AndroidなどにおすすめのBluetoothキーボード12選!折りたたみ他

じっくり読むと4分

今では無線キーボードとして一般的になったBluetoothキーボードですが、それに伴って数多くのモデルが発売されています。機能面を充実したものやコンパクトで持ち運びがしやすいタイプ、省電力でバッテリーが長持ちするなど様々です。

今回はそんなBluetoothキーボードの中から色々な角度からおすすめの商品を紹介していきます。

Bluetoothキーボードとは

BluetoothキーボードはBluetoothという近距離無線規格で通信を行うキーボードのことで、動作範囲は10m以内と言われています。今ではパソコンにも標準的に搭載されているほか、iOSやAndroidなどのスマートフォンやタブレットでも使えるようになっています。そのため、今までは外出時の作業だとノートパソコンを持ち歩かないといけなかったものがタブレットで済ませられるようになったので持ち運びの負担はかなり少なくなりました。

Bluetoothキーボードのメリット

Bluetoothキーボードのメリットは以下の2つです。

多くのOSで使える

WindowsだけでなくmacやiOS、Androidまでカバーするので様々な機器で使うことができます。これによりタブレットでの作業が格段にしやすくなるので外出時に作業をしたい場合にも安心です。もちろん、タブレットを買い替えてiOSからAndroidにしたとしても通信規格は共通なのでそのまま利用できます。

設定が簡単

従来のUSB無線通信タイプだとドライバをインストールし、初めて使えるようになるという仕組みでしたが、Bluetoothの場合は接続設定を行うだけで良いのでドライバは不要です。接続設定もペアリングという操作をするだけなので非常に簡単に接続することができます。この設定方法もデバイスが変わってもほとんど一緒なので苦労することもありませんね。

Bluetoothキーボードの選び方のポイント

Bluetoothキーボードの選び方を以下の2つのポイントから解説します。

据え置きか持ち運びか

あくまで自宅やオフィスなどのパソコンで使う前提であれば据え置きタイプの方が普段使っているキーボードを単純に無線にしたもの、といった位置づけになるので使い勝手は良いでしょう。しかし、外出時などに外で入力作業がある場合など一緒に持ち歩きたいのであれば小型で軽量のタイプがおすすめです。折りたたみ式になっているものもあるのでコンパクトに持ち運べます。

バッテリーの持ちにも着目

無線である以上、充電しながらの利用ということはできませんので重要になるのがバッテリーでの駆動時間です。これが短いと頻繁に充電をしたり、電池を交換したりしないといけません。充電ばかりしていては無線本来の利便性も損なわれてしまいます。極力バッテリー容量の大きいものや省電力のタイプにするのがおすすめです。

Bluetoothキーボードのおすすめ12選

ロジクール K370s

ロジクール K370sのおすすめポイント3つ

  • フルサイズキーボード
  • デバイス簡単切り替え
  • 2年間の電池寿命

ロジクール K370sのレビューと評価

誰でも使いやすいオーソドックスなモデル

一般的なフルサイズキーボードで馴染みのあるレイアウトなのですぐに導入できます。複数のデバイスをキー1つタッチするだけで切り替えができるのでパソコンを操作しながら、一時的にタブレットのキー入力を操作するといった使い方も可能です。

ロジクール K370sの仕様・製品情報

重量 425g
サイズ 137.5×435.5×20.5mm
バッテリー 単四形乾電池2本

ELECOM TK-FBP081BK

ELECOM TK-FBP081BKのおすすめポイント3つ

  • キー独立型でタイプミスを軽減
  • 13種のマルチファンクションキー搭載
  • 電池交換時期をお知らせする電池残量表示がある

ELECOM TK-FBP081BKのレビューと評価

シンプルさの中に使い勝手を向上させたモデル

個々のキーが独立しているのでタイピングの際に隣のキーを押すことがなく、タイプミスを防ぐ設計になっています。ファンクションキーにはブラウザを起動したりメディアプレイヤーを起動したりとよく使う機能を一発起動できる機能が付いており、利便性が向上しています。

ELECOM TK-FBP081BKの仕様・製品情報

重量 297g
サイズ 142x398x24mm
バッテリー 単三形乾電池1本

iClever IC-BK09

iClever IC-BK09のおすすめポイント3つ

  • 薄型のテンキー付キーボード
  • 充電式で電池交換不要
  • 1回の充電で90時間稼働

iClever IC-BK09のレビューと評価

薄型で持ち運びしやすく使いやすいモデル

フルサイズのテンキー付きキーボードでありながら15mmの薄型、372gの軽量設計で持ち運びをする際の邪魔になりません。バッテリーはUSB充電方式なので電池交換が不要であり、充電時間は約2時間ですが一度の充電で90時間も稼働するので持ち出す時も気になりません。

iClever IC-BK09の仕様・製品情報

重量 372g
サイズ 125x366x15mm
バッテリー USB充電式

サンワサプライ SKB-BT22BK

サンワサプライ SKB-BT22BKのおすすめポイント3つ

  • 小型で省スペースに対応
  • スタンド付きで入力しやすい
  • 繰り返し充電できるリチウムイオン電池内蔵

サンワサプライ SKB-BT22BKのレビューと評価

テンキー付きながら省スペースコンパクトモデル

幅は345mmとギリギリまで小さく設計されていて、少しのスペースに設置することができます。充電式なので電池交換の手間がなく、充電ケーブル付きなのでバッテリーがなくなった際も充電しながら利用できるので安心です。

