人気のBOSEスピーカーならどれがいい?おすすめ10製品比較

オーディオ好きにとって、boseというメーカーは常に魅力的なスピーカーを販売することで知られています。それは、アナログレコードの時代やCDプレーヤーの時代を経て、今日のインターネットダウンロード販売による音楽配信サービスを利用する人が増える昨今でも変わりません。伝統的なモデルから、最近の事情にあった商品まで、BOSEの魅力をその商品ラインナップとともに、ご紹介しましょう。

BOSEはどんなメーカー?

「スピーカーと言えばBOSE」という人もいるほど、多くの音楽ファン、オーディオファンに愛され続けているスピーカーのメーカーです。しかし、その伝統に縛られることなく、スマートフォンのBluetooth機能に対応した商品も発表するなど、先進的な取り組みを続けているメーカーです。どのメーカーのスピーカーも小型化、高音質化する昨今、BOSEも他のメーカーとの競走に負けない商品を送り出し続けています。

BOSEのスピーカーの魅力

斬新な発想から生まれる新製品

老舗のブランドでありながら、昨今の小型化、軽量化、スマートフォン・タブレット対応化など、新しいムーヴメントから産み出される商品も、そのクオリティを維持し続けています。長年、スピーカーを作り続けてきたが故の蓄積を基に、新しいコンセプトの商品が産み出されています。

小型でも高音質

スマートフォンのBluetoothに対応したスピーカーは、その製品そのものが小型です。小型だと音割れなど、音質の劣化を気にする人も少なくないと思います。しかし、BOSEの小型スピーカーに、音割れ等の懸念はありません。BOSEのスピーカーは小さくても高音質なのです。

スタイリッシュさも大きな魅力

かつて、部屋に「BOSE」のスピーカーが置いてある、というのは、それだけで友人・知人に自慢したくなるものでした。それだけ、BOSEのスピーカーはスタイリッシュだったのです。そのスタイリッシュさは今も変わりません。見ていて飽きないデザインの商品ばかりです。

BOSEのスピーカーの選び方のポイント

用途で選ぶ

BOSEはスピーカーの老舗メーカーですので、スマートフォンとBluetoothで繋がるものから、本格的なオーディオセットまで、様々な商品ラインナップがあります。ご自宅で据え置きにするのか、外に持ち運んで外出先で利用するのか、自分がBOSEのスピーカーをどのような用途で必要とするのか、よく考えて選ぶことをオススメします。

値段で選ぶ

様々な商品ラインナップを誇るBOSEですので、値段もリーズナブルなものから高価格帯のものまで揃っています。ひとつのメーカーでここまで守備範囲が広いのか、と驚きながら商品を探すのも楽しいかもしれません。

デザインで選ぶ

自宅で据え置きのスピーカーの場合は、家具と同様にインテリアとしてデザインにこだわるのも楽しいかもしれません。オーディオ機器で音楽を楽しむ部屋に「BOSE」のロゴは非常にカッコいいものです。持ち運び型のスピーカーの場合でも、個性的なモデルが多数揃っていますので、デザインにこだわって、商品選びをするのも楽しそうです。

BOSEのおすすめスピーカー10選

Bose SoundLink Revolve

5万円以下Bluetooth 長時間再生防水 マイクコスパ◯

Bose SoundLink Revolve のおすすめポイント3つ

  1. 360°対応スピーカー
  2. 持ち運びにも便利なコンパクトサイズ
  3. 雨でも大丈夫、アウトドアにも最適

Bose SoundLink Revolve のレビューと評価

360°楽しめます

1台で360°対応してしまう、スグレモノのスピーカーです。サイズもコンパクトで、Bluetooth対応ですので、持ち運びに便利です。12時間連続再生可能、雨にも耐えられる防水加工、衝撃にも強い、など、アウトドアにも最適です。

