皆さんはパソコンを使う際に、どのようなマウスを使っていますか?今回はおすすめの、小型Bluetoothマウスをご紹介します。一昔前のマウスは、有線接続でUSBポートを1つ潰して使用しなければなりませんでした。その悩みを解決したものが、Bluetoothマウスです。その中でも、小型で持ち運びのしやすいノートパソコンに適したBluetoothをご紹介します。

Bluetoothマウスとは?

マウスの接続方法には、いくつか種類があります。有線でUSBポートで接続するものや、無線のマウスでもUSBポートに受信機を取り付けなくてはならないものなどです。その中でもBluetoothマウスは、Bluetooth対応のパソコンとマウスのみで接続できるものです。パソコンだけでなく、Android OSのスマホにも対応しているものもあります。

小型Bluetoothマウスのデメリット

小型Bluetoothマウスを使う際のデメリットの1つ目は、その小型のボディです。マウスは小型になればなるほど、ホールド感に欠けて使いづらくなります。そのため、長時間の使用などを目的にされている方にはおすすめできません。2つ目のデメリットは、カーソル移動の遅延です。Bluetoothでの通信には、遅延がつきものでマウスも例外ではありません。細かな作業を必要とされる方には、その遅延が煩わしく感じる場合があります。なので、遅延が少しでもきになる方は有線のマウスをおすすめします。

小型Bluetoothマウスはこんな人におすすめ

ノートパソコンを利用の方

ノートパソコンを使う方の多くが、外に持ち運ぶことを前提ではないでしょうか?その際に、ノートパソコンに備え付けのタッチパッドでは使いづらいものです。そんな方に小型のBluetoothマウスがおすすめです。場所もとらない上に接続も簡単なため、どんな場面でもマウスを使うことができます。本体が薄いモデルもあるので、持ち運びにも邪魔になりません。

USBポートを節約したい方

小型Bluetoothマウスを使うメリットに、 USBポート潰さずに使用できるというものがあります。パソコンを使う上でデータの大容量化の影響で、 USBポートに外付けHDDを接続する方も多いかと思います。その際に、 USBポートがマウスで1つ埋まっていると、その分外付けHDDの数を増やすことができません。Bluetoothのマウスは、Bluetooth対応パソコンであればそのままペアリングが可能です。

小型Bluetoothマウスの選び方

読み取り形式

小型Bluetoothマウスを選ぶ上で、読み取り形式が大事になってきます。ボールタイプのものか、光を反射して動きを読み取るタイプです。光を反射するタイプは、精度が高く動きについて来てくれます。その分、価格が高くなる傾向にあります。ボールタイプは価格が安いので、コストを抑えたい方におすすめです。

ボタンの数

一般的に使うマウスのイメージは、右クリックと左クリックのボタンとスクロールホイールがついてるものかと思います。ですが、ボタンの多いモデルもあります。そのボタン1つ1つにショートカットを登録して、自分の使いやすくできます。そのため、複雑な作業をする方におすすめです。

小型Bluetoothマウスの人気メーカー

ELECOM

パソコン周辺機器を得意としているELECOMですが、小型Bluetoothマウスの種類も豊富です。価格も1000円以下のもからあり、手の出しやすい点も魅力的です。機能も基本的なものを抑え、静音性に特化したものやバッテリー持ちのいいものがあります。小型Bluetoothマウスを試したい方には、ELECOMがおすすめです。

マイクロソフト

マイクロソフトは、言わずと知れたパソコンのOS Windowsのメーカーです。マイクロソフトのマウスは、高性能で使いやすいものです。デザインもスタイリッシュなものが多く、小型Bluetoothマウスも持ち運びのしやすい超薄型のものがあります。性能とデザインを求める方には、マイクロソフトのマウスがおすすめです。

おすすめの小型Bluetoothマウス10選

ELECOM M-BT12BR

ELECOM M-BT12BRのおすすめポイント3つ

  1. 利き手がどちらでも使いやすいシンメトリーデザイン
  2. 約10ヶ月の電池持ち
  3. 電池残量ランプ搭載

ELECOM M-BT12BRのレビューと評価

シンメトリーデザインの小型Bluetoothマウス

ELECOM M-BT12BRの特徴は、小型のボディにシンメトリーデザインを採用している点です。シンメトリーデザインのおかげで、左右どちらの利き手でも使いやすくなっています。電池持ち良い赤LEDランプのため、約10ヶ月使用できます。

ELECOM M-BT12BRの仕様・製品情報

読取り方式 光学センサー方式
ボタン数 3つ
重量 50g

ELECOM Micro Grast Switch

ELECOM Micro Grast Switchのおすすめポイント3つ

  1. 最大2年半の電池持ち
  2. 押しやすい電源ボタン
  3. ホイールで上下左右のコントロールが可能

ELECOM Micro Grast Switchのレビューと評価

小さなボディに詰め込んだ電池持ちと機能

ELECOM Micro Grast Switchは、最大2年半もの間電池交換が不要な電池持ちのよい小型Bluetoothマウスです。電池持ちだけではなく、ホイールが上下のスクロールだけではなく、左右の操作も可能になっています。

ELECOM Micro Grast Switchの仕様・製品情報

読取り方式 光学センサー方式
ボタン数 3つ
重量 約51g

Tsmine ワイヤレスマウス

Tsmine ワイヤレスマウスのおすすめポイント3つ

  1. USB充電式
  2. カバンで邪魔にならない薄型ボディ
  3. シンメトリーボディ

Tsmine ワイヤレスマウスのレビューと評価

USB充電式バッテリー搭載の薄型マウス

Tsmine ワイヤレスマウスは、使いやすい薄型ボディのシンメトリーデザインのため利き手に関係なく使えます。 USB充電式バッテリーのため電池は不要で、3〜4時間の充電で数ヶ月使うことができる小型Bluetoothマウスです。

