テレビ用スピーカーのおすすめ10選!Bluetoothから安い製品まで

【読了時間:じっくり読むと3分】

テレビ用スピーカーの選び方とおすすめ10選を紹介します。安いスピーカーからBluetoothまで、幅広く紹介します。

テレビ用スピーカーのタイプとそれぞれの特徴

テレビ用のスピーカーはチャンネル数で分類できます。最近よく聞くようになった2.1chや3.1chとは音を発する箇所の数を表しています。1の位の数字はスピーカーの数、小数点下の数字はサブウーファーの台数を表しています。サブウーファーとは主に低音を専門に出すスピーカーのことです。

2.0chタイプ

2.0chタイプはタイプは左右に1台ずつスピーカーを設置するタイプで、ステレオスピーカーとも言われます。アンプ内蔵型のスピーカーを購入すれば他に必要なものはありません。また、機能もシンプルなので、コストを抑えたい人にもおすすめです。

2.1ch/3.1chタイプ

2.1ch/3.1chタイプは2.0chの2台のスピーカーにサブウーファーを追加した(3.1chはさらにセンタースピーカーを追加)タイプです。接続は初心者にはやや複雑ですが、設置場所にあまり左右されずに臨場感を味わうことができるようになります。

5.1ch以上タイプ

5.1ch以上サラウンドタイプは2.1ch/3.1chタイプにさらにスピーカーを追加したタイプになります。
きちんと検証して設定や設置場所を考える必要がありますが、後方にもスピーカーを設置したり、センターに複数スピーカーを配置するので、映画館で味わうような音の臨場感と立体感・奥行感を感じることができるようになります。

テレビ用スピーカーの選び方のポイント

使用目的を考えよう

今どんなことに不満を感じているのか、どんなテレビの見方が理想なのか考えましょう。ニュースの声が聞き取りづらいのか、映画を大迫力で観たいのか、スポーツの歓声を間近で聞いて臨場感を味わいたいのかなどなど不満や理想は人によってそれぞれです。不満や要望をリストアップしましょう。

設置スペースや部屋の大きさの確認

スピーカーがラックに入らない、スピーカーがテレビと被ってしまうなどがないように設置場所を考えた上でスピーカーを選びましょう。
また、サラウンドスピーカーの購入を考えているようであれば、部屋の大きさによって適したch数も変わってくるので部屋の大きさも考慮してスピーカーを選びましょう。

【タイプ別】テレビ用スピーカーおすすめ10選

【タイプ別】テレビ用スピーカーおすすめ10選を紹介します。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X8500

最初に紹介するおすすめのタイプ別のテレビ用スピーカーは、「ソニー HT-X8500」です。

ソニー(SONY) HT-X8500の仕様・製品情報

サイズ 約890×64×96mm
重量 約3.1kg
チャンネル数 2.1ch
入出力 HDMI/光デジタル/USB/Bluetooth
出力 40W+40W

ソニー(SONY) HT-X8500のおすすめポイント3つ

  • 最新の音声フォーマットに対応
  • 独自のバーチャルサラウンド技術搭載
  • 本体中央にデュアルサブウーファー搭載

ソニー(SONY) HT-X8500のレビューと評価

ソニー独自のバーチャルサラウンド技術を採用

ソニー HT-X8500は、ソニー独自のバーチャルサラウンド技術を採用しており、最新の音声フォーマットである「ドルビーアトモス」や「DTS:X」に対応。前後左右に加えて、高さ方向の音表現も実現しています。

小型で電力効率に優れたソニー独自のデジタルアンプ「S-Master」を搭載しているのもポイント。本体中央には、デュアルサブウーファーを備えており、パワフルな低音が再生できます。

ソニー(SONY) HT-X8500はこんな人におすすめ!

