じっくり読むと3分

スマホの音楽を気軽に楽しめるWi-Fi内蔵スピーカー。Wi-Fi内蔵スピーカーはメーカーやモデルにより機能が異なってきます。基本的に音質が良いWi-Fi内蔵スピーカーですが、より高音質なものが良いという場合にはハイレゾ対応のWi-Fi内蔵スピーカーがおすすめです。選び方を間違ってしまうと、後悔してしまうハメに…。そこで、今回は選び方に失敗しないおすすめWi-Fi内蔵スピーカー10選のご紹介です。



Wi-Fi対応スピーカーとは

Wi-Fi内蔵スピーカーとは無線LANルーターを介してスピーカーに接続し、音楽を再生できるスピーカーのことです。Wi-Fi内蔵スピーカーは受信するデータを圧縮する必要がないので高音質で再生できます。高音質なワイヤレススピーカーが良いという人におすすめです。

Wi-FiとBluetoothの違い

Wi-FiとBluetoothの違いは大きく分けると、ルーターが必要か必要でないかです。Wi-FiはWi-Fiルーターが必要となりWi-Fiが使える場所でしか利用できません。これに対し、BluetoothはスマホがBluetooth対応のスマホであればBluetoothに対応した機器同士で接続できるのでルーターは必要ありません。

Wi-Fi内蔵スピーカーの選び方

Wi-Fi内蔵スピーカーの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

高音質がいいならハイレゾ音源に対応しているWi-Fi内蔵スピーカー

ハイレゾとはハイレゾリューションの略で高精細、高解像度という意味です。CD音源よりも約3倍から6.5倍の情報量が詰め込まれているので、アーティストが伝えたいリアルな音源が聴けます。音質にこだわるという人はハイレゾ対応のWi-Fi内蔵スピーカーなら納得の高音質が堪能できるでしょう。

アウトドア派は防水に対応しているWi-Fi内蔵スピーカーがおすすめ

キャンプや、海水浴、バーベキューなどのレジャーが好きなアウトドア派の人には防水のWi-Fi内蔵スピーカーがおすすめです。突然の雨や、海や川。レジャーに水はつきものです。うっかり水に濡れてしまった…ということがないように防水のWi-Fi内蔵スピーカーを選んで備えることも大切です。

iOSを使っている人はAirplayに対応しているWi-Fi内蔵スピーカーをチェック

iPhoneやiPadなどのiOSを利用している人はAirplay対応のWi-Fi内蔵スピーカーがとても便利です。Airplayに対応しているWi-Fi内蔵スピーカーなら音質も良くiTunesで複数のスピーカーで同時再生もできます。操作も簡単なので操作に自信がないという人にもおすすめです。

高音質なWi-Fi内蔵スピーカー3選

SONY SRS-HG1

2万円以下Bluetoothコスパ◯ハイレゾ長時間再生

SONY SRS-HG1<のおすすめポイント3つ

  1. 世界最小のハイレゾ対応スピーカー
  2. コスパ最高!どんな音域もクリアに響き渡る
  3. インテリアに合わせて選べるカラー

SONY SRS-HG1の仕様・製品情報

シナバーレッド、チャコールブラック、ビリジアンブルー、ボルドーピンク、ライムイエロー
重量約790g
電源継続時間約12時間 Bluetooth接続時

Bose SoundTouch 10 wireless music system

3万円以下Bluetoothリモコン

Bose SoundTouch 10 wireless music systemのおすすめポイント3つ

  1. コンパクトなのに豊かなサウンドを体感
  2. 操作も簡単!すぐにお気に入りの曲を流せる
  3. soundtouchインストールでストリーム再生

Bose SoundTouch 10 wireless music systemの仕様・製品情報

ブラック
重量1.31kg

ONKYO VC-PX30

5万円以下ハイレゾ

ONKYO VC-PX30のおすすめポイント3つ

  1. Amazon Alexa搭載!話しかけるだけで音楽を再生
  2. 迫力のある低音と広がる高音質
  3. プリセットボタンでお気に入りの曲も簡単操作

ONKYO VC-PX30の仕様・製品情報

ブラック
重量1.6 kg

防水機能のあるWi-Fi内蔵スピーカー2選

JBL LINK 10

2万円以下Bluetooth防水コスパ◯

JBL LINK 10のおすすめポイント3つ

  1. バッテリー内蔵でアウトドアでも安心
  2. Googleアシスタント搭載のWi-Fi内蔵スピーカー
  3. 高性能フルレンジスピーカーで迫力のあるサウンド

