安い価格帯のアクションカメラの選び方と、おすすめ10選を紹介します。




アクションカメラとは

アクションカメラとは、動きながらの撮影に最適化されたカメラです。バイクや自転車に装着したり、自分自身の体に装着して、撮影できます。

マリンスポーツやウィンタースポーツなど、アウトドアスポーツでの撮影も想定して作られているので、耐水性、耐衝撃性能が高いのが特徴です。

市場に登場した当初は動画性能はそこまで高くありませんでしたが、現在では一般的なビデオカメラと変わらないほどの性能に進化しています。

アクションカメラの相場の価格帯

アクションカメラは一般的なコンパクトカメラと比べると高価な商品です。いわゆる、高級コンパクトカメラと同じ位の価格帯で、4万円から5万円前後が相場です。

シンプルな作りであれば安いモデルもありますが、タッチパネルの有無や画質の違いなど、さまざまな要素で値段が変わってきます。

また、使い方によっては別売りのアクセサリーが必要になるので、購入の際にはアクセサリーの値段も考慮するとよいでしょう。

安いアクションカメラの基準

安いアクションカメラの価格帯は、1万円から2万円前後が基準です。

高価なアクションカメラと比べると液晶モニターが小さかったり、手ぶれ補正が搭載されていないなど、部分的にスペックが劣ります。その点さえ気にならなければ、安いアクションカメラでも十分に撮影を楽しめます。

なお、極端に安いアクションカメラの中には、性能を絞って、1万円を切る価格帯で発売しているものもあります。

安いアクションカメラの選び方のポイント

画質で選ぶなら断然、4K

ビデオカメラは4K主流ですが、アクションカメラにも4K動画が撮影できるモデルがあります。
4Kの有無で価格帯が大きく異なってくるので、予算との折り合いをつけて選ぶのがよいでしょう。

また、画質に関しては4Kかフルハイビジョンかの違いだけでなく、センサーサイズの大きさも重要になるので、センサーサイズの大きさにも注意をしましょう。

撮影可能時間

アクションカメラは一般のカメラやビデオカメラと比べて、撮影可能時間が短いのが特徴です。コンパクトな設計のため、撮影できる時間が短いので注意しましょう。

連続撮影時間は60分前後が相場ですが、120分程度までバッテリーが持つモデルもあるので、撮影用途に合わせて選ぶのがおすすめです。
合わせて予備バッテリーやモバイルバッテリーなども検討するとよいでしょう。

耐久性

アクションカメラの真骨頂ともいえるのが、防水性や耐衝撃性能です。
アクションカメラは基本的に防水性、耐衝撃性能が高くつくられていますが、メーカーやモデルによってその程度は異なります。

アクティブに利用したい方は、耐久性もチェックしましょう。

安いアクションカメラの人気メーカー

GoPro

GoProは世界のアクションカメラ市場を牽引しているアメリカのメーカーです。ラインナップ数も他社よりも豊富に取り揃えており、細かなニーズに対応しています。

安いアクションカメラのラインナップも充実しており、初めての方でも気軽にGoProブランドを楽しめます。

また、アクションカメラの専門メーカーということもあり、各種アクセサリーも充実しているのもGoProの魅力です。

SONY

SONYは総合デジタル機器メーカーであり、ビデオカメラのトップメーカーの1社です。
家庭用ビデオカメラの開発で培われたノウハウがアクションカメラにも搭載されています。

本格仕様のモデルはもちろん、2万円前後で購入できる安いアクションカメラのラインナップも展開しているので、国内メーカーで揃えたい方はSONYをチェックするのが良いでしょう。

パナソニック

パナソニックはSONY同様、国内のビデオカメラ市場を牽引するトップメーカーです。
ビデオカメラのトップメーカーに恥じぬ本格仕様から特徴的なモデルまで、さまざまなアクションカメラを発売しています。