ソニー HT-X8500は、コンパクトながらバーチャルサラウンドサウンドに対応しているテレビ用スピーカーをお探しの方におすすめです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-Z9F

次に紹介するおすすめのタイプ別のテレビ用スピーカーは、「SONY HT-Z9F」です。

ソニー(SONY) HT-Z9Fの仕様・製品情報

サイズ 約1000×64×99mm(バースピーカー)/約190×382×386mm(サブウーファー)
重量 約3.1kg(バースピーカー)/約81kg(サブウーファー)
チャンネル数 3.1ch
入出力 HDMI/光デジタル/アナログ/USB/Bluetooth
出力 400W

ソニー(SONY) HT-Z9Fのおすすめポイント3つ

  • 人の声をより豊かに表現可能’
  • 臨場感感豊かなバーチャルサラウンドサウンド
  • 高音質なハイレゾ音源に対応

ソニー(SONY) HT-Z9Fのレビューと評価

高音質なハイレゾ音源も再生可能

ソニー HT-Z9Fは、CD以上の情報量を誇る高音質なハイレゾ音源も再生できるテレビ用スピーカーです。サウンドバーにサブウーファーが付属する構成なので、低音の迫力も満点。

センタースピーカーを搭載しており、広いサラウンド感とクリアな人のセリフを両立させています。リモコンに搭載された「Vertical S.」ボタンを押すだけで、簡単に立体音響が楽しめる点もおすすめです。

ソニー(SONY) HT-Z9Fはこんな人におすすめ!

ソニー HT-Z9Fは、ハイレゾ音源に対応しているテレビ用スピーカーをお探しの方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) YAS-109 フロントサラウンドシステム

次に紹介するおすすめのタイプ別のテレビ用スピーカーは、「ヤマハ(YAMAHA) YAS-109」です。

created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥23,800 (2020/12/05 20:37:02時点 Amazon調べ-詳細)

ヤマハ(YAMAHA) YAS-109の仕様・製品情報

サイズ 約890×53×131mm
重量 約3.4kg
チャンネル数 2.1ch
入出力 HDMI/光デジタル/Bluetooth
出力 60W+60W

ヤマハ(YAMAHA) YAS-109のおすすめポイント3つ

  • Amazon Alexa内蔵
  • バーチャル3Dサラウンド技術搭載
  • 壁掛け設置も可能

ヤマハ(YAMAHA) YAS-109のレビューと評価

リーズナブルでコンパクトながら高性能

ヤマハ YAS-109は、壁掛け設置にも対応できるスリムでコンパクトなサウンドバーです。バーチャルサラウンド技術である「ドルビーアトモス」や「DTS:X」にも対応しており、臨場感あふれるサウンド再生が可能。

Amazon Alexaを内蔵しているので、話しかけるだけで本体やスマートホームデバイス、音楽再生などを簡単に操作できる点もおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) YAS-109はこんな人におすすめ!

ヤマハ YAS-109は、コスパに優れたテレビ用スピーカーをお探しの方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) YSP-2700 デジタル・サウンド・プロジェクター

次に紹介するおすすめのタイプ別のテレビ用スピーカーは、「ヤマハ YSP-2700」です。

ヤマハ(YAMAHA) YSP-2700の仕様・製品情報

サイズ 約944×70×154mm(スピーカーユニット)/約147×444×353mm(サブウーファー)
重量 約4.0kg(スピーカーユニット)/約7.9kg(サブウーファー)
チャンネル数 7.1chバーチャル
入出力 HDMI/光デジタル/同軸デジタル/アナログ/Bluetooth
出力 32W+75W

ヤマハ(YAMAHA) YSP-2700のおすすめポイント3つ

  • 4K映像信号に対応したHDMI端子搭載
  • ヤマハ独自のバーチャルサラウンド技術搭載
  • 無線LANでのワイヤレス接続が可能

ヤマハ(YAMAHA) YSP-2700のレビューと評価

音をビーム化して反射させるバーチャルサラウンド技術

ヤマハ YSP-2700には、スピーカーから音をビーム化して発し、壁に反射させることで7.1chバーチャルサラウンドサウンドを再生するヤマハ独自の技術が採用されています。

無線LANでのワイヤレス接続にも対応しており、ネットワーク内のデバイスに保存されている曲や音楽ストリーミングサービスも再生可能。4K映像信号に対応したHDMI端子搭載している点も魅力です。

ヤマハ(YAMAHA) YSP-2700はこんな人におすすめ!