Tsmine ワイヤレスマウスの仕様・製品情報

読取り方式 光学センサー方式
ボタン数 3つ
重量 159g

FENIFOX Bluetoothマウス

FENIFOX Bluetoothマウスのおすすめポイント3つ

  1. 超薄型ボディ
  2. 最長約168時間
  3. クリック音が小さい静音設計

FENIFOX Bluetoothマウスのレビューと評価

超薄型の流線型デザインが美しい小型Bluetoothマウス

FENIFOX Bluetoothマウスは、まず目を引くのが超薄型の小型ボディです。人間工学に基づいた、流線型のボディは長時間の使用でも疲れにくく、ストレスを感じにくいと言われています。充電式バッテリーのため、電池交換も必要ありません。

FENIFOX Bluetoothマウスの仕様・製品情報

読取り方式 光学センサー方式
ボタン数 3つ
重量 45g

サンワダイレクト 400-MA078

サンワダイレクト 400-MA078のおすすめポイント3つ

  1. 5×7.8cmのコンパクトボディ
  2. ノートパソコンに最適
  3. Androidスマートフォンでも使用可能

サンワダイレクト 400-MA078のレビューと評価

超小型ボディでヒザの上でも使えるBluetoothマウス

サンワダイレクト 400-MA078は、5×7.8cmのコンパクトボディなのでパソコンの空きスペースやヒザの上でも使うことができます。本体のサイドにラバー加工をされているため、ホールド感が上がり持ちやすいデザインです。

サンワダイレクト 400-MA078の仕様・製品情報

読取り方式 光学センサー方式
ボタン数 3つ
重量 41g

マイクロソフト Designer Bluetooth Mouse

マイクロソフト Designer Bluetooth Mouseのおすすめポイント3つ

  1. シンプルなデザイン
  2. マグネット式スライドカバーで電池の入れ替えが楽
  3. 利き手を選ばないボディ

マイクロソフト Designer Bluetooth Mouseのレビューと評価

シンプルなデザインに使いやすい機能を詰め込んだBluetoothマウス

マイクロソフト Designer Bluetooth Mouseは、Bluetooth4.0でAndroidスマホやタブレットでの使用も可能です。薄型のシンプルなデザインで、持ち運びやすくノートパソコンにも最適です。両手兼用で、使う人を選ばないのも嬉しい点です。

マイクロソフト Designer Bluetooth Mouseの仕様・製品情報

読取り方式 BlueTrackテクノロジ
ボタン数 3つ
重量 約57g

ELECOM M-BT13BL

ELECOM M-BT13BLのおすすめポイント3つ

  1. 約1年3ヶ月電池交換不要
  2. 5ボタンで便利な操作性
  3. 縦横のスクロールが可能

ELECOM M-BT13BLのレビューと評価

便利なサイドボタン付きのBluetoothマウス

ELECOM M-BT13BLは、5ボタン使用でサイドボタンに進む戻るだけでなく、コピーやペーストをやり当てることができます。その上、約1年3ヶ月電池交換不要の省エネ設計です。縦横のスクロールできるため、ウェブの検索も楽チンです。

ELECOM M-BT13BLの仕様・製品情報

読取り方式 レーザー方式
ボタン数 5つ
重量 約52g

マイクロソフトArc Mouse

マイクロソフトArc Mouseのおすすめポイント3つ

  1. 超薄型ボディで持ち運びの邪魔にならない
  2. アーチ状に曲がる
  3. 3本指クリックとフルスクロール対応

マイクロソフトArc Mouseのレビューと評価

使い勝手にこだわった最新小型Bluetoothマウス

マイクロソフトArc Mouseの特徴は、アーチ状になるボディです。スマートな超薄型ボディが、スナップ式の折りたたみボディで持ち運びも便利です。アーチ状に折り曲げると電源が入るところも、近未来感があり手に入れたいポイントですね。

マイクロソフトArc Mouseの仕様・製品情報

読取り方式 Microsoft BlueTrack Technology
重量 約82.5g

Tsmine Bluetooth 充電式マウス

Tsmine Bluetooth 充電式マウスのおすすめポイント3つ

  1. 使いやすい6ボタン
  2. 静かなクリック音
  3. マウスパッド無しでも使用可能

Tsmine Bluetooth 充電式マウスのレビューと評価

コスパの高い6ボタン小型Bluetoothマウス

Tsmine Bluetooth 充電式マウスは、6ボタンを使い分けられる便利な小型Bluetoothマウスです。高感度でな読取りで、マウスパッド無しでも使える場所を選びません。そのため、ノートパソコンとの相性もバッチリです。

h4>Tsmine Bluetooth 充電式マウスの仕様・製品情報

読取り方式 光学式
ボタン数 6つ

Swiftpoint GT SM500

Swiftpoint GT SM500のおすすめポイント3つ

  1. なめらかなタッチジェスチャーマウス
  2. 人間工学に基づき疲れにくい設計
  3. 超小型で持ち運びしやすい

Swiftpoint GT SM500のレビューと評価

タッチペンの代わりになくタッチジェスチャーマウス

Swiftpoint GT SM500は、世界初のなめらかなタッチジェスチャーマウスです。その滑らかさは、タッチペンのように絵を描けるほどです。超小型のボディは、気を抜くと無くしてしまいそうなほどです。ハイスペックなマウスを求めている方におすすめです。

Swiftpoint GT SM500の仕様・製品情報

読取り方式 タッチジェスチャー方式
ボタン数 3つ
重量 24g

まとめ

ここまで10台の小型Bluetoothマウスを紹介してきました。1つ1つに特徴があり、最新のタッチジェスチャーのものまでありました。購入の参考にしていただければ幸いです。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。