Bose SoundLink Revolve の仕様・製品情報

サイズ 19.1 x 12.5 x 12.3センチメートル
ブラック
重量 671g
電源継続時間 12時間連続再生可能

Bose SoundLink Mini

3万円以下Bluetooth 長時間再生マイクコスパ◯

Bose SoundLink Miniのおすすめポイント3つ

  1. 手のひらサイズで持ち運びも楽
  2. Bluetooth対応で8台の機器を記憶可能
  3. 約10時間連続再生可能

Bose SoundLink Miniのレビューと評価

持ち運びに便利な手のひらサイズ

手のひらサイズで重量は670g。カバンの中に入れて持ち歩くには最適です。Bluetooth対応で8台の機器を記憶できるなど、持ち運んでの利用を意識したスピーカーと考えていいでしょう。ハンズフリー通話も可能ですので、スマートフォン利用者なら持っていて損のない1台です。

Bose SoundLink Miniの仕様・製品情報

サイズ 18.0×5.1×5.9センチメートル
ブラック
重量 670g
電源継続時間 10時間連続再生可能

Bose SoundWear Companion speaker

5万円以下Bluetooth 長時間再生 防水マイクコスパ◯

Bose SoundWear Companion speakerのおすすめポイント3つ

  1. 首にかけるウエアラブルスピーカー
  2. ハンズフリー通話もOK
  3. 伸縮自在で形状調節可能

Bose SoundWear Companion speakerのレビューと評価

仕事の効率が上がるスピーカーです

なんと首にかけてつかうことが出来る、ウエアラブルタイプのスピーカーです。ハンズフリー通話機能もありますので、パソコンなどでの作業をしつつ、耳元でBGMを楽しみつつ、かかってきた電話に対応しつつ、といった使い方をすることで、仕事の効率が上がるかもしれません。伸縮自在で形状調節もできますので、多くの人の首周りにフィットするスピーカーです。

Bose SoundWear Companion speakerの仕様・製品情報

サイズ 190 x 240 x 50センチメートル
ブラック
重量 748g
電源継続時間 12時間連続再生可能

Bose SoundLink Micro

2万円以下 Bluetooth 防水マイクコスパ◯

Bose SoundLink Micro のおすすめポイント3つ

  1. 小さいですが、迫力のサウンド
  2. 耐久性が高く、防水もしっかり
  3. 2台使用するとステレオ再生も可能

Bose SoundLink Micro のレビューと評価

小さいですが、本格派です

コンパクトサイズですが、その迫力のサウンドにきっと驚くことでしょう。高耐久性、防水など、持ち運びを意識した設計となっています。2台使用すると、簡単にステレオ再生を楽しむことも可能です。

Bose SoundLink Micro の仕様・製品情報

サイズ 3.5 x 9.8 x 9.8センチメートル
ブラック
重量 290g
電源継続時間 6時間

Bose Solo 5 TV sound system ワイヤレスサウンドバー

5万円以下Bluetooth リモコンコスパ◯

Bose Solo 5 TV sound system ワイヤレスサウンドバーのおすすめポイント3つ

  1. スリムなボディながら驚きの高音質
  2. 液晶テレビの音を変えます
  3. 使いやすいユニバーサルリモコン

Bose Solo 5 TV sound system ワイヤレスサウンドバーのレビューと評価

テレビの音を変えるバーです

その名の通り、スリムなボディですが、驚きの高音質を実現しています。ケーブルでテレビとの接続も可能で、不満の多い液晶テレビの音を改善してくれます。高音質で映画を楽しみたい方や、スポール中継を臨場感溢れる環境で観たい方にオススメです。

Bose Solo 5 TV sound system ワイヤレスサウンドバーの仕様・製品情報

サイズ 8.6 x 54.8 x 7センチメートル
ブラック
重量 1.7Kg

Bose SoundTouch 10 wireless music system

5万円以下Bluetooth リモコンコスパ◯

Bose SoundTouch 10 wireless music systemのおすすめポイント3つ

  1. Bluetoothでも、Wi-Fiでも接続可能
  2. コンパクトなサイズながら高音質
  3. ユーザビリティを意識した専用アプリ

Bose SoundTouch 10 wireless music systemのレビューと評価

Wi-Fiでも接続できます

Bluetoothはもちろん、家庭用Wi-Fiとも接続可能なワイヤレススピーカーです。スマートフォンに専用アプリをインストールすると、Spotifyでダウンロードした音楽ソフトやインターネットラジオの再生が簡単にできるのも特徴です。