サンワサプライ SKB-BT22BKの仕様・製品情報

重量 399g
サイズ 115x345x19mm
バッテリー USB充電式

ELECOM TK-FBP052BK

ELECOM TK-FBP052BKのおすすめポイント3つ

  • コンパクトで卓上もスッキリ
  • アイソレーションキー設計で快適
  • Windows用、iOS用の切り替えが簡単

ELECOM TK-FBP052BKのレビューと評価

コンパクトタイプでシンプルなデザイン

コンパクトデザインで卓上をスッキリとさせてくれるデザインです。WindowsやiOSなど幅広く対応していて入力モードの切り替えもワンタッチで可能です。また、アイソレーションキー設計といってキー間に隙間があるので爪が長い方でも快適に入力できます。

ELECOM TK-FBP052BKの仕様・製品情報

重量 169g
サイズ 127x237x21mm
バッテリー 単三形乾電池1本

ロジクール K480

ロジクール K480のおすすめポイント3つ

  • スタンド付きで快適
  • デバイス簡単切り替え
  • 各OSのショートカットキー付き

ロジクール K480のレビューと評価

スタンド付きでスマホやタブレットでも使いやすい

スマホやタブレットを設置できる溝が付いていてこれがスタンドになります。これによりまるでノートパソコンの様に入力ができるようになり、非常に快適です。3台まで機器を登録できますがダイヤルを回すだけで切り替えできるので簡単に変更ができるのも便利です。

ロジクール K480の仕様・製品情報

重量 815g
サイズ 195x299x20mm
バッテリー 単四形乾電池2本

オーディオファン ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

オーディオファン ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードのおすすめポイント3つ

  • お手頃価格の小型軽量タイプ
  • US配列のキー配置
  • 電池2本で約3か月稼働

オーディオファン ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードのレビューと評価

小型持ち運び用US配列のキーボード

US配列とは英字配列のことで、一般的なJIS配列と異なる部分があります。主にUS配列はApple社のパソコンに利用されているのでそちらを利用されている方向けですが、価格が1,000円前後とお手頃な価格なのでこれから慣れてみたいという方にもおすすめです。

オーディオファン ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードの仕様・製品情報

重量 200g
サイズ 120x285x20mm
バッテリー 単四形乾電池2本

iClever IC-BK06

iClever IC-BK06のおすすめポイント3つ

  • 折りたたみ式でコンパクト
  • レザー調で質感も良い
  • 開閉で電源自動ON/OFF

iClever IC-BK06のレビューと評価

持ち運びに最適の折りたたみタイプ

折りたたみ式で非常にコンパクトに持ち運べるモデルで、たたんだ際の大きさはiPhone 8 Plus程度の大きさです。レザー調の質感でデザイン性も高く、プライベートからビジネスシーンまで幅広く対応しています。充電式で電源も開閉だけでON/OFFしてくれるので煩わしさがありません。

iClever IC-BK06の仕様・製品情報

重量 174g
サイズ 120x330x5mm
バッテリー USB充電式

WloveTravel CL-888-01

WloveTravel CL-888-01のおすすめポイント3つ

  • ポケットサイズの折りたたみタイプ
  • スタンド付きでタブレットにも
  • 無操作で自動的に省電力モードへ

WloveTravel CL-888-01のレビューと評価

スマホ、タブレット向けの持ち運びモデル

スタンド付きの折りたたみ式でスマホやタブレットでの使用がおすすめのモデルです。専用の収納ケースが付いているので持ち運びの際にもとても便利です。操作をせずに12分経過すると自動的に省電力モードに切り替わるので無駄なバッテリー消費を抑えることができます。

WloveTravel CL-888-01の仕様・製品情報

重量 358g
サイズ 158x299x20mm
バッテリー USB充電式

Newiy Start NS-SIK058

Newiy Start NS-SIK058のおすすめポイント3つ

  • 防水防塵で水洗いができる
  • シリコン製でまるめて保管
  • キー間隔が開いていてひっかかりにくい

Newiy Start NS-SIK058のレビューと評価

丸めて持ち運ぶ防水対応キーボード

シリコン製のキーボードで防水防塵設計となっており、外での使用ももちろん可能ですし汚れても水洗いをすることができます。持ち運ぶ際はくるくると丸めて収納しておけばかさばることもありません。フル充電で80時間駆動できるので外出時の利用も安心です。

Newiy Start NS-SIK058の仕様・製品情報

重量 200g
サイズ 103x358x8mm
バッテリー USB充電式

Ewin EW-RB03

Ewin EW-RB03のおすすめポイント3つ

  • タッチパッド付でマウス操作も可能
  • コントローラー感覚で使える
  • 軽量で疲れにくい

Ewin EW-RB03のレビューと評価

個性的なデザインが光るミニキーボード

まるでゲームのコントローラーの様な個性的なデザインのキーボードです。タッチパッドが付いているのでマウス操作も手元で可能となり、コンパクトながらも欲しい機能はそろっています。重さは125gとiPhone Xよりも軽く、疲れにくいものとなっています。

Ewin EW-RB03の仕様・製品情報

重量 125g
サイズ 100x150x20mm
バッテリー USB充電式

Ewin EW-RB05

Ewin EW-RB05のおすすめポイント3つ

  • 手のひらサイズの小型モデル
  • テレビでも使える
  • 重さはわずか90g

Ewin EW-RB05のレビューと評価

手のひらサイズでテレビでも使えるマルチタイプ

手のひらに収まる小型タイプで重さはわずか90gと非常に軽量の作りになっています。パソコンだけでなくテレビやゲームとも連動できるのでリモコン間隔で使用することができます。タッチパッドがついていてマウス操作もできるので幅広く活躍してくれます。

Ewin EW-RB05の仕様・製品情報

重量 90g
サイズ 80x180x30mm
バッテリー USB充電式

まとめ

シンプルなものから個性的なものまで今では非常に多くの種類が発売されています。それぞれにメリットがありますので、ぜひお気に入りのキーボードを見つけてみてくださいね。