じっくり読むと6分

自宅のテレビやパソコンで、迫力のサウンドを楽しみたい方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめな2.1chスピーカーを、今回は選ぶ際のポイントなどを交えてご紹介していきます。2.1chスピーカーと一口に言っても、様々なメーカーのものや種類があります。用途に合わせた2.1chスピーカーを選びご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。




2.1chスピーカーとは

2.1chスピーカーとは、2chのステレオスピーカーに重低音を再生する為のサブウーファーを足したものです。テレビ自体が薄型になるにつれ、テレビ内蔵スピーカーの音自体があまり良くなく迫力のにかけるサウンドになる事があります。2.1chスピーカーを設置することにより、重低音が加わり音に厚みが出て迫力のあるサウンドになります。その上、2chのステレオだけではなし得ないサラウンド感を楽しむことができます。映画やテレビ放送だけでなく、音楽を楽しむ際にも重低音の輪郭のはっきりしたサウンドが楽しめる事も魅力です。

5.1chや7.1chスピーカーとの違い

サラウンドスピーカーとしては、5.1chや7.1chサラウンドスピーカーが有名です。2.1chスピーカーは5.1chや7.1chスピーカーには、サラウンドでは劣ってしまうのは事実です。しかしメリットもあります。それは、設置のしやすさです。5.1ch と7.1chスピーカーは、前後左右にバランスよくスピーカーを設置することによりサラウンドを楽しむことがてきます。しかし、その設置はなかなかに難しいものです。2.1chスピーカーは、テレビの下に設置するだけで、サラウンド感のあるサウンドが楽しめます。

2.1chスピーカーの選び方のポイント

サブウーファーは独立タイプか内臓タイプ

2.1chスピーカーの肝と言える部分が、サブウーファーです。サブウーファーは、独立しているタイプと、スピーカーに内蔵されている内蔵タイプがあります。迫力を求める方は、サブウーファー独立タイプがおすすめです。省スペースを優先される方は、内蔵タイプがおすすめです。

接続方法

2.1chスピーカーの種類には、有線接続とBluetooth接続のものがあります。オーディオ機器全般に、Bluetoothは有線接続よりも音質が劣ってしまいます。最近では高音質のBluetooth接続が出てきているのですが、それでも有線接続にはかないません。音質を重視する方であれば、有線接続がおすすめです。スピーカー周りをスッキリさせたい方には、Bluetooth接続がおすすめです。

スピーカーの出力

スピーカー全般に言えることですが、音質の面では出力の大きな方が良いと言われています。出力の小さいスピーカーと大きなスピーカーで、同じ音量を出そうとすると小さい出力のスピーカーは無理をして音質が悪くなります。迫力のあるサウンドを求める方は、大きな出力の2.1chスピーカーがおすすめです。大きな音は必要ない方は、小さな出力のスピーカーでも十分です、

2.1chスピーカーの人気メーカー

SONY

SONYの2.1chスピーカーは、その場を包み込むような仮想サラウンドのスピーカーがあります。これは、かんたんな設置でサラウンドを楽しむことができるため、映画鑑賞などにてきしています。かんたんにサラウンドを体験したい方に、 SONYの2.1chスピーカーがおすすめです。低音が原音に忠実な点も、おすすめのポイントの1つです。

JBL

JBLは家庭用の音響だけでなく、ライブハウスなどの現場で培ってきた技術があります、
その現場で培って技術を、そのまま家庭用スピーカーに活かし、迫力のサウンドが JBLの魅力です。迫力だけではなく繊細な音の表現も得意で、耳なじみの良い音を求める方にJBLがおすすめです。

おすすめの2.1chスピーカー15選

Creative SBS A120

Creative SBS A120のおすすめポイント3つ

  • 低価格の2.1chスピーカー
  • 省スペースなコンパクトボディ
  • 深みのある重低音

Creative SBS A120のレビューと評価

低価格ながらクオリティの高い低音が魅力の2.1chスピーカー

Creative SBS A120は、コンパクトながら2.1chを楽しめる低価格が魅力のスピーカーです。サブウーファーが、パワフルな重低音を表現してくれます。そのため迫力のある2.1chサウンドを楽しむことができます。低価格で2.1chスピーカーを試したい方におすすめです。

