HOTで約15分、COOLで約3時間の連続使用が可能。平たい吹き出し口とディフューザーの2つのアタッチメントも付いています。

こんな人におすすめ

どの角度からも自在にスタイリングできるコードレスタイプなので、ロングの人や毎朝ヘアセットに時間がかかる人におすすめです。

ZHIBAI HL505

次に紹介するおすすめのドライヤーは、「ZHIBAI HL505」です。

カラー ローズピンク
最大風量 1.6㎥
ワット数 1200W
製品サイズ 12.8 × 7.8 × 22cm
製品重量 ‎約578g
評価・レビュー
機能性
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
デザイン性
(5.0)
ポイント
  • 独自開発の三層構造の風です。
  • ドイツのレッド・ドット・デザイン賞を受賞しました。
  • 独自開発の6枚羽と強力な直流モーターを採用しています。

「ZHIBAI HL505」の特徴

マイナスイオン、2層温冷リズム風、冷風の三層構造の風で髪のダメージを極力抑えるヘアドライヤーです。乾燥スピードと髪へのダメージのバランスを考えて消費電力を1200Wで設計しています。

こんな人におすすめ

速乾性と髪への負担軽減の両立を目指したドライヤーなので、サラサラ髪を手に入れたい人におすすめです。

まとめ

高いドライヤーは、髪にいいだけでなく、血行をよくして頭皮の状態を改善する美容機能がついたものまで出ています。顔のたるみは、つながっている頭皮が原因とよく美容雑誌などに出ています。コスパのいい髪にいいドライヤーを選ぶことは、美容にもいいことです。

おすすめの高級ドライヤー 【2021年版】高級ドライヤーおすすめ9選!効果や安いドライヤーの違いは? ドライヤーおすすめ 【2021年版】音が静かなドライヤーおすすめ最強7選 ヘアオイルおすすめ ヘアオイルの人気おすすめ10選!髪のパサつき・広がり・うねり・湿気対策に