ヤマハ YSP-2700は、無線LAN接続に対応しているテレビ用スピーカーをお探しの方におすすめです。

ボーズ(Bose) Solo 5 TV sound system

次に紹介するおすすめのタイプ別のテレビ用スピーカーは、「ボーズ Solo 5 TV sound system」です。

created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥18,468 (2020/12/05 20:37:03時点 Amazon調べ-詳細)

ボーズ(Bose) Solo 5 TV sound systemの仕様・製品情報

サイズ 約548×70×86mm
重量 約1.69kg
チャンネル数 非公開
入出力 同軸デジタルI/光デジタル/AUX/Bluetooth
出力 非公開

ボーズ(Bose) Solo 5 TV sound systemのおすすめポイント3つ

  • スリムでコンパクトなデザイン
  • Bluetooth接続可能
  • クリアで聴き取りやすいサウンド

ボーズ(Bose) Solo 5 TV sound systemのレビューと評価

ボーズ独自の技術でよりクリアなサウンドを実現

ボーズ Solo 5 TV sound systemは、本体サイズがコンパクトなので、テレビの前・ラックの上・壁など、さまざまな場所に設置できます。リモコンのボタンで、簡単に低音調節できるのも魅力。Bluetooth接続に対応しており、スマホの音楽も簡単に楽しめます。

テレビ番組内の会話や映画のセリフなどが、ボーズ独自の技術でクリアで聴き取りやすくなっている点もおすすめです。

ボーズ(Bose) Solo 5 TV sound systemはこんな人におすすめ!

ボーズ Solo 5 TV sound systemは、コンパクトで場所を取りにくいテレビ用スピーカーをお探しの方におすすめです。

ボーズ(Bose) SOUNDBAR 700

次に紹介するおすすめのタイプ別のテレビ用スピーカーは、「Bose SOUNDBAR 700」です。

created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥105,600 (2020/12/05 12:52:49時点 Amazon調べ-詳細)

ボーズ(Bose) SOUNDBAR 700の仕様・製品情報

サイズ 約978×57.2×108mm
重量 約4.76kg
チャンネル数 非公開
入出力 HDMI/光デジタル/USB/Bluetooth
出力 非公開

ボーズ(Bose) SOUNDBAR 700のおすすめポイント3つ

  • Wi-Fi/Bluetooth接続に対応
  • 専用アプリで音質カスタマイズ可能
  • 音声アシスタント機能搭載

ボーズ(Bose) SOUNDBAR 700のレビューと評価

AlexaやGoogleアシスタントによる音声操作が可能

ボーズ SOUNDBAR 700は、Amazon AlexaやGoogleアシスタントなどの音声アシスタント機能に対応しているので、話しかけるだけで簡単に操作できます。また、音声つのカスタマイズが専用アプリで行える点も魅力です。

音質は明瞭ながら臨場感あふれるサウンド。Wi-Fi/Bluetoothなどのワイヤレス接続に対応しており、音楽ストリーミングサービスを楽しめる点もおすすめです。

ボーズ(Bose) SOUNDBAR 700はこんな人におすすめ!

ボーズ SOUNDBAR 700は、多彩な機能を搭載したテレビ用スピーカーをお探しの方におすすめです。

ジェイビーエル(JBL) LINK BAR

次に紹介するおすすめのタイプ別のテレビ用スピーカーは、「ジェイビーエル LINK BAR」です。

JBL LINK BAR 2way構成スピーカー/ホームシアター/サウンドバー/Bluetooth/4K対応HDMI/ARC対応/Android TV 搭載/amazon Prime Video 対応 ブラック 【国内正規品/メーカー1年保証付き】
JBL

ジェイビーエル(JBL) LINK BARの仕様・製品情報

サイズ 約1020×60×93mm
重量 約4.4kg
チャンネル数 非公開
入出力 非公開
出力 100W

ジェイビーエル(JBL) LINK BARのおすすめポイント3つ

  • パワフルな重低音とクリアなサウンド
  • Android TV内蔵
  • Chromecastビルトイン

ジェイビーエル(JBL) LINK BARのレビューと評価

JBLらしいサウンドが楽しめるテレビ用スピーカー

ジェイビーエル LINK BARは、JBLらしいクリアながら迫力のある重低音サウンドが楽しめるテレビ用スピーカーです。Android TVを内蔵しているので、ネット動画を簡単に視聴可能。スマホやタブレットのアプリから直接キャストできるChromecastにも対応しています。

また、本製品は高性能マイク内蔵しており、Google アシスタントによる音声操作がストレスなく行えます。

ジェイビーエル(JBL) LINK BARはこんな人におすすめ!