Wi-Fiが内蔵されていたり、ワイプ撮り機能が搭載されているなど、単なるアクションカメラでは終わらないプラスアルファの機能もしっかりと搭載されています。

おすすめの安いアクションカメラ11選

CHDMX-401

CHDMX-401おすすめポイント3つ

  • 4K-30pの超高画質
  • タイムラプス
  • Wi-Fi機能

CHDMX-401のレビューと評価

4K30pの高画質アクションカメラ

CHDMX-401は4K動画を30pで撮影できる高画質モデルです。
タイムラプスにも対応しているので、人や雲の動きなどを印象的に記録できます。

さらに、Wi-Fi機能ももちろん、搭載されているので、SNSなどへのアップもタイムリーにできます。

CHDMX-401の仕様・製品情報

画質4K
液晶サイズなし
重量約88g

CHDHX-502

CHDHX-502おすすめポイント3つ

  • 2インチタッチパネル
  • 無線機能
  • 10m防水

CHDHX-502のレビューと評価

CHDHX-502は4K動画が撮影できるのはもちろん、操作性にも優れたモデルです。2インチのタッチパネルが搭載されており、直感的な操作ができます。

また、Wi-Fi機能やブルートゥース機能なども搭載されているので、スマホとの連携も充実しています。

CHDHX-502の仕様・製品情報

画質4K
液晶サイズ2型
重量約118g

CHDHS-501

CHDHS-501おすすめポイント3つ

  • 4K動画
  • シンプルデザイン
  • 多彩なアクセサリー

CHDHS-501のレビューと評価

初心者も安心の簡単操作モデル

CHDHS-501の最大の魅力は4K動画を簡単に撮影できる点です。ワンタッチのシンプルな操作で4K動画の撮影できるので、カメラの操作が苦手な方にもおすすめです。

また、別売りにはなりますが、多彩なアクセサリーがつけられるのも魅力と言えるでしょう。

CHDHS-501の仕様・製品情報

画質4K
液晶サイズなし
重量約390g
撮影可能時間90分

CHDHS-102

CHDHS-102おすすめポイント3つ

  • フルハイビジョン
  • 10m防水
  • Wi-Fi機能

CHDHS-102のレビューと評価

手軽に始められるGoProのアクションカメラ

CHDHS-102はGoProの中でも比較的、リーズナブルな価格帯のラインナップのモデルです。

10m防水やWi-Fi機能などが付いており、初めてのアクションカメラには最適です。記録画質もフルハイビジョンなので、画質にこだわりたい方にもおすすめです。

CHDHS-102の仕様・製品情報

画質フルハイビジョン
液晶サイズなし
重量約73g
撮影可能時間120分

HX-A100

HX-A100おすすめポイント3つ

  • ハンズフリー撮影
  • フルハイビジョン
  • Wi-Fi機能

HX-A100のレビューと評価

ハンズフリー撮影ができるアクションカメラ

HX-A100はWi-Fi機能が搭載されたアクションカメラです。ハンズフリーで撮影ができる独特なフォルムが印象的な1台となっています。

なお、記録画質はフルハイビジョンでの撮影が可能です。

HX-A100の仕様・製品情報

画質フルハイビジョン
液晶サイズなし
重量約118g
撮影可能時間140分

HX-A1H-D

HX-A1H-Dおすすめポイント3つ

  • わずか45g
  • 防水・防塵設計
  • 暗闇撮影機能

HX-A1H-Dのレビューと評価

基本性能だけではない魅力満載

HX-A1H-Dはわずか45gのコンパクトサイズが魅力のアクションカメラです。小型ながら、防水・防塵設計が施されているので、アクティブに持ち運びができます。

また、アクションカメラでは珍しい暗闇撮影に特化した機能もあるので、夜間の撮影にもおすすめです。

HX-A1H-Dの仕様・製品情報

画質フルハイビジョン
液晶サイズなし
重量約45g
撮影可能時間75分

HDR-AS100

HDR-AS100Vおすすめポイント3つ

  • 小型軽量
  • ハイビットレート撮影が可能
  • 進化した手ぶれ補正

HDR-AS100Vのレビューと評価

手ぶれ補正が強化された、画質も魅力の1台

HDR-AS100Vは小型軽量のボディに進化した手ぶれ補正が搭載されたアクションカメラです。自転車やバイクの小刻みなゆれに対応可能なので、自転車やバイクで利用したいと考えている方には最適です。