Creative SBS A120の仕様・製品情報

重量フロントスピーカー約232g・サブウーファー1.4kg
本体サイズフロントスピーカー約88×128×76mm・サブウーファー約150×221×227mm
出力2.5W×2・4W

TEES TSS-221

TEES TSS-221のおすすめポイント3つ

  • 視覚的に楽しめるイルミネーションスピーカー
  • 接続簡単
  • 迫力のサウンド

TEES TSS-221のレビューと評価

ブルーのイルミネーションが映える2.1chスピーカー

TEES TSS-221の特徴は、見た目にも楽しめるブルーのイルミネーションです。部屋をイルミネーションで派手に演出してくれます。9Wのサブウーファーで、迫力の重低音も楽しむことができます。他にない2.1chスピーカーをお探しの方におすすめです。

TEES TSS-221の仕様・製品情報

重量サブウーファー1.9kg・サテライトスピーカー110g×2
本体サイズサブウーファー110(W)×230(D)×240(H)mm・サテライトスピーカー86(W)×71(D)×188(H)mm
出力サブウーファー9W・サテライトスピーカー4W×2

エレコム MS-W02W

エレコム MS-W02Wのおすすめポイント3つ

  • 家具に馴染むシックな木製スピーカー
  • スペースを取らないコンパクトボディ
  • 温かみのある中音域

エレコム MS-W02Wのレビューと評価

コンパクトな木製ボディのスピーカー

木製ボディのエレコム MS-W02Wは、部屋のインテリアに馴染むデザインです。スピーカー部分も12Wの迫力の出力で、中音域に温かみがありハッキリとした音を楽しむことができます。ヘッドホン端子も搭載しているので、気分に合わせて使い分けができます。

エレコム MS-W02Wの仕様・製品情報

重量1.4kg
本体サイズサテライトスピーカー幅70×奥行70×高さ108mm・サブウーファー幅128×奥行122×高さ128mm
出力 12W

OHM AudioComm ASP-2024K-K

OHM AudioComm ASP-2024K-Kのおすすめポイント3つ

  • 1つにまとまったコンパクトボディ
  • スッキリしたデザイン
  • 迫力のの重低音

OHM AudioComm ASP-2024K-Kのレビューと評価

コンパクトなスッキリボディに迫力のサウンド

OHM AudioComm ASP-2024K-Kは、サブウーファーも1つにまとまった2.1chスピーカーでコンパクトです。内蔵されたサブウーファーとパワフルで、重低音もそのコンパクトなボディからは想像できないほどです。

OHM AudioComm ASP-2024K-Kの仕様・製品情報

重量240g
本体サイズ5.6 x 5.6 x 21 cm
出力 4W

Logicool Z533

Logicool Z533のおすすめポイント3つ

  • 120Wのパワフルサウンド
  • 響く重低音
  • 1つにまとまったコントロール

Logicool Z533のレビューと評価

大迫力の重低音サウンドの2.1chスピーカー

Logicool Z533は、120Wの大迫力サウンドと重低音の響く2.1chスピーカーです。コントロール系統も、手元で簡単に操作でき音質の調整も可能です。120Wと迫力のサウンドを体験できますが、コンパクトにまとまっているため初心者でも使いやすくなっています。

Logicool Z533の仕様・製品情報

重量サテライト525g・サブウーファー4kg
本体サイズサテライト170mm × 100mm × 85mm・サブウーファー265mm × 255mm × 195mm
出力 120W

maxell MXSP-SB1000

maxell MXSP-SB1000のおすすめポイント3つ

  • 薄型テレビに特化した2.1chスピーカー
  • オートパワーオフ機能
  • 音声が聞き取りやすい

maxell MXSP-SB1000のレビューと評価

薄型テレビを迫力のサウンドにする2.1chスピーカー

maxell MXSP-SB1000は、薄型テレビに特化した2.1chスピーカーです。機能も薄型テレビに特化したもので、音声を聞き取りやすい音にしてくれます。そこ面にサブウーファーが設置されており、広がりのある音が魅力です。

