CDプレーヤーの人気おすすめ10選

じっくり読むと6分

ネット配信サービスの普及や、レコード・カセットテープの再評価の影に隠れて、今ひとつ存在感のないCD。しかし、CDには「ネット配信サービスの予期せぬ終了に怯えずにすむ」「コレクションとして手元に置いておける」「データ化して様々なデバイスで楽しめる」などのメリットがあります。

ここでは、CDプレーヤーのおすすめ10機種をご紹介。お気に入りのモデルを見つけるきっかけになれば幸いです。

CDプレーヤーの選び方のポイント

CDプレーヤーの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

持ち運ぶ?それとも家で楽しむ?

CDプレーヤーは大きく分けて、携帯に便利なポータブルタイプと、アンプやスピーカーを接続して家で楽しむ据え置きタイプ、コンセントと電池の両方を電源にできて屋外でも楽しめるCDラジオタイプの3タイプがあります。

音質が最も良いのは据え置きタイプですが、ポータブルタイプとCDラジオタイプの手軽さも魅力です。

手軽に楽しむならスピーカー内蔵タイプの「壁掛けタイプ」もあり!

据え置きタイプの派生型として、壁に掛けて使用するスタイリッシュな「壁掛けタイプ」も根強い人気があります。壁掛けタイプはCDラジオタイプと同様、本体にスピーカーが内蔵されているので、コンポのような大きなシステムを組むことなく、手軽に音楽を楽しめるのが特徴です。

また、CDラジオタイプの中には「BOSE Wave SoundTouch music system IV」のように、コンパクトな筐体ながら音質に優れるモデルもあります。

音質を優先するなら据え置きタイプを選ぼう!

音質を最優先に考えるのであれば、やはり据え置き型のCDプレーヤーがおすすめです。CDドライブや回路にこだわったモデルが、2万円台から手に入れることができます。

また機種によっては、USBメモリーにデータを書き込むことができたり、今では珍しくなったMDやカセットテープを内蔵していたりと、機能面でのバリエーションが豊富です。

CDプレーヤーの人気メーカー

次に、CDプレーヤーの人気メーカーを3つ紹介します。

マランツ

マランツは、50万円を超えるようなハイエンドモデルから5万円以内のエントリーモデルまで、幅広く据え置きタイプを揃える貴重なメーカーです。ハイエンドモデルで培った技術をエントリーモデルにフィードバックしているため、性能とコストのバランスがとても優れています。

ヘッドホンアウトの音質も良いので、じっくりとヘッドホンで楽しみたい方にはおすすめです。

ティアック

ティアックは、カセットテープやMD、レコードの再生も可能な一体型の据え置きタイプを数多く販売している稀有なメーカーです。カセットテープやMDに録音してある音源がどうしても捨てられない!という方にとっては心強い味方になってくれるのではないでしょうか。

一方で、ハイレゾデータの再生も可能なCDプレーヤーも発表するなど、単なる懐古主義だけではない、温故知新を感じさせてくれるメーカーです。

BOSE

臨場感溢れるサウンドのヘッドホンやスピーカーで有名なメーカー、BOSE。BOSEは家庭で手軽にオーディオを楽しめるよう、一体型の小型ステレオシステムを長い間開発してきました。初期はラジオだけでスタートしたそのシステムは、現行型でCDやWi-Fi経由での音楽配信サービスにも対応。

場所は取りたくないけど高音質を楽しみたい!という方への最適解となっています。

CDプレーヤーのおすすめ最強ランキング10選

CDプレーヤーのおすすめ最強ランキング10選を紹介します。

DENON DCD-755RE

DENON DCD-755REの仕様・製品情報

価格 20,004円 (2020年11月21日時点)
外寸 W434×H107×D273mm
プレミアムシルバー、ブラック
重量 4.1kg

DENON DCD-755REのおすすめポイント3つ

  • 32ビットD/Aコンバーターを搭載してより自然なサウンドを再生
  • スマートホンやUSBメモリーを接続して再生可能
  • アナログ部・デジタル部・電源部を分離した設計で相互干渉を排除

