【じっくり読むと4分】

Canonは初心者向けのモデルからプロカメラマン向けのモデルまで揃うカメラメーカーです。選択肢が豊富なのは、喜ばしいことですが、反面、自身に最適な1台がどのモデルかを選ぶのは難しいとも言えます。決して、安い買い物ではないので、せっかく、一眼レフを買うからには失敗したくないものです。Canonの一眼レフ選びに役立つ、全体の特徴や機種それぞれのおすすめポイントをご紹介します。




Canonとは。メーカーの特徴や評判

Canonは1933年に設立された精機光学研究所を前身とする精密機器メーカーです。カメラやレンズ、プリンター、スキャナなど様々な精密機器製品の製造、販売している精密機器の総合メーカーとして、広く認知されています。特にカメラに関しては、国内のみならず世界中で発売がされており、名実ともに世界トップのメーカーとなっています。一眼レフカメラからミラーレス一眼、コンパクトカメラまで全てのラインナップを取り揃えているので、ニーズにマッチした1台を見つける事ができるメーカーです。

Canonの一眼レフカメラが人気の理由

Canonの一眼レフカメラが人気の理由は以下の3つです。

  • レベルに合わせて選べるきめ細かいラインナップ
  • 豊富なレンズ群

レベルに合わせて選べるきめ細かいラインナップ

Canonはフルラインナップを持つ数少ないカメラメーカーです。初心者向けのモデルだけでも、EOSKissシリーズを筆頭に9000Dシリーズなど多岐に渡り、中級者向けモデルも連写性能に優れたモデルから画質に優れたモデルまでバラエティ豊富です。上級モデルへのステップアップを同じメーカー内でする際に、所有しているレンズをそのまま使う事ができるのもCanonの魅力と言えます。

豊富なレンズ群

Canonが人気を集め続ける理由の1つが豊富なレンズ群です。70種類以上のレンズがラインナップされており、お手ごろなレンズから1本数百万円するレンズまでバリエーション豊富です。単焦点レンズやマクロレンズ、魚眼レンズなど特徴的な写真を撮るのに欠かせないレンズも充実しています。なお、純正レンズ以外にもサードパーティーのレンズが豊富なので、レンズの選択肢は100本以上です。

Canonの一眼レフカメラの選び方のポイント

Canonの一眼レフカメラの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 描写力で選ぶならフルサイズ
  • 測距点の数
  • ライブビュー撮影

描写力で選ぶならフルサイズ

Canonの一眼レフの中でも、画質や描写力で選ぶならフルサイズモデルです。大型センサーと映像エンジンの組み合わせによって、圧倒的な高画質が実現されています。近年は、連写性能や動画性能も向上されてきているので、利便性や操作性を犠牲にすることなく、フルサイズモデルを楽しむ事ができる様になっています。

測距点の数

動く被写体を捉える事が多い一眼レフにおいて、測距点の数は非常に重要です。Canonの一眼レフでは9点、19点、45点、61点など様々な測距点のモデルが発売されています。激しく動く動く被写体や細かなピント合わせを求められる被写体を撮影する方は45点以上の測距点を持つモデルを選ぶようにしましょう。

ライブビュー撮影

Canonの一眼レフの魅力の1つがライブビュー撮影時のオートフォーカスのスピードです。独自に開発したデュアルピクセルCMOSAFと呼ばれるライブビュー撮影時のオートフォーカスシステムによって、高速のピント合わせが実現されています。ライブビュー撮影が多い方はデュアルピクセルCMOSAF搭載のモデルをチェックしましょう。

Canonのおすすめ一眼レフカメラ10選

Canon 一眼レフカメラ EOS80D

EOS80Dのおすすめポイント3つ

  • オールクロス45点AF
  • 快適なライブビュー撮影
  • 操作系統

EOS80Dのレビューと評価

はじめるならこの1台!EOS80D

EOS80Dは非常にバランスの良い1台なので、初心者が最初に持つ一眼レフとしても最適ですし、中上級者の方が持っても十分に満足するスペック、性能です。測距点は45点のオールクロスとなっているので、動きのある被写体もバッチリ捕捉する事が可能。更に、ライブビュー撮影のオートフォーカスのスピードがEOS70Dから大幅に進化しているので、ライブビュー撮影時もストレスなくピントを合わせられます。