maxell MXSP-SB1000の仕様・製品情報

重量約2.9kg
本体サイズ(幅)720×(高さ)54×(奥行き)340mm
出力最大50W

YAMAZEN THB-52

YAMAZEN THB-52のおすすめポイント3つ

  • テレビ用2.1chスピーカー
  • 低価格ながら迫力のサウンド
  • かんたん設置

YAMAZEN THB-52のレビューと評価

迫力のサウンドでテレビを楽しめる2.1chスピーカー

薄型テレビのサウンドは、迫力のがなくなりがちです。YAMAZEN THB-52は、迫力のサウンドで薄型テレビの弱点を改善してくれます。設置もかんたんで、スペースを取りません。薄型テレビのサウンドに満足のいかない方におすすめです。

YAMAZEN THB-52の仕様・製品情報

重量1.45kg
本体サイズ幅53×奥行10×高さ7.4cm
出力 9W

Panasonic SC-HTB175-K

Panasonic SC-HTB175-Kのおすすめポイント3つ

  • 場所を取らないスッキリボディ
  • セリフを聞き取りやすいクリアサウンド
  • Bluetooth対応でスマホとの連携も可能

Panasonic SC-HTB175-Kのレビューと評価

クリアにセリフを聞き取れる3Dサラウンドスピーカー

Panasonic SC-HTB175-Kは、スリムなボディからは想像出来ない迫力のサウンドとクリアな音質が特徴です。セリフを聞き取りやすいため、映画などの鑑賞に適しています。Bluetooth対応で、スマホの音楽も楽しむことができます。

Panasonic SC-HTB175-Kの仕様・製品情報

重量約3.4kg
本体サイズ950×66×105mm、950×118×80mm
出力 120W

FOSTEX HQ-3

FOSTEX HQ-3のおすすめポイント3つ

  • 自然な重低音と伸びのある中音域
  • 角度を使う環境に合わせて変えられる
  • コンパクトなボディ

FOSTEX HQ-3のレビューと評価

プロクオリティの臨場感のある迫力サウンド

FOSTEX HQ-3は、プロの現場で求められるクオリティで迫力のサウンドを楽しむことができます。自然な重低音と伸びのある中音域も魅力です。その音の広がりで、まるでその場に居るような臨場感を感じられます。

FOSTEX HQ-3の仕様・製品情報

重量アクティブスピーカー1.5kg・サブウーファー約3.55kg
本体サイズアクティブスピーカー100W×185H×130Dmm・サブウーファー200(W)×185(H)×233(D) mm
出力アクティブスピーカー15W×2・サブウーファー50W

SONY SRS-D5

SONY SRS-D5のおすすめポイント3つ

  • 自分好みに低音を調整できる
  • オートパワーON/OFF
  • フロントに設置されたボリュームコントロール

SONY SRS-D5のレビューと評価

低音を調整できる2.1chスピーカー

SONY SRS-D5は40Wの大出力で、高音質の2.1chスピーカーです。低音を自分好みに調整できるため、ゲームや映画などに合わせて楽しめます。スピーカー前面にボリュームコントロールが付いているため、かんたん操作が魅力です。

SONY SRS-D5の仕様・製品情報

重量サテライトスピーカー部:約680g(L側),約610g(R側)
サブウーファー部:約2,450g
本体サイズサテライトスピーカー部:約109×203×135mm
サブウーファー部:約193×243×233mm
出力最大40W

Harman Kardon SOUNDSTICKS

Harman Kardon SOUNDSTICKSのおすすめポイント3つ

  • ニューヨーク近代美術館に認められたデザイン
  • Bluetoot接続でスマホとの連携可能h
  • Hi-Fiサウンド

Harman Kardon SOUNDSTICKSのレビューと評価

ニューヨーク近代美術館が認めたデザイン性の2.1ch Hi-Fiスピーカー

Harman Kardon SOUNDSTICKSのデザインは、ニューヨーク近代美術館 MoMAが認めたものです。デザインだけではなく、サウンドも妥協なくHi-Fiサウンドで高音質です。Bluetooth対応で、スマホの音楽も高音質で楽しめます。