DENON DCD-755REのレビューと評価

1クラス上のサウンドが楽しめる、DENONのエントリーモデル

DENON DCD-755REは、DENONのエントリークラスCDプレーヤーです。とは言え、32ビットD/Aコンバーターを搭載して自然で迫力あるサウンドを再生するなど、随所にこだわりを感じさせるモデルとなっています。

ONKYO C-755

ONKYO C-755の仕様・製品情報

価格 29,212円 (2020年11月21日時点)
外寸 W275×H87.7×D283.2mm
シルバー
重量 3.8kg

ONKYO C-755のおすすめポイント3つ

  • CD再生にこだわったコンパクトな据え置きタイプ
  • 24ビットD/Aコンバーター搭載で精緻なサウンドを実現
  • 5mm厚のアルミフロントパネルを採用するなど、剛性の高いシャシー

ONKYO C-755のレビューと評価

CDの再生に特化した、コンパクトな据え置きタイプのCDプレーヤー

ONKYO C-755は、コンパクトな筐体に高音質なパーツや高剛性設計を詰め込んだCDプレーヤーです。電源にはオーディオグレードのEIトランスを搭載し、小さなサイズからは想像できない高音質を実現しています。

パイオニア PD-70AE

パイオニア PD-70AEの仕様・製品情報

価格 260,800円 (2020年11月21日時点)
外寸 W435 xH142 xD413 mm
シルバー
重量 19.6kg

パイオニア PD-70AEのおすすめポイント3つ

  • スーパーオーディオCD対応の高音質モデル
  • L/R独立させたフルバランス回路で外乱ノイズの影響を排除
  • 2重構造の筐体で高い制振性と低重心化を実現

パイオニア PD-70AEのレビューと評価

スーパーオーディオCDを余裕を持って再生する、高級CDプレーヤー

パイオニア PD-70AEは、スーパーオーディオCD再生にも対応した高級CDプレーヤーです。768kHz/32ビット対応DAコンバーターを左右それぞれのチャンネルに搭載するなど、高音質を得るための技術を満載。とにかく音質にこだわりたい!という方におすすめのモデルです。

ヤマハ CD-S300

ヤマハ CD-S300の仕様・製品情報

価格 25,002円 (2020年11月21日時点)
外寸 W435×H86×D260mm
シルバー
重量 3.5kg

ヤマハ CD-S300のおすすめポイント3つ

ヤマハ CD-S300のレビューと評価

ピュアなオーディオ再生にとことんこだわった、ヤマハのCDプレーヤー

ヤマハ CD-S300は実売価格3万以下ながら、オーディオ再生にこだわったエントリークラスのCDプレーヤーです。デジタル出力回路を停止させ、ディスプレイをも消灯するピュアダイレクトモードを搭載するなど、随所に音質へのこだわりを感じさせるモデルです。

マランツ CD5005

マランツ CD5005の仕様・製品情報

価格 21,181円 (2020年11月21日時点)
外寸 W440×H105×D340mm
シルバー
重量 5kg

マランツ CD5005のおすすめポイント3つ

  • SACDプレーヤー譲りのD/Aコンバーターを搭載
  • メカエンジンは上位機種CD6005と同様
  • 音質にもこだわったヘッドホン端子を装備

マランツ CD5005のレビューと評価

上位機種譲りのメカニズムを満載した高コストパフォーマンスCDプレーヤー

マランツ CD5005はD/AコンバーターやCDドライブ部分、ヘッドホン端子とあらゆる部分に高音質へのこだわりを持って作られたCDプレーヤーです。特にD/AコンバーターはスーパーオーディオCDにも搭載されているモデルが使用されています。

コストパフォーマンスと高音質を高次元で両立したおすすめモデルです。

ティアック AD-850

ティアック AD-850の仕様・製品情報

価格 33,020円 (2020年11月21日時点)
外寸 W435×H145×D288mm
シルバー
重量 4.8kg

ティアック AD-850のおすすめポイント3つ

  • カセットテープデッキも搭載した貴重なモデル
  • USB端子も搭載してデータのやりとりが可能
  • CDプレーヤー部はCD/RWなども再生可能

ティアック AD-850のレビューと評価

カセットテープデッキを搭載した、ティアックならではのCDプレーヤー

ティアック AD-850はカセットテープデッキを搭載した貴重なCDプレーヤーです。USB端子も搭載しているので、カセットからUSBメモリーの書き込みや、CDからUSBメモリーへの書き込みも可能です。