EOS80Dの仕様・製品情報

画素数約2420万画素
常用ISO感度100‐16000
連続撮影速度約7.0コマ/秒
液晶サイズワイド3.0型
タッチパネルあり
質量(バッテリー・カードを含む本体のみ)約730g

Canon 一眼レフカメラ EOS7DMarkⅡ

EOS7DMarkⅡのおすすめポイント3つ

  • 圧巻の連写性能
  • オールクロス61点AF
  • デュアルエンジン

EOS7DMarkⅡのレビューと評価

連写性能が魅力のAPS-C最上位モデル

7DMarkⅡはAPC-Cセンサーモデルで唯一の映像エンジンをデュアルで搭載しているモデルです。それにより、秒間10コマの高速連写を可能としています。単純な連写性能だけでなく、測距点に関しても61点のオールクロスセンサーとなっているので、細かなピント合わせもスムーズです。

EOS7DMarkⅡの仕様・製品情報

画素数約2020万画素
常用ISO感度100-16000
連続撮影速度約10コマ/秒
液晶サイズワイド3.0型
タッチパネルなし
質量(バッテリー・カードを含む本体のみ)約910g

Canon 一眼レフカメラ 5DMarkⅣ

EOS5DMarkⅣのおすすめポイント3つ

  • 約3040万画素
  • 61点AF
  • ノイズ低減性能

EOS5DMarkⅣのレビューと評価

フルサイズの決定版モデル

5DMarkⅣは3000万画素を超えるフルサイズモデルです。61点AFの搭載や秒間7コマ連写など、これまで弱かった部分が大幅に強化をされています。更に映像エンジンの改良によって、常用ISO感度を31200まで上げる事が可能となっており、より一層、表現の幅が広がりました。

EOS5DMarkⅣの仕様・製品情報

画素数約3040万画素
常用ISO感度100-32000
連続撮影速度約7.0コマ/秒
液晶サイズワイド3.2型
タッチパネルなし
質量(バッテリー・カードを含む本体のみ)約890

Canon 一眼レフカメラ EOS6D

EOS6Dのおすすめポイント3つ

  • 小型軽量
  • ISO感度
  • 無線LAN機能

EOS6Dのレビューと評価

気軽にはじめられるフルサイズモデル

EOS6Dは発売当初、世界最軽量のフルサイズとして、売りだされていた様に小型軽量が魅力のモデルです。小型軽量だけでなく、ISO感度に関しても常用で25600まで上げる事ができるので、暗部の撮影も安心です。また、無線LAN機能も搭載されているので、スマートフォンとの親和性も高い一台です。

EOS6Dの仕様・製品情報

画素数約2020万画素
常用ISO感度100‐25600
連続撮影速度約4.5コマ/秒
液晶サイズワイド3.0型
タッチパネルなし
質量(バッテリー・カードを含む本体のみ)約750g

Canon 一眼レフカメラ EOS6DMarkⅡ

EOS6DMarkⅡのおすすめポイント3つ

  • 操作抜群の液晶
  • ライブビュー撮影
  • 小型軽量

EOS6DMarkⅡのレビューと評価

フルサイズの入門機に最適な1台

EOS6Dシリーズは本格仕様の5Dシリーズと対極となるフルサイズの入門シリーズです。小型軽量を売りにした6Dの後継機となっており、小型に加えて、トレンドとなっているバリアングル液晶や無線LAN機能、更にはライブビュー撮影時のレスポンスを強化しています。特に、液晶に関してはタッチパネルも搭載しているので、操作性抜群です。初心者でも手を伸ばしやすい仕様と言えるでしょう。

EOS6DMarkⅡの仕様・製品情報

画素数約2620万画
常用ISO感度100‐40000
連続撮影速度約6.5コマ/秒
液晶サイズワイド3.0型
タッチパネルあり
質量(バッテリー・カードを含む本体のみ)約765g

Canon 一眼レフカメラ EOS9000D 18135ISUSMLK

EOS9000D 18135ISUSMLKのおすすめポイント3つ

  • 最大45点クロスAF
  • 操作性
  • サブ液晶

EOS9000D 18135ISUSMLKのレビューと評価

操作性の高さが魅力のモデル

EOS9000DはEOSKissX9iの兄弟機として登場したラインナップです。最大45点測距などEOSKissX9iとは数値的にスペックはほぼ同じですが、操作性の面が若干、異なります。X9iにはないサブ液晶が付いていたり、背面の操作ボタンがダイヤル式になっていたりするなど上位クラスに近しい操作性となっています。