JBL LINK 10の仕様・製品情報

ブラック、ホワイト
重量約710g
電源継続時間約4時間
充電時間約5時間

Panasonic SC-ALL05

2万円以下Bluetooth防水

Panasonic SC-ALL05のおすすめポイント3つ

  1. お風呂やキッチンでも安心して音楽を楽しめる
  2. 高音質で再生可能なスピーカー搭載
  3. 濁りの少ないクリアなサウンドを実現

Panasonic SC-ALL05の仕様・製品情報

ホワイト
重量約1.5kg
電源継続時間約9時間(Bluetoothセレクター選択時)
約8.5時間(ネットワークセレクター選択時)

コスパ良し!低価格でもおすすめのWi-Fi内蔵スピーカー2選

August WS300

2万円以下コスパ◯Bluetooth長時間再生ハイレゾ

August WS300のおすすめポイント3つ

  1. ハイレゾ音源で低音から高音まで豊かに表現
  2. Bluetooth連続モードなら最長14時間の音楽再生
  3. 手軽に高音質なインターネットラジオを楽しめる

August WS300の仕様・製品情報

ブラック
重量1.49KG
電源継続時間BT/AUX動作時間: 約14時間 、Wi-Fi動作時間: 約9時間
充電時間約7時間

GGMM E2

1万円以下コスパ◯ハイレゾBluetooth長時間再生マイク

GGMM E2おすすめポイント3つ

  1. 臨場感ある音質をハイレゾ音源で再現
  2. アウトドアでもインドアでも高音質を堪能
  3. マイク内蔵でハンズフリー通話もできる

GGMM E2仕様・製品情報

黒、櫻、白、青
重量240 g
電源継続時間14 時間

iphoneやipadなどiOS機器をお持ちの方に!AirPlay対応のスピーカー3選

※AirPlayとは

AirplayとはTunesやiPod、iPhone、iPadなどのiosのデータをネットワークを介し対応機器で
ストリーミング再生する機能です。再生する場合には、送信するios側と受信する機器の両方がAirplayに対応している必要があります。

B&O PLAY Beoplay M3

5万円以下Bluetooth

B&O PLAY Beoplay M3のおすすめポイント3つ

  1. 緻密なチューニングによりリアルな音を表現
  2. 音楽好きには嬉しい170以上のストリーミングサービス
  3. 位置に合わせて音を最適化してくれる

B&O PLAY Beoplay M3の仕様・製品情報

ナチュラル、ブラック

GGMM M4

3万円以下Bluetooth長時間再生

GGMM M4のおすすめポイント3つ

  1. ボタン一つで簡単に低音を拡張
  2. レッドドットデザイン受賞!デザインにこだわる人におすすめ
  3. 大容量バッテリー搭載だからアウトドアでも安心

GGMM M4の仕様・製品情報

オレンジ、ブラウン、ブルー、レッド
重量3.88 Kg
電源継続時間8時間

KK 8hrs Playtime

5万円以下Bluetooth

KK 8hrs Playtimeのおすすめポイント3つ

  1. 音波1.2センチのフル周波数でパワフルなサウンド
  2. おしゃれなだけじゃない!安定効果を生成するデザイン
  3. パッシブ共鳴膜で臨場感のある音を体感

KK 8hrs Playtimeの仕様・製品情報

ブラック

まとめ

音質がよく音楽を楽しむには最適なWi-Fiスピーカー。お気に入りの音楽を、さらに高音質で聴きたいのか、それともアウトドアのレジャーなどで聴きたいのかで選択肢は変わってきます。希望に合うWi-Fiスピーカーを見つけミュージックライフを充実させましょう。