Bose SoundTouch 10 wireless music systemの仕様・製品情報

サイズ 25.6 x 21.9 x 14.2センチメートル
ブラック
重量 1.8Kg

Bose SoundLink Color Bluetooth speaker

1万円以下Bluetooth 防水コスパ◯

Bose SoundLink Color Bluetooth speakerのおすすめポイント3つ

  1. 手のひらサイズで持ち運びも簡単
  2. 継ぎ目のないアルマイトのボディ
  3. 専用クレードルで充電も便利

Bose SoundLink Color Bluetooth speakerのレビューと評価

低価格帯ながら高機能

BOSEの商品としては低価格帯の部類ですが、持ち運びが簡単な手のひらサイズ、継ぎ目のないアルマイトのボディ、専用クレードルなど、使い勝手のいい商品となっています。もちろん、高音質でもあり、とてもリーズナブルな商品です。

Bose SoundLink Color Bluetooth speakerの仕様・製品情報

サイズ 35.6 x 10.2 x 45.7センチメートル
ブラック
重量 1.08Kg

Bose Wave SoundTouch music system IV

10万円以下Bluetooth リモコンコスパ◯ /

Bose Wave SoundTouch music system IVのおすすめポイント3つ

  1. コンサートホール並の高音質
  2. 専用アプリでスマートフォンがリモコンに
  3. CDプレーヤーとFM/AMチューナー付

Bose Wave SoundTouch music system IVのレビューと評価

本格的なサウンドを求める方へ

コンサートホール並の環境で音楽を楽しみたい方にオススメします。CDプレーヤーやFM/AMチューナーもついていて、音楽好きならこの1台で満足できるのではないでしょうか。専用アプリでスマートフォンがリモコン代わりになるなど、ユーザビリティも意識した作りとなっています。

Bose Wave SoundTouch music system IVの仕様・製品情報

サイズ 50 x 34.8 x 30.8センチメートル
プラチナムシルバー
重量 8.4Kg

Bose Companion 2 Series III

2万円以下ハイレゾコスパ◯

Bose Companion 2 Series III のおすすめポイント3つ

  1. PCとの接続に最適
  2. 1万円台で驚きの高音質
  3. 接続も簡単

Bose Companion 2 Series III のレビューと評価

PCのスピーカーでは気が付かなかったあの音がクリアに

普段、PCで動画を見たり、ゲームを楽しんだりしている方は、そのPCにこのスピーカーを接続してみてください。幅広い音域と包み込まれるような臨場感から、新たな発見があるに違いありません。価格帯は1万円とリーズナブルですので、お気軽にお試し頂けるのではないでしょうか。

Bose Companion 2 Series III の仕様・製品情報

サイズ 15 x 7.9 x 19 センチメートル
ブラック
重量 2.31Kg

Bose SoundTouch 20 Series III

5万円以下Bluetooth リモコンコスパ◯

Bose SoundTouch 20 Series III のおすすめポイント3つ

  1. コンパクトサイズですが高音質
  2. Bluetoothでも、Wi-Fiでも接続可能
  3. インターネットラジオにも簡単に接続可能

Bose SoundTouch 20 Series III のレビューと評価

小さいですが、高音質で使いやすいスピーカーです

どんな部屋の中でも置き場所に困らないコンパクトサイズですが、そのサウンドは高音質で本格的です。Bluetoothでも、Wi-Fiでも接続でき、インターネットラジオにも簡単に繋がるという、ユーザビリティを意識したスピーカーです。

Bose SoundTouch 20 Series III の仕様・製品情報

サイズ 40 x 27.6 x 21センチメートル
ブラック
重量 4.17Kg

まとめ

BOSEのスピーカーは、いずれも見た目が個性的です。その大きさや形に驚かされますので、見ていて楽しい商品ばかりですが、一方でユーザビリティの高さも兼ね揃えています。そして、もちろん高音質なのです。その用途や予算を考えながら、自分にピッタリのスピーカーを選んでみてはいかがでしょうか。