カセットテープのコレクションがたくさんある方には、心強い味方になるおすすめモデルです。

ソニー ZS-S40

ソニー ZS-S40の仕様・製品情報

価格 7,063円 (2020年11月21日時点)
外寸 W300×H125×D210.5mm
ブラック、ブルー、ホワイト
重量 2kg

ソニー ZS-S40のおすすめポイント3つ

  • 最大出力4Wのスピーカーを搭載したCDラジオ
  • インテリアに合わせて選べる3色のカラーバリエーション
  • 家庭用100Vだけでなく、乾電池での駆動も可能

ソニー ZS-S40のレビューと評価

高音質を手軽に楽しめるCDラジオ

ソニー ZS-S40は、今の時代では貴重なCDとラジオが楽しめるスピーカー一体型の「CDラジオ」です。部屋でCDやラジオを聴く時はもちろん、乾電池でも駆動可能なので、外に持ち出して気軽に音楽を楽しめます。

BOSE Wave SoundTouch music system 4

BOSE Wave SoundTouch music system 4の仕様・製品情報

価格 77,000円 (2020年11月21日時点)
外寸 W368×H142×D221mm
プラチナムシルバー、アークティックホワイト、エスプレッソブラック
重量 4.5kg

BOSE Wave SoundTouch music system 4のおすすめポイント3つ

  • ボーズの音へのこだわりが凝縮したラジオ搭載CDプレーヤー
  • Wi-FiやBluetoothに対応し、音楽配信サービスの再生にも最適
  • 小型の筐体ながら迫力の低音を再生

BOSE Wave SoundTouch music system 4のレビューと評価

小型の筐体から迫力の低音を再生する、スピーカー一体型CDプレーヤー

BOSE Wave SoundTouch music system 4は、小型の筐体にスピーカーとラジオ、Wi-FiとBluetoothも搭載したCDプレーヤーです。内部に長くレイアウトされたエアポートが、迫力の低音を再生します。4のモデルナンバーが示す通り、長きにわたって改良されてきた定番モデルです。

東芝 TY-P3

東芝 TY-P3の仕様・製品情報

価格 6,160円 (2020年11月21日時点)
外寸 W142×H26.5×D155mm
ホワイト
重量 200g

東芝 TY-P3のおすすめポイント3つ

  • 今では貴重なポータブルCDプレーヤー
  • スピードコントロール機能搭載で語学学習などに最適
  • 新たにBluetooth機能を搭載

東芝 TY-P3のレビューと評価

Bluetooth機能を搭載したポータブルCDプレーヤー

東芝 TY-P1は、語学学習に役立つスピードコントロール機能搭載したポータブルCDプレーヤーです。電池持続時間は8時間(Bluetooth機能使用時は7時間)で、外出時にも余裕を持って対応。今では貴重な、新品で手に入るポータブルCDプレーヤーです。

無印良品 CPD-4

無印良品 CPD-4の仕様・製品情報

価格 11,980円 (2020年11月21日時点)
外寸 W172×H172×D41mm
ホワイト
重量 1kg

無印良品 CPD-4のおすすめポイント3つ

  • スピーカーを内蔵した、スタイリッシュな壁掛けタイプのCDプレーヤー
  • FMチューナーを内蔵
  • レトロでシンプルなデザインが魅力

無印良品 CPD-4のレビューと評価

スタイリッシュなデザインの壁掛けタイプCDプレーヤー

無印良品 CPD-4はシンプルで端正なデザインの壁掛けタイプのCDプレーヤーです。FMチューナーも搭載しているので、手軽にラジオ放送も楽しめます。ひもを引っ張って操作するのもレトロな風情があって楽しいですね。おしゃれなインテリアにも溶け込む、デザインに優れたモデルです。

まとめ

ここまで、おすすめのCDプレーヤーを10機種、ご紹介してきました。ポータブルタイプから据え置きタイプまで、様々なCDプレーヤーが今でも販売されています。みなさんもぜひ、お気に入りの機種を探してみてくださいね。