ジェイビーエル LINK BARは、ネット動画を頻繁に視聴する方におすすめです。

デノン(DENON) DHT-S216 DTS Virtual:X&Bluetooth対応 サブウーハー内蔵サウンドバー

次に紹介するおすすめのタイプ別のテレビ用スピーカーは、「デノン DHT-S216」です。

デノン(DENON) DHT-S216の仕様・製品情報

サイズ 約890×66×120mm
重量 約3.5kg
チャンネル数 2.1ch
入出力 HDMI/光デジタル/アナログ/Bluetooth
出力 非公開

デノン(DENON) DHT-S216のおすすめポイント3つ

  • 選べるサウンドモード搭載
  • バーチャルサラウンド対応
  • Bluetooth接続にも対応

デノン(DENON) DHT-S216のレビューと評価

シーンにあわせてサウンドモードが選択できる

デノン DHT-S216は、「Music」「Movie」「Night」「Pure」などのモードを搭載しており、使用環境や鑑賞するコンテンツによって最適なサウンドが選択できます。バーチャルサラウンドサウンドにも対応しているので、臨場感あふれるサウンド体験が可能。

Bluetooth接続できるので、スマホやタブレットと接続して音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

デノン(DENON) DHT-S216はこんな人におすすめ!

デノン DHT-S216ソニー HT-X8500は、さまざまなコンテンツを楽しみたい方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 4Kパススルー対応 シアターバー SC-HTB01

次に紹介するおすすめのタイプ別のテレビ用スピーカーは、「パナソニック SC-HTB01」です。

パナソニック(Panasonic) SC-HTB01の仕様・製品情報

サイズ 約430×52×130mm
重量 約1.8kg
チャンネル数 2.1ch
入出力 HDMI/光デジタル/USB/Bluetooth
出力 80W

パナソニック(Panasonic) SC-HTB01のおすすめポイント3つ

  • ゲーム専用のサウンドモード搭載
  • 3Dバーチャルサラウンド技術搭載
  • ハイレゾ音源の再生可能

パナソニック(Panasonic) SC-HTB01のレビューと評価

コンパクトながら多彩な機能を搭載

パナソニック SC-HTB01は、コンパクトなサイズながら、「RPGモード」「FPSモード」「ボイス強調」などのゲーム専用サウンドモードを搭載しています。また、「スタンダード」「ミュージック」「シネマ」など、ゲーム以外のサウンドモードも充実しています。

臨場感あふれるサウンド再生が可能な3Dバーチャルサラウンドや高音質なハイレゾ音源にも対応しており、幅広い用途で使用できます。

パナソニック(Panasonic) SC-HTB01はこんな人におすすめ!

パナソニック SC-HTB01は、ゲームサウンドをより高音質で楽しめるテレビ用スピーカーをお探しの方におすすめです。

ダリ(DALI) KATCH ONE

次に紹介するおすすめのタイプ別のテレビ用スピーカーは、「ダリ KATCH ONE」です。

ダリ(DALI) KATCH ONEの仕様・製品情報

サイズ 約860×69×164mm
重量 約3.7kg
チャンネル数 非公開
入出力 HDMI/光デジタル/アナログ/Bluetooth
出力 非公開

ダリ(DALI) KATCH ONEのおすすめポイント3つ

  • 10基のドライバーと4台のアンプを搭載
  • パワフル且つ繊細なサウンド
  • 3種類のカラーラインナップあり

ダリ(DALI) KATCH ONEのレビューと評価

10基のドライバーと4台のアンプを搭載した高品質なサウンドバー

ダリ KATCH ONEは、コンパクトなサウンドバー型ながら、10機のドライバーと4台のアンプを搭載した高品質な製品です。パワフル且つ繊細なサウンド再生が可能で、映画鑑賞から音楽鑑賞まで幅広い用途に活躍してくれます。

アイアンブラック・アイボリーホワイト・マウンテンホワイトの3つのカラーが用意されているので、インテリアにあわせて選べる点も魅力です。

ダリ(DALI) KATCH ONEはこんな人におすすめ!

ダリ KATCH ONEは、高品質なテレビ用スピーカーをお探しの方におすすめです。