EOS9000D 18135ISUSMLKの仕様・製品情報

画素数約2420万画素
常用ISO感度100‐25600
連続撮影速度約6.0コマ/秒
液晶サイズワイド3.0型
タッチパネルあり
質量(バッテリー・カードを含む本体のみ)約540g

Canon 一眼レフカメラ EOSKissX9i WZKit

EOSKissX9i WZKitのおすすめポイント3つ

  • 最大45点AF
  • バリアングル液晶
  • ブルートゥース

EOSKissX9i WZKitのレビューと評価

トレンド機能全部乗せの入門機

EOSKissX9iは入門機の枠を超えたハイスペックモデルです。これまでの入門機では9点、19点などの測距点が主流でしたが、EOSKissX9iでは大幅に改良され、45点の測距点となっています。更にブルートゥースなどのスマホとの連携機能やバリアングル液晶、タッチパネルなどトレンドの機能が全て搭載されています。

EOSKissX9i WZKitの仕様・製品情報

ワイド3.0型

画素数約2420万画素
常用ISO感度100‐25600
連続撮影速度約6.0コマ/秒
液晶サイズ
タッチパネルあり
質量(バッテリー・カードを含む本体のみ)約532g

Canon 一眼レフカメラ EOSKissX9 WZKit

EOSKissX9 WZKitのおすすめポイント3つ

  • ビジュアルガイド
  • 小型軽量
  • スマホとの親和性

EOSKissX9 WZKitのレビューと評価

初心者必見の簡単モデル

EOSKissX9はCanonのラインナップの中でも最も初心者向けのモデルです。EOSKissX9は450gの小型軽量ボディとなっており、女性の方でも手を伸ばしやすい1台と言えます。更に小型軽量だけでなく、ビジュアルガイドが付いており、操作や設定方法をビジュアルで教えてくれます。なお、スマホとの連携ができる無線機能も搭載されているので、スマホとの親和性も抜群です。

EOSKissX9 WZKitの仕様・製品情報

ワイド3.0型

画素数約2420万画素
常用ISO感度100‐25600
連続撮影速度約5.0コマ/秒
液晶サイズ
タッチパネルあり
質量(バッテリー・カードを含む本体のみ)約453g

Canon 一眼レフカメラ EOSkissX8i LKit

EOSkissX8i LKitのおすすめポイント3つ

  • 約2420万画素
  • 秒間5コマ/秒
  • バリアングル液晶

EOSkissX8i LKitのレビューと評価

基本性能、操作性共に優秀なコスパの良いモデル

EOSKissX8iは最新モデルと比べると劣る面もありますが、基本性能はしっかりと搭載されている1台です。約2420万画素、秒間5コマ連写、更にはバリアングル液晶かつタッチパネルを搭載しているので、基本性能は整っています。気軽にはじめたい方や動く被写体を撮らない方には、コストパフォーマンスも良いおすすめのモデルです。

EOSkissX8i LKitの仕様・製品情報

画素数約2420万画素
常用ISO感度100‐12800
連続撮影速度約5.0コマ/秒
液晶サイズワイド3.0型
タッチパネルあり
質量(バッテリー・カードを含む本体のみ)555g

Canon 一眼レフカメラ EOS1DXMarkⅡ

EOS1DXMarkⅡのおすすめポイント3つ

  • 秒間14コマ/秒の連写性能
  • 61点AF
  • 常用ISO感度最大51200

EOS1DXMarkⅡのレビューと評価

Canonのフラッグシップモデル

EOS1DXMarkⅡはCanonが誇る、プロカメラマン御用達のフラッグシップモデルです。フルサイズモデルでありながら、61点AF、秒間14コマ連写を実現しています。更に常用ISO感度も幅が広いので、過酷な撮影環境でも撮影者の要望に応えてくれます。

EOS1DXMarkⅡの仕様・製品情報

画素数約2020万画素
常用ISO感度100‐51200
連続撮影速度約14コマ/秒
液晶サイズワイド3.2型
タッチパネルあり
質量(バッテリー・カードを含む本体のみ)約1530g

まとめ

Canonは上位機種のスペック、操作性が高いのもちろんですが、近年、初心者向けのモデルのスペックが飛躍的に上がってきています。値段だけで判断するのではなく、しっかりとスペックや機能を押さえて、自身に最適な1台を見極めていきましょう。