Harman Kardon SOUNDSTICKSの仕様・製品情報

重量サテライト0.7kg×2・サブウーファー2.2kg
本体サイズサテライト直径51mm、高さ254mm
・サブウーファー直径232mm、高さ258mm
出力 40W

Sound BlasterX Kratos S5

Sound BlasterX Kratos S5のおすすめポイント3つ

  • ハイレゾ音源対応
  • バーチャル7.1chサラウンド
  • 120Wの大出力

Sound BlasterX Kratos S5のレビューと評価

ハイレゾ音源対応の120W大出力スピーカー

Sound BlasterX Kratos S5は、ハイレゾ音源対応で高音質で音楽を楽しむことができます。7.1chサラウンドをバーチャルで再現し、その場にいるような臨場感を体験できます。120Wの大出力は、歪みなく音を再生してくれます。

Sound BlasterX Kratos S5の仕様・製品情報

重量サテライト約0.8kg・サブウーファー約3.4kg
本体サイズサテライト 約118×198.5×120mm・サブウーファー 約220×306×260mm
出力120W

ONKYO BASE-V60

ONKYO BASE-V60のおすすめポイント3つ

  • 映画鑑賞に最適
  • ハイレゾ音源対応
  • A/Vシンクコントロール機能で映像と音声のズレを補正

ONKYO BASE-V60のレビューと評価

ハイレゾ音源対応の映画鑑賞2.1chスピーカー

ONKYO BASE-V60は、ハイレゾ音源対応の映画鑑賞に最適の2.1chスピーカーです。専用アプリOnkyo Controllerで、スマホがリモコンになります。Bluetooth対応の上、AirPlayにも対応しているためAndroid端末もiOS端末にも最適です。

ONKYO BASE-V60の仕様・製品情報

重量フロントスピーカー1.2kg・サブウーファー7.3kg
本体サイズフロントスピーカー幅102×高さ175×奥行き128mm・サブウーファー幅246×高さ307.5×奥行き314mm
出力 120W

JBL CINEMA SB350

JBL CINEMA SB350のおすすめポイント3つ

  • 320Wの大出力
  • テレビの下に設置できるスリムボディ
  • 臨場感のある2.1chサウンド

JBL CINEMA SB350のレビューと評価

320Wの大出力2.1chスピーカー

JBL CINEMA SB350の出力は、320Wと高い出力で迫力のサウンドが魅力です。HARMAN Display Surroundモードを搭載しており、臨場感ある迫力のサウンドが楽しめます。 Bluetooth接続で、スマホ内の音楽もたのしめます。

JBL CINEMA SB350の仕様・製品情報

重量サウンドバー3.3kg・サブウーファー4.8kg
本体サイズサウンドバーW1000×D62×H78mm・サブウーファー/W242×D242×H320mm
出力320W

SONY HT-CT380

SONY HT-CT380のおすすめポイント3つ

  • 包み込まれるような仮想サラウンド
  • スリムなボディ
  • サブウーファーは縦横どちらでも設置可能

SONY HT-CT380のレビューと評価

音に包み込まれるような2.1chスピーカー

SONY HT-CT380は、仮想サラウンドでその場にいるような臨場感が特徴です。スリムなボディからは想像出来ない、迫力のサウンド映画鑑賞が可能です。ハイレゾ音源対応で、原音に忠実な歪みのない低音を再現してくれます。

のSONY HT-CT380仕様・製品情報

重量バースピーカー2.4kg・サブウーファー6.6kg
本体サイズバースピーカー900×51×117mm・サブウーファー170×342×381mm
出力バースピーカー90×2・サブウーファー90W

まとめ

今回は、おすすめの2.1chスピーカーを紹介してきました。低価格で手の出しやすいモデルから、高性能のハイレゾ音源対応スピーカーまで様々ありました。気になったスピーカーがあれば、ぜひ一度試していただきたいと思います。