また、50Mのハイビットレートで撮影できるので、画質面も充実しています。

HDR-AS100Vの仕様・製品情報

画質フルハイビジョン
液晶サイズ2型
重量約67g
撮影可能時間140分

HDR-AZ1

HDR-AZ1おすすめポイント3つ

  • タフボディ
  • 小型軽量
  • モバイルバッテリーからの給電可能

HDR-AZ1のレビューと評価

小型なのにタフなボディ

HDR-AZ1は小型軽量ボディでありながら、防塵防滴、耐衝撃性能を持ったタフなモデルです。あらゆる天候で活躍する1台と言えます。

また、モバイルバッテリーからの給電も可能となっているので、長時間撮影にもおすすめです。

HDR-AZ1の仕様・製品情報

画質フルハイビジョン
液晶サイズ2型
重量約63g
撮影可能時間80分

Campark 4K

Campark 4Kおすすめポイント3つ

  • 4K
  • 手ぶれ補正
  • Wi-Fi機能

Campark 4Kのレビューと評価

手ぶれ補正も搭載の4Kアクションカメラ

Campark 4Kは4K動画が撮影できるアクションカメラです。Wi-Fi機能が標準搭載されているので、その場ですぐにスマホと連携できます。

また、手ぶれ補正もしっかりと搭載されているので、激しい撮影にも耐えうる一台となっています。

Campark 4Kの仕様・製品情報

画質4K
液晶サイズ2型
重量約748g
撮影可能時間75分

MUSON JP-MC2-MU

MUSON JP-MC2-MUおすすめポイント3つ

  • 4K
  • 30m防水
  • Wi-Fi機能

MUSON JP-MC2-MUのレビューと評価

4K撮影も可能なWi-Fi搭載モデル

MUSON JP-MC2-MUは4K動画も撮影できるコンパクトなアクションカメラです。30m防水もついているのでマリンスポーツでも楽しめます。

また、Wi-Fi機能も搭載されており、撮影後にすぐSNSなどにアップすることもできます。

MUSON JP-MC2-MUの仕様・製品情報

画質4K
液晶サイズ2型
重量約798g
撮影可能時間90分

APEMAN A66アクションカメラ スポーツカメラ 30メートル防水 170度広角レンズ

APEMAN A66アクションカメラ スポーツカメラ 30メートル防水 170度広角レンズおすすめポイント3つ

  • 圧倒的なコスパ
  • 30m防水
  • 撮影可能時間120分

APEMAN A66アクションカメラ スポーツカメラ 30メートル防水 170度広角レンズのレビューと評価

コスパ抜群のアクションカメラ

APEMAN A66は1万円を切る価格帯で発売されているコスパが抜群のモデルです。ただ安いだけではなく、30m防水が付いていたり、撮影可能時間が120分あるなど機能面も抜群です。

ドライブレコーダーとしても活用できるので、幅広い用途で使うことができます。

APEMAN A66アクションカメラ スポーツカメラ 30メートル防水 170度広角レンズの仕様・製品情報

画質1080P FHD 30FPS
液晶サイズ1.5型
重量約58g
撮影可能時間120分

まとめ

アクションカメラは選び方を一歩間違えると、満足いく撮影ができません。画質はもちろんのこと、撮影時間や耐久性などのポイントも押さえて選ぶようにしましょう。加えて、自身がどの様な場所で、どの様なものを撮るのかを念頭に置いて、選べるとより良いと